出来ないことは「見えない、聞こえない」…かも?!

できないから、見えない、のか?
見えないから、できない、のか?

みなさんはどうお考えでしょうか?☆

例えば、身体を固めているが故に、不自然なちょいと遅れて出る足。固まったまま移動している胴体。背骨はどうなった~?!とツッコミたい変な動き(笑)💦

鏡やビデオで「みえて」いるなら….まぁ、わざとでない限り、やらないよね?イマドキ。。

できないから、聞こえない、のか?
聞こえないから、できない、のか?

例えば、ものすごい鼻声、のど声、うがいみたいな間違った発声で高らかに歌い上げる(苦笑)。オイオイ(-_-;)💦聞いているだけで頭痛が…

確かに、自分で自分の声を生で直接聞く/聴くことはできないけど…そのギャップを埋めるためにも、そんな感覚をトレーニングするためにも練習している訳で….。

こりゃ、ひどいな!

う~む。。。どうしたものか、これは!😡

これまでのKaoruリサーチによると(笑)、どうやら、

できないから「見えない」、できないから「聞こえない」

が全体の傾向としては多いようです。

なぜか?

それは、

① 学ぶ段階で、みえなくて、きこえなければ、ほとんどのことが学べない

=学ぶ「ためのに」よくみる、よくきくという習慣がそもそもそも?ない疑惑?!

②より「できるようになる過程」(学習)で、よりみえるもの、よりきこえるものが変わっていくので、現時点でみえなくて、きこえない

=「できるようになる過程」(学習)を通ってきていないという仮説が成立‼

(何事も習得にある程度時間がかかり、かつ遺伝や骨格など変えられない部分もあるから)、みえるからできる、きこえるからできる訳ではない。

しかし…

③ みえもせず、きこえもしないまま「良い発声」、「自然な動き」、「明瞭な発音」などの具体的な目標に向かうこと自体が困難を伴うため、できない「まま」でいる

=できているのではなく、できている『つもり』である可能性がある

😨😨😨

困りましたね。。💦

「できるようになる」ことを優先すると、できなかった理由への興味は薄れます。(笑)

「できるようになる」ための方法を毎回吟味し、手段をよ~く工夫するとき…

よく「みて」よく「きく」必要✨が生まれます。

さあ!

分かりましたね?😊

今年こそ★違いのわかる目と耳を活かしましょう~

7月末のクラスもそれぞれ参加者募集中です。自発的な方々の成長をお待ちしております。

 

コメントを残す