F.M.アレクサンダー自身が繰り返し書いて教え、こだわっていたこと②指揮/指示

みなさん お寒い中、お疲れ様です。

さて、

10月のパート①で、シェイクスピア俳優でもあり舞台で活躍しながらテクニークを確立していったアレクサンダー自身が言っていたアレクサンダー・テクニークは「防ぐアート」というイントロダクションでした。

そうです!「防ぐ」という方法が最初に来る、

「防ぐ」という視点が(20世紀前半当時に)画期的な『学べる技術』だ、というお話でした。(アレクサンダー自身の著作の中では「防ぐ」ではなく(さらに強い意味で)「やめる」と言っている部分も多々あります)

そうです、学べる「防ぐ技術」なのです。

例えば楽器演奏や語学、スポーツや武術のように「学べる」んですよー。

見逃していた方はこちらからパート① お願いします

https://kaorukuwata.com/oninhibition

改めて、私も考えてみましたが、「防ぐ」って、かなり先端を行ってたんじゃないかな?

当時の(保守的な)通例ではない、ちょっと😲びっくりな発想だったと思います。

なにせ、産業革命にダーウィンに!科学的な実験方法が確立されて発見が進んだものの、まだまだ足す文化、部分的に直す考え方、今で言う「根性論」や「神秘主義」も混沌としていた時代に….💦

そして改めて、なぜ俳優だったアレクサンダーが「防ぐ」という私たちにはちょっと「断捨離」にも似た(笑)発想を持てたのかと、ちょっと考えてみました。

それは、F.M. アレクサンダーが「俳優」だった

からです。

🐈🐈🐈

演じるとき、もちろん上演のための解釈や意味、演出的な効果を狙って行動を肉付けして、質を伴わせて…といろいろ足していくけど、それは俳優自身(演出家も?)が自分の余計なクセや役立たないこだわり、不要な思い込みや作品と関係のない偏見やエゴを(!)引いた後に、

ですよね?(もしくは足し引きをほぼ同時に?)

例えば、

役の人物自身は長い時間座っている職業なので(運転手など)、立ち仕事をアルバイトにしている自分とは違って、ことある毎に座りたい!という感覚は湧かない。

ということは、いったん自分の習慣的に「座れるときに座っておきたい~」という座れる椅子やベンチをみたときの自分にとっては当たり前だけど、違う事情で暮らしているヒト(この場合の役)として行動するためには、自分の慣れている反応=「ただちに座りたい」を「保留」する必要があるね。

=ここ、「防ぐ」=引き算の部分。

そして次が、じゃあ、上の「防ぐ」をした後、より一人称で言動する演技を継続するには、どうするのか?

です、ここが本日のテーマの「指揮/指示」にあたります。

いま、ここで、なにを、「どうしたいのか?」という方向を

いま、ここで、なにを、「どこから、どこへ、どんな風に向けたいのか?という内容を

を問います。

そう。

勘が鋭い方はお分かりですね?😉

そそくさと💦演じ手側のいつもの習慣で、つい条件反射で無自覚に座らない「代わりに」

自分の「全体をつかって」、なにかするよね?

😊

つまり、「自分の事情」の代わりに、自分自身のライフスタイルや優先順位やいま欲しい感覚や願望があるのと同じように(おそらく、それ以上に「緊急」で)、役の人物自身にも「彼/彼女なりの事情」があり、その人呼吸のライフスタイルや優先順位やいま欲しい感覚や願望があるのだね。

その他人の事情の内容を入れましょうよ=「足し算」の部分

例えば、

・どこから来て、どこへ行きたいか?

・なにを、どうしたいのか?

・どのように身体のあちこちや声や思考や感覚をつかいたいのか?

そして、それらは「何のため(目的)」なのか?

ほ~ら、演技の骨組み、できあがり!

応用して、組み合わせれば、演技がさらに進んで行きますね👊

🐥🐥🐥

というわけで、今日も具体的、現実的、ズバリ!が信条の英国アレクサンダー・テクニーク教師協会会員、アレクサンダー・テク二―クの正規の指導者:鍬田(クワタ)かおるでした、ちゃん、ちゃん。

あ、もちろん演技コーチですので、ムーヴメント指導者、ムーヴメント演出もやりますよ。

12月は明瞭な感覚体験のための「ラバン入門」クラスを12月11日、12日、13日で三夜間で開催します。久しぶりにありがたいレインボースタジオ参宮橋での広々クラスなので、背の高い男性たちも(笑)おもいっきり動けます。初めての方も、久しぶりの方も、おさらいしたい方も、元気にお越しください。

お申込みフォームはこちら https://kaorukuwata.com/labaneffort2019Dec

今日のスポンサードリンクは珍しく、すらすらすぐに読める新書

今ではもう聞けない貴重な名優たちのインタビューも、現在もあちこちでおみかけする日本を代表する俳優たちの赤裸々トークも、愉快でありがたい限り。

春日太一さんの語り口も映画、俳優という生き方への尊敬が感じられて、私はとても好きです。

マシュー・ボーン振付演出カルメンならぬ「ザ・カーマン」!

噂のマシュー・ボーン振付演出の「ザ・カーマン」観てきましたよ💙

昨年、ロンドンで観られなかったので、待望の世界での映画公開!

しかし、舞台ほどの迫力と臨場感はなくても、仕方がない、そう同じ空間、同じ時間にいないのだから、汗は飛んでこないし、吐息も聞こえない。。。。残念!泣

でもね!映画ならではの、細部をみることができて、ハッピ~!

劇場ではどうしても席の如何によって、だいぶ見え方や感じ方が変わってしまうのも事実。しかしこの映画版なら、生でみるときほどの自由さ(今、あの人がみたい!あ、いまあっちみたい!あ、この人を見続けたい!笑)はないけど、クローズアップで、表情や細部を味わうことができる♥

トレイラーはこちら

最初、慣れないカメラワークに(というかダンスが速すぎ!)少々疲れましたが、言葉なしに、感情が伝わる、目的が分かる!素晴らしいダンサーズの身体に驚嘆!

映画館はまだあるので、スケジュールチェックや詳細はFBページもご覧ください。https://www.facebook.com/matthewbournecinema/?fref=nf

ああ、こんなに全身の表情が豊かで、言葉なくても、これほど内容を伝えれられるなら、こういうダンサーを俳優にした方が早いな…….と夢想し始めたのもつかの間(笑)、気づきました!

そう!

彼らはいわゆるセリフ劇をやっていない、一般的なストレートプレイの演技をしてないというだけで….

すでに極上の「俳優!」なのです!!!

☆彡

そう、とてつもな~~~く、踊りとアクションが抜群にうまい「俳優」というだけです。。。

そう、多少芝居ができるる「ダンサー」、ではないのです。。。

違い、分かりますよね?

公式ホームページはこちらです。http://matthewbournecinema.com/

暑い日々も、涼しい劇場で楽しみましょう!感激、感動のご感想を待ってマス💙

ロベール・ルパージュ「887」日本初演です!!

今日はカナダの鬼才、ロベール・ルパージュの日本初演「887」を観劇しました。

嬉しい偶然が多かった本日。たまたま隣の席がちょうど会いたかった演劇人仲間!

その後も、尊敬する先輩方、演劇人たちと偶然の再会!いい作品の後は、挨拶もみんな笑顔ですがすがしいよねっ♪そして、同期にも偶然に!!感激の再会❤

活躍している同期や知人・友人に会うと元気がでますね~!(^^)!

で、肝心の作品紹介はこちら↓

http://www.geigeki.jp/performance/theater120/

毎回、ビデオプロジェクションやパペット、影絵、その他演劇的手法の巧みさに嬉しくなるルパージュの作品。88年の「テクトニック・プレーツ」はビデオでしかみたことありませんが、面白かったな~!まさにいつも時代の先端を行きつつ、演劇の本質かは離れない、そして個人的な体験と必ず編んである作風のルパージュ。

とにかく転換とか早替えとか(笑)、すべてがスムース!!☆

これ、とっても大事なことです。

いまだに、5分、10分ごとに謎の暗転を意味なくしてお客さんを退屈させ、劇の流れを停止させちゃってる演出(?)の方々いるけど…💦

ちゃんと世界の巨匠の方法を、とにかく目撃だけはしてみた方がいいです。

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=74467

ねっ!ほらっ!現代を代表する世界規模の演出家(俳優)!

私は彼の演出家としての手腕ももちろんですが、いろいろな役を本当に演じ分けられる変幻自在ぶりが昔から大好きです!

http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=37941

これもご参考に~!

私はフランス語はできないので(T_T)、とにかく英語はOKなんですが、まあ、フランス語が苦手でも親切で読みやすい字幕がでるので、疲れずにみられますよ。

なんせ、映像が美しい!色彩が美しい!とってもキュートな装置たち・・・

そして、戦慄のいくつかのシーン、究極的にポエティックで感動的に感電させてくれる最後の詩の場面・・・

ぜひ、みなさんお楽しみください!

途中、休憩ないので、トイレが近い方はお気を付けあそばせっ!

観劇日記「悲しみを聴く石」@シアター風姿花伝

たくさんメディアに取り上げられているので、概要はプロにお任せします。

劇場のブログはこちら

http://www.fuusikaden.com/kanashimi/index.html

チケット情報など、速報はこちら

で、肝心の観劇日記 💛

うん、小劇場ならではの臨場感、ありました(生意気 笑)。

主演の女優さんが、ほぼ、ず~~~~っとお1人で語り、葛藤し、内面を吐露し、大胆にも決断し、深く思索し、走馬灯のように想像し、…

そして「戦って」いる。

内容も、今、(悲しくも)話題のイスラムの世界。文化や習慣は違えども、未だにある性差の問題、家庭・家族問題、宗教と信仰と政治と絡み合う、簡単には善悪で割り切れない生き方とアイデンティティーの問題…

そして個人の幸福とは…。

たっぷり90分、普遍的なテーマばかりです。

…でも…全体的にロマンチックでした。恥  (^^ゞ そこに日本を感じてしまった。。。

しかし、日本の小劇場とは思えない骨太な台本と果敢な主演&企画にあっぱれ!でした♪

もっとこういう作品、企画が増えていくといいな(^^♪

新聞記事はこちら~

http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/151205/ent1512050010-s.html

「考えさせて、想像させて、共感させて、決断させて」そんな意気込みある骨太な作品なのでした。!(^^)!。

2015年最後の特別クラス:12月のお知らせ

12月は俳優のためのムーヴメントの特別クラスがあります♪

私の年末の楽しみ

「今年の課題、今年のうちに」!これがモットー。

できることを増やして、気持ちよく新年を迎えましょう (^^♪

ムーヴメントのアプローチは、
実際にからだを動かしながら、具体的な手順で、俳優の感情や思考のつかい方、想像力とセリフの関係などを整理し使えるようにしていく実践的な方法です。
ダンスや体操ではありません~ご安心を)
欧米ではヴォイスやインプロと並んで基礎の必須トレーニング。
バレエでいうところのバーレッスンの一つです。
演出家でもアレクサンダー・テクニークやスタニスラフスキー・システムやマイズナーの方法などと併用できる方が多い、便利な切り口。
世界中から最先端の演劇人が集う伝統あるロンドンで、大学→指導者養成→演劇学校での修士課程卒という(親不孝な)8年の正規留学を修めた私がラバンの方法を中心に指導いたします。
年間を通じて開催されるKaoruの特別クラスの特徴~
…とその対策(笑)(^^ゞ
1 継続的なトレーニングを積みたい方
―春、夏、秋、冬と3日間~6日間のクラス展開でステップアップしていけます。
課題を個別に相談し、モノローグやシーンのクラスをバージョンアップ、即戦力へつなげます。同じことを同レベルで繰り返して上達することは難しいです。
「ちりも積もれば」です。はやく始めたモノ勝ちなのです。
2 事務所所属や養成所と並行して学び、能力アップしたい方
―学生であっても油断は禁物。(笑) 普段のクラスで足りないところや消化不良の課題を見つけ出し、鍛えて差をつけましょう。現場ではチャンスに恵まれず、なかなかできない挑戦も、安全な学習環境で系統立てて取り組めます。
待っているだけでチャンスが来た人はいません。
3 演出家・劇作家等で演技の仕組みや構造についてもっと理解したい方
―俳優トレーニングを一部実際に体験してもらい、語彙を増やしながら体系的に方法論を養うよう目指します。すばらしい感性やアイデアも他人に伝わらなければ「宝の持ちぐされ」。実践あるのみ!です。
 
4 ダンサー、歌手、ミュージカル俳優で演技力を磨きたい方
―歌って踊っていればよかった時代は終わりました。。お疲れ様。(苦笑)
総合芸術に洗練していくために、演劇の要素で魅力を磨きましょう。ほとんどのことは「質と量の組み合わせ」。やれば(ほぼ)できます。練習は裏切らない。
  
↓ の4コースともに参加のお申込みは、個別メッセージかメールにて直接ご連絡ください。
ご自分の簡単なプロフィールと連絡先を書くことを忘れないでね、せっかくご連絡いただいても返事ができませんので。(^^ゞ
①上級モノローグ~感情のうごき、ことばと思考、想像力~(入門修了した方)
12月23日(水・祝)&24日(木)の二日間10:30~17:30
ランチ休憩あります、ご安心ください。セリフと感情と思考をうごきをマネージメントする術を学びます。真実の感覚を伴った演じることの醍醐味まで目指しましょう。
②ラバンのエフォート入門~うごきって何?感情の乗りもの(★初めての方★)
12月23日(水・祝)、24日(木)、25日(金)の三夜間18:30~21:30
休憩はほぼありませんので、お得なクラスです。☻
うごきの「文法の基礎」を学びます。
演技の仕組みは語学と似て文法が大事。
後の語彙やコミュニケーションを助けます。汗をかいてリフレッシュしながら、身体をつかって納得しよう、楽しいよ♪
③Play, Play, Play~いろいろなエクササイズをつかって
12月26日(土)、27日(日)、28日(月)の三夜間18:30~21:30
世界にはたくさんの目的を果たす、さまざまなエクササイズがあります。楽器演奏の習得と似て、練られた上質+ちょぴっと上レベルの課題をたくさんやることがミソ。血肉になります☺ 毎回内容は変わります。お楽しみに。
④マスター~ シーンスタディー台本をつかって(モノローグ修了した方)
総決算!キャラクター作り、戯曲分析、相手との交流を極めるよう目指します。
12月25日(金)、26日(土)、27日(日)、128日(月)の10:30~17:30と29日(火)と30日(水)の10:30~21:30の計6日間の充実プログラム!
食事休憩はあります、ご安心を。
希望者多数の場合は選考あります。
少数精鋭で切磋琢磨する趣旨のため、お許しください。
参加費は各コース別の設定ですので、お問合せ時にお知らせします。
会場はすべて笹塚メソッドです。充実した商店街が嬉しい町デス♥
京王線笹塚駅徒歩7分 渋谷区笹塚3−9−3 ケイオービルB1F

☆番外編☆:高い質の演技力の底上げを狙うプロは…

気の合うメンバーでスケジュール調整し、集中して研鑽を積みましょう。実力を養い鍛えるクラスをオーダーメイドで作れます。いくらプロでも一人でできることは限られています。

現場で密かに苦しい思いをすることはありません。世界中の先人の知恵(世界の巨匠たち)を借りて、飛躍しましょう。年齢やこれまでのキャリアにこだわらず、世界基準で能力を発揮しましょう。楽しいですよ。

オーダーメードも個別メッセージかメールまたはお電話にて直接ご相談ください♪

最近話題の「ナショナル・シアター・ライブ―世界最高峰の演技を映画館で!」のシリーズを観て感激している方々!
ナショナルやRSCの彼らとて、俳優です、人間です☆
ナショナルやRSCで活躍する俳優たちと同じ演劇学校および同じ先生方から受け継がれてきた方法は、人種や国籍を問わず私たちも応用できます。ナショナルやRSCの指導者や演出家になるための専門教育を受けてきた私が、日本語で(笑 )一から個別に指導したします。
今年の課題、今年のうちに♪
充実した、実りある、すがすがしい年末にしたいと思います。

 

観劇日記「オイディプス」-ルーマニア国立劇場@東京芸術劇場

先日はルーマニアの歴史あるルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場の来日公演「オイディプス」を拝見してきました。

http://www.geigeki.jp/performance/theater101/

全身で感じて、動いて、しゃべる、生き生きとしていて、迫力のある俳優たち。男女ともに、しなやかで屈強な肉体と伸びのある声の持ち主たち。

シンプルながら美しい美術、照明、簡潔ながらもストーリーが際立つ演出と独特の世界観の音楽と映像の融合、確かにとっても素晴らしいです。

…でも、私の個人的な観劇や鑑賞歴のせいかもしれませんが…モジモジ 汗 (;^ω^)

どことなく、クリスチャン・ボルタンスキーの美術作品(インスタレーション)と、

ヨーゼフ・ボイスの美術作品(インスタレーション)と、

イリア&エミリア・カバコフ夫妻の美術作品(インスタレーション)と、

とても似ているっ!似すぎ!

シンプルで線や色が際立つセットと肉肉した俳優たちと、明るい照明によって付けられる陰影と衣装の古典的なデザインと妖艶な色合いと、とにかくとても似ているのだ。そして使われていたビデオ映像も90年代に流行っていた多くのビデオ作品ととても似てる。こういうビデオ作品、ニューヨークでもロンドンでもベニスでも、90年代後半に世界中で流行っていたな。。。(^^;

とにかく作品全体がこれまでみてきた美術作品たちにとっても似ているのです。

東欧やロシアはお互いにもちろん影響し合って、美術史や演劇史をリードしてきたこともあり、影響力あるアバンギャルドなアーティストを生み出してきたこともあり、当然、、似たような美学や発想、アーティストの生まれ育った年代によっては特定の衝撃的なアーティストに強く影響を受けることもあるでしょう。照明や色調のせいかもしれませんが、物語の切り取り方や表現方法の選択基準が似ていると言ったらいいのでしょうか、さらにピナ・バウシュの作品にも似ているのです。(^^ゞ 女性の裸体や衣装のつかい方も似ているなぁ…。

…でそうなると、だったら、もっと近い距離でギャラリー内でカバコフのインスタレーションに実際に歩いて入って、音も自分の耳で直接聞こえて疑似体験できた作品みたいに感じたいし…でも額縁舞台劇場ではそれは叶わず。(T_T)

そうなると、ボイスやボルタンスキーのように政治的な、宗教的な、民族的な主張があっても良いし…でも、それはあまり私には感じられず。(´;ω;`)

…と考えると、ピナ・バウシュのようにユーモアがあるかと言えば、無い…

会話劇なので、言葉もそれは美しく、みごとに明瞭に語られているのだが…どうも内臓の叫びというか、腹の底からの音は感じられない。

イギリスの劇団「Punchdrunk」のように、観劇する側が自分の意思で建物中を歩き回ってダンスも芝居も間近で体験する体験型の演劇だったらうまくいったのかもしれません。去年、ニューヨークで観た「Sleep No More」がシェイクスピアのマクベスを基にしながらも、俳優の吐息が聞こえる距離で共有できた感覚が本当に素晴らしかったことを思い出し、しばし…Kaoruちゃん、ホームシック。(苦笑)

さらにロンドンでも衝撃を受けた同じくPunchdrunkの「Sleep No More」ではWoyzeckやヒッチコックの世界が陰影共にジャンルの違う音楽やダンスもうまく取り込まれて、一貫して美しく使われていたことを思い出し…さらに…Kaoruちゃん、ホームシック。(笑)

う~む。

結果、今回の公演は…消化不良。。スミマセン。

独特の世界観、美的感性、哲学があっても、それを十分に全身で生に感じられなければ、つらいです。ましてや、ずっと座ったままの、ただでさえ、字幕を見続けなければならない会話劇の公演で…(T_T)

私の体調が優れなかったのか、判断基準が厳しすぎるのかもしれませんが、そんな感想でした。

ガクッ。。