原因を考えることが「解決への近道」と思っていませんか?

「なんで肩があがっちゃうんだろう?やだな~」

「どうしてああいう声が出ないんだろう?もっと●●みたいに歌いたいのに」

「いつもどうして脚をつっぱっちゃうんだろう?硬いって叱られたっ!」

「どうして台本が読めてないって言われるんだろう?読んでいるはずなのに…」

「なんで『ちょっと違う』と演出家に指摘されるんだろう…?一生懸命なのに💦」

「オーディションにまた落ちちゃった、どうして?何がいけないのかな?」

「あまり面白くないな。なんでだろう?😢」

…….真面目で、当たり前で、とっても前向きな、良い質問のように思える…..のに、

じゃあ、なぜ同じような問いを繰り返しているのかな?

😢

恐らく…

病気やケガの場合には、今後くりかえさないためにも「予防」という意味で原因の究明が大切な場面がたくさんあります。対症療法だけにならないために、ですね。

しかーし

本質的には、(おそらく一つではないであろう)「原因」を探して、(推測も含むであろう)「原因」を確認して、「原因」を変えようと試みる!ことは…

現在形なら可能ですが、過去形の場合、ムリっ!😿 なことが多いのです。

例えば、

「どうして大きな声をちゃんと出そうとすると、喉が硬くなっちゃうんだろう_」

とか、

「ああ、緊張すると、動きがぎこちなく硬くなっちゃうな、また脚つっぱってしまった!」

などの場合、いろいろな原因がほぼ無限✨に(笑)考えられます。

自分で変えられるものから過去の出来事や環境や骨格のように変えられないものまで、子供のころに親に言われたことから家具の配置から昨日の食べ物から天気まで….ほぼ無限にありそうです。

(笑)^^;

ということは、もしかして…….原因は特定できないし、できたとしても、「変えられない」のだから、問題の解決には向かわないのではないかな?!

ぎゃ~~~~~~~~~~~~っ (´;ω;`)

「大きな声をちゃんと出そうとすると、喉が硬くなっちゃう_」

なら、大きな声を出すためにはどうしたらいいのか、科学的に仕組みを見直して、大きな声を出すために、無駄な緊張を入れすぎない練習を意識的にすること、

「ああ緊張すると、動きがぎこちなく硬くなっちゃうな、また脚つっぱってしまった!」

と気づいて指摘されたなら、「なんで?」と自分を否定していないで💦 緊張しても、動きがぎこちなくならないための反応を実際にやって、繰り返し自分に覚えさせて、脚をつっぱるのを「今すぐ!」やめる練習を始めることが『問題解決』への第一歩☆ ではないでしょうか?

そう、①事実に基づいた「仕組みの見直し」と練習♡

そして、②今すぐ!練習を始めるという「行動」のスタート!🏃

これですよ!

せっかく考える力もあるのです、論理からも整理しましょ✋

ちゃーんと決断する力もあるのです、「今、やっていること」を変えてみましょ♪

極端な例ですが…

「ず~っと子どもの頃から親に姿勢が悪い叱られてて、あ、ちゃんとしなきゃ!と思うとつい背中を固めてアゴを上げてしまうんです」

というヒトの原因を究明したっていいけど….(苦笑)時間かかるし…..

親にいまさら謝られても解決しないYo!(笑)ちゃんとしなきゃ!と思わないこともできないYo!

ということは、

=理由はさておき、とにかく背中を固めるのを今、やめてみたら?

笑!!😊

はい、文章にするとバカバカしく聞こえますね。

でも、ホントです。

「ちゃんとしなきゃ!」と思っても、アゴを上げるという「行動」と結びつけない練習をすればいいのですよ❤

カンタン!

ついでに辛口コメントも入れると🍛

「どうして遅刻しちゃうんだろう」「昔から、繰り返してるな」「なんでいつもこんななんだろう」とか、ワタクシを待たせておいてつぶやいたヒトいたけど…….(-_-;)

そんなこと考えてどうすんの?!(笑)

ただ10分早く家を出て、1~2本前の電車に乗って、どこにも寄らず早足で歩けばいいだけです。ちゃん、ちゃん。

さらに激辛コメントを入れると🍛 ✨✨

「なんで上手くならないだろう…?こんなに演劇好きなはずのに….どうして?!」と半ギレしてたヒトいたけど……..^^;

理由はどうでもいいので、とりあえずセリフ入れて、ちゃんと相手観察して、自分の動きやってみて!そして、上手くなってない実感あるなら、練習時間も増やしたら?

つまり……

とにかくやってみてよ!😡 うまく行かないなら、何かやっていること変えなきゃ!

デスYo!

過去よりも、今♡

他人や環境のせいではなくて、まずは、自分にできることから💛

もし原因が的確に分かっても、結局、変えるのは現在やっていること、でしょう?

それなら、理由はそこそこでいいので、まずは「行動」を変えましょう🏃

(知的に)原因を理解することと、今、実際にやっていることを変える練習を身体を通してすることは違います。

さあ、今から、ね!

 

 

コメントを残す