NT Live巨匠アーサーミラーの名作戯曲「みんな我が子」が!

「最高で感動した」、「超泣いたよ~!」、「わあ、すごかった~!」

と無条件に喜んでいる方は、以下、読まない方がいいかもしれません。

私はもちろん巨匠アーサー・ミラーの大ファンです。

20世紀を代表する天才的な洞察力★イプセンの系統(笑)からくる、メタファー、シンボル….戯曲の醍醐味というもの、物語の深さ、「劇構造そのものにも語らせる」面白さと、劇の仕組みの明瞭さ、言葉(タイトル含め)の的確かつ明瞭さにいつも感銘を受け、学んできました。巨匠のズバリ!感(笑)にも、学べば学ぶほど、毎回新鮮に(良い意味で)ショックを受けている一人です。

さて、今回の私の基本的な意見はこのイギリスの新聞インデペンデントに載ったレビューとほぼ同感です。

https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/reviews/all-my-sons-review-old-vic-arthur-miller-cast-bill-pullman-sally-field-jenna-coleman-a8883966.html

英語が堪能な方、ぜひ、ありのままの調子をどうぞ味わってください。

結構、淡々としつつ、ちょいとスパイシーだよね 💦

さて、

スタッフのあまりにも生き生きとした、まっとうで期待できるいつもの前向きなインタビューから嬉しい予感とともに始まったNTライブでしたが….

期待したほどではありませんでした。

がっかりだよ!

その理由は、主演★と鳴り物入りでハリウッドの映画でかつて大活躍してきたお二人(父母役)が冴えなかったからです。

え~!?

素晴らしかったじゃん!なんで文句いうの?!あんなに感動したのに!

と脊髄反射される方は、以下は読まなくていいです 笑

好みの問題だと言って片付けることもできると思うのですが、

実は嗜好だけではなく、私は今回、非常に危惧しましたね。

ああいう日本にも未だ残っている

「巧みに感じているフリをする」演技風な取り組みとそれを許す風土!

「いかにも情感深そうに、意味ありげに、中身(感情&思考)がめくるめく劇のスピードで動いていないのに、そうだったかのように振る舞う」という(共感的ではない)態度とそれをありがたそうに褒める周囲!

この2つがガン!と思ってます。

私は演技の専門家なので、今回は演技についてちょいと書きたいと思います。

まず、父役の俳優さん、名優なんだろうけど、硬いです。

感じているサイズ以上にお客さんや相手に感じさせようと「がんばる」ことで、固まってるように見えました。きっと真面目で善い人に違いない……..しかし、ドラマを引っ張って行っていなかった。劇中での役割として、劇を展開させていくリーダーなのに。

そして、マーロン・ブランド辺りを意識している世代なんでしょうか….

なんか……ほんと書くのも申し訳ないけど

「決めてる」

瞬間がたくさんありました。

私のクラスなどでモノローグやシーンでしっかり感覚を磨いている目も耳も良い方はご存知でしょうが、

「感じてて、衝動もあって、動いていて、いっぱいなっているから、つい『漏れ出てしまう』ものであって」

先につくって、なぞりにいくような、「八百長」じゃないはず!

とちょっと腹立ちました。

なぜ、人間である私たちに、生き物として不自然な順番がばれないと思うんでしょうか…..?

ちなみに、アーサー・ミラーの演劇観、演劇論はこちらを読むと俳優も演出家も劇作家もスッキリ!すると思います

スポンサードリンク

そして肝心の台本はこちらね。ハヤカワが文庫で出してくれているので有り難いデス!感謝!

スポンサードリンク

さて、噂の(なぜか)大好評だった母親役ですが、こちらも映画でかなりの数の作品で活躍してきた実力派。

しかし…….

私が期待しすぎていたのか、アーサー・ミラーを好きすぎるのか….💦

これまた、「固めている」よね

内面が動くようにみて、きいて、感じて、想像して、交流して、その結果、感じながらの行動と言葉が必要になってたまらないから「しゃべる」になるのではなく、

いくつかの箇所で特に目立ったのが、

「決意→行動→しゃべりながら感じて行く」という

なんだか奇妙な順序。

あんな緊急事態に、心乱れる1日で、差し迫った問題があって、個人的な意味ばかりが溢れている心理的な現象が激しい状況で???

みて、きいて、感じって、欲しいものがあって、恐れがあって….

現実の人間たち以上に、人間らしい言動をしてしまう、という切り口なのに……

なんだかな~💦

どうにも「神がかっている風にみえる」様子を説明していた…….。

そういう劇だっけ?

この上演バージョンだと戯曲の構造はちっとも分からないですね。(私だけ?)

役の人物たちは「(書かれている)言葉がなぜ、いま必要になるのか」

が心象風景からは伝わりませんでした(私だけ?)

全集は解説があるので、とっても嬉しい場合がたくさんあります。専門家のみなさまありがとうございます。

スポンサードリンク

今回、なかなかいいなと思ったのがクリス役の北アイルランド出身のコリン・モーガンさん

「You can never know enough.(知りすぎるなんてことはない)」とインタビューでも語っています。

健全ですね。

「~then I read it again from an acting point of view – what would I bring to it?(その後、演じるために読んで、自分が(作品に)なにを持っていく(貢献)ことができるか」

を考えるそう。

うん、よかったわ。マトモです。「たくさん読んで、観察して、リサーチする」というコリンさんのインタビュー記事はこちらhttps://www.thejackalmagazine.com/colin-morgan-interview

俳優のみなさんだけでなく、演出家、劇作家の方もどうぞ。

もう一人、ジョージ役の俳優さんも良かったよね。もう休憩時にはジョージの登場に望みをかけていた状態だった私…。

ジョージさん役、良かったですよ。つかっている「方法」の繰り返しが多かったけども…。

一方のアン役は華やかできれいすぎましたね、あんな●~*爆弾かかえているのに…

ラリーを好きだったことも、クリスを好きなことも、兄を愛していることも………ワタシには分かりませんでした。

ああ、みんな振れ幅があと30パーセント増しだったら….よかったのになぁ….

😿

さて、今回の作品をみて思い出したのが哲学者 中島先生の名著

スポンサードリンク

意外なタイトル?!そうですか?

一つのこともいつも2方向からみると演技も豊かに、人物創造も立体的になります。

ブランドに惑わされず、目や耳とともに思考も感覚も養っていきましょう♪

名優と言われる人でも「ウソ泣き」はバレる。

嫌ですね。

もうウソ泣きをしたくない方(笑)、ぜひ11月の土曜日開催のモノローグ道場へお越しください。

そんな便秘みたいな苦しいことしなくても💩 笑

より人間らしく、衝動を感じて、実際に想像して動き、動かされる演技の仕組み、一緒に身につけましょう!

クラスのお申込みはクラスのブログ記事についているフォームをつかうと便利ですが、Facebookのメッセージ機能でも大丈夫です。どちらでもご都合の合うほうでどうぞ★

F.M.アレクサンダー自身が繰り返し書いて教えこだわっていたこと①抑制ー防ぐアート

アレクサンダー・テクニークは「防ぐアート」です。

はい、「防ぐ」という手法が特長です。

ということは、セラピーやすでに現れている症状に対しての治療ではなく(予防は治療の逆でしょ?)

「防ぐ」方法を身につける=「教育」の一種なんですよ~

と具体的に、ズバリ!書いた、英国アレクサンダー・テクニーク教師協会会員、アレクサンダー・テク二―クの正規の指導者、鍬田(クワタ)かおるです、改めて。

あ、演技コーチ、ムーヴメント指導者、ムーヴメント演出もやります。

というのも、(なぜか理由は知りませんが)まったく関係ないことをアレクサンダー・テクニークと呼んでいる方がいるらしく、ときどき苦情(?)や不満を耳にし、まあ、それくらいならいいのですが(よくないか?!)

どうも治療の一種や健康法だとか、さらには姿勢矯正だとか(そういうオマケ効果はあるかもしれませんが)、リフレッシュや気分転換、はたまたリラクセーションだと誤解している方がちらほらいるらしいんですよ~

困るね!

というわけで、新しい角度からのシリーズ。創始者F.M. アレクサンダーが繰り返し(しつこく)こだわっていた、テクニークの特徴・特長です。

第一回が核心のズバリ!

「防ぐ」というスキルが必須のテクニークがアレクサンダー・テクニークの強みであり、特徴であり、さまざまな分野で応用する際に有効である所以です

「防ぐ」という(当時珍しかった観点からの)手順がポイント。

アレクサンダーの強い主張と(しつこいくらい)繰り返されている観察からの分析に、

「最初の反応」を防ぐ

というのがあります。俳優だったF.Mらしい発想だよね😊

演技の仕組みやスポーツ、楽器演奏などで実を持って体感している方はご存知ですが、

そうなんですよね。自分がよかれと思ってやっていることでも(わざとヘタなままいたい人、あえて苦しくしたい人は少ない)

実際に結果を伸ばす段階にくると(他人に認められるレベルで、繰り返してもOKなレベルで)

どうにも①「感じている」ことと=主観的な習慣的な自分の感覚

②実際に他人にみえて、きこえていること=現実に自分が行っていること

がものすご~~~~~くかけ離れている。どうにもズレていて、かみ合わない。

そういう体験、たくさんありますよね?

頭では分かっている「つもり」だけど、楽器の先生に力を入れすぎ!と注意されているにも関わらずいつも通り「感じない」くらい慣れている力をこめすぎるクセを混ぜる。巧みに。必ず。毎回。

😿

落ち着いて考えれば分かることなのに💦

ビデオでみても、なぜそこまでコーチや先生が繰り返し指摘してくるのか分からないくらい慣れて違和感を感じなくなっているのです!自分の長時間やっている習慣的な反応の癖・パターンに。

😲

というわけで、自分には(すでにほとんど)感じられないくらい繰り返してなじんでしまっている習慣的な反応(とF.Mは言っているけど、実際には条件反射のこと)を「防ぐ」という発想が大事なの。

「感じられないのに、どうやって防ぐの?!」

とツッコみたいところですね。

そうです。

私も当時(約20年前?)そう思いました。心の中でツッコみました。

しかし、当時の先生方3名が共通して強調して言っていたのが、

「感じられなくても『防ごう』としてください。」(人によっては言い方が防ぐではなく「やめる」のこともあった、意味は同じ)

感じられてから防ぐだと、やっちゃってからやり直す✖になるので、防げてない。自分にダメな古い使い方を覚えさせちゃってる。

要は練習していることにカウントされるんです。

だから、「気づいたら防ごう・やめよう」という悠長な発想ではなく✖ 笑

感じられてないくらい慣れているのだから、自分には感じ取れなくても、

そこは「論理・判断力(目的に役立つ使い方になってるか)」で💛補うのだ!

F.M.曰く「本能的ではあるが、(目的には役立たず)建設的でもない防衛グセ」を防ぐために知性をつかうこと

なんだね。

「習慣的な『条件反射』は慣れていて、すぐにいつも通りの行動に移せるので早い気がするが、これまで学習してきた条件反射をやめてみる=

未知の失敗のリスクは上がるが未知の成功も可能性もあがる

なのです。

俳優らしい発想だよね。

パフォーミング・アーツならではの着目点と思います。

なぜって…

身体はひとつ。声も身体の一部。

同時にいくつもの相反することはできないでしょ?😉

自分のクセで、肩を持ち上げておきながら、喉周りの余計な緊張がない人の声は出せない

習慣的に(自分では感じないけど)、脚をつっぱっておきながら、「天にも昇る心地」の人を演じられない

本当はリズミカルに、軽やかにコメディーで嬉し💓楽し💔飛び回りたいのに、つい自分の慣れている身体の様子を繰り返して、どうにも重い、暗い、鈍い動きをしてしまう….

ほら!

同時にできないから、古くて役に立たない、建設的でない、「アカン」方を防ぐ必要あるよね😉

…..師匠ズはいつも正しかった、そして最適最速の方法をズバリ!教えてくれていたのだった。(疑ってゴメンなさい)

…で、

紆余曲折を経て私が行きついたのが、アレクサンダー自身が書いて4冊のうちの3番目の(やっと内容も一貫し、言葉遣いもF.M.にしては 笑)洗練されてきた3冊目のThe Use of the Selfの日本語訳です。

一番短い本だから、というのはさておき(笑)一番、実用的で一般の方が自分を重ねて理解しやすい本であることは間違いないです。

スポンサードリンク

なぜだか値段があがっている…。ご購入を希望の方は私に連絡くれてもいいですよ。今、数冊だけストックあります😊
本日のおススメスポンサードリンクは

移動中など手や脚がつかえなくても読書のように楽しめる、ありがたいオーディブル!

話題の洋書はもちろん、人気俳優による朗読も嬉しい。何時間も活字を追うには目も手も疲れる大作まで…流行りの新書や小説もあって、充実すること間違いなしです♪

私は洋書が多く、英語がメインですが、日ごろは偏りがちなボキャブラリーの確認も含めて、さらにいろいろな第一言語の方の発音も参考にしつつ、自分の強制的なチェックもできて一石あたり、三、四鳥です!スペイン語は….中級….うっ。。

会員登録、ぜひ30日間無料なので使ってみてください!

スポンサードリンク

私は電車や飛行機など長時間の移動のとき、ちょっと目を休ませたいけど、いろいろ読みたいとき、学習したいときに流してます。耳から聞いて覚えるのも良いなと思います。

お楽しみください!

11月のモノローグクラスのお申込み開始しました。10名以下の(たぶん8名くらい?)本当にじっくり取り組める深めるにぴったりの時間なので、お早めにカレンダーに入れておいてくださいね!

 

やってはイケない:演技のNG集②独りカベ打ち!

演技ってのはな~、「リアクション(反応)」なんだよぉ~

といううんちく(?)が流行って、はやウン十年。そう、歴史はちょい古いのデス。

その昔、私も大学やら養成所やら、あちこちで聞いた懐かしいフレーズ(笑)

で、その出典はというと(私のロンドン大学時代のリサーチによると)おそらくアメリカの一部の演技教室のActing is Reaction!という派みたいね。。でそれがActing is Believing!という想像力重視な人達とちょいとぶつかったって言う…苦笑 (-_-;)

さておき、本当にそうなの?

それで、演技できちゃう?

反応してれば、ドラマが進むのかい?反応だけで人物造形がハッキリするんですか~?戯曲の構造に堪えられるのかしら~ん???

いいえ!NO!

反応、それは、確かに大切だし、必要だし、もちろん自然なことなんですが…(◎_◎;)

どうも、多くの場面で「反応して!」、「リアクション足りない」、「リアクションが悪い」、「反応が違うよ」などと演出家や相手役やコーチに言われるとき、

それは、

「応答」を意味しているようなのですよ。。。💦

で、その「反応」しているって思ってる人達が実際にやっていることをみてみると、往々にして、

「反射」してるんだね、これが。。。

ここが、誤解の始まり、すれ違いの悲劇。。。(T_T)

Oh….no…..😭

そう、

刺激の受容(感覚器官を通じて)→ 反射(生命にかかわるような+条件反射)

だけだと、ただの「自分」です。(笑)

刺激の受容(感覚器官を通じて)→反射+「反応」しないとね~

この「+反応」の部分がいわゆる流行っていた「反応」のことなんだ。(^-^;

例:電話の音が聞こえる(刺激の耳による受容)

→予期してなかったので驚く(生命維持と学習された条件による反射)

→「誰かな?」と思う&昨日の事件(言われた事等)を思い出す

(ココが反応&情報の消化)

→相手の顔が思い浮かび、真実を聞き出そうと何らかの方法を想像し始める

(もう1段階の反応:内面のアクションへ)

→電話に向かって、不安を感じながら、歩きはじめる(身体行動へ)

かな?ちょっとおおざっぱですが(笑)

ですので、「反射」部分しかしてない人の演技は、まるで「カベ打ち」です!(T_T)

残念ながら、よく見かけるのが、ただ驚いている人達(笑)

そりゃね、驚くよね、いろんな場面で、いろいろな相手のさまざまに…..だって…

ドラマ!だから!(笑)

驚くことが多くて、当然です。

だからって、ただ驚いているだけじゃ、演技になってないのよ。😠

どういう考えを持つ人なのか、どんな様子で、何を感じる人なのか、それらがどう行動へつながっていくのか、という美味しいところを捨てちゃってるんだな。

あ~、もったいない。

「独りでカベ打ち」しててどうするの~!?確かに楽なんだけど(笑)、それって試合じゃないのよ。

ただ「願ってる」ヒトも重くてウザかったけど(笑)、ただ「驚いてる」ヒトも思考も感情も深くなくて、とっても悲しい。。。😡

その先を知りたいのに~、感じたいのに~、共感したいのにィ~ (T_T)

反射だけしてる「カベ打ち」の「驚いてるだけ」の亜種には、

ただ「困ってるだけ」、ただ「躊躇してるだけ」ってのもあるよ。

そりゃ、「困ってる」に決まってるよね、戯曲のほとんどが「問題解決」なんだから!!これまた、戯曲の構図やドラマの仕組みを考えれば分かるはずよ!

…というわけで、

ただ「驚いている」、ただ「困っている」

のは、やめましょう!

思考も感情もつかってなんぼです。条件反射だけじゃ、ダメよ。

ちゃん、ちゃん。

 

 

やってはイケない:演技のNG集①ーヘタなヒトが巧みにやっちまっていること

周りの俳優さんたち、演劇関係者たちの会話から、新しいシリーズを書いてみることにしました。その名も「やってはイケない:演技のNG集」。ひ、ひどい。。。💦

芝居が臭くなる原因、つまらなく理由がここにあると言っても過言ではないでしょう。知ってはいるものの、誤ってやっちまっているよろしくない癖も、この際、断ち切りましょう!

という勇気づけのためもあり、はっきり言葉にしてみて、分析したら、いいかな、と思いました。ま、はっきりいって…少々…

お、恐ろしい。。。(T_T)!!

さて、第1回は「よくある間違え」代表をいくつかご紹介~

①「ただ、強く、願っている」

笑!

いや、ホントです。ただ強く願っている人の演技は、無駄に重くて、遅くて、硬くて、前方向ばかりに働きかけ(?)があります。が、しかし!具体的な方法はつかってないので、伝わるものはその願いのしつこさ、くどさ、自分勝手さばかりです。

強く願っているとき、人は、息を少々ひそめ、息をひそめつつしゃべり、身体に無駄に力を入れて、目を止めたり(時にはひどく長い時間停止)、ポーズをとりながら(自然な動きがない状態)、「ひたすら、願掛け」!

そう、初詣やおまじないや祈りにも似たお姿、そんな身体の状態。

=交流する状態じゃあ、ないよっ! 😠

相手の俳優にしてみれば、「重い!」、「暗い!」、「あっちいけ!」です。

重いこと、極まりないです。、まるで呪いです。(私は信じてないけど 苦笑)

シーンの中でのキャラクターの目的や役割、目的達成のための方法が具体的に分かってないと、そして身体化、アクション化してないと、

善良にがんばる人ほど、「ただ、強く、願う」をやってしまいます。

そう、小学校のとき、国語の時間で言われた(?)「こころを込めて」というヤツに似てるんですな。ありゃ、つまらなかった、ありゃ、クサかった。(笑)

というわけで、ただ、つよく、願うのをやめましょう!

事実に即して、欲しいもの(目的)のために相手のことを想像し、実際に反応し、行動するのと、ただ自分の心の中で言葉を唱えたり、一人、頭ん中でイメージを強く思い描いているのとは違います。

一人、ダメ!

一人、キケン!⚠

演劇の基本!

願ってないで、実際に行動しましょう。

なんらかの手段(方法)をつかって、欲しいものへ向かって反応しましょう。

事実に応答しましょう、行動を起こしましょう!

そう、ダイエット!や 語学取得☆ や楽器演奏♪ と同じです。

強く願ったから、できるようになったヒトはいません、悪しからず。そう、行動から変化が起きるのが、ダイエット(笑)、できるようになるのが語学や楽器、然り。

これの亜種に②「心をこめて、セリフを大事そうに言う」、③「気持ちに浸りながらセリフを言い、所作をいかにも大事そうにやる」というのがあります。これも観念的な、情緒的な「願い」から来る、不可思議な態度。

観念があったとしても、哲学的テーマがあったとしても、「具現化する」、現実の世界で「行動する」のが演劇です。願ってて行動しない、祈ってて想像しない、交流しないのは……ニートに近いですよ。😡

いわゆる「思いこみ型」の演技は(というか演技ではないけど💦)俳優自身と周囲の人々の健康も蝕みます。そう、現実に、事実に即していないからです。浮世離れしてますよ。本人はいろいろ感じていると思っているけど、ただの妄想だし。。。

ここから、トンチンカンが、思い違い、すれ違いが、不幸が始まります。

いま、健康を害さずに、相手と交流して、人間として自然に、事実に即して反応し、交流し、行動する演技が世界のスタンダードです。

そういった演技を身につけて、活躍する方法はたくさんあります。

(ワタクシも何種類か教えておりますよ!(^^)!💛)

カルト的な心理操作や、洗脳に近い神経症を推進するような「思いこみ」作戦はおやめください!危険です!セラピー系な内容も演劇に直接関係ないです~(T_T)

というわけで、「ただ強く、結果を思い描いている(相手がこうなるといいな、セリフの気持ちが伝わるといいな、とか)」という残念な状態の演技へのアプローチはお止めください。自己暗示は演技ではありません、(ある種の治療や)病です。

想像力をつかうのも、イメージを膨らませるのも、暗示や願掛けではなく、実際に行動するためのものだったはず。

いわゆるシュミレーションやイメトレも、「事実」にどう変化を引き起こしたらいいかの下準備なはずです。下準備した上で、相手と一緒に、同じ空間で、同じ時間で、各々がどう感じ、考え、どう判断し、行動するのか、そしてどう交流するのか…そこが面白いんだよ~ぅ。(*^^)

ただ、強く、繰り返し、一人で、願っていい….ハズがない!

みなさん、願掛けの初詣は年に1回でお願いシマス。。

ちゃん、ちゃん。

 

 

 

 

 

 

練習、その魔力③

2016年も半分、折り返し地点!(^^♪

これまでの半年分の練習の成果が実感できたり、自分では気づいてなくても、周りにつたわっていたり、なんらかの発展があると嬉しいよねっ♥ みなさんの良いお知らせ待ってマス~。

練習。そう、ウワサの「練習」問題。

6月も引き続き、おかしな「練習」しつづけちゃう人達をたくさん目撃しました~。

顎をしめて、舌を無駄に緊張させながら、口の中を狭くしながら、しゃべりにくく、歌いにくく居る「練習」…

なんも考えないで、意識もせずに、ぼーっと惰性で好きでもない、役にも立ってない習慣を繰り返すだけの、「条件反射」の練習…..

交流もせず、感情も思考も活発でない状態で、ぬりえ?のように覚えた所作をして、覚えたセリフを言うという「虚しい」、演じることととは程遠い、謎の演劇「練習」…

要らないね~~ん !(-_-;)

そう、私たちには、「何を」「どのように」する練習をしたいのかを「選ぶ能力」があるのに!選ばないと…

練習という名の反復…悪癖の育成…

まるで…荒れ果てた近所の雑草ボーボーの庭のよう!!

恥!

練習とは仮の姿=その正体は「悪癖の育成」

とならないよう、意識をはっきり、目的と方法を吟味したいよねっ!

これは、俳優だけでなく、演出家、劇作家にも、果てはダンサーや音楽家にも、いろいろな職業の方々全般に言えることだと思います。

今週は「約束を守らない練習をする人々(約束を破る練習とも言う)」、「アマチュアでいるための練習をしてしまふ人々(プロでいない練習とも言う)」に会いました。残念です。。。(T_T)

 

ライフ・スタイルは結局、選択と練習の連続とも言える・・・

怖いよぉ~ (ノД`)

近々、「ダメな戯曲、イイ台本」(苦笑)のシリーズをお送りしようかと思ってます。10年以上、不思議に思っているネタ?なので、演劇だけでなく、音楽や美術、その他周辺の業界にも通じるところがあるといいな♪と思ってます。

6月末のラバン入門クラスまであと少し!素敵な出会い、楽しい時間をまってます!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花ひらく 練習の成果ー②練習は裏切らない、ホントに。

練習の鬼!のダンスの師匠ズが7年ぶりに来日して、はや1週間……怒涛の日々。師匠ズの可愛い娘たち(双子)のおばちゃんとしてお世話する日々、レッスン受ける日々、そして久しぶりの東京に戸惑う師匠ズのため通訳~、Kaoru、がんばる~。

鬼軍曹Kaoruも、一応….フツ―に…..疲労は….するのだ!(T_T)

ガクッ。。。💦

さて、「練習」の魔力…それは「時間との契約」でもあります。

不老不死じゃないからね、一応、いまのところ(笑)ある特定のレベルに達しても、それを維持すること+老化との戦い=さらなる練習強化!効率的トレーニング!

工夫するっきゃな~い!

となるわけで。

ギャー!

良い練習をたくさんすれば上達するのは自明です。

では、変な練習するとどうなるか???

うまくなります。

ヘタなのが。

そう、「練習」の成果が発揮され、練習の結果が、ついに!

花開くのです~ぅ🌸

アレクサンダー・テクニーク的に言うと、例えば、

・首を固める練習を毎日10時間(数分に1回~継続的に2~3分含め)

・頭を後ろに押し下げる練習を継続的に10時間(1つの動作につき2~3回×10時間)

・背中を狭くしたり、短くしたり、背骨を圧迫する練習×10時間(いろいろな体勢で)

・口の中を狭くして、舌を緊張させ、息をひそめながら、動く練習×10時間(数分後毎に)

(笑)!!!

こりゃ、花開き🌸ますね~、どおりで、「やたら上手くなっている」はずです!(笑)

意識しなくても、すぐに、何度も繰り返して、再現できちゃうはずですわ!

そう、まさしく「悪癖の育成」です。

慣れちゃうから、違和感も感じなくなりますしね~。

第2の天性」の誕生でございます

あああ、、、、

せっかくなら、養いたい「身体のつかいかた」、「目的にあった使い方」を練習したかったな~。。。

🌸🌸🌸

で、俳優養成の観点から言うと、例えば、

・事実に基づかないで、台本の国語的解釈しかしない、ただの「読者」でいる練習3時間×6日×3週

・実際は座っているシーンでもないのに、イスに座って台本をテーブルに置いて、印刷された字を「心をこめて(妄想か思いこみ)」自分の思う「いい声」で読む練習(感情や思考は無視)×4時間×4日×3週

・人物像も豊かに想像せず、シーンや人物の目的も解明せず、状況もろくに具体的に設定せず、ウロウロ&フラフラする練習×6時間×5日×7週

・明瞭な発声発音も、質をともなった動きも意識的につかわずに、ぼんやり「印象」を思い描きながら、段取りを追って「結果」を確認する練習×6時間×5日×7週

・相手と交流せずに、(深い感情や役の人物の思考の流れとは関係なく)自分の感じたいことを追い求める練習×6時間×5日×7週

……ああああああああ~~~~~~!!

もうダメだ!(笑)

書いてるだけで、嫌な気分。。

ひどい芝居の練習をし過ぎ!最悪な素地を準備しすぎ!

そう、積み重ねがバッチリ!花開くよね🌸🌸🌸

みなさん、花開いて欲しい内容だけ、練習しましょう。

育てたいものだけ、種をまきましょう、栄養をあげましょう。

てきとーに、無自覚に、ダラダラ練習とか、心ここにあらずでおさらいとか、雑に「やることそのものを目的にする」とか…

やめましょう。ムダです。害がありすぎます。

練習の方法を学ぶ、磨き続けるのも知恵です。

有意義で充実した時間をお過ごしくださ~~~い!

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑は芽吹いた…がオカシな人達は眠ったまま。

2016年も、もうすぐ半分終わるんですよ。

そう、5月のG.Wが嬉しいとき、新緑が芽吹く爽やかな季節、それは実は1年の半分が近づいている証拠。。。苦笑。💦

新学期、新年度というと、新入生、新社会人、転職先、引越し先、新しい職場や地域などで、心機一転♪

…目的意識ややる気や覚悟(笑)を新たに、または改めて、出発!という方の多い、お天気の良い中、すがすがしい時間でもある…はず….だった…けど………???????

はい、何も起きなかったよ。(笑)

毎年、毎年度、いるんだよね~~~~「何もしない人」

毎週、毎月、毎年いるよねぇ~~~~~「何も変えない人」

で結局、1年後、2年後、3年後、5年後……

やっぱり「何も変わってない」。。。

ま、ただ、老けただけ、とでも言うのか……?!。(苦笑) ま、多少は何かあるんでしょうが、不特定多数の他人に伝わるほど変わってない、というのが正しいのかしらん。

さて、

さっそく稽古着を忘れる人々。

しょっぱなから寝坊するヒトたち。

堂々と居眠りする輩。

筆記用具を忘れる人々、

ちょっと気を付ければ済むのにわざわざちょこっと遅刻する人々、

同じ間違えを繰り返すヒト達、

〆切を守らない人達….ああ、挙げればキリがない!

中でも驚いたのが、たった数分前の、1~2行程度の質問を覚えていられない人たち。

いや、マジです。いるんです、病気ではないのよ。

聴力、視力には問題はとりあえずない、フツ―の人たち風なんだけど…💦

質問すら覚えておけないなら…

「どうやって50ページ、60ページの台本覚えるねん?!」

(-_-;)

たった数行の言葉を正確に覚えて、意味を理解できないなら……

「どうやって10曲も20曲も歌やダンス、覚えるんじゃ~~!そんなんで、どうやって歌や踊りを『つかって』表現なり、物語りをするつもりなんだ~~?」

そう!俳優やミュージカル俳優や歌手やダンサー目指す前に、フツ―のこと(最低限くらいでもいいので)とりあえず生きて行くための(最小限程度の)知恵、くらい身に着けておきましょう~。

こんなことをブログに書いたり、何十人ものヒトに繰り返し説くような仕事だとは思わなかったよ。

俳優、声優、歌手、ダンサー、音楽家、パフォーマーになりたい方々、そして成長中の方々へ!

結果を変えるのは「手段」です。

目的達成のためには、「方法」です。

「行動」を変えてください。

「行動」という「事実」を変えること。

これが近道。これがミソ❤

もう冬は終わりました。

冬眠、終わりっ!😠

春!そして初夏!です。

「行動」しましょう。

やる気がでるのも、「行動」から。

(病気やケガでないなら)「行動」を変えて、工夫して、方法を選んでみましょう。

例えば、うま~く留学を転機♪にして飛躍するヒトは、行動を変えざるを負えない環境に自分を置いたり、または行動を変える必要に迫られるようなチャレンジをしたり、毎日の行動の積み重ねで新しい事実をつくっていく、「ライフ・スタイル」を変えた人たち。

一方、自らの行動を変えなければ、母国でも苦手だったり困難だったりしたことが、楽になったり愉快になったりすることは…

…….ほぼ、無いデス!

いたよね~、ロンドンに何年も住んでいても、新聞も読めず、ラジオも映画も聞きとれなかった、自宅でNHKの衛星放送(?)観て日本食ばかり食べてた、もったいない人達。

💦….と思わず、遠い目。。。。

すでに持っている方法でも、さらに磨くこと。

新しい手段を柔軟に取り入れること。

いろいろな方法論や道具をつかいこなせるよう、試し、探求し、継続的に検証し、実験すること。

出来るようになると快適!嬉しい!楽しい!

目標に近づくと楽チン!愉快!面白い!

そんなもんです。

鬼軍曹は、新しいエクササイズを2つ発明しました!新しい戯曲の読解&分析も進んでおりますので、5月、6月はがんがん!(?)飛ばしていきたいで~す。

6月末のラバン入門クラスの参加者、募集中です♪たくさん動いても、過ごしやすい季節なので、おススメ❤楽しみにしてま~す~

勝手なカスタマイズは事故のもと (T_T)

苦言を呈するのも仕事のうち。

生徒や学生に嫌われるのことに怯えているようじゃ、教師は務まりません。…という訳で、最近あちこちで流行っているらしい(というから目立ってきた)「カスタマイズ」について一喝!

例えば、養成所や学校系の団体の廊下で小耳にはさむ、アホな会話①

せーとA「あ~、アタシもう無理~、ムーヴ捨てようかな~。体硬いんだよね~」

せーとB「わかる、わかるぅ!あたしは歌すてよーかな。ミュージカルやらないしさ」

……

アホ~‼ 怒

「体が硬い」と困ることがあるから、それを少しでも改善するための運動なりが入っているわけで😠

「歌をつかって」学んで欲しいこと、身につけて欲しいことがあるから、歌を利用しているのであって😡

理由があって、カリキュラムは組まれてるんだぞ!

::::::::::::

例えば、更衣室やロビーで小耳にはさむ、アホな会話②

ヒヨコ俳優A「…何度も台本は読んだんだけどね~。サブテキスト、分かんなくて…まだはっきりしないんだよね、想像はしてるんだけど。考えてはいるんだけど、なかなかね~」

ヒヨコ俳優B「う~ん、ま、勉強じゃないから。稽古してくうちに分かるでしょ、きっと。」

ヒヨコ俳優A「だよね~、とにかく芝居すればうまくなるよね~はやくやりたいな~舞台~」

いいえ!上手くなりません!

いいえ、考えているだけじゃ、分かるようになんて、なりません!

断言!決して!

演出家や指導者や監督やコーチといった、専門家の研究と先人の知恵を「あえて」無視する愚かなヒヨコたち…残念です!

「シーンやっていくうちに分かる人」は繰り返し「準備をしてきた人」だけ。

稽古中に自分が何をしているか、どんな風に中身を準備していったらよいか、どういった道具をつかったらよいのか、そして『試す方向性」をおおよそ準備してきた人のみ、です。ただ気の向くままにシーンをやるのは…ただの気まぐれ、ムダです。

「とにかく芝居すればうまくなる」人は、芝居のための「方法」をいくつも持っていて、つかいこなせる方だけ。

「ポジティブ・シンキング」は、ほどほどに!💦

例えば、劇場や飲み屋で小耳にはさむ、アホな会話③

演出家?らしい人A「…いいんだよ、技術なんかなくったって。」

俳優らしき人B「ですよね~、気持ちがあれば!ですよね!」

演出家?らしい人A「そうそう。人生経験だから」

俳優らしき人B「ですよね。いろいろ経験すれば…」

演出家?らしい人A「そうそう。遊ばないと…」

…と延々と「雑談」が続く…苦笑

お互いの「学びたくない理由」を並べながら。

人生経験には限りがあることくらい分かっているくせに~(笑)!

お互いに「新しいことを試さない理由」を正当化しながら…なぞの

エゴマッサージ💦

こういうたぐいの不健康な会話、やめましょう。

時間をつくりましょう。目的達成のために必要な『方法を身につける時間』を。

上の①~③系の発言をする方に限って、「個性」の問題に置き換えたり、台本にケチつけたり、演出家や指導者のせいにして、「いままで通りのやり方(自分を成長させなかったやり方)」にしがみついたままいます。

カッコ悪い。

せっかくの年末…

たくさん学んで、古い考え方や方法を捨てましょう、大掃除と一緒にね~♪

という訳で、今年の課題、今年のうちに💛 ちゃん、ちゃん!

 

 

 

『私』がいない「私たち」ー当事者性の欠如

今日も真面目に(?)指導者の立場から辛口に?!

斬捨てゴメン!きりま~す💙

クイズ:

個人レッスンでもグループクラスでも、自分や他人がやっていることを「観察する」という時、(国籍言語関係なく)往々にして問題になる最初の壁は何でしょう?(誘導尋問♡)

再現ダイアローグをご覧ください↓

お互いの歩く様子を観察するエクササイズ。

Kaoru「はい、じゃあ、みんな列になって~、廊下をつくるのよ。

はい、そしてその間を一人ずつあるくの。その間に観察して気づいたことを文章にしてみて~。批判じゃなくて、なにをどうしているかよ~」

がくせー達「はあ~い。(ガヤガヤ)」

ぞろぞろ動き始め、

Kaoru「あのね~、印象や感想じゃないのよ~。事実ね~。☺」と確認する軍曹。

ゾロゾロと、だらしなく、とりあえず動く若きがくせー達。

がくせー達「…えっと~。あ、肩上がってる!」

がくせー達「首出てる、前に出てる」

がくせー達「ドスドスしてる」

がくせー達「右手の方がうごいてる!あ、左手止まってるじゃん!」

と思い思いのつぶやきタイム。なかなか変わらない。

…だから言ったのに。。やれやれ。(-_-;)

はい、ここまででポイントにお気づきの方おいででしょうか?

なんか変ではありませんか???

Kaoru「あのね~、描写じゃないよ~っ!事実ね。『空が青い」みたいな形容じゃなくて~」と再確認する軍曹。😡

とりあえずやってみる、がくせー達。

がくせー達「え~、わからな~い。」

がくせー達「ん~、あ、フラフラしてる~」

がくせー達「腰が揺れてるっ」

がくせー達「なんか曲がってんだよ。内股?」

Kaoru「あのね~、勝手になってるんじゃないでしょう?『なにをどうしているのか』着目してみて」

がくせー達「わかんない~」

Kaoru (怒)「…よく考えて (-_-;)」

がくせー達「つま先が~、上向いてる~、でなんかね~、こうなってるの~、キャハハハァー(笑)」

Kaoru「つま先『を』どうしてるって?」

がくせー達「え~?!」

はい、みなさん、お分かりですね 💛

「肩が勝手に上がった」り、「膝がひとりでに内を向いた」り、「腕が止まった」り本人と関係なく、勝手に動くの?怒!

ホラーかい?!

「ブラブラしてる」って形容だし!「上がってる」って状況だよう。行動ではないじゃん!こら~っ!説明聞いてろ~い~!😠

わかりますよ、言わんとすることは。

無意識とか癖とか、わざとではないとか、意図してないとか、そういうことですよね。

はい、その通りです。

でもね、「私が自分の頭『を』後ろに引き付けている」とか「自分で自分の腕『を』固めている」という発想が大事なんです。(;^ω^)

癖でも無意識の傾向でも、なにはさておき、自分がやっているのだと認めないと変えることは難しい。事故や病気や菌の感染じゃあるまいし、

学習は治療ではありません。

個人レッスンでも、

Kaoru「はい、今週、自分のつかい方を観察してみて、どうだった~?どんなことに気が付いた?」

せーと「…やっぱり肩があがってますね。気づくと背中も反ってます。首が固いです。」

Kaoru「?」

なんだって~え?!怒

(^^ゞ

これが、気づかないんだな。

病気やケガでもないのに、自分のからだなのに「自分のせいじゃない」という幻想。自分がやっていることなのに、自分は悪気がないから、仕方ないという傍観している状態。

この傍観者の「へ~」「ほ~」「ふ~ん」の態度を変えない限り、学習は難しいっ。

個人レッスンが2年経っても「背中が縮まっている」とのたもうた方。(-_-;)

目覚めろ~! 笑

自分が(無意識に癖でも)背中を縮めているのを「やめる」とか「防ぐ」という思考から学習が始まります。

被害にあっているていで、なんでもイスや靴やせりふのせいにしたり、治療を希望したり、ただの傍観者の立場から無関心に誰かが何かしてくれるのを待っているだけではせっかくの歌も、ダンスも、芝居も変わらないよ。

学習は「主体で」お願いします。

「当事者」の立場からしか、納得して、目的に近づいて、愉快に満喫することはむつかしーです。

写真はボートが私「を」マンタに会いにつれていってくれている途中の図。

私がボート「を」運んでいるんじゃ、ないよね。苦笑

本当の意味で「主人公は自分。」

これをモットーに愉快に練習、訓練!お稽古いたしましょう!

 

 

 

 

 

「自然に」の真意。自然、その実体は…?中編

演劇、ダンス、音楽…そして日常でも、さまざまな場面で話題になる「自然」さ。

生真面目な前編を書いたKaoruです。

そして、なぜそんなに「自然」に多くの人が長年こだわるのか…(^^;

正直、分かりません。

だって…

「不自然」といえば不自然だし、「自然」と言えば自然ではないですか~!もともと。(笑)!

突然、歌いだすとか踊りだすとか、ましてや物語のなかで他人の役割を果たすとか、日常の自我やアイデンティティーはさておき、なぜか他人と結果が決まっている(台本がある程度)のに交流して、他人の立場から他人と物語るとか…。

日常らしくないという点までさかのぼってしまうと、絵画も彫刻も写真もオペラもバレエもミュージカルも、みんな自然ではないカテゴリーに入ってしまうので、もう芸術作品やそのプロセスが「自然かどうか」はそれほど気にしなくていい時代かなと思います。(^^♪

自然に近づくことが一種芸術の崇高さや至上主義に含まれていた時代は終わりつつあるのかなぁ…と。

ただ、歌いたいこと、踊りたいことは「自然」なので方法の自然さと動機の自然は別ですね~。

では、未だに現場で実用問題として物議を醸しだす「方法」の方の「自然」問題は何なのか、整理しとこうと思います。

前編にあった

A「自然の法則に則らない」現象を不自然と言う。

=自然の法則に逆らわずに、声を含め身体や感情をつかって欲しいらしい。

B「目的に合わない非合理的、非生産的な方法」および「通常とは違っている」こと。

=目的に合っている方法を用いているかどうかが争点。

C 「技術を用いて意図して方法をつかっているのに、「自然現象」に類似した方法の選択が、まるで必然かのように感じさせる、または想像させること、

=そうとうな熟練や質を要することが多い。

さあ、自然との融合まであと一歩です。(^^♪

後編へ続く!