何が違うのか?!-格差問題へ迫る?!

もうすぐ終わってしまふ、素敵な夏のブエノスアイレス生活…

今年もおかげさまでたくさん学ぶことが出来ています。感謝!新しい出会い、旧知の友人たち、そしてますます輝き続ける師匠ズ、世界の仲間たち….ありがたい日々ばかりです💙😊

さて、今年も実感しすぎなくらい、ため息でるほど、腹の底から(笑)納得していること、

それは、

ダンス、音楽、演劇にも常に共通していること・・・✨

目に見えて、繰り返せて、記録しやすいので、ダンスの例でまずメモしますね♪

とにかく、

「はっきりしている」こと。

これが、一流への鍵。

これが、ファーストクラスなる由縁。

…って、あれ~?季節ごとにここに書いているような???

うん、そうです。

例えば、まず、目的からはっきりしている。そして方法の一つ一つもはっきりしている。

相手を楽しませたいのか、お客さんを驚かせたいのか、音楽をどう聞いているのか、動きを通じて、何を、どんな風に伝えたいのか、自分自身をどう感じているのか、何の目的で、なぜ踊っているのか、どのように感じて、考えているのか…..

これが、漏れ出ているのよね、素晴らしい方々は☆

とにかく、炸裂!(笑)しているのです!

例えば、歩幅!(細かい例えでスミマセン)

どこから始まって、どこで終わるのか、どれくらいの強さで、どのくらいの時間をつかって、どんな風な「質」で、身体をどのようにつかって、どういう線や点や面を描いているのか…………

これを意識してトレーニングはするんでしょうが、自分に分かるだけやっててもダメなのね(と師匠にさんざんしごかれる 💦)。

「他者にそれらが伝わるようにやること」

しかも、最終的には意識せずとも………

Oh, no……😿

そうなのです、独りよがりじゃ、ダメなのさ。。。

😭

音楽も面白いことに、同じよね~ 笑

音自体の「強さ」にしても、どこからどこまでが強いのか、どのように強さが表出するのか、何とどう比べて「強い」のか、何のための強さなのか、どこから生まれる強さなのか…….

果てしなく続く、飽くなき追及。。。(-_-;)

で、

これが「ちりつも」すると、

爆発的な違い☆

になるのですよ、ホントに。。💦

いわゆるノリやテンションというような「気分」からは生まれない精密さ、正確さ。

「中身の充実」

とでもいいましょうか🍎

楽器演奏でも、不思議なことに(?)、音楽家自身がやっていることに無駄があると(例えば、余計な癖や緊張や構え)、それが音に影響するのよね。なんとなくもやがかかったような、ぼんやりした印象の、どこへ向かっているのかあいまいな音が生まれやすい、そしてはっきりしない音がはっきりしない感覚を生んで・・・という悪循環へ。。。

OH! NO!

😠

演劇でも同じ。

何しに来たのか、どこから来たのか、誰なのか(笑)、どんな気持ちなのか、どういう事情があるのか(本人としても相手からの立場からも)、一体何しにきたのか分からんヒトが舞台上にいるとき……….

謎、深すぎ! (苦笑)

あまりに想像も推測も働かなさすぎるくらい、感覚的体験や刺激が乏しいとき、他人は興味を失います。

あらら。。。(-_-;)

どこへ注意が向いているのか、誰に向かっているのか、どちらの方向へ思考が、感情が動いていっているのか、関係性はどんな変化をしているのか、実際それぞれはどんな状態なのか、身体の様子も感覚も鋭敏でないパフォーマンス……..

それは、とてもツライ時間です、まるでホームビデオ(記録やねん!)をみているようなもの。(しかも知らんヒトの 笑)

映画や小説なので、わざと曖昧にするという技やスタイルは確かにありますが、素晴らしいバレエ、オペラ、絵画、彫刻、演劇、いろいろな音楽、ダンスの様々は、一流になればなるほど、いろいろな要素や背景や、当事者含め、周りにも及ぼす感覚体験とその実体が、

「はっきり」

してくるように思えます。

🐈🐈🐈

私ももっといろいろな面で、精進していきたいとワクワク☆

みなさん、さらにパワーアップしていますので、3月末のクラス(または個人レッスン)でお会いいたしましょう~!✋

 

コメントを残す