映画「コーラスライン」にみる舞台あるあると学べること⑤自尊心と自意識の問題

「見た目も才能のうち」……。

今の時代ではあまり聞かない(?)そんな恐ろしいクラシック/・バレエの世界をかいまみつつ、徐々に?演劇の道へ進んでいった大昔のKaoruです💦

本日は例の名作ミュージカル映画「コーラスライン」の続き。

オーディションで「ダンス10点、見た目3点」と採点されていた事に有る日気づいたヴァルさんの巻。

20代後半へ向かっているヴァルさん、オバンよ!といじけつつも、

ダンサー目指す方にしては珍しく、名作古典ダンス映画「赤い靴」なんてクソくらえ!●~*

という面白く辛辣なヴァルさんの話に、ストレスフルな一日を送っている演出家ザックも、つい笑顔がこぼれます。(これ、大事ね)✨田舎からどんないきさつでニューヨークに出てきたかの話。

さて、映画版では当時すでにテレビドラマのスターだったオードリー・ランダースさんが演じております。(アッテンボロ―監督はやっと見つけ出した適任に感動したとか💦)

Youtubeあまり良い画像のがなく(縦長なのとか、明らかに奇妙な録画のなど)

とりあえず。ご覧ください!

翻訳、私がしつつ解説いたしますね~♪

「私、ものすごい不細工だったの」という驚きの告白….

周囲がざわつきます。。。💦

???

痩せてて、ぺちゃぱいだった、と。

後ろに並んでいる方々…

???????

です。

さておき、田舎から出てきて半年後、ついに念願のオーディション!★時の話 です

が・・・・

「ファンキック(脚を高く上げながら、回すダンスの動き)がダメだ」

と言われて…….

そんなことない!私できるもん!ムカつく~!!!!!

と激怒したヴァルさん(苦笑)

ラジオシティーなんか~!くそ~!と爆発、一気にブロードウェイを目指します!

すごい、パワーですね。

しかーし!

どのオーディションに行っても、ダンスはバッチリのはず、

それなのに、受からない!その他の女子と隅っこにおいやられる始末。。。😿

そんなある日、ですよ。

ついに!

とあるオーディションで、自分の採点表をコッソリ⚡チェック⚡したのよ!

という、なんとも大胆なナイス・バデーの美女、ヴァルさん😊

良い子は真似してはいけません!

コッソリ盗み見すると、採点表には10点満点表記で

「ダンス 10点、見た目 3点」

❕❕

と書いてあったのです~😢

え~~~?!

今のヴァルさんからは想像できないですが(後ろに並んでいる若者男性2名が困惑しておりますね 苦笑)

「ダンス10点、見た目が3点、こんなんじゃ失業したまま~!」

思わずため息が洩れるヴァルさんです。

「自己満足で踊ってるんじゃないのよ~!」

と爆発したヴァルさん、

「ダンス10点、見た目が3点なんて、死ぬわ!」

と。(後ろの男の子2名の困惑する中、ついに次は驚きの告白です。)

「劇場出てすぐ、アポとったわ。医者から胸と尻を買うためにネ」

えっ❣

😲

みんな😲唖然!

そして、びっくりです!

そんな美容整形の赤裸々な告白!

「良いセットを買ったわ、ちょいと寄せ上げて、ついでに鼻も上げて」

えええええ!!!

「おっぱいとプリケツ買ったら、すぐにツアーの仕事もらったの❤」

だそうです!

😲

「おっぱいとプリケツなけりゃ、仕事なんかないのよ~♪」

と誇り高く歌うヴァルさん….

あの~、一同、騒然としてますけど💦 (‘◇’)ゞ

「それほどの値段でもなく、ボーイフレンドともばっちりよ(^ε^)-☆Chu!!」

とゴキゲンなヴァルさんにみんなの緊張もほぐれて、演出家ザックも思わず笑って見入ってしまいます。

「ぺちゃパイに垂れ尻じゃ、ダメ男しか寄って来ない!」

と潔く豪語するヴァルさん。なんだかもう笑い話です。

「お願いします~って頼みこんでるうちは何も選べないのよ!」

と持論を展開です。

う、うん!確かに。。。

ちと、小学生だったKaoruには衝撃的な映画でしたが、、、

というか、こういう映画を平気でみせるうちの両親、なんだったんだろう?と今になって思いますが、

さておき、本題。

「ちょいとお直ししたら、あっという間に人気者。ぜひ君にやって欲しいんだ!お願いしますと選ばれる側になったのよ!~♪」

とのこと。

おおおおう。。。。

美容整形の是非はさておき、

健康管理や縁や運も才能のうち、という考え方、確かにある世界ではあります。

ダンスや音楽と同じで(骨格が決める条件もありますから)、やはり人生のいろいろに影響する要素とは思います。(すべてとは思いませんが)それは見た目というだけではなく、

「自分が自分自身をどう感じているか」

という根源的なテーマではないでしょうか。

「胸と尻で人生変わったわ~💛」とお喜びのヴァルさん、別に誰にも迷惑かけてないし。(多少周りは驚いたでしょうが)

「ちょっとのシリコンとガスで大変身よ~人生がばら色に~🌸」というからには、逆に冷静に考えれば、それ以外、オーディションで落ちる理由がほぼ無かった、ということ。

そう。

驚きのニュースに忘れてしまいそうでしたが、整形前からダンスは

「10点 満点」

だったよね(^^;)

騒然とするオーディション参加者たち。

子役ばかりの中華系コニーさん「1個分でもいいから欲しいわ」

と思わずごぼす。

笑!

ヴァル「買えばいいのよ。タクシー乗って、パーク街73番地の魔法使いのとこへおススメよ~♪」

爆笑

自分に自信がついてヴァルさん、自分の決断に納得していて結果も出ているせいか、堂々と輝いていますわ。

演出家ザックもお寛ぎの様子。

「みんなが欲しがるものを与えなきゃ」とさらなる持論を展開するヴァルにみんなもほぐれていきます。

コマ切れのネット資料や不思議な翻訳では最大限に全体像を愉しめないので、ぜひ他の記事とともにDVDでお楽しみください。

スポンサードリンク

 

アドセンス始めたので広告も入ります。(ゴメンね~)でもせっかくなので都合の良い時だけ買い物忘れや調べもののうっかりなどに、ご利用ください。

Adsense01

 

コメントを残す