楽しく嬉しい秘訣ーそれは….

演劇(や音楽やダンス)を観に行って楽しい、観に行って面白かった♪素敵だった、感動した!カッコよかった!憧れる~✨楽しそうだったな~

疑似体験が出来たり、共感や感動したり、迫力があったり、びっくりしたりして、

嬉しい…

よかったね、うんうん、よかったね😊

多くの場合、そういった体験や知識から、

自分もやってみよう!

とスタートすることがほとんどなのですが、

「立場」が変わるとそうは一筋縄に行かないのが、世の常。

(-_-;)💦

「みている人」から「やる人」へ

これはどんな職業でも同じであろうと想像しますが、

ぜんぜん違う!

ということ。

歯医者さんの職人技をみていてすごいな~と思うのと、その知識と技術を身につけるのはとても違う!(笑)

弁護士の理論展開や弁舌さわやかさを聞いててひえ~!と驚くのと、自分が一からその案件を引き受けるとなると……(-_-;)

オリンピックをテレビでみていて!おおおお!凄い!と感動するのは楽なんだけど、自分はその練習の1000分の1も出来ないし、やったこともないのだ。。。。苦笑

飲食も然り、コンピューター系も、美容も(恐らく)すべてのジャンルが同じく。

これら☝腹の底から納得しておかないと…💦

「むずかしすぎる!」「練習いやだ!」「こんなはずじゃなかった!」

「つらい!」「面白くな~い!」「続けたくない!」「毎日毎週はやりたくない」

笑!

など、不可思議発言を叫ぶ結果に….😢

今日は体調は万全ではない気がする…「にも関わらず」練習は休まずに1時間減らすだけにしよう、そしてよく食べて、用心のために早目に寝よう。

とか

オーディションに受からなくてがっかりした….「にも関わらず」、諦めないぞ!次こそは選ばれるよう、練習の方法を工夫するぞ!レッスンへ今週も行くぞ!

とか

今回の公演うまくいかなかったな…..「にも関わらず」、明日も予定通りに○○を一生懸命に集中して練習するぞ。問題を解決するために、もっと他の方法がないか探してみるぞ。アドバイスの聞き方を変えてみるぞ、フィードバックの解釈を洗いなおしてみるぞ!

とか………

そう、この「▽▽にも関わらず」のところがポイント✨

ムリをするとか、無我夢中であるとか、そういった気合精神論ではなく、

実際の行動を「目的・目標」に合うよう選ぶための「自律」だね。

場面ごとに、冷静に考えながら、注意深く「~にも関わらず」をちょいと取り入れてみてください!

 

 

コメントを残す