自分が主体だぞーNoboday MAKES you feel! YOU feel!

構えず始める「アレクサンダー・テクニーク入門」クラスが始まったので、ついでにもうちょっとアレクサンダー的な考察を書いてみます😊

日ごろ、自分の身体のことになると、何となく深い意味がなくても(苦笑)、つい「肩があがっちゃう」「すごく喉がしまる」「緊張してるのか『キュッて』なります」などの意味不明💦発言をしたり、

一般的にはOKなので「姿勢が悪くなってしまう」「緊張が走って」「余計な力が入っちゃう」などと、

ともすると「被害者的」な発言をうっかりしてしまう傾向があります。

肩を上げているのは、誰よ?(笑)

喉をしめているのは、誰なの?

「キュッ」てしてるのは、どこのだ~れ~?☹

そう、自分。

自分でやっているんですよね。

ただ無意識になっているから、感じない。=無意識でもできるまで、たっぷり練習した結果こうなった、という一種の(残念な方向の)「努力の賜物」なわけです。

嗚呼、無情。

姿勢を悪くしているのは自分以外に有り得ないし、緊張を走らせているのも自分、余計だと知ってはいるのに力を入れているのは、自分に他ならない。

周囲の刺激に対する自分の反応/応答が「肩を頻繁に持ち上げる」だったり「脚を突っ張る」だったり「息をひそめて胴体を縮める」なんだね。

YES!

そう頭では分かっていても、文法なのか密かな願いなのか、つい「なっちゃう」「なっている」というような、まるで自然現象か脊髄反射かのように言ってしまう。

(反射以外)自分の身体は自分が動かしているのですから、

これって、

「責任転嫁」

では?!

本当の病気やケガは別ですが(菌の感染や遺伝子の異常など)、せめて自分が起きている間の活動中の自分の「おおよその様子」くらいは、自分で選んでみませんか?

🐤🐤🐤

アレクサンダー・テクニークの原理とは関係なくても、

「慣れない環境だが、私は自分の頭を後ろへ押し下げて、肩と背中を緊張させるのをやめられる」

と思えるのと、

「慣れない人達の前だと緊張しちゃう~、ダメ出しされたくない~、嫌だな~」

とぼんやり思っているのと、

とっても違います。

前者は具体的な自分に出来る手段がある一方、後者は自分のことなのに、ただ「傍観者」ともするとまるで被害にあっているかの立場で何もしていない

具体的に試せる手段を持っていて使う VS 何もしないでボンヤリ

こりゃ、もう結果は決まってますワ💦

(災害や疫病や事故以外)音楽や演劇やダンスをしていて、腰が痛かったり喉を傷めたり、首が痛かったり、思うように身体がつかえないのは、被害にあっているのではない。「使っていない」のです。

誰かに何かを、どのようにか、感じさせられている、のではない。

直接、刺激(他人の発言や家具などの環境)が感覚を与えてくるのではない。

自分の反応/応答が感覚を育てているのデス。

11月にも入門クラスを追加開催します♪

FBのイベントページはこちら☟https://www.facebook.com/events/504748306554598/?acontext=%7B%22source%22%3A5%2C%22page_id_source%22%3A274979832692373%2C%22action_history%22%3A[%7B%22surface%22%3A%22page%22%2C%22mechanism%22%3A%22main_list%22%2C%22extra_data%22%3A%22%7B%5C%22page_id%5C%22%3A274979832692373%2C%5C%22tour_id%5C%22%3Anull%7D%22%7D]%2C%22has_source%22%3Atrue%7D

10名以下の少人数のクラスです。今回はスタジオも広~いレインボーコート参宮橋です。いつも一人一人をよ~くみていると定評のある(笑)Kaoruが目を皿のようにして、しっかりチェック✨しますよ!

お申込みは始まっておりますので、スケジュールチェックの上、ご連絡もらえると助かります~

この機会に、「邪魔だな」「要らないな」と思っているクセを断捨離しましょう!

元気な参加者を募集しております🐈

 

 

コメントを残す