感覚を覚えておくことはできないーじゃあ、どうする?!

歌やダンスでも、楽器演奏やスポーツでも、「感覚体験」の面白さ、爽快さ、楽しさが「続ける原動力」になっている場合がたくさんあります。

ジャンプできて面白かった😊

いつもと違う視野になって、すがすがしかった、とか✨

みんなと汗かいて、思いっきり動いて、気持ち良かった☻

音楽を直に感じて、カッコよかった❕ など……..

素晴らしい体験です….

がそれだけでは「上達」し続け難いのも事実💦

演劇でも

「あ!これはっ✨ おう!生き生きしてるな~」

「なんかキャラクターのことがくっきり見えた」

「お!なんだか言葉が自然に出てくる感じで楽~」

「❕もしかして、これって交流できてる感じ?!♪」

な~んて嬉しい♥瞬間はちょいちょいあるのですが、

感覚を覚えておくことはできないが故に、感覚にのみ頼る学びには無理が生じやすいです。

大昔(笑)公演中の芝居の様子が芳しくなかったとき、同級生のS子が

「いや、楽屋で昼にお味噌汁飲んだんだよね~。そしたらホッとしちゃって、安心っていうか。幸せな気持ちになっちゃって💦あのシーンできなくなっちゃって困ったよ~😭」

と。

爆笑

そうよねぇ…..

私たち人間だから。

何が公演(リハーサルも)の前にあったか、何を、どうみて、きいて、どう感じたかに「影響」されるのが当たり前で、それ自体がもちろん自然ですよね。

しかし、「自然」がすべて役に立つ訳ではない。

Orz。。

そう、天気は選べない、日常生活でも電車が遅れたりバスが来なかったり、友達や家族や共演者のことでいろいろあったり、体調も人間関係も自分の気分も変化し、さまざまな出来事が周囲でも起きている。自分の力だけではどうにもならない状況はあります。

それが普通。誰でもいろいろあってよい。

公演があるから、オーディションがあるからと引きこもっても居られない。(上達するには少しずつでも進むしかないのです!)

では「覚えておけない感覚」をどうしたら使えるよう活かせるのか?

それは….

「感覚体験」に盲目的に頼らないこと。

え~!!!

矛盾してる?!

してないよ~ぉ

構造を考えましょう。

・特定の目的のために方法と手順を吟味

・方法と手順を工夫および変更(調整している過程)

・目的遂行(=❤な感覚体験ともなう)

❤な感覚体験を「再現または似たような結果」が欲しい

という順序まで、よろしいでしょうか?

ここまでは問題ないと思います。

ということは?!

😊

そう!

(勘の良い)+自分で考える習慣がある方には「自明の理」

「同じ過程をたどれば良い」

言うは易し、ではありますが、そうなのです ☹

どういう特定の目的を設定したのか。

その目的のために、どういった方法と手順を用いたのか。

どのような順序でそれらの方法を用い、どういう風に手順を工夫したのか。

このあたりが自覚出来ていると楽でしょう。

自分が「何を、どのように調整しているのか」の過程への自覚が一種の「打率」を高めます。

という事は….

そう、自分がやっているとを「そこそこ」は感じられていて、「まあまあ」トラックバックできると便利なのだ!

日ごろの注意力、身体感覚への気づき、自己洞察が求められます。

先輩や共演者や演出家のおかげで、ありがたく「素晴らしい瞬間」を体験できても、

①どこから始まって、どうやって、そこへたどり着いたのか、

②どのように、その点を通過し、どこへ向かったのか、

が真っ白😲

だと繰り返せないの😢

みなさま、せっかくの「❣」体験がまぐれで終わらないよう….

くれぐれも普段から「気づき」高めた状態で取り組んでください🐈

 

コメントを残す