春のラバン入門クラス、近況♪

いよいよ2日目を終え、最終日へ向かっているラバン入門クラス。

今日はカンタンな「うごきの分析」の宿題も出てるよん♪

10代からウン十代の方まで、幅広く、それぞれのベストを尽くす方向で(?と思いたい)、汗をかきかき学んでおります。3月なのに冷房&除湿をいれるスタジオ。それはウチだけです。(笑)ま、よい、よい♪

ヒヨコ俳優も演出家もダンサーもプロの俳優さんも、みな自分の運動を分析し、からだのつかい方の癖とも戦いつつ、新しい考え方を取り入れる方向でいきたいですね。

ラバンの方法論を学ぶのは、「言語」の学習に似ているかもしれません。

土台となる基礎が大事、構造が大事!だから「文法」が分かることが大事、ボキャブラリーを増やすことが大事。最初は真似から入ることもあるかもしれないけれど、やはり自分で考え、自分で練習して、思考も感情も、想像も駆使して、のちに応用していかなければならない。しかし、ホントに身につけてしまえば、こっちのもの💙 忘れることもないし、初歩に戻ることもありません。

慣れない運動は(誰しも)疲れます。

慣れない考え方には戸惑う事も、すぐには理解しづらい部分もあるでしょう。それは必ずしもいわゆる「嬉しい」とか「楽しい」とは違うかもしれません。

それらのことにこだわっている限り、なにか新しい能力が育ったり、今までとは違ったものが見えたり、聞こえたり、違いがつけられるようにはなりません。

「今の自分」に先がはっきり確信できなくても、先を歩いている人たちを追ってでも構いません。最初の一歩を正しい方向へ、目的にむかって、自分で踏み出せば、道がみえてきます。見えるものが変わっていきます。

やってみなけりゃ、損ソン!

!(^^)!

そんなことを再認識した春の入門クラスです。

さあ、あと1日、筋肉痛にもめげず!がんばりましょう~。

筋肉痛になる=(少なくとも)今までとは違うことをしている、ってことですから!(笑)

コメントを残す