表現の幅?個性?

身体の(厳密には心身だが便宜上)つかい方がひどい俳優/歌手/声優 がいたと仮定する。

例えば、彼はひどい「ため息」呼吸の癖があるのだ。(よくある問題)

ま、それ自体は問題ない、彼自身が快適でハッピーならば。

しかし、彼はすべてのセリフ/歌詞/文章 をため息をつかってしゃべる、歌う、言うのだ。

彼は言う、「工夫している」と。

しかーし!

ウン十年、こういった世界にいる人ならみな知っているだろうが(赤裸々に言わないが)

まあ、「よくある悪い癖」なのね、そのため息呼吸、ため息セリフ。

しか~し、ヤツは言う。

「個性的な声だって言われます。」とか !(笑)

「面白くないですか?」💦

はたまた「味、ですよね、まあ。」さらには「個性ですから」と….

❕❕

マジかー!!

😲

そして彼は(彼女の場合も)続ける、

「まあ、いろいろ考えてはいます」

コラ!👊 考えていてもダメなの!やっていることを変えないと~😢

しかし、続けて彼は抵抗する。

「練習してますよ」

そう、彼は、

ため息セリフを長くしたり短くしたり、

ため息セリフを大きくしたり小さくしたり、

ため息セリフを強くしたり弱くしたり、

ため息セリフを早くしたり遅くしたり、

ため息セリフを言いながら歩いたり立ったり座ったり…….

って….

全部「ため息」じゃん!⚡😠

これ、工夫していることにならないし、

これ、方法を変えていることにならないのよ。。。

声の出どころ、セリフの出てくる環境(身体)が常に「ため息」してるのさ 😞

「ため息」のバリエーション….もらってもねえ……..

身体のつかい方を選ぶことに慣れていれば、楽しいのになぁ….

もったいない!

残念!

🐤

9月23日、24日の土日の午前中にはアレクサンダー・テクニークの入門クラスがありますよ。原理を知って、体験して、観察してみる実践クラス、お試しください。

 

コメントを残す