俳優に向いているか?演劇に向いているかどうか等で悩んでいる方々へ

いろいろな場所で、さまざまな方を教えたり、はたまた教わったり、ご一緒して企画を作って来たりしての個人的な「所感」ですが・・・

私が学生のころから言われてきたことと、変わりありません!😊

そう、過去に私の出会った師匠ズ・偉人たち・先輩方はすごかった。演劇だけでなく、ダンスや歌や学業も、忍耐強く丁寧に教えてくださった師匠方、自分の時間を、エネルギーを、いつもケチらず使ってくださった先生方、諦めずに粘り強く、ヒトにみえない努力を続け、ご活躍をしつづけている先輩方。愉快でもないだろうに(苦笑)それでも叱咤激励を続けてくださった師匠ズ、先生・先輩たち…感謝デス!!

彼ら↑が若かりし頃のワタシ(含め周辺の若者)に、みな同様に言っていたこと、

それは、

「向いてるか向いてないかなんて考えるな。そんなことは他人が決めることだ。」

デス。

当時、う~~ん…正直、あまりピンとは来てなかったんですが、それはワタシが世間知らずだったから(恥)。

そう、自分に何でも決められて、選べて、自分の好きに、思い通りできるはず、ワタシのこの気持ち伝わるよね、がんばってれば報われるよね、みたいな甘えた前提だから、そんな「不遜」な考えが浮かんでくるんですよね。

まるで「消費者目線」。

=作ってくれるヒトがいなければ買えないことも忘れている、不遜!

困ったモンです。

さて…

よ~く考えてみると、確かにそうなんですよ! ^^;

競争云々はさておき、まず、あなたを俳優として見て、俳優と認めて、俳優の役割を果たす場所にいられるように、そう、俳優の仕事をするための場所と時間をもらわなければなりません。ついでにギャラも。(笑)

で多くの方々には、そんなことは縁も実力もなければ急にミラクル☆は起きないので💦とにかく養成所に入ったり、大学でとりあえず勉強したり、事務所に所属したり、オーディション受けたり、願書送ったりするのですが…

そう、選ばれなければならない。。。そうなのです。

まず、選ばれなければならない。

この、厳しい事実。

そうなのです、選ばれなければ、舞台出演の体験すらできない。選ばれなければ、専門家から知識を学ぶことも、疑似体験をさせてもらうことも、先輩方や先生方のお話を聞くことも、大学の設備を使うことも(笑)、ましてや自分の(拙い )話を聞いてもらうこともできないのです。

だって先生方や先輩方や、はたまた憧れの方々と「同じ場所」に「同じ時間」にいることもないから…..

そう、就活と同じなのです。

で、それが無いとどうなるか=選ばれなかった者同士で集う=仲良しクラブの誕生(選ばれしものだけで集うのも一種の仲良しクラブですが💦)

で、今回のトピックにフォーカスするために、善悪はや個人の嗜好はさておきで考えると、先輩や先生方が伝えたかったこと…

それは…

「選ばれるようにならなければ、選ぶ権利は発生しない」

という厳しい現実だったのかもしれません。

その昔・・・🐤

仕事のオファーについて、当時のアホなワタシが、とある私の母校の一つを訪ねたとき、たまたま事務所に居合わせた(ワタシも習ったことある)教授が言った事☟

教授「Kuwataさ~ん😊 その仕事が自分に向いているとか、考えなくていいのよ~」

若きKaoru「?!❔」

教授「仕事が相手を選ぶんでしょう?(笑)。あなたが選ぶんじゃないデスよ~(と首を振る)」

若きKaoru「えっ?」

教授「仕事を選ぶなんて(微笑)未だでしょう。あなたが選ばれてるんですよ?さぁ!やってみなさい!(微笑、崩さず)」

若きKaoru「…❔(な、なぜそういう理屈に❔)

教授「あなたが仕事を選ぶんではないですよ。仕事があなたを選ぶんです(微笑キープ✨)」

若きKaoru「………….❔(謎、深まる)

教授「まずやってみなさ~い、できるかどうかやってみなさい。ベストを尽くして。それからでしょう?できないなら、向いてないのよ~(笑)ははは。でも、それだって『他人』が決めることでしょ~?(若干、微笑固まる)」

若きKaoru「は、はい。。。(-_-;) 💦(なんだろう、ははは 笑 って。。)」

🐤。。。

杞憂は要りません、ネ。

できることを増やすこと、

まず、目の前の課題に全力で、全身で、まるごと立ち向かうこと、工夫すること、

行動してから、初めて意見が持てること、実行すること、積み重ねること、

(自己満足ではなく)他者の目線を尊重すること、

協調すること、なにより、まずは「他者の」期待に応えること…

「仕事とは」を考え直すキッカケになった事件でした、ちゃん、ちゃん。

そう、考えても、永遠に答えは無し…….。

俳優や演劇に「向いてない」と誰に言われたら辞めますか?何人に「向いている」と言われれば行動に移すのですか?なぜ他人に自分が行動する/しない、努力する/しない、練習する/しない、勉強する/しないを決めさせようとするのですか?自分で決断したくないのはなぜですか?誰の人生ですか?笑

そう☆

オマケですけど、

今、ワタシの思う「向いている人」とは=

「向いているかいないか」なんて考えてないで、一生懸命、目の前の課題に専門家や先輩方や先生方のアドバイスを取り入れ、繰り返し練習し、根気強く努力を積み重ねて、「誰の尻たたきもお世辞も必要としないで」、「行動し続けられる人」、デス。

(俗にいう引き寄せの法則ではありません!)

例え、雨の中風の中(笑)、体調が万全でなくても多少の紆余曲折があっても、目の前の問題から逃げずに前向きに、着々と進んでいく強い意思と実行力を発揮する人!

=こういう人なら、何をやっても「その仕事向いてるね♥その職業向いているね💙」と言ってもらえるね😊

ということは…???

そそ (^^;)

勘の良い方はもうお分かりですね?

それが演じることだ、俳優だ。根底ではそれが演劇です、ね。

そういうことです、ちゃん、ちゃん。

 

 

 

コメントを残す