観劇日記「対岸の永遠」By てがみ座

帰国第一弾の観劇はてがみ座の「対岸の永遠」でございます。

なにはともあれ(?)まず、ホンが良い!今後の日本の演劇に残された、ほのかな希望をみたKaoruです。いや、だってマンガみたいな戯曲もどきとか、こっぱずかしい中2の日記みたいな台本とか、人物が描かれてもないスケッチみたいな台本とか演じられないし、上演する価値ないし、ましてや国外には売れないし、ホントに嫌気さすじゃないですか~?….とのっけから毒舌。。。

で、肝心のてがみ座のページはこちら http://tegamiza.net/take16/

実在の人物を基にかくのって、いろいろ気も使うし、歴史的なことなども配慮が必要だし大変だと思います。この作品の良いところは、「演劇らしい」ところ。かつての人気TVシリーズ「24」がやっていた手法なんか、すべて演劇は何十年も前からやってましたからね!😊時間や空間のつかい方、みんな俳優次第でいろいろできるから面白いのですよ。

主演の石村みかさんが美しかった!!!繊細だった!勇敢だった!これにつきます!💙

美は豊かな内面に宿り、美は生きているものであり、美は隠そうとしても隠せないものである。

…と再確認した石村みかさんの姿でした。

同じく、美しいけどただの飾りじゃないギター演奏の音楽もヨカッタです~💙

記事はこちら http://www.asahi.com/articles/DA3S12263140.html

劇場のページはこちら http://www.fuusikaden.com/schedule.html

ロングラン公演なので、ぜひ♪

 

コメントを残す