軍曹ドリル1ウォームアップの例③ 8をかく

本格的な冬到来!お歳暮が嬉しい季節です。プレミアムなビールセットを下さった方、ありがとうございました (笑)(^^♪

さっそく、私好みのブラブラ系エクササイズの3つ目~!

息をひそめず、鼻歌気分で(歌う必要はナシ 笑)お気楽に硬くならずにやるのがポイントですよ。

・両足を肩幅に開き、直立し、前を向きます。足はパラレル(並行)で、目は自分の目の高さで前を向きます。いわゆる「猫背」や「反り腰」はやめましょう。

背骨がなが~くなっている状態から始めましょう。あごは楽に。

・スーパースローで構いませんので、目線を下げながら頭をゆっくり下げていきます(うなづく感じへ)、と同時に、腕は構えずに放っておきましょう。

・長~い背骨が長くなりながら、ゆっく~り「ロール・ダウン」して頭を下げていきます。春の味覚、ゼンマイに似ている姿です(笑)頭がぶら下がっていく感じ。

・膝はつっぱらず、ひざ裏にかるーく皺が入っているくらいのつもりで、頭につられて、背骨が軽く曲がって構わないので、ゆっく~り、頭を下げていきます。手は床について構いません。

・無理して勢いをつけてやるのはやめましょう。頭の重さをつかって下がるつもりで、息は止めずにおねがいします (T_T)

・腕&手はだら~んとしててOKです。脚をロックして体重を後ろにかけすぎないよう、注意!尻によっかかってはいけませ~ん

・余裕がある方は、ここで肩&腕&首を解放したまま、手の先(OR甲)で数字の8を描いて、腰回りを緩めてください。そうです、「永遠」を意味する8が横になっているマークが軌道です。

・数十秒でOKです。頭に血が上りすぎないようにね~

・直立に戻ってくるとき、勢いをつけてはアブナイです。行きと同じ軌道でゆっく~りと、背骨が上へ上へ、脊椎の間に隙間をつくっていくつもりで、上に積み重ねていくイメージで、長く積んでいってください。

・骨盤を前へ押したり、傾けたりして、背骨の長さを邪魔しないよ~にね~(^^;)

・ゆっく~り、丁寧に、呼吸をひそめたり、無理に変えずにやることが大事

お試しあ~れっ♪

*背骨の自然なもともとのカーブの様子を知らないからは、人体の本をご参照ください!

正確に、からだ全体のよい「つかい方」でやると、抜群な準備になりますよ。

 

コメントを残す