バラバラにするから「ヘタ」なのです

どこで教えていても、誰を教えていても、音楽家でも俳優でもその見習いでも…..

気になるのは、

「全体でやっていない」⚡

こと😲

それは、(ある程度以上に)魅力的で、ある一定以上に活躍していて、そこそこ意識の高い方々にはあまりみられない残念な「特徴」です。(ワタクシの日々の研究による)

全体でやらないから、時間もお金も(笑)、エネルギーも無限にはないので、大変なのです💦

「全体でやってない」とは、どういうことなのか?

例えば、タイムリーな(笑)ラバンの入門。

身体「全体」を動かして、特徴あるいくつかの「うごき」をやるのですが、

「全体」になってない💦

脚を移動につかうと、腕をとめてしまう!

腕を運動させると、脚をとめてしまう!

手足を動かすと、移動しなくなってしまう!

そして、手足を動かしながら、移動しようとすると、顔がとまっている!!

😢

次は、空間への意識をむける、

自分の身体のさまざまな部分がどんな動きをしているか、

あっ….すると、遅くなっちゃう。。。。スピード!ダウン!⚡

さて、では、動きのスピードと移動のスピードに注意を向ける…..

と、あっ、動きがただの繰り返し!種類がなくなっちゃった…(-_-;)

😢

それでは、手足の動きを活発にしながら、移動して….

あっ….再び登場「お面」!

そして、声出てないよぉ~💦

一切、想像力….つかってないよね?! 😲 声も出てないし…..

苦笑

関節に問題もなく、心肺機能にも問題はなく健康なはずが…….

「全体」の様子を(そこそこ)把握しながら、気づきながら、一応周りが見えていて、音も聞こえていて、感覚も目覚めている…….という、

文字にするとただの「健康」で正常な状態が….

「意識的に」となると

どうして、こうも、

「部分的」

なのか。。(-_-;)💦

いちいち、部分別に「固めて使えない」ようにしたり、部分別に「感じないように」虚脱させちゃったり、

余計に難しいよっ。。

🐈🐈🐈

そうなると、例えば、

「顔の表情」の研究を特別にやならければならなくなる

「運動」を特別にやる時間を確保しなければならなくなる

「発声」をあえて練習する必要が生まれる

「体重の移動」を改めて確認することになる

さらに!

これらの表情や運動や発声を「つなげる」さらなる別のトレーニングや準備が必要になる!

ひえええええええ~!!!

大変や~ん❣

😢

つか、人間なんだから、もともと「つながってるやろ?!」

と、思わずコッソリ心の中でツッコんでいたKaoruです。(学生時代から)

苦笑

ということは………

いつも「全体」をつかっていること

を前提に(いや、科学的にも元々そうなのだが💦)

すべてのトレーニングやエクササイズは

「入口」(切り口といっても可)なのだ、

と思えばいいのだ!✨

そうすれば、

戯曲読解・分析をしているからと言って、ずっと椅子にすわりっぱなしで、しかめっつらすることもないし ✨

セリフを入れるからって、息をひそめて、身体を固めて感情や感覚を感じ難くいることもないし✨

発声発音のため「だけ」に、うごきを切り離した「姿勢」を維持しつづけることも、ないよね✨

😊

ちょいと、日ごろ「バラバラ事件」がないかどうか、確認してみてください!

今週も健やかに、レッスン、トレーニング、リハーサルへ向かいましょう~♪

 

 

コメントを残す