NT Live巨匠アーサーミラーの名作戯曲「みんな我が子」が!

「最高で感動した」、「超泣いたよ~!」、「わあ、すごかった~!」

と無条件に喜んでいる方は、以下、読まない方がいいかもしれません。

私はもちろん巨匠アーサー・ミラーの大ファンです。

20世紀を代表する天才的な洞察力★イプセンの系統(笑)からくる、メタファー、シンボル….戯曲の醍醐味というもの、物語の深さ、「劇構造そのものにも語らせる」面白さと、劇の仕組みの明瞭さ、言葉(タイトル含め)の的確かつ明瞭さにいつも感銘を受け、学んできました。巨匠のズバリ!感(笑)にも、学べば学ぶほど、毎回新鮮に(良い意味で)ショックを受けている一人です。

さて、今回の私の基本的な意見はこのイギリスの新聞インデペンデントに載ったレビューとほぼ同感です。

https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/reviews/all-my-sons-review-old-vic-arthur-miller-cast-bill-pullman-sally-field-jenna-coleman-a8883966.html

英語が堪能な方、ぜひ、ありのままの調子をどうぞ味わってください。

結構、淡々としつつ、ちょいとスパイシーだよね 💦

さて、

スタッフのあまりにも生き生きとした、まっとうで期待できるいつもの前向きなインタビューから嬉しい予感とともに始まったNTライブでしたが….

期待したほどではありませんでした。

がっかりだよ!

その理由は、主演★と鳴り物入りでハリウッドの映画でかつて大活躍してきたお二人(父母役)が冴えなかったからです。

え~!?

素晴らしかったじゃん!なんで文句いうの?!あんなに感動したのに!

と脊髄反射される方は、以下は読まなくていいです 笑

好みの問題だと言って片付けることもできると思うのですが、

実は嗜好だけではなく、私は今回、非常に危惧しましたね。

ああいう日本にも未だ残っている

「巧みに感じているフリをする」演技風な取り組みとそれを許す風土!

「いかにも情感深そうに、意味ありげに、中身(感情&思考)がめくるめく劇のスピードで動いていないのに、そうだったかのように振る舞う」という(共感的ではない)態度とそれをありがたそうに褒める周囲!

この2つがガン!と思ってます。

私は演技の専門家なので、今回は演技についてちょいと書きたいと思います。

まず、父役の俳優さん、名優なんだろうけど、硬いです。

感じているサイズ以上にお客さんや相手に感じさせようと「がんばる」ことで、固まってるように見えました。きっと真面目で善い人に違いない……..しかし、ドラマを引っ張って行っていなかった。劇中での役割として、劇を展開させていくリーダーなのに。

そして、マーロン・ブランド辺りを意識している世代なんでしょうか….

なんか……ほんと書くのも申し訳ないけど

「決めてる」

瞬間がたくさんありました。

私のクラスなどでモノローグやシーンでしっかり感覚を磨いている目も耳も良い方はご存知でしょうが、

「感じてて、衝動もあって、動いていて、いっぱいなっているから、つい『漏れ出てしまう』ものであって」

先につくって、なぞりにいくような、「八百長」じゃないはず!

とちょっと腹立ちました。

なぜ、人間である私たちに、生き物として不自然な順番がばれないと思うんでしょうか…..?

ちなみに、アーサー・ミラーの演劇観、演劇論はこちらを読むと俳優も演出家も劇作家もスッキリ!すると思います

スポンサードリンク

そして肝心の台本はこちらね。ハヤカワが文庫で出してくれているので有り難いデス!感謝!

スポンサードリンク

さて、噂の(なぜか)大好評だった母親役ですが、こちらも映画でかなりの数の作品で活躍してきた実力派。

しかし…….

私が期待しすぎていたのか、アーサー・ミラーを好きすぎるのか….💦

これまた、「固めている」よね

内面が動くようにみて、きいて、感じて、想像して、交流して、その結果、感じながらの行動と言葉が必要になってたまらないから「しゃべる」になるのではなく、

いくつかの箇所で特に目立ったのが、

「決意→行動→しゃべりながら感じて行く」という

なんだか奇妙な順序。

あんな緊急事態に、心乱れる1日で、差し迫った問題があって、個人的な意味ばかりが溢れている心理的な現象が激しい状況で???

みて、きいて、感じって、欲しいものがあって、恐れがあって….

現実の人間たち以上に、人間らしい言動をしてしまう、という切り口なのに……

なんだかな~💦

どうにも「神がかっている風にみえる」様子を説明していた…….。

そういう劇だっけ?

この上演バージョンだと戯曲の構造はちっとも分からないですね。(私だけ?)

役の人物たちは「(書かれている)言葉がなぜ、いま必要になるのか」

が心象風景からは伝わりませんでした(私だけ?)

全集は解説があるので、とっても嬉しい場合がたくさんあります。専門家のみなさまありがとうございます。

スポンサードリンク

今回、なかなかいいなと思ったのがクリス役の北アイルランド出身のコリン・モーガンさん

「You can never know enough.(知りすぎるなんてことはない)」とインタビューでも語っています。

健全ですね。

「~then I read it again from an acting point of view – what would I bring to it?(その後、演じるために読んで、自分が(作品に)なにを持っていく(貢献)ことができるか」

を考えるそう。

うん、よかったわ。マトモです。「たくさん読んで、観察して、リサーチする」というコリンさんのインタビュー記事はこちらhttps://www.thejackalmagazine.com/colin-morgan-interview

俳優のみなさんだけでなく、演出家、劇作家の方もどうぞ。

もう一人、ジョージ役の俳優さんも良かったよね。もう休憩時にはジョージの登場に望みをかけていた状態だった私…。

ジョージさん役、良かったですよ。つかっている「方法」の繰り返しが多かったけども…。

一方のアン役は華やかできれいすぎましたね、あんな●~*爆弾かかえているのに…

ラリーを好きだったことも、クリスを好きなことも、兄を愛していることも………ワタシには分かりませんでした。

ああ、みんな振れ幅があと30パーセント増しだったら….よかったのになぁ….

😿

さて、今回の作品をみて思い出したのが哲学者 中島先生の名著

スポンサードリンク

意外なタイトル?!そうですか?

一つのこともいつも2方向からみると演技も豊かに、人物創造も立体的になります。

ブランドに惑わされず、目や耳とともに思考も感覚も養っていきましょう♪

名優と言われる人でも「ウソ泣き」はバレる。

嫌ですね。

もうウソ泣きをしたくない方(笑)、ぜひ11月の土曜日開催のモノローグ道場へお越しください。

そんな便秘みたいな苦しいことしなくても💩 笑

より人間らしく、衝動を感じて、実際に想像して動き、動かされる演技の仕組み、一緒に身につけましょう!

クラスのお申込みはクラスのブログ記事についているフォームをつかうと便利ですが、Facebookのメッセージ機能でも大丈夫です。どちらでもご都合の合うほうでどうぞ★

学ぶことの「☆歓び/喜び/悦び♪」を知らない不幸なヒトたち。

数年前、とある事務所の小部屋で事務方の教養ある素敵な才女と、何という事もなく、珍しくただお茶を飲みながらテレビをみていて、驚いたことがある。

Kaoru「?!」

たんたんとテレビ画面をみている二人、そして…

Kaoru「…….あの~、この方、○○の●●さんですよねえ~?」

才女「ああ、そうですよ、ちっとも変わってないですか…..?」

Kaoru「この感じ、そうですねえ、落ち着くといえば落ち着きますけど、ははは(笑)(-_-;) 水戸黄門みたいなもんですかねぇ…」

才女「まあ、そうなんでしょうねえ、面白きゃないデスけどねぇ…同じことばっかり…..」

Kaoru「飽きないんでしょうか?やってて面白いんでしょうか、本人は?」

才女「さあ?もう、そういうんじゃないんじゃないですか?何かを学んでるってわけでもないでしょうし….つまんないデスよねぇ…..」

Kaoru「…つまんないまま平気でいるって、ある意味スゴイですよね、ははは(苦笑)💦感じないんでしょうか?」

才女「興味ないんでしょうね、そういうことに。ただやってるというか…考えないんでしょうね、何にも。」

お茶をすする二人。そして….

Kaoru「いや~、まさか私が小学生の時と同じままの芝居のヒトがいるとは….笑 ただ生きてるだけで、好き嫌いはさておき、学んじゃうもんですけどねえ、いろいろと。」

才女「そうでもないでしょうねえ。ただ生きてるだけじゃねぇ。さあねえ。何にもしてないんじゃないですか?」

と、ここから、周囲の方及び一般的な若者たちの雑談へ展開していった…

それもピリ辛の 🍛 (^^;

そんな昼下がり。

結論①「ただ死なないでいるだけで、何かが学べたり、身についたり、ましてや何かができるようになったり、使えるようになる人はいない」

結論②「学びたい!勉強したい!試したい!というような(知的)好奇心は教えられない、与えられない」

😡 文字にしてみると、至極当たり前で恥ずかしいが、忘れてるヒト、やたらいるみたい。

この「何にもしてないんじゃないですか」にグサッときた私は、ロンドンでもうるさく言われた(笑)「生涯学習」への決意を新たにしたのだった。な、なるほど…専門家でなくても、他人に伝わるのだな….ひいいいいィ~ (T_T)

***

演劇の恩師たちの一人に、日本では特にお世話になった今は亡き俳優のA先生がいるのだが、その先生は特に「勉強の鬼!」であった。

私邸の半分しか私は立ち入ったことがないので知らないが、それでも、どの部屋もまるで書庫であり、資料室であり、実験室であり、稽古場であった。演劇とその周辺だけに留まらない膨大なコレクションは、先生の演劇、舞台芸術への追求の証であり、先生の知的好奇心の溢れんばかりの現れで、私たち若手が勝手に読みあさって(有り難い!)、糧にしてよい素晴らしい栄養であった。そして60過ぎて(通信制だが)大学へ入学し、卒論を書き、卒業した!しかもバリバリ毎日働きながら!体力ありすぎ、センセイっ!(笑)

A先生はよく言っていた、

「おまえたちねぇ、学べるってことは、すごいことなんだよぅ。戦争で勉強できなかったからね、学びたいんだ、もう一度。ちゃんと学びたいんだ。学べば、いろんなことが分かるんだから、芸の肥やしにだって、なるんだから。知るってなぁ、調べるってねぇ、面白いんだよぉ~☆文章だってさぁ~、学ぶってなぁ、楽しいんだよぉ~♪」

と目を輝かせて、少年のように夜な夜な演劇クラスの合間に熱くホクホク語る先生。

未熟者(当時17歳~20歳)の私は、その度に言葉を持ち合わせておらず、ただ、

「そ、そうですか。」とか「へ~え」とか「ふ~~~~ん」

などとしか言えなかった。

….愚か者!Kaoruよ!

今、分かります、先生の言っていた言葉の真意が、そしてその価値が。感謝!!!

時間は平等に流れます。

無駄はないとは言わないけれど、学ばなければ、当然、多くの知識や教養・素養、数々の能力は体力とともに放っておくだけなら衰えるでしょう。自分にがっかりすることも増え、愉快でない時間も増え、つまらない方法ばかり使うように、その場しのぎになります。

そう…レベルはさておき、スポーツやダンスと同じで、

「楽しむにも(何らかの)継続的な学習が必要」

こんな勉強好きのA先生に感化されたのか、その後、ロンドン大へ進学したKaoruでしたが、そこで出会ったのは、さらに輪をかけて勉強好き・学習好きな演劇&舞台表現学科の先生たち仲間たちでした。

日本の大学や養成所で教え始めて、はや十年以上が経ちますが、

・新しいことを学ぶ嬉しさ、

・異なった方法を学ぶ楽しさ、

・学ぶことで、自分がより自由になっていく解放感、

・何か(語学でもダンスでも歌唱でも知識でも)を身につけることで、新しい感じ方、ものごとの見方、いろいろなものの聞こえ方、その他、世界とのつきあいが変わる感覚、

・できないと思っていたことができるようになる快感、自尊心

・苦手なことが減る安心感、信頼感、自信

・他人と共有できることが増える喜び、愉快さ

などなど….を味わったことがない人は(個人的な意見ですが 笑)「不幸」だと思います。(断言。)

で、8年の留学を経て、日本に帰国して驚いたのが、

8年前と同じ内容で悩んでいる人、8年前に現状の把握が済んでいたはずの人々が…

何もせずにいたこと!!

問題たち、解決してな~~~~い!

😠

養成所を出たときが能力開発&能力発揮のピークだったと思しき方々をみるととっても残念な気持ちになります。うごき、声、演技の質、交流、感情のこと、想像力、その他…..学生や見習い期間が(公式に)過ぎた後、何にもしてないと、「つかえる方法」が減ります。そうです、工夫してないのですから、負荷がかかってないのですから。

筋肉が落ちるのと同じように、脳もつかわないでいちゃうよね。で、退化する、と。

でも、退化している本人は気づかない。慣れていっているから、徐々に。老いと同じです、残念ながら。身体なんて、特に目立ってそう、見えづらいだけで、心も同じ、頭も同じ。

よく、子どもの幼稚園や小学校の運動会で数年ぶりに運動をがんばっちゃった父母がケガしているけど(笑)、それと同じよね。無理できない体になっているし、無理できる余地もない。無理を感じ取る感覚も鈍っているのだから。

😢

そう、ワタクシごとですが、

数年ぶりに、無理やりがんばって(笑)つくった母のお正月用の煮物は超!まずかった。

母曰く「だって、こんなの何年も作ってないもん!忘れちゃったわよ!」

不味い煮物を肴に…..

そう、何事も練習が大事。

つかわなければ、一度身につけたはずのスキルも感覚も衰える。

と改めて確信した日々です。

かく言うワタクシも、ピアノは8年近く(毎週レッスン)習っていましたが、現在、まったく弾けません。そう、20年以上練習していないからです!(◎_◎;)💦もったいないことをしました。反省。。

 

 

 

 

 

観劇日記:「女学生とムッシュ・アンリ」加藤健一事務所

いわゆる「フレンチ・コメディー」です。

ひさ~しぶりに拝見した「翻訳もの」のコメディー。新作らしいですが、ちゃんとドアが4つ客席に向かってある、いかにも「フレンチ!コメディー☆」の王道です。

演技や演出のスタイルはまあ、さておき、幅広い世代の家族づれにでも友達同志でもカップルでも、朗らかな気持ちで観ていられる「ちゃんとした」ドラマです。

新聞記事はこちら~

http://mainichi.jp/mantan/news/20151130dyo00m200011000c.html

戯曲はちゃんと描かれています、とてもよく練って有りマス、一貫して構成がしっかりしています。プロの仕事ですな。

昨今、流行りの恥ずかしくなるような「おもいつき」や中2をひきずっているような「気分」でつぶやきを拡大して書いたんじゃない(苦笑)、変なニートではなく!

『劇というものを学んだ人』がちゃんと仕事した戯曲です。

もうね、始まって5~10分で、大事な柱ありますからね。

そして、個人的には最後の10分くらいのシーンはなくても構わないのですが ^^;  そこなしでも成立できる仕組みになってます。ま、すべての世代の人に分かってもらって、ほっとしてもらうには必要なのかもしれません。

稽古場レポート?のような記事はこちら。

http://enterstage.jp/news/2015/12/003901.html

暴走老人だとか孤独死、相続がどうとか、不妊だの、舅問題だ、やれ若者の夢がどうのこうの、親子関係の難しさがどーのこーの、家族愛が…挙げればキリがないたくさんの生活に密着したテーマがちりばめられてはいますが、重くならず、

とにかく「人間に好意的に描かれている」のがよかったです、好感がもてました。

特徴ある人物をコメディーで演じると嫌みになったり、笑いのために善悪が無駄にはっきりしすぎたり、どこかに悪人が出てきてしまったりすることが多いですが、どの人物の弱いところも、至らないところも、ぎこちないところも、いびつなところも「微笑ましく許せる程度の人間らしい違い」として演じられているところが安心できましたし、ホッとしました。

公式ホームページはこちら

http://homepage2.nifty.com/katoken/

たまには、社会派を全面に押し出していない「まろやか」な社会派で微笑ましい気持ちになるのもいいのでは?

帰りは近所で小籠包を食べて、温まりましたぁ~♪

本日の写真はパラグライダー中に撮影したもの~!(^^)! 山は綺麗だし、空もすがすがしくて、空中でぷらんぷらんの足元!には、村(町?)が小さくみえました!すごいいいいい!またいきた~い!そらを飛ぶってすごいですね~☆

観劇日記「バトルフィールド」@新国立劇場中劇場

観てまいりましたよ、世界の巨匠!

イギリスが誇る、そして今はパリを拠点に活躍を続ける御年90歳の巨匠!!!

ピーター・ブルック演出の最新作!

もうね、20代からロイヤル・シェイクスピア・カンパニーを演出したり、話題作&傑作を生みだしたりして、世界中で大活躍のまま…

はや、半世紀以上でございますっ♪ 笑

関連記事はこちら。

http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51977055.html

そして、こちらにも💙

http://enterstage.jp/news/2015/09/003515.html

洗練されたセット、繊細で柔軟な俳優たち。雄弁に語るセリフ、そぎ落とされた無駄のない動き・・・。

はあ、ため息がでます♥

日本語の字幕ありの英語上演です♡

演劇は、やはり文化、風習、言語といった枠を超えて訴える内容があるものこそが素晴らしいですね。一瞬にして時空を超えられる驚異的なパワーがあります💙

とにかく観てみてください。

個人的には昔ロンドンのYoung Vicで観た「Le Costume」の方がお気に入り。東京にも数年前でしたか?来てましたね、タイトルが変わって、「The Suit」でしたっけ?

当時のリンクはhttp://www.lovetheatre.com/tickets/2759/The-Suit

とか、http://www.theguardian.com/stage/2001/jan/26/theatre.artsfeatures1

ですね。

「感性」って、筋肉に似てますよね。

刺激したり、鍛えたり、栄養おくったり、休ませたり、普段と違うことしたりしないと育たない。強くならない。力を十分発揮できない。

ぜひ、おでかけください(^^)/

本日の写真はお気に入りのカフェ~♪中庭がありまっす!(*´▽`*)