夢に向かって!-その前に

ワタクシが職場②の、ある劇団の養成所で10年以上も前に働き始めたころ・・・🐤

大変デキたオトナの女性が事務でいらっしゃって、まだまだ若輩者ながら働き始めたワタクシは陰ながら(?)憧れておりまして、毎週いろいろなお茶まで出してもらって💦 至らない学生のお世話までしてもらいつつ、愚痴まで(!)聞いてもらいながら(恥)、みな毎週お世話になっていたことを思い出しました。

①タイミングも適切で滑舌もよく、しっかり誰に向かっているのか分かる「挨拶」

②ドアを開けるにも、上着をとるにも、乱暴ではないが気取ってもいない「所作」

③相手に臨機応変に応じた多岐にわたった「言葉遣い」だが、ユーモアもありつつ、しかし〆るとことはしっかり〆るメリハリのある、率直な進む「会話」

④身内の俳優も外部の営業さんもしっかり「観察」して事実を把握、身内も外部も社会人としての最低限のマナー違反は許さない!(笑)

・・・そう、一つ一つの出来事を挙げるときりがないですが、

そんな素晴らしい自律心に満ちた女性のおかげで、相手に依存するようなだらしない人や不真面目な人、不遜な人たちが近づけなかったのも事実(苦笑)

ありがたや!

おかげで、

「やる気」が「行動の変化」に結びついていない者は、決して奢ることが許されなかった。やる気を他人に伝えるような言動をしなければ、叱られたモンです。

それでよかったのだ!✨

と改めて、ため息が出たのが今回の春期コース。。(-_-;)

***

好きなこと、やりたい事を声高に主張する前に、

「できること」を増やしましょう。

単純なことから

例えば、「挨拶」☆

例えば、「名乗る」こと

例えば、(事務や課題、心身の)「準備」まで

例えば、「整理整頓」

・・・

普段はそこそこできていても、緊張したり、慣れない環境にいくと、おもわず気が回らなくなってしまうことは誰にでもあります。

ということは、

相当、当たり前に、多少気乗りしなくても(笑)、ちょいと気が散っていてもできるように練習しておかないと!

😊

内容に注目してもらうためには、「それ以前じゃん😠」とみなされることを少しは解決しておきたい❢

もうすぐ4月ですね~🌸

(唐突💦)

自分も相手も周囲も気持ちよく稽古できるよう、訓練できるよう、ふつーのことから工夫してみましょう~♪

🐈

 

 

 

 

 

コメントを残す