傾向と原因と「身体のこわばり・硬さ」は…

人種、年齢、キャリア、経歴さておき、やはり歌い、踊り、芝居をするということは、ある意味「負荷」がかかる時間の長い活動です。

ましてや、プロとして練習し、トレーニングしつつ、リハーサルに通い、かつオーディションや映像などマスコミの仕事もとなると、

超!ハード!😢

そして、なんと言っても、忘れがちなのが、ここ ☟

「身体を固めて『反応』するのが当たり前」な状況設定が多い。

なのね。。

🐈🐈🐈

そう、

オペラでも演劇でもミュージカルでも

「驚くような出来事や状況」

がほとんど、ですよね?

「びっくり!😲」すれば、身体を硬直させてちょい引くのは当たり前だし、

「えっ!」とドギマギ、場合によっては通常の通りではない、特殊な状況に直面する。

それが劇のもと。

ですよね?💦

知らないことを告白されたり、意外な展開にいつもと違う行動を迫られたり、誰かが急に何かしてくる….

いろいろなことがスムースにいかない

いわゆる「問題解決」

が劇のもとです。

サスペンス、ミステリー、悲劇、コメディーのはらはらドキドキは当然ながら、

相手が何を言うか、何をするか分からないという「設定」ですから

俳優自身はもちろん結末は知っていますが💦

そりゃ~、身体は緊張しますよ。それが自然、それが本能。それが正しい。

😊😊😊

しか~し!

そうすると、つぎつぎと起きる出来事には「応答」しきれないし

状況に「条件反射」している時間が長いだけで💦

身体を「かため」ちゃってて、いつも同じ状態に「構え」ちゃってると

肝心かなめの

「行動」!

がしづらいのです。

俳優=Act+or=Actする人=『行動』する人

ですね☆

「硬くなる」のは当たり前。状況における人物の「構え」をやるのも仕事のうち。

ですから、それを「意識的に」変化させるようにしてください。「意図的に」意味に沿って、「調節」することで、演じることをより現実に近く、より自然に、そしてあわよくば(笑)、求められている現場の様式やテーマが際立つ方法をつかえるよう、「やっていること」への「気づき」や「種類を増やすこと」が演技者(ジャンル問わず)にはお得です。

 

1月27日、28日のアレクサンダー・テクニーク入門のグループクラスのお申込みは始まっております。みなさんお誘いあわせの上、未体験の方も、ちょい経験者の方もお出で下さいませ。ご予約お待ちしております~♪

みなさまも良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

コメントを残す