演劇歴30年+ カレー大好き演技コーチのくわたかおるです

何度も練習してるのにオーケーが出ないとき、

注意されたことを気をつけながら、繰り返しリハーサルに望んでいるのにうまくいかない、

もう何年もいろいろなところで学んでいるはずなのに、現場でその力が発揮されない気がする

…と言うような時に、ヒントになればいいなと思った視点をご紹介します

その時私は、いわゆる宣材写真の撮影の協力をしていました

大御所のカメラマンと、まだ若手の俳優、そして中堅の俳優氏で、朝から夜までの大奮闘

外での撮影が終わり、夕方以降屋内での撮影に移ったとき、ヘアメイクの大幅な変更もあり、休憩を兼ねてどうしようかと言う話になりました

やはりスタイリング剤などを使っているので髪の毛が固まっており、それを落とすためにも、そして外で汗をかいていたのでリフレッシュの為にも、俳優たちにはシャワーを使ってもらうことになりました

その時、大御所のカメラマンから出た話が、髪の毛をとにかく一番良い状態にしといてほしいと言うことでした

もちろん俳優2人は自分の日ごろの髪質のお悩みや、赤裸々にヘアスタイルの希望などを話していたのですが、そこでたどりついた結論が、どうもスタイリング剤や素人のちょっと学んだ技位では、生える髪型やそこそこ見栄えの問題のないスタイルが難しいと言うことです

なぜなのか?!

そう、俳優たちがシャワーから出てきて一斉に口にしたことがあります

それは

このシャンプーとリンスだと、すごく手触りが良いくてまとまる

このシャンプーとトリートメントを使ってみたら、全然広がってなくて、すごくいい

…そうなんです

そもそもの、毎日使っているシャンプーやリンス、トリートメントを根本から変えてみること

いくらブローして、スタイリング剤をつけて、はたまた巻いたり、アイロンで伸ばしても、その対象になる髪の毛のケア自体が足りなければ、直せるものも直せない

一生懸命上につける飾りやカラー、それこそアクセサリーを工夫したところで、その下にある髪の毛自体に元気がなくて、基礎的な部分がおろそかだと、どんなに上に高級なスタイリング剤を載せてみたところで、またプロの技を重ねて見ても、なかなか簡単には輝かない

上に乗せるいっときのいろいろももちろん大事ですが、それ以前に毎日のケア、繰り返してることに目を向けることが本当に大事なんだなぁと…その場にいた5人で笑いました

今日のおすすめはこちら

スポンサードリンク

https://amzn.to/3mIac1W

ヴィジュアルなくてごめんなさい。

実在の女優を題材にした、映画「リヴァプールー最後の恋」です

あのリトルダンサーのかわいかったジェイミーベルくんがすっかり大人に!

俳優のキャリアの危うさ、人生のほろ苦モーメント、そして誰もが避けられない時間という契約。

私が好きだったのは、ご両親。素敵です、暖かいです。

みなさまのご感想も気になります。

久しぶり!の方のクラス参加も歓迎です。思い詰めずに身体のつかい方や運動からスタートしましょう。

 

 

演技コーチ/STAT認定アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメント指導・演出・振付/大学講師/スピーチ&プレゼンテーションコーチングSTAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT, Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Speech and Presentation Coaching/Personal Coaching

コメントをどうぞ!

■オンライン版サブテキストクラス参加者のお声 ■演技力アップ1日集中講座(オーディション対策含む)参加者のご感想 2021年