ロベール・ルパージュ「887」日本初演です!!

今日はカナダの鬼才、ロベール・ルパージュの日本初演「887」を観劇しました。

嬉しい偶然が多かった本日。たまたま隣の席がちょうど会いたかった演劇人仲間!

その後も、尊敬する先輩方、演劇人たちと偶然の再会!いい作品の後は、挨拶もみんな笑顔ですがすがしいよねっ♪そして、同期にも偶然に!!感激の再会❤

活躍している同期や知人・友人に会うと元気がでますね~!(^^)!

で、肝心の作品紹介はこちら↓

http://www.geigeki.jp/performance/theater120/

毎回、ビデオプロジェクションやパペット、影絵、その他演劇的手法の巧みさに嬉しくなるルパージュの作品。88年の「テクトニック・プレーツ」はビデオでしかみたことありませんが、面白かったな~!まさにいつも時代の先端を行きつつ、演劇の本質かは離れない、そして個人的な体験と必ず編んである作風のルパージュ。

とにかく転換とか早替えとか(笑)、すべてがスムース!!☆

これ、とっても大事なことです。

いまだに、5分、10分ごとに謎の暗転を意味なくしてお客さんを退屈させ、劇の流れを停止させちゃってる演出(?)の方々いるけど…💦

ちゃんと世界の巨匠の方法を、とにかく目撃だけはしてみた方がいいです。

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=74467

ねっ!ほらっ!現代を代表する世界規模の演出家(俳優)!

私は彼の演出家としての手腕ももちろんですが、いろいろな役を本当に演じ分けられる変幻自在ぶりが昔から大好きです!

http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=37941

これもご参考に~!

私はフランス語はできないので(T_T)、とにかく英語はOKなんですが、まあ、フランス語が苦手でも親切で読みやすい字幕がでるので、疲れずにみられますよ。

なんせ、映像が美しい!色彩が美しい!とってもキュートな装置たち・・・

そして、戦慄のいくつかのシーン、究極的にポエティックで感動的に感電させてくれる最後の詩の場面・・・

ぜひ、みなさんお楽しみください!

途中、休憩ないので、トイレが近い方はお気を付けあそばせっ!

コメントを残す