図にしてみるのも良いです

例年以上に梅雨がニガテなKaoruです~😢

さておき、そんな日々こそ、変身・変容のための準備に虎視眈々と(?)じっくり腰を据えて取り組んでみませんか?

というのも、

舞台でもテレビでも映画でも、ジャンルはさておき、避けて通れないのが台本・脚本という文字を読む時間。

文字をつうじて、想像したり、共感したり、熟考したり。

なにかと文字を介しての時間が長くなりがちです。

読書好き、文字好きなネットっ子は、さらに言語化の比重が大きくなりますね。

それは素晴らしいことなのですが、たまには、ちょっと違った刺激を脳に与えましょう♪

というわけで、かつては一世を風靡した(?)マインドマップの活用法をおさらいしませんか?

元祖!なトニーの本がおススメです♥

スポンサードリンク

こういうのを自分流にてきとーにやっちゃいたい、はやくこなしちゃいたいって気持ちは分かりますが、せっかくなので、時間をかけて、整理整頓しつつ、やってみてください。

当然、戯曲読解にも役立ちますし、現場の仕事(シーン)の内容の整理にも、すっきり!使えます。

実は、自分の履歴書の作成や、ポートフォリオづくり、演出プランやさまざまな計画を立てるのにも優れもの。

絵やイラストの上手いヘタではなく、自分が理解を深めるためと思って、お試しください。

というわけで、私のおススメが実は大学教員らしくなく、ノートも白紙!線やマス目がないものです(笑)

今年の私の流行りはこの2種

スポンサードリンク

方眼は図を書きたいときのガイドに便利なので♥

白紙は基本🎶 メモにも便利で、この素材がいろんなペンに合うので、旅のお伴にも~

バインダーのように金属部分がないのがありがたい。

6月末の「ズバリ!な演技のための戯曲読解と分析」クラスは男女ともにあと1名ずつで〆切ます。課題は1週間前に選定しますので、お申込みは水曜くらいまでにお願いします。

投稿者:

Kaoru Kuwata

演技コーチ/STAT会員アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメン指導・演出
STAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT
Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Personal Coaching

コメントを残す