注意力・解釈力

本日のお題は「集中」とただなんとなく括られてしまうことも多い「注意力」について、です。

なぜなら、本日、個人レッスンでさんざん叱られたから (苦笑)M師匠!まるでアイススケートしているのかな、と思うくらい、不可思議の域に達するなめらかすぎる、巧みな動き。。。。

そう、「注意力」は筋肉に似ているよね。

😢

使わなければ落ちる、使えばつく、しかし癖もつく。。。

文字通り、「注意」してつかわねばならんものです。

が!注意しているだけでもダメで💦

そして「解釈」する力=意味を与えるプロセスにつかってこそ!

全身のうごき、例えば、✋手、👣足、

文字通り一挙手一投足が意味あるものに、映画も舞台も、古今東西の素晴らしいものは、みな、なってますよね?!😊

そう、どんな要素でも、自分から大切にしてこそ、掛け算になります~

というわけで、

自分が与えた「意味」に「注意」を払い続ける、両方を使い続けるスタミナを養いたいところです💦

自戒も込めて。

気が散っている様子、相手にもお客さんにも伝わりますね。

実際に起きていることなので、いまの自分に感じられないからといって、不思議だとかおかしいとか、奇妙なことのようにおもっていると上達しません。

というわけで、やはり古典♥

スポンサードリンク

タンゴの歌にもなっている椿姫こと、マルグリット。

男女ともにじっくり読んでみてください❤

こちら、ブエノスアイレスは真夏で断水停電に怯える日々ですが、それにもめげずにみなよくダンスも音楽も演劇も夜中まで練習しているな~といつも感心いたします。

 

投稿者:

Kaoru Kuwata

演技コーチ/STAT会員アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメン指導・演出
STAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT
Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Personal Coaching

コメントを残す