引越し速報にみる-ホメオスタシス

引越し準備、真っ最中のKaoruです。

今回、引越しは約8年ぶりなので💦

ことあるごとに、日ごろつかって指導しているにも関わらず、「メタファー」をひしひしと感じる日々です。痛たたた。。。

例えば、メタファー①「荷物」が多いと単純に動きにくいんですよ~

赤裸々すぎますが、実際、そう。

意味を広げて考えてみたら、どうなりでしょうか?

例えば、歌唱、ダンスでは?

そして、お引越し準備ですが、こころよく、率直なやりとりができて、一緒に手伝ってくれる方がいると、素晴らしい速さで、本人以上に、事実が「色眼鏡」なしではっきりみたり、効果の上がる方法を編み出してくれたりする。

誰も、自分で自分の背中を直接みることはできないですから。

例えば、メタファー②「奥にしまってあるものは、どんなに優れているものでも、取り出し難い」

笑!

そして取り出すときに災害が起きやすい!

そう。。

常に出し入れしやすいところに、ないと使えない。

能力もそうですよね。

「能ある鷹は爪隠す」とも言いますが、隠しすぎていちゃ、ないのと似すぎています。

反省も兼ねて。

メタファー例③「裏は汚れている」(笑)!

これまた、ほんとう過ぎる。

ということは、「風通し」や「こまめなケア」が大事なんですわ。

まんべんない、定期的な掃除+裏も表もないようにつかっていればいいんだなあ。。。

と遠い目。

メタファー例④「なにごとも『慣れ』とは恐ろしい」

慣れているというだけで、判断基準が甘くなっています。

親しみを感じているからこそ、執着している、こだわっている、「事実」がみえなくなっている。困ったものです。

演技もそうですよね。

自分に近い境遇や年齢、自分に似ているところが多い印象のものほど、実は難しい。

このシリーズ、赤裸々日記とともに、残りはこっそり心に閉まっておこうと思います。

みなさまも、新年度の前に、ちょろっと振り返り、どうぞ。

本日のおすすめコーナーは

スポンサードリンク

若者むけにはこちらです。

そして、きれいごとに辟易した場合はこちら

スポンサードリンク

なにかと鋭いご指摘でスッキリ✨

ちなみに、私も(田舎のへき地の扱いですが)イギリス育ちなので、同感する部分がたくさんあります。

3月末の先輩方をお送りする予定だった名作映画のフォーラムと4月頭のズバリ!な演技のための戯曲読解のクラス(リア王)は延期しております。世界情勢の見通し次第で、改めて日程を決めて開催したいと思っています。

個人レッスン、ペアの応用レッスン、少人数での演技クラスは通常通りです。こういうときはちょっと時間割を変えてやってみましょう♪

 

 

投稿者:

Kaoru Kuwata

演技コーチ/STAT会員アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメン指導・演出
STAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT
Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Personal Coaching

コメントを残す