練習、その魔力③

2016年も半分、折り返し地点!(^^♪

これまでの半年分の練習の成果が実感できたり、自分では気づいてなくても、周りにつたわっていたり、なんらかの発展があると嬉しいよねっ♥ みなさんの良いお知らせ待ってマス~。

練習。そう、ウワサの「練習」問題。

6月も引き続き、おかしな「練習」しつづけちゃう人達をたくさん目撃しました~。

顎をしめて、舌を無駄に緊張させながら、口の中を狭くしながら、しゃべりにくく、歌いにくく居る「練習」…

なんも考えないで、意識もせずに、ぼーっと惰性で好きでもない、役にも立ってない習慣を繰り返すだけの、「条件反射」の練習…..

交流もせず、感情も思考も活発でない状態で、ぬりえ?のように覚えた所作をして、覚えたセリフを言うという「虚しい」、演じることととは程遠い、謎の演劇「練習」…

要らないね~~ん !(-_-;)

そう、私たちには、「何を」「どのように」する練習をしたいのかを「選ぶ能力」があるのに!選ばないと…

練習という名の反復…悪癖の育成…

まるで…荒れ果てた近所の雑草ボーボーの庭のよう!!

恥!

練習とは仮の姿=その正体は「悪癖の育成」

とならないよう、意識をはっきり、目的と方法を吟味したいよねっ!

これは、俳優だけでなく、演出家、劇作家にも、果てはダンサーや音楽家にも、いろいろな職業の方々全般に言えることだと思います。

今週は「約束を守らない練習をする人々(約束を破る練習とも言う)」、「アマチュアでいるための練習をしてしまふ人々(プロでいない練習とも言う)」に会いました。残念です。。。(T_T)

 

ライフ・スタイルは結局、選択と練習の連続とも言える・・・

怖いよぉ~ (ノД`)

近々、「ダメな戯曲、イイ台本」(苦笑)のシリーズをお送りしようかと思ってます。10年以上、不思議に思っているネタ?なので、演劇だけでなく、音楽や美術、その他周辺の業界にも通じるところがあるといいな♪と思ってます。

6月末のラバン入門クラスまであと少し!素敵な出会い、楽しい時間をまってます!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す