ブエノスアイレスの洗礼①

こんにちは~

ほぼ毎日朝帰りのKaoruです~♪

午後は個人レッスン、夕方はグループクラス、ちょこっと休んで(または仲間とご飯して)夜から繰り出し、多くの日ははしごして、いろんな方と即興で踊り明かす………….

そんな修行&挑戦の日々です。

今、ワタシが一番欲しいもの………..

それは……….

インドメタシン満量処方の湿布!(笑)やサロンパス❢

そして、

香港のめちゃうま漢方マッサージおばちゃん (笑笑)

だれか~、アルゼンチンに送ってください~💦
(身体のつかい方が素晴らしくても、毎晩の7~8時間の踊り明かしには勝てまへん)

さて……..
日本と同じく、ラッシュアワーは渋滞、通勤ラッシュ、地下鉄も古く断水、停電の多いアルゼンチン。

今年は幸いまだ断水も停電もワタシの家ではありませんが….

毎回感心するのが、ケセラセラ精神、とでもいいましょうが …….

ま、結構、迷惑なんだけどね(苦笑)💦

🐈🐈🐈

先日おもしろかったのが、2年ぶりにあったJさん(アルゼンチン人)
先生もしつつ、日本にちょこっと教えにいったこともあり、いつも元気でユーモアたっぷりのJさん

その昔から、いつもボーっとしていると必ず誘ってくれて♥
つたないスペイン語に付き合ってくれつつ、

意味深い格言(?)を時々残していたというJさん

今回の目玉、ワタシの師匠M&Aのさらに師匠のG女史のクラスに参加するにあたって、なんとJさんもアシスタントかと思ったら、

なんと!

「俺もレッスン受けてるんだ」

という俺は生徒だよ宣言!

😲

みなこの経済危機に、よーく真面目にやりますわ

Jさん曰く

「いつも学びつづけないとね。我流は限度がある」
「自分で練習するのは大切だけど、誰かに客観的にみてもらって、アドバイスもらう必要は永遠にあるよ」
「レッスンに参加するのは必須、先生になったからってやめるわけじゃない」
「常に更新してないと!年齢もキャリアも関係ないんだ」

という極めてまっとう、かつ真摯でポジティブは態度なのであります。

いつもありがとう、Jさん。愉快な会話を、そして気遣いを。

😊😊😊

そんな前向きで建設的なJさんなんですが、

ことに遊びの予定や友人関係のこととなると

これは豹変!

そうなんですよ~

ドタキャンや予定変更が哀しくも当たり前の国(政情や経済、政治問題もあるかな)

「明日はどうなるか分からない」
「いや急でもなんでも、やりたい事をやるんだ」
「自分がどう感じるかが一番大事」

という少々自分勝手な(苦笑)ちょっぴり刹那的な考えが増えやすいんですね。。。。。。

なので、急にレストランをやることも、突如ダンサー目指して邁進することも、
結婚してすべて放り出すことも、突然、留学するのも、引越しするのも…………….

「自分次第」です

この部分はワタシは結構気に入っていて、というか性に合っていて、

もちろんスケジュール変更も多く、思い通りに行かないことも多く、ストレスでもありますが、

「意思表示」があるから

それにみんながそうってことは

「自分もやっていい」

ってことよね 笑

🐼🐼🐼

ダンサー/先生/オーガナイザーチームと仲良くやっていても、現地人混合チームと同じくらい

「スケジュール大幅変更」あり!

デス。

苦笑

ということは……….

なんだかんだで毎回感心/感嘆するのが

「体力・気力・想像力・粘り強さ・マルチなスタミナ」

なんですよね💦

これがないと、なにもできない。

みなさん、日々たくましく、七転び八起きの精神でやりましょう。

本日のおススメは南米つながりで、コロンビア人作家、ノーベル賞!

スポンサードリンク

読むのにも体力がいる、超大作。

いっぺんにではなくてダイジョウブなので、ちょこっとずつでも読んでみてください。不思議なような、アジアやインドの思想に通じるような、面白い世界観とドロドロしているくせに(!)なぜか達観しているというか、ちょとドライな感覚世界。

いろんな世界観、さまざまな歴史や概念に触れることが、とっても美味しい日々です。

ありがとう、アルゼンチンのみんな、師匠たち、滞在中のみなさん

3月末のクラス詳細を発表しました。イベントページ、ブログ記事をご覧ください。お申込みは開始しております。さらにパワーアップしたワタシと愉快に、深く、やりましょう。

 

 

 

3月末開催-演じるためのエクササイズ三夜間 (初めての方も可)

「なにかを変えたい、もっとうまくなりたい、でもよく分からない」

「舞台には出ている…でも実は納得できない、もっと手ごたえや結果が欲しい」

「ずっと我流でやってきた、が自信が本当はない」

「いろいろ試してきたが、なんか違う気がする…」(苦笑)

「ある程度は『こなせる』が実際はよくわからない」

…せっかく好きで始めた演劇、ダンス、音楽…
どうせなら、もっと豊かに、レベルアップして、仕事を充実させませんか?

そんなプロおよびプロを目指す方がより充実して「まるごと演じる」ためのエクササイズのクラスです。(初めて参加の方もOK)

毎回新しいエクササイズを発明しつつ、改良も加えつつ、発展しつづけるこのクラス。

俳優だけでなく歌手やダンサーの方もご参加いただけます。

想像力や感覚も筋肉と同じ。使わなければ衰え、ケアしなければ固くなる….

スタジオで実際に身体をうごかし、声を出し、「言葉と感覚」のセンス、感情の変化などの基本的な考え方を確認しつつ実践的なトレーニングをします。

・演技のいろいろをスキルアップしたい経験者に、
・これまでと違った切り口からご自身の取り組みを見直したい方、
・大学や養成所、各種学校などでは足りない実技を補うために、
・活躍中の方のケアと見なおし、さらなる飛躍のため…
・ほかのクラスにも出たいけれど、とりあえずエクササイズから始めたい方……

クラスは原則みなさん一緒に行いますが、課題の設定などで目標の調節などをする場合もあります。フィードバックやアドバイスなどは個別の目標やレベルに応じて行います。ご安心ください。

■日程:2019年
3月29日18:30~21:30
3月30日18:30~21:30
3月31日18:30~21:30

■会場:「スタジオ アルバ」 文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F(角のビルから4軒目)駐車場はありません。車でお越しの方は近所のコインパーキングをご利用ください。地下鉄東西線 早稲田駅(3aまたは2、エレベーター口)徒歩8分、地下鉄有楽町 線江戸川橋(1a出口)徒歩11分

■参加費:演じるためのエクササイズ:15000円(計3日分)

みてるフリ、きいてるフリ、感じてるフリ、考えているフリなど…「フリを巧みにする」ことは演技ではありません。自然の仕組みを使わなければ、上手くいかないのは当然です。演劇体験はホントは面白く楽しいもの。

さあ、行動しましょう。

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、初日は参加費、クラス初日から必要なものをすべてお持ちください。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはkaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。iMessageは受付けておりません、ご確認ください。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付しますが、質の維持のため10名前後の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
申し込み後に万が一急病などで参加できない場合は、お手数ですが「必ずその時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。お持ちでない場合は参加できません。クラスはコースごとの3日間のセットです。万が一1日しか参加できなかったとしても残念ですが払い戻しできません。当日キャンセルはできないので、スケジュールや体調の管理にはお気を付けください。
*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)
可能な限りお申込みはお早目にお願いします。

もうすぐ春ですね🌸

初めてKaoruクラスに来る方も、継続中の方も、経験たっぷりさんも……

三夜間と短いクラスですが、本物だけにフォーカスして取り組みましょう♪

健やかなみなさんのお申込みを待ってマス🐈

精密さと交流 (!)

本日のしごき

それは「精密さ」

!!

そうです、ただ「だいたいこの辺」という意図や「およそこんな感じ」というような曖昧な決断、なんとなく相手任せな、気のゆるみといいますが、甘えといいいましょうか…….

演技でもダンスでもスポーツでも、音楽でもたくさんありますよね。

はい、肝心の伝えたい内容は伝わらないくせに!

「あいまいさ」「雑さ」は相手にも伝わります。

結果、ろくなことない(笑)

某女王のクラスはみっちり💦

ひたすら細かい(と言ってるうちはダメなんだが)調整・調節をするよう練習………….

そうです。

「調整・調節」

自分のやっていることをとにかく調整・調節。

相手のせいということでもなく、善悪問題でもなく

「自分で自分を快適にする責任」

というポイントも★

感じているだけでもダメで

考えているだけでも足りなくて

ただやっている、というのも練習/レッスンとしては✖で

そうです。

本番(公演)で要求される思考・感覚・行動のバランスと

レッスン(クラスなど)で要求されるバランスは違うよね、当然。

そもそもの「目的」と本日の「目標」と、よ~く鑑みて、自己洞察しながら取り組むことが大切💦

たまにM師匠がなぜか日本語調で

「Kaoruさああ~ん」

と時々ダメ出し(笑い)するようになってはや10年が………

①意図していたことと結果、

②想像しているときに実際にやっていること、

③考えながら(風)になっても構わない時間をつくる

④(より精密に)感じるために、思考も鍛えるレッスン時間をつくる

こんなところがおさらいポイントでした、ちゃん、ちゃん。

そしてとっさにでたM師匠の格言

「予定調和の(ちゃんちゃかした)お約束事のうごきは『ダンス』ではありません」

そう、ワタシの思う「盆踊り」だよね、うん、違うと思う。

スポンサードリンク

巨匠の人間観察力の鋭さ、精密さ、絶妙なドラマティックな構造に舌づつみ(笑)お楽しみください❤

3月末クラスの内容、近日アップします。29、30、31日夜の予定です。スケジュールは今のうちからみんなでチェック!しておいてください。
本日のお写真は某ダンススタジオのロビー。かわいいでしょ?ヴィンテージとモダンとキッチュ♬ 南米らしい色使いが嬉しい😊

炸裂!M師匠

2年ぶりに金髪のアスリートな美女、舞台に映画の振付に大忙しのスターM師匠に再会できましたー

そう、助産婦(?)の勉強までしている、キレッキレのM姐さん(といっても同い年だったような?)身体構造学、解剖なども詳しいので(もちろん英語可)いつもありがたい存在…..

数々の舞台とツアー、かの有名な映画の振付など(ちょろっと登場もしたりして)を経て、ここ数年は2児の母に忙しい中、

なんと~今月、舞台をつくったそうな。

げ、元気ですね、相変わらず!

そんなM師匠のレッスンは、

「瞑想」「修業」「トレーニング」

に近いような、「気づき」と呼ばれがちな「筋感覚」を鍛え、心身ともに研ぎ澄ます、恐ろしくも最大にありがたい(苦笑)充実した時間であります

….だって、すべてバレているから (笑)

😲

骨格からバランスから………考えていることと、イメージと、想像と、それらへの反応と…..

あ~、すっかり御見通し~

いつ、どこで、どこからどこへ、どのような種類のことを考えたか、どんな風に反応したか、何を意図していたか………

あああ~、今年もM師匠はすべて御見通しだった~💦

「そうか、なるほど、そういえば、生徒側はこんな気分なんだな~」と自分の個人レッスンの生徒さんの苦情に近い(笑)「内面の様子・御見通し呆然事件」たちを思い出しました。

🐈🐈🐈

さておき、

「動き」の師匠でもあるM女史、おもむろに紙とペンを取り出して図を書き始めて

「動きには急変と持続がある……….」

って!

あれ?!

どっかで聞いたような……..

って、ワタシがいつも教えてるラバンではないか!

爆笑

やはり似たような道を(レベルや専門は女神とは違いマスが)長年たどっていると、まったく同じ解釈にはならなくても、

同じゾーンにたどり着くのだね。

スポンサードリンク

そう、このうわさの美女M師匠が振付担当、映画にも実はドキュメンタリー部分で登場している衝撃的な作品。ドキュメンタリー半分、映画半分と思ってみたほうがいいかも 苦笑

それにしても、物語ることが得意な方々の多いこと…….

ワタシは体験していないことは基本、分かり得ないと思っていて、いろいろすぐ面倒くさくなってしまう性質なので、物語ることについて考察。ちょいと反省しました。。
写真は南米の夏!エアコンなしのレッスンは死にます。。。。

麦茶(パック)を今回は忘れず持参したので、がぶ飲みしてます 笑

3月末に3日間のクラスを企画中です、ご希望、ご要望などある方、メッセージやメールでお知らせください。可能な限り鑑みて企画いたします。

 

注意力・解釈力

本日のお題は「集中」とただなんとなく括られてしまうことも多い「注意力」について、です。

なぜなら、本日、個人レッスンでさんざん叱られたから (苦笑)M師匠!まるでアイススケートしているのかな、と思うくらい、不可思議の域に達するなめらかすぎる、巧みな動き。。。。

そう、「注意力」は筋肉に似ているよね。

😢

使わなければ落ちる、使えばつく、しかし癖もつく。。。

文字通り、「注意」してつかわねばならんものです。

が!注意しているだけでもダメで💦

そして「解釈」する力=意味を与えるプロセスにつかってこそ!

全身のうごき、例えば、✋手、👣足、

文字通り一挙手一投足が意味あるものに、映画も舞台も、古今東西の素晴らしいものは、みな、なってますよね?!😊

そう、どんな要素でも、自分から大切にしてこそ、掛け算になります~

というわけで、

自分が与えた「意味」に「注意」を払い続ける、両方を使い続けるスタミナを養いたいところです💦

自戒も込めて。

気が散っている様子、相手にもお客さんにも伝わりますね。

実際に起きていることなので、いまの自分に感じられないからといって、不思議だとかおかしいとか、奇妙なことのようにおもっていると上達しません。

というわけで、やはり古典♥

スポンサードリンク

タンゴの歌にもなっている椿姫こと、マルグリット。

男女ともにじっくり読んでみてください❤

こちら、ブエノスアイレスは真夏で断水停電に怯える日々ですが、それにもめげずにみなよくダンスも音楽も演劇も夜中まで練習しているな~といつも感心いたします。

 

ブエノスアイレス、再び♥

皆様こんばんは~(かな?)
私は久しぶりに南米のパリとかつては呼ばれ、栄華を誇ったアルゼンチンのブエノスアイレスに滞在中です。

そう、私のダンスの師匠がたくさんおりまして、特に演劇、ダンス、音楽がと~~~っても盛んな国…….昨今はさらに紆余曲折が激しい政情ですが、

さておき、30ウン時間の飛行機での拷問を経て、

つきました~!

今回は友達(お爺)のバースデーに到着してしまったため、朝9時に空港きてというのも申し訳ないので、空港送迎は別の友人に頼みました。

….って

初めて、イミグレーションで2時間過ごしました。。。なにも問題はなかったのですがね….

😿

長時間立っているのはまったく苦痛ではないのですが(逆に長く座りすぎていたからラク)

いつもはスイスイ45分くらいですべて通過できてしまうのに

今回はなぜだか激!混みで、駐車場も高速道路も値上がりする中、わざわざ朝きてくれた友人を2時間もお待たせするという混乱ぶり。

申し訳ない!

それでも細かいことは気にせず、ひ弱なワタシの大量の荷物を運んでくれたり、時間がズレてしまったが故に難しいランチ場所を探し周りながら行ったり、ついでに6リットル(そういう単位です)の水やワイン、お米やパスタなど、重たい買い物なども😊 助けてもらい、感謝!です。

実際、いろいろあるんですが💦

まあ、最終的には笑顔でなんだかんだ笑い流しつつ、気楽に過ごせるのも南米の良いところかな、といつも思います。

そげな到着日……….

アルゼンチン在住の韓国人友達とも再会❤

いま流行りのエリアの素敵カフェで軽いお夜食~

カフェ文化なので(パリ時代の名残もあり、イタリア&スペイン移民の歴史からも)

ライブハウスを兼ねていたり、本屋さんだったり、はたまた奥がコンサート会場だったり、園芸屋さんだったり

なんでも組み合わせ自由なのも、オシャレ&面白い秘訣だなといつも思います

日本もそうなると景気よくなりそう(笑 ならないね、なってないんだから、ここ)

写真はそんなお店たちの一部。

肝心のお勉強の方は、某セミナーに参加する予定が、パートナー様が不足。
延期になりました。。😢 時差ボケと戦いつつ、来週からは活動的に過ごしたいと思います!

真冬の日本から真夏のアルゼンチンへ

たまにはこういう激動も良いなと思ってます

3月末にクラスを企画中です。未だクラスを体験したことがない方々も参加できるような内容を検討中です。ご希望がある方、内容のリクエストなどはPMでお願いします。

本日は珍しく?一般書

なにごとも、最初の知識(ちょっとでOK)が最初の行動を加速させます

スポンサードリンク

みなさんの活躍情報も待ってマス~♪

 

クサい芝居の正体を突き止める!

テレビで、映画で、舞台で、オペラで、コンサートで、はたまたラジオで、そしてもちろんインターネットの配信で…..

私たちはいろいろなライブ配信でも、公演でも、たくさんのジャンルの、そして世界中あちこちの作品や(ドキュメンタリー含め)ホームビデオに接することが可能になりました★

ビバ!テクノロジー!ありがたや!

さて、そうなると…

「感じてないのに、感じているフリ」

「考えてないのに、考えているフリ」

「(実際に起こってないことを)、起こっているかのように振る舞う=(要は)嘘つき」

はより目立つワケです。

例えば、

本当にびっくりしているわけでもないのに(その前の状況や行動や思考がなくて、ただ構えて待っていた、そして)😲びっくり顔をつくってみせる(必然がないのに💦)

パロディーやコミカル・モーメントでない限り、

白々しいです。

😢

例えば、

実際に嬉しい/喜ばしい/etc(個人的な事情を想像力豊かに共感的に準備せず、『同調』していないのに)という衝動や動機がないのに、「興奮してみせる」!(=本人がこれでいいよね?と思っているものが出るということですよ?)

お寒いです。

😿

これまで以上に現実に近い、現実以上にリアルであると感じられる・想像ができる作品がワクワクする、ドキドキする、展開や結末が気になるものに、興味が持続するのだから….

俳優も、演出家も、作家も、(もちろん彼らを育てる側も、周囲の協力者も)そこを意識して変えていきましょ♪

ということは、

これまで以上に「感じないためにやっている(らしい)こと」は減らした方がお得で、「考えないように(邪魔というか障害)している習慣や傾向はますます役に立ち辛い」のね。。。

実際の人間の反応と矛盾している部分的な反応や、状況あるあるな条件反射を繰り返すだけでは、今まで以上に臨場感や即時性、感覚体験のシェアが重視されてきているので……..

本質に立ち戻るしか、ないね。舞台芸術♥

というわけで?

本日のおススメは私の大好きな傑作!こんな本をかけた偉人がいたことに感謝!ありがたい~血眼になっても全巻読み明かすことをお勧めします(笑)

スポンサードリンク

アリョーシャが大活躍!ああ、気になるドミートリ―とイワン!

そして、さらに魅惑的な女性2名が波乱万丈の★

スポンサードリンク

ドストエフスキー巨匠はどうしてこんなにも老若男女の気持ちがわかるんだろう?!

スポンサードリンク

この光文社古典新訳文庫は本当にありがたい、素晴らしい!

もう、どの人物も1名の作家が書いたとは思えないくらい、生き生き、個性的で、個人的に特徴ある面白い人物たちばかり。あああ~、傑作!

スポンサードリンク

劇はクライマックスですが、実は別巻があって、これまた味わい深い。翻訳の亀山先生ありがとうございました。おかげで自分では読めないロシア作品をありありと、

スポンサードリンク

冬の夜長に、ぜひ。

感じたフリするより、実際に「自分をまるごとつかって」感じたほうが早くて、愉快です。

考えたフリするより、現実の「自分をまるごとつかって」考える習慣をつけた方が速くて、楽しいです。

みなさんの活躍情報もクラス参加お申込み、レッスンご予約ついでにどうぞ~。良いお知らせ待ってマス♪

 

 

METライブビューイング「マー二―」ヒッチコック映画を制する!

とてつもなく、今、この地上で一、二を争う勢いのMET!

演劇、ダンス、音楽、映画を愛する、関わる、すべての人に観てもらいたい傑作!

松竹のページはこちら
https://www.shochiku.co.jp/met/program/855/?fbclid=IwAR0nO5rMgiMxyGb1m3bpVHPbXvaPS8OjMolkYmvQHeDUfymKwybEo9Odbz0

久しぶりに桐朋の同期と偶然再会しつつ (笑)

原作に忠実に、映画よりも、より根源的に、かつ現実的に。

ファンタシーやメルヘンは一切なく、それでも普遍的な人間の感情や業、複雑な心理が心身ともにほとばしる、とてつもなく優れた俳優/歌手の競演!

歌が抜群に上手過ぎるというだけで、彼らはオスカーレベルの俳優たちです☆☆☆☆☆

クリアな超目的、それぞれの個人的な事情、普遍的な人間というもの、希望ある価値観、当事者としての一人称………….言葉で説明するのが面倒なくらい(笑)演劇の本質であり、舞台芸術の集大成であり、名作映画に通じる質の高さ。

なにしゃべっているのかを聞き耳たてなけらばいけない舞台や、誰が何者なのか、どうしてそこにいるのかをあいまいにしてるような公演をみても、何も上達しません。

どこからきて、どこへ向かうのか、何が欲しくて、どうしてそうなのか……根源的な問いに一種の(それが偏っていたとしても)答えというか、見地を見出して述べない本を読んでいても、演出も劇作も面白くもならない。不特定多数の(生まれや育ちや母国語が違う)人間に訴えることはない。

いつも思っていることですが、改めて感じた作品でした。感謝!

なにもかも素晴らしいので、ぜひご堪能ください❤

見逃すと、後がないよ!(笑)

https://www.facebook.com/metlive.jp/

次の「椿姫」も古典ではあるが、楽しみですね。

本日のスポンサードリンクはこちら

オペラ版をみてから、お楽しみあれ

私はちなみに小学生のころからヒッチコックのファンだったんだけど、今日のMETでだいぶ、敗北したよ!(笑)

日本語の原作を知らないのですが、これかな?(スポンサードリンク)

英語バージョンはこれか!スポンサードリンク
さっそくKindleでサンプルから読み始めます!(もうダウンロードしたよ😊)

みなさんの感想、分析、感嘆の声もお待ちしています★

菌やウイルスに感染しているわけではありません

なんのこと?!と思った方々、正解で~す♪

風邪にノロにインフルエンザ….菌やウイルスとの戦いに明け暮れる乾燥した日本の冬…

というのもホントで困りものですが💦みなさんいかがお過ごしですか~?

今日のお題は「感染」しているわけじゃないよ。

ここ、大事。

『自分が』生き生きと演じるために、

実際に『まるごと』感じて、歌うために、踊るために、

本当に、当事者として、みて、きいて、感じて、喋り、考え、行動するために….

だから一人称、だから当事者性、だから現実よりもさらに「現実的」でライブ感あり、もっとリアル!(ホームビデオという意味ではありませんよ)

この辺り、スッキリしたい方、ラバン入門クラス、アレクサンダーテクニーク入門クラスのいずれから、ぜひスタートしてください。段階を追って、体験に応じて、順次説明しながら、進みます★

ということは、一般的に言われている(割合として多い、よくある言い回し、慣れている発想や順序)

で考えているだけでは、「実際に行動するヒト」にはなり得ないということ。

OK?

例えば….

お客さんはもちろん、相手役でもふと疑う残念なポイント…😢

・どうもセリフが白々しい

・なんだか動きはとってつけたっぽい

・せっかくこんな素晴らしい作品(戯曲・演出・その他)なのに、なんだか実感がない、信じ辛い

・感情移入できない…..

・まるでお説教のよう…..

・なぜかナレーションのように感じる……..

・他人事っぽい…..

….挙げればキリがないですが💦

これらの全部に共通してる点を変えちゃえば

これらとそれ周辺の問題も、底上げ!レベルアップ!問題解決!へ

向かうのではないか、ということ。

😊

そう、

「肩が緊張しちゃう」

のではなく、誰が緊張させているの?と考えれば、自分以外の脳とつながっているはずがなく….

「どもっちゃう」

と言ってしまいマスが、実際には「どもらせている」(筋肉を緊張させすぎていて、その感覚を覚えてしまったままいる)のであり、

「つい、構えちゃうんだよね~」

はお優しい態度ではありますが、問題解決には向かってない訳で。。

「構えを入れている」のは無意識でもわざとでも、どちらにせよ「自分」なのであります。

「ノド声の癖がついちゃってるから、治さないと!」とせっかく耳が分かっていても、

「誰がその癖つけたんだい?!」

とツッコんでみて(笑)

初めて、自分で自分の選択肢を見直すという(ちょっと痛くも)前向きな、

現実的で、実際に「行動可能な」、ホントの練習が始まるのです★

🐈🐈🐈

そう、環境や状況のせいで、

つまり刺激が故に、自分の応答が決まってしまう!と(少々)被害者のような立場に長い時間いると、

「当事者としてみる、きく、感じる」

にならないね。

😿

自分が(無意識のものも含め)「やっていること」と認めれば、

自分が違う反応を選べばよい、自分で立場を変えればよい、自分が応答の種類を試せばいい♪

と演じることへ近づいていきますね♬

ハッピー❤

防ぎぎれない天災や疫病は残念ですが、いつでもどこでも誰でも体験する可能性はあります。そこはいつも寛容に、謙虚に、真摯にいたい。

しかーし!

自分が「口呼吸」をしているから、喉に冷たくて、汚くて、乾いた空気がじゃ~んじゃんぶつけている訳で、

自分が「選ばない」ままいることを「やめない」から、いつも同じマンネリを繰り返して、さらに「覚えさせちゃっている」訳で😢

例えば、相手の表情の変化に注目しないように、別のこと(例えば過剰な自意識 (笑)でエネルギーや時間を使いすぎるから、違いがみえず、聞こえず、分からないまま….

とりあえず、この悪循環、やめてみませんか

新年度、2019年度4月からアレクサンダー・テクニークの個人レッスンの特訓(笑)を始めたい方、お早目に初回レッスン(1時間)を受講してください。グループでのお試しアレクサンダー・テクニーク入門クラスは4月/5月までありません。グループクラスが先でも、個人レッスンが先でもまったく問題ないので、奮ってご応募ください。

宣伝タイム、終わり🐈

本当の災害でもないのに、被害者のような発言、

菌やウイルスでもないのに、まるで自分と関係ないような『お客様」発言が頭に浮かんだら、そういうコントと思って

笑笑!

ぜひ、「え~、どういう意味?」「誰がやってんねん?」「自然現象かい?!」(笑)

とツッコんでみてください。

ダマされたと思って、毎日少しずつでもお試しください。

割合が変わってきたら、しめたもの。

みなさんからの前向きなお知らせ待ってマス~♪

📚📚📚📚📚

本日のおススメはちょっと前の名作ですが、演劇・演技・芸術以前に『現代社会』!

男性も女性も身につまされる、ユーモラスながらも鋭い視点がありがたい短編集。

特に最初のエピソードがたまらんですよ。私もあったあった、あるある!と女性は特にうなづくこと間違いナシ!

かくいう私もありました。演劇や周辺ジャンルを職業にしている訳でもない(日本人男性)御人から、日本の演劇科出てさらにロンドン大学の演劇科に留学しているとき「ああ、スタニスラフスキーとかね 」とわけしり顔で「勉強すべき」というようなニュアンスでもったいぶって🐵言われて、結局は「留学とは何か」みたいな説教された。(すでに私もう3年もイギリスの大学に正規留学していたのに 笑)

ただ名前を知っているだけで(世界の天才巨匠に『ああ』も不遜だが、スタニスラフスキーの名前出す意味ないよね、関係ない一般論言いたいだけなら。もしせっかくスタシスの話したいなら、2つの著作の内容を実践してみてからほざいて欲しかった。

苦笑 😡

著者の言う通り、私も当然こういう件に関しては限りがなく(笑)

はたまた、こちらは原作も原著で翻訳前の英語のままで読んでいて初演も観ていて、かつ世界を代表する演劇学校卒業なのに、某劇作家のスタイル?特徴?について、つらつらあることないことを(独自の視点?から?)語られる…..という謎な「独り言」!いやその作家、私の学校の先輩だから….💦「寒さ」も極まると滑稽です。

自分は女性ですが、根本は同じですから、気を付けたいと思いマス。

噂のスポンサードリンク 日本語版はこちら

スポンサードリンク 原著(英語)はこちら

英語版はオーディオバージョンもあります。プレーンな英語(米)で聞き取りやすい

2月はグループクラスがありません。来週の「ズバリ!な演技のための戯曲読解」クラスはアレクサンダー・テクニーク入門クラスまたはラバン入門のいずれか以上に進んでいる方でしたら、ブランクがある方でも、入門(どちらか)が終わったばかりの方でも参加できます。3時間×3夜間のみっちりクラスで、底力をアップ👊

現場が多いながらも、もっと名作映画のような素晴らしい演技、さらに人々のこころを動かし、自分もやりがいのある、作品へ貢献していきたい方も、2019年は新しいクラスも企画してあるので、お誘いあわせの上、パワーアップしにいらしてください。

 

劇の状況で役を「生きる」ための必須条件②一人称

2019年、お年始のアレクサンダー・テクニーク入門クラスで「身体の癖やつかい方と習慣的な反応」を見直した上で、たくさん動いて感覚を磨きながら、ボキャブラリーも増やしたラバン入門を無事に終えた方も、ちらほら。

とても充実したスタートになりました、2019年。

さて、先日もモノローグクラスで「ヤジ馬禁止令」が出たところで、

「劇の状況で役を『生きる』ための必須条件②一人称」を解説します

前回の「劇の状況で役を『生きる』ための必須条件①はこちら

劇の状況で役を「生きる」ための必須条件①「○○自身」「●スポ」禁止

さて、自分が安全なところにいて、「ヤジ馬」のていで傍観するのをやめたら、

次はいよいよ

・「自分とは違うかもしれないが」役の立場からみて、きいて、考えて、想像して、記憶をつくり、応答し、

・「自分とは違うかもしれないが」当事者として『一人称』で考え、想像し、感じ、行動すること

です。

一人称のコツは、

①自分が人間としてやっていることをこぼさないこと

② 一人称=自分で自分の姿を脳内劇場(想像の世界)でみることはほぼ無い

の二点です。

①は、そこそこみなさん老若男女気を付けているようですが、②がNG✖の方が多いです。

劇場で公演をみていても、自分がどうみえているかを意識している(外からの目線が強すぎる)のは、バレています。差し迫った状況は、自分にとって大切な決断から行動へ移るときに、「自意識過剰」の方は少ないはずです。

自分で自分の背中をみることは、有り得ない!

これ、肝に銘じてチェックしてみてね🐈

脳内映像(内面の走馬灯)に、己の背中が本人なのにみえていたら、怪しいです!

🐶🐶🐶🐶

今月末は11月に好評だったズバリ!な演技のための戯曲読解(とその実践)のクラスがあります。3日夜間の充実クラス。あと数名だけ空きがありますので、みなさんお誘いあわせの上、奮ってご参加ください。

*同じズバリ!な演技のための戯曲読解シリーズは2月、3月の開催はありません。

第2回目開催「ズバリ!な演技のための戯曲読解パート②」1月末開催

本日のおススメは読書熱に拍車をかける、Kindle! ついに私もデビュー♥

活字中毒のアルゼンチンの妹(師匠でもある)に勧められて続けてはやウン年、ついに大容量、防水の第10世代モデルを購入しました。電車で血眼になってKindleに夢中な怪しいマスク姿のKaoruをみつけたら、声掛けてくださいね。

スポンサードリンク

1か月読み放題もあるので、冬にぴったり♬

クラスのお申込み、個人レッスンの(初回)ご予約はお早目にお願いします。

これまでサーバーではねられたり、不運な事故が目立っていたので、あたらしいメールアドレスも出来ました。今までメールが戻ってきてしまっていた方、届かなかった方、FBメッセージしかつかえなかった、失礼しました。NEWアドレスは個別にご案内してあります、ご確認ください。

こちらのブログの固定ページのお問い合わせフォームからもメッセージを送ることができます。ご利用ください。

お問合せ WS開催 クラス 個人レッスン コーチング アレクサンダー・テクニーク 演技