運動後 いつもと違う 腹具合-Onlineミニ・レッスン始めました

お腹が空いた~!という自然でまっとうな感覚もなく、食事を習慣的にしていた気がします

懺悔!

自粛を要請するという不可思議な日本語もさることながら(「遠慮いただく」のような誤用ですよね)

今までしていた運動が(ケガ療養中だった期間でさえ)、急に半減以下なのですから、お腹が空いてないのに決まっている…またはお腹が空いていても質が違った気がします。

「運動後 いつもと違う 腹具合」
byかをる

今日はありがたくも初の運動ばっちりミニ・レッスンのオンラインで、有志のみなさんと元気に動きました。

ちょっと汗がじわる(笑)運動と、筋力維持のためのいくつかと、身体のつかい方のワンポイントアドバイス、そしてちょっとストレッチ

ゆる~くつながりながら、みっちり身体を目覚めさせました

独りでは挫けちゃうような内容でも

なんとなく画面越しに

「あああああう」でも(笑)

「うううううんんん~」でも💦

「ぜーぜーはーはー」でも

聞こえるだけで、ま、いっか、私ももうちょっとやってみよ!という気分になるもので

ありがたい💛

月曜昼のあたらしい習慣にしようと思います

初めての方、簡略なプロフィールとともに、お申込みください

久しぶりの方、遠方の方もぜひどうぞ~♪

https://kaorukuwata.com/MondayOnline2020

そして、面白かったのが、クラス後も、なんだか元気が湧いてきて(単純)

リハビリ含め、運動+ダンス練を約1年ぶりに大量にやってみたのですが

すると!

久しぶりに、正しい具合にお腹がすきました、しかもお酒が欲しくない(笑)!

健康ってこういうことなんだな~

来週も違ったメニュー、嬉しいお爺DJの助けで面白く役立つミニ・レッスンオンライン★を続けます、お問合せください!

さて

コロナならではの、いま、私が読んでいる本はこちら

スポンサードリンク

タイトルからして、すごいでしょ?

もちろん下巻も

スポンサードリンク

「からくり」というと語弊がありますが

歴史に学ぶ、なるほど!と唸る場面が続きます

身近な世界と歴史、自分の既知の範囲を重ねて想像できて、理解が深まります

脊髄反射は保留して、過ちを繰り返さずを忘れず、健康第一で…

個人レッスンのオンラインもSkype、ZOOMなどに対応しています

フォームからだとラクなので、、ご利用ください、英語・日本語両方OKです

https://kaorukuwata.com/s70008407/

あぁ、勘違いー『ダメ出し』①別名はなにですか?

寒さ厳しきおり、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は今日もマエストロの☕&生ハムサンドを頂いてきました🥪

ところで、もちろん私も、かつては日本で演技教室や事務所に通っていたので「ダメ出し」という単語に慣れて育ったのですが、その後、ロンドンで「フィードバック(振り返り)」という単語ばかりが大学でもスタジオでも本の中でも、日常会話でも使われていたので、なんとなく日本語でいうところの「ダメ出し」が文章に登場せず….

過ごすことはや10年越えました…?!

「ダメ出し」….

学生たちの様子、俳優たちの話、演出家たちの不満….苦笑

なにか「ダメ出し」なるもの自体が、あまりうまく機能していない印象なので、ちょっと分析してみました🌟

傾向その①ダメ出しを「やり方」を教えてもらう、だと思っている。

ダメ出しをする側も「やり方」を説明し、教え、説得し、したがってもらうための時間だと思っている。

なんだか不穏な空気が漂いますネ💦

ダメ出しされる側も「やり方」を聞いて、説明してもらって、できるようになるための「方法」を教えてもらう時間だと思っている。

ああああ!

大いなる勘違い!

ケンカの元、他人と協力する意味が感じられない、ツライ路線です。

かたや、

②ダメ出しを「善悪の判断」をされる、できた、できてない、良い、悪い…の物差しで測る「批判」の場所や時間だと思いこんでいる…

これもまた、我慢を競い合うような、なんだか….ツライ時間だね💦

🐤🐥🐤🐤

なんやかんやを教え/教えてもらい、一緒に仕事をしていたはずが、善し悪しを測られ、批判され、(お互いに)ガマンする…

もう…….地獄じゃあ、ないですか!(笑)

これって、聞き耳持てない、かも?! 協力しづらいかも?!

😢😢😢

ここから、私の告白。

その昔、ダメ出しとは確かに☝のような印象で自分自身もとらえていたし、そうしないと先生方や演出家もお叱りになり、周囲の先輩や同期や後輩たちも↑のように位置付けて、反射していた記憶です。(例外はあったのかもしれないが)

改めて、意図せずともたまたまというか、環境の変化により「ダメ出し」という名前から離れること、約8年を経て、振り返る(=フィードバックする)と….まさしく….

どうも「反省」というのが「ダメ出し」の別名だった気がします。。。

みなさんの場合はいかがでしょうか?

というわけで、これをお読みください。

「反省」の矛盾に気づける秀作です。

スポンサードリンク

先日、風邪、インフル、コロナ対策にうがい薬、手洗い、おてふき、アルコールシートも一新しました。

締め切った稽古場、接近しがちなリハーサル、疲れがたまりやすい環境、そして人が集う場所….劇場や稽古場には予防のしすぎはないですね。

そして私、3月に新しい試みを企画中です。

近日、ご報告できそうです。3月の日曜や祝日の夜は空けておいてね😉

2020年のクラス開催のご希望は引き続き受付中です。4月以降は余裕がありそうなので、「そうだ!学習しよう!」、「そろそろ底上げだ!」「久しぶりにしっかりやるぞ!」(笑)「今年こそ課題を直視する!」という方々も、「初めまして」ですが、「ブログ読んでやってみたくなった」という方、ご連絡ください。真摯な内容に限り(笑)柔軟に対応していく所存です 😊

 

 

名優ロビン・ウイリアムスシリーズ③

演技の参考になる名作映画④「レナードの朝」

いまはなき、名優ロビン・ウイリアムスの臨場感ある名演技が冴える傑作です。

私が特に気に入っているのは、珠玉のダンスシーン。ダンスと呼べる動きでもないのだが、それでも彼ら二人にとってはダンス。こういう瞬間を描ける脚本も監督も、みなさんすごいと思います。世界観、他人観がバレル(明かされる)、スリリングさも含めて、好きな作品です。

医療がさらに進んだ今、倫理がおいつくか、利害が優先か、それとも…….答えのない問いがたくさんつまった名作です。なにも白黒つけられない世界観だからこそ、見応えがあります。

どのシーンも展開が真摯で率直、人間のさまざまをきれいごとで片付けない潔さ。

しかし映画になっていると目立ちませんが、実在の出来事に負う部分も多い、しかし、それだからこそ、現実では大変な物議を醸す医療事故とその背景がいまだに危険…….原作の手記を書いた医師はその後どうしたのかなぁ….。

さておき、演技&ドラマという観点からは、

お相手もただいま「アイリッシュマン」で話題のデ・ニーロ (笑)当然、びっくりなレベルの現実の患者たちより患者らしい名演です。

ちなみに、原題のAwakening=「目覚め」の意味はただ病から目が覚めて意識がある状態になったという意味だけじゃないですよね?💦 私の戯曲読解やズバリ!シーンのクラスなどに常連の方々はよ~く染み入る根拠だらけのタイトルということが分かると思います。

・「誰の」目覚め?

・「いつの」目覚め?

・「どこの」目覚め?

・なんのための「目覚め」?

など掘り下げると味わい深いこと間違いナシ!

もうね、これは観るしかない。みないと語れない。そういう映画の一つです。

白黒つける、断罪する作品に怒りを覚えると(苦笑)対極にある名作として思い出す映画の一つです。

本日のおススメはロック👊なこちら↓

スポンサードリンク

私もヨーロッパ暮らし長いので、似たようなことをツッコんでいることがあるので、「あ~、あるある」な感覚を笑いながら読める文庫本。実は深いことを指摘しているのに…みんな気づいてください!と思うこと多々あり。

ところによってはパンチが効いていると感じられる方もいらっしゃるでしょうが、それもまたヨシ。

「自分で、実際に感じるために、考える」

をモットーに2019年もあと数日、充実させま~す🍎

引き続き、「感じないために、考えない」はNGです ●~*

2020年1月、新年明けの個人レッスンのご予約は開始しております。緊急の課題がある方、オーディション対策、一人で練習をすることが難しい方、脱皮中のお悩み(!)など、おはやめにお知らせください。

 

学ぶためのコツ①○○○に置き換える

職業柄でしょうか、学ぶための「コツ」を聞かれます。例えば、オーディション対策、俳優修業、演技のあれこれ、語学、読書、旅行の秘訣(笑)…

そのコツとやらを私なりに、その時のベストでいくつか提案するのですが、矛盾しているとも指摘されます。(自分でも時折ツッコみます)

なぜかと言うと、その道の

①プロが

②不特定多数を相手に

③特定水準以上のの成果を

④決められた時間内に

⑤繰り返し出したい

とき、そういった場面では、私を始め、多くのトレーニングを受けたプロは、専門家ならではの視点から、とある「過程」を思い描き、(仮)にいろんな設定してからスタートするからです。

科学の実験に似てるね😊

その「過程」は(実は)特殊な病やケガなどの場合を除き、構造にあまり個体差(笑)はないのですが、学ぶためのコツを聞く側(学び手)は自分はなんとなく無意識だったとしても、ちょいと「特別・個別の事情あり」という立場からスタートしがちなのも人情?でしょうか?

例えば、私はこういう生い立ちだから….

ボクは初心者なので…私には●●がないから….

俺たちはそんなことをやりたいんじゃなくて、もっと○○な方がいいんだ….

前に▲▲してダメだったから….□□さんには逆のこと言われたので……..

こういった「屈辱体験」、「恥体験」を避けるための前置きは無限にありますね、亜種も…

しかし・・・

多くの極めつつあるヒトたち(軍曹含む💦)はそのそれぞれの事情をかなり鑑みた上で、それでも尚、これまでの積み重ね(個人だけではなく学問や歴史など人類の叡智に基づいた)を経ての、現時点でのもっとも有益であろう学習のプロセスを提案します。

つまり

「過程」(で能力をつかい試行錯誤することが本質であり体験する進歩と共に数々の失敗や間違いすらも)自体が「学びそのもの」であることを知っています

ここが「誤解・フラストレーション・すれ違い」のもと、でしょうか。

失敗しない方法「なら」やりたい学習者(俳優/歌手/音楽家/ダンサーetc)と

多少失敗してでも「体験しなければつかない力」のためのプロセスを提案する専門家と

絶対に失敗を含まない学習なんて有り得ません。自分にとっての「失敗」と相手の思う「失敗」も違います。

そもそも「失敗」とは何のことなのか、ただ「慣れてない」という意味なのか、「恥」という気持ちを感じたら「失敗」なのか、相手にダメと言われたら「失敗」なのか…。

熟考を要するポイントです。

そしてその道の専門家ほど、あなたが慣れてて得意なことでお茶を濁している「コンフォート・ゾーン」からあなたを引っ張り出してくれます、きっと。(そこが腕の見せ所でもある 笑)

それがズバリ!であればあるほど(苦笑)自分の本来の目的が大切と理屈では納得していても、感情的には「屈辱」や「不満」にしがみついて逃げたり攻撃したくなる場面も当然あります。

ここで

今日のお題「屈辱」や「不満」の代わりに ○○○です。

○に入るカタカナ3つを当ててください😊

そうです。

結果が出る百戦錬磨の餅屋ほど、専門家の見識で、ピンポイントであなたの盲点をついて(くれ)ます★

自分の目(や耳)でみていることが今、課題をみえなくしているのですから(台本もそう)、他人の目や耳を借りることが賢いんですよね、実は💛

できることを確認していても、できなかったことができるようにはならないので

目的が重要であればあるほど、緊急であればあるほど、本人が(無意識かもしれないが)つかってない部分もつかうように、より能力発揮するように….

そう、まるで…

ポカポカ快適ヒトをダメにする布団💤からあなたを引っ張り出すお母さんのように(笑)👹

あなたをぬるま湯ゾーンから引っ張り出します 笑

失敗や間違いと(今の)自分が感じても、すぐに「屈辱」や「失望」やと解釈せず

今日のお題○○○の答え「そっか」

に置き換えてみてください。

その道の達人に間違いを指摘されたら「クソ!」「チッ」ではなく、とりあえず「そっか」です。

明らかに学習が進んでいれば、失敗体験も「ヤダ!恥ずかしい、隠したい!」ではなく「ああ、そっか~」です。

その場は気まずいかもしれませんが、とりあえず声に出して「そっか」と和んでみてください、お試しで。

専門家に試行錯誤のプロセスで失敗を咎められた(とあなたが感じた)としても、とりあえず「そっか」です。

相手はリスクをとって専門家ならではの立場から指摘をしています。

優秀であればあるほど嫌な予感が的中するでしょうが、とりあえず「そっか」と保留してみてください。

「そっか」、そういう風にみえるのか、「そっか」そう聞こえたのか、「そっか~」そういう意味に取られるのか、そういう可能性もあるな…..のように、気持ち半分くらいでいい💦

(犯罪や理不尽すぎる、論理的に破綻している悪意あるものはもちろん例外です)

学習のプロセスでぬくぬく布団から出ると心細いこともあるでしょうが、動き始めれば、そして動き続けていれば、自分が温まってくるよね😉

試行錯誤で間違いや失敗を「屈辱」とひねくれて解釈せず

「そっか」

と前へ進んでいきましょう

🎅🎄⛄

今、大事な週です。私が愛用するKindleも?!🎄クリスマスのお買い物にもサイバーマンデーのセール!ご利用ください、今日で終了です!

スポンサードリンク

年末年始クラスのご予約開始しました。今回は待望の、経験者対象クラスを2種です。中日が入る余裕あるスケジュールなので、ブランクあった方もどうぞ。

初めての方のためのラバン入門クラスは明後日12月水曜夜から3夜間あります。あと2名だけ滑り込みできるので、スケジュールに変更が出た方、おさらいしたい方、ご連絡ください。

歌、ダンス、演技、語学、楽器, スポーツ….なぜレッスンに行くの?

音楽やダンス、もちろん演劇でもそうですが、

レッスンやクラスは「出来ない」ヒト、「ヘタ」なヒトが行くと思いこんいませんか?

私はそうは思ってません。

もちろん、初めから他人が感心するほど踊れたり歌えたり、大勢に披露できるほど楽器が演奏できたり、仕事にして報酬を得るほど外国語や車の運転ができる人がいないように、

ある程度、時間がかかりいろいろな経験をして、専門の知識や知恵も得て、それらの活動中に「自分をつかう」モードに慣れないと、なかなかスムースには、思い通りにはできないのですが……..

それでも「出来ないからレッスン(クラス)」へ行く、「ヘタだから行く」という考え方を私は歓迎していません。

なぜって…

😲

「それ、ほんと?」と思うから。

確かに、いろいろな事情でケガや病気などで「一時的に」なんらかの機能が『欠けている』時間や状況はあると思います。本当に機能的に生活とその質に支障があるので「治療」や「介助」が必要です。そして災害や犯罪の被害者や病気やケガには誰でもなる可能性があります。つまり「本来の能力を発揮する」以前のエリア。そういう疾病や不調にはレッスンやクラスが必要なのではありません、医学による(緊急)治療、臨床で問題のない、実際的な専門の助けが必要です。

いま、私は治療ではなく「教育」の話をしています。

レッスンやクラスは「出来ない」ヒト、「ヘタ」なヒトが行くとするなら、歌にダンスに演技にと、何十年も足しげくレッスンやクラスに通うハリウッドスターたちはおかしいのでしょうか?

じゃ、じゃあ!オリンピック選手やコンサートピアニストは?……..ヘタなの?

初心者でもないのに、レッスンやクラスで学ぶ人達、研鑽を積んでいる方々は「出来ない」ヒト、「ヘタ」なヒトなのでしょうか。

もしかして、アカデミー賞俳優や名優たち、素敵なダンサーやカッコいい歌手が、「できない」ことの克服のために行っていると?!

😲

明らかに、違うよね

😉

本日のおすすめは古典はもちろん、近代の名作の解読にありがたい辞典!

気になるモチーフ、なぜだか繰り返し登場する象徴…

例えば「馬」とか(笑)

はたまた「椅子」など、ありふれている風なものにもいろいろな歴史や意味がありますね

ぜひ調べてみてください、面白いよ♪

スポンサードリンク

12月中旬あたりに初めての方も歓迎のラバンのたくさん動いて学ぶ、感覚づくりのクラスを久ぶりに開催しようか検討中です。ご希望の日程や現場のいろいろがある方、なるべく合わせますので、ご相談ください。休みが取りやすい年末年始のクラス開催も思案中です。

蜷川先生、ありがとうございました

蜷川幸雄先生が亡くなられました。

私の大好きな清水邦夫先生の抒情溢れるすばらしい戯曲たちとの秀逸コンビに始まり、シェイクスピア全作品演出!上演!を掲げてのパワフルな毎年の活動、さいたまネクスト・シアターで若手の育成、さらにさいたまのゴールドシアターでの、壮年期以降の方々の公演演出など…幅広~~~~~~く、大活躍の連続だった先生、偉大。

演劇の聖地の一つ、イギリスでの名門ロイヤルシェイクスピアカンパニーとの仕事など、とにかく精力的、第一線を走り続けた蜷川先生。とにかく少しでも長生きして、もっと大胆な、もっと精彩な作品をたくさんたくさん拝見したかったです。

そう、そして世界のNINAGAWAと呼ばれる先生のおかげで、イギリスでも快適に過ごすことができました。

ロンドン大学へ進学した時、推薦状を書いてくださったのは蜷川先生。自慢です!☆

ロンドン大では演劇舞台芸術学科、唯一の日本人でしたが、「世界のNINAGAWA」の一筆が効いたのか(笑)無事に合格……し…たのはいいけど、💦

毎日げっそり勉強に明け暮れていた陰気な(笑)ある日、たまたま日本から訪ねてきていた父とセント・ジェームス公園を観光がてら歩いていると…

父「あっ、蜷川さん!こんにちは~~!」

Kaoru「は?!…あああっ!センセイっ!」

世界の蜷川先生「あ、ああ、どうもぅ….ははははは(驚きつつも笑うセンセイ)。」

父「偶然ですね~、驚きました~」

Kaoru「あっ。。。あの~」💦

蜷川先生「….ははは(照れ笑いのよう 笑)…」

お連れの方「….こんにちは~」(^^;)

ロンドンのバービカン・センターでのRSC俳優たち演出の仕事の息抜きタイム❤でした(笑)

お邪魔してごめんなさい、センセー。

…というわけで、平和に?退散した父娘。(笑)

その後、8年を経て(!)母校に戻って教鞭をとったため、学生としてではなく、蜷川先生の同僚に転身したKaoruでしたが、先生の活躍は加速するばかり~!!!

そして、偶然に会う回数を増えるばかり(笑)。。そのたびに稽古場の恐ろしさからは想像もつかない(笑)はにかみながらの微笑みっぷり。。

ありがたいや~。。

さらに、教え子たちがお世話になるなど、ますますの稽古の徹底ぶり、徹底ぶり、一貫性にため息。。。は~、常に第一線で、全力で活躍しつづけるって。。。凄すぎ!

素晴らしいお手本をみせてもらいました。ありがとうございました。

私は私の仕事を全うして行きます。これからも精進します。

いままで、たくさんの輝ける作品たち、ありがとうございました。同時代に生きることができて光栄でした。私も自分の専門をさらに極めていきます。

残念なニュースにしょんぼりしたまま….

それでは私らしくないので、さらに活動を充実させていきます!

応援してください♪