演じることといえば「表現力」、そして「コミュニケーション」です
 
優れた俳優たちの説得力ある演技や素晴らしい歌手たちの気持ちを揺さぶる表現力には、日常の私たちでも学ぶべき部分がたくさんあります
イギリスでは、演劇部、スピーチゼミ出身の政治家や起業家の方も多いです
 
いくら内容が充実していても、伝える方の姿勢や声、(無意識の)表情や習慣のいろいろで、意味や気持ちが変わって伝わってしまう場面や、望む効果が出にくいこともあります
「伝えるちから」を、それぞれの専門で、ご自身のお仕事でフルに能力発揮してもらうための個人レッスンや少人数クラスをオンライン・オフラインでもご提案しております
 
■ オンライン会議における、英語でのスピーチとプレゼンテーション指導
「的確な指摘とまたこちら側が気づかないようなポイントを英語圏と日本語の両方の面から理解した上でご指摘いただいたので大変わかりやすく、また納得のいくサービスだったと思います。英語でのプレゼンテーションを考えの方にはお勧めします。」
 
明確な課題意識のある方の指導は私もやりがいがあり、嬉しいものです。がんばるあまり、ついついクセを強くしてしまうことも多いので、演技や歌唱もですが、あまり一人で練習しないことも大切と思っています。
 
■所信表明演説の指導
「大変丁寧にご対応いただきました。 自分では気づかないクセなどもご指摘いただき、おかげさまでご指導いただいたスピーチは本番でご好評いただくことができました。 一生使える技術ですので、わかりやすく教えていただき感謝しております。」
 
具体的で目的意識に満ちたご要望でしたので、心地よく、効率的に進めることができました。本番でご好評だったとのこと、私も大変嬉しく思います。
 
=========
 
伝えたいことを伝え、目的へ向かっていく…歌唱やダンス、映画や舞台での演技と土台は同じと思います
みなさまのますますのご活躍を楽しみにしています
 
各種研修や個人指導もご相談受付中です
オンラインでの対応もございますので、環境や規模、目的や目標などをお知らせくださいませ
引き続き、向上心のあるみなさまと一緒に進めることを楽しみにしております
 
 

演技コーチ/STAT認定アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメント指導・演出・振付/大学講師/スピーチ&プレゼンテーションコーチングSTAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT, Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Speech and Presentation Coaching/Personal Coaching

コメントをどうぞ!

セリフっぽさ/不自然さ/芝居くささ 台本をよむときに気をつけたいこと① 事実