実験するために…

稽古場への準備含め、オーディション対策でも、日ごろのトレーニングやリフレッシュ(笑)やエクササイズ的なスキルアップの時間でも、パフォーミング・アーツの多くの取り組みは

「実験的」

なものになります。

ということは、「仮定」が必要よね~ 😊

それないと、

「ただやってるひと」「セリフ言ってみた」「導線を確認した」
「なんとなく流してみた」「シーン通したよ」「セリフの掛け合いしてみた」
「とりあえずなぞったよ」「あらすじが把握できてきたよ」「しゃべること・所作になれてました!」

になっちゃう

😢

ダメじゃん!そんなの!そこからスタートしてどうする?!

実験というからには、

「仮定」

が必要ですよね

「仮定」ナシに、なんとな~く、とりあえず、やってみることを…..

「その場しのぎ」

と言いマス!

例えば、シーンの場所や時間にしても、

「仮に」

で良いので、決めてからやりましょう

意外に(!)決めないで、なんとなく稽古スタートしている劇団や座組、多いです。

それ、

具体的に劇の世界について「明らかに」していく、

実際にリアリティーをもって劇中の人物たちの正体を「掘り下げていく」

現実的な俳優の身体を通じて、他人である「キャラクター」の言動を理解する

につながらないよね💦

みんなで「状況の確認」

何度も繰り返し、「セリフの意味を考える」

みんなで「あらすじが伝わるように説明を工夫する」

というような取り組み内容である限り、ブレークスルーは無いョ。

「仮に」設定した内容はいつでも調節可能ですから、

具体的に、

ズバリ!

決めてみてから、始めましょう

スポーツやダンスや音楽もそうですよね

🐣🐣🐣

というわけで、

本日のおススメ図書は硬い頭へ贈る(笑)演劇専門の書籍ではないけれど、面白い世界の見方シリーズ 「仮定」つながりで、思い出しました。

スポンサード・リンク

一世を風靡したよね、ちょい昔。

下巻もありますので、娯楽と思って読んでみてください。

冷静なこころもちで、劇を考える時間がもてますよ
麗しいウイーンのアーケードでたたずむオーストリア美女(友達)の写真を添えてみました、ちゃん、ちゃん

コメントを残す