劇の状況で役を「生きる」ための必須条件③同調

密かにチェックしている俳優がいるとウワサ(笑)の必須条件シリーズ、第3回目は「同調」です。

「同調」と聞くと、

①誰かの発言に頷いている人たち、

②意見や目の前で起きていることに同意している状況、

③似たようなジェスチャーをミラーし合っている様子、

などが浮かんでしまうかもしれませんが、「合意」しているだけでは、映画や舞台には通じにくいですね。

意見が同じであるとか、条件なしに賛同しなくても、他者の感じていることを「自分のことかのように」一人称で(時間は限られるかもしれないが)「同調」することは可能です。

よくいう「他人の靴を履く」=人の身になってみる

ですね。

「同情」

じゃあないんだ。

これ、大変失礼な間違えなので、太字にしました。

「同情」とは違う。

同情って、やじ馬に近いんですよ~💦

さて、

本日のおススメは現代の都市部で暮らす私たちには分かり難い感覚や感情が多いかもしれませんが、普遍的な感情ももちろんあるので、味わってもらいたいドラマ!当時のヨーロッパの歴史が分かるとさらに面白いですよ。オペラや演劇でお馴染みの名作でもあります。

スポンサードリンク

音楽のインスピレーションでもあります。名作の深い意味、価値観……..あじわってみてください。食わず嫌いは損ですよ。

ラバン入門に参加済みの方限定で、7月に通称:モノローグ道場を4夜間で開催予定です。のちほど詳細を発表の上、ご予約を開始いたします。「セリフ」を言っているのが分かる芝居くさい芝居を打破するクラスです。ことばが必要になって、勝手にでてくるような感じがすれば、もっと愉しくなりますよ!

前向きで創意工夫が好きな方々をお待ちしております🐈

 

 

投稿者:

Kaoru Kuwata

演技コーチ/STAT会員アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメン指導・演出
STAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT
Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Personal Coaching

コメントを残す