10月の「基礎から学ぶラバン入門」おつかれさまでした!

10月のラバン入門クラスは気候にも恵まれ、広いスタジオで10代~40代までの方々が切磋琢磨した良い時間でした。😊

若者はちょいと腰が引けがちな方もいましたが、現場で演出家や監督にいろいろ言われてきた経験がある方々は、やはり覚悟というか(笑)、クラス内容に対する実感があり、すぐにどこへ向かっているかの「方向性」がつかめていたように思えます。

こういう前向きな姿勢、大事💙

「何について言われているのか?」

「誰に言われているのか?」

「なぜ言われているのか?」

「なぜ、今なのか?」

「で、実際、何をしたらいいのか?」「どうしたらいいのか?」

などの問いかけが自分自身で出来る方は、現場でもクラスでも成長がはやいですね

ただ聞いてるヒトはダメ。ただ見てるヒトもダメ。ただ居ることが目的のヒトもダメ。方法を目的にすり替えたとき、推進力がなくなります。一体、何のため?と💦

1日目はラバンの基本的な柱3つを整理して、たくさん動いてみて終了。

2日目は3つの柱を整理して、組み合わせて、たくさん動いてみて、自分の動きを確認してみて、終了。

3日目はすべてのおさらいとリズム&テンポとの戦い(笑)、そして精密化、洗練化へ。

「できる、できない」にこだわらずに、まずは進むべき方向を理解することが大事なステップ。

そして、できなくても、すぐに諦めないことですね。

演劇の方々はちょいそこが弱い傾向あり!

楽器やダンスの世界で3年や5年いうたら、よくて中級、かなりのスピードと密度で進んでもまあ、上級程度ですよ。

くさらず、諦めず、ヒトのせいや環境のせいにせずに、丁寧に(ゆっくりという意味ではない)、いろいろな方向から、できることを増やしていくことが大切❤

2016年の基礎から学ぶラバン入門は無事、終了いたしました。

新しくチャレンジ!する方々とおさらいをしたい方々は、2017年3月末の「基礎から学ぶラバン入門」にお申込みください🐈

前向きな方々の参加をお待ちしていま~す😿

 

 

 

 

 

コメントを残す