キャラクターに一貫性が欲しい意味が分からない方へ

登場人物…キャラクターが一貫していない(状況にはあってはいるけれど)
ことがイマイチ分からない方へ

現実からのおもしろ辛口具体例を書いてみましたので、参考にしてください

例えば!

じゃじゃ~ん!

ここは都心の某カフェレストラン(チェーン店ではない)、地元ではちょっぴり有名な、昔ながらとはいいつつも、落ち着いた雰囲気のおひとりさまと近隣の会社員のランチ利用も多い、そんな場所…

男女二人が入ってきました

テーブルにつくと男性(30代前半?)は奥に陣取ります
お相手の女性(20代後半?)は手前で荷物が置ききれなかったらしく、床にリュックをおきます

奥に陣取った男性、なぜか(笑)帽子を脱ぎません(ファッション?医療?)

帽子は脱がないのに、なぜだかスニーカーは脱ぎます(笑)

スニーカーを脱いで足を組みます

おいおい(苦笑)

ここ食事するところだよ!(でも座敷で食事することが当たり前の文化の人々では気にしない方も多いです)

脚を組みながら、どういうわけかガチャガチャ音を立てて食事をします
(ちなみにアジア圏の方はフォークやナイフを立てて使いがちなので、音が出やすいようです、角度に気を付けたいです💦)

(無駄な)音をたてつつ喋りつつ、お食事が続きます

それなりに?楽しそうではあります、そこはヨシ。

いや、両手をつかえばパンなどはカンタンにちぎれるのですが、どういう訳か片手です(インド人?!)

お相手女性の話もそこそこにうるさく食べ続けます(よく我慢できるな~女性💦)

いびきかい?!とツッコみたくなるような音を立てて、お茶もすすります(鼻をすするのもお茶をすするのもいびきも音がどういう訳だか似てますね 笑)

無駄に嫁(お相手女性)に近づきつつ(顔が前に出ているから?)貧乏ゆすりをします

貧乏ゆすりをしつつ、会話を続けます。なぜだか擬音が多いです。(笑)

擬音をまぜて「プシュー」などと喋りながら、かぶっている帽子🎩のつばの部分に👓めがねをのせます(ど、どうして?!)

😲

しかし!

これで驚いてはイケマセン

な~んと!

貧乏ゆすりや擬音にも負けず話を続けていた嫁が…

ついに!

いよいよお会計へ立つというとき、

「ガチャガチャ」「カチャンカチャン」と

食器を重ねま~す!

😲😲

終了~

いや~、すごいですね、この一貫性。しかもペアで!

ぜひご参考にしてください、この一貫性を!

ちゃん、ちゃん。

本日のお役立ち図書はこれ!

スポンサードリンク

クラシカルときいて怯えず(笑)お気楽にちょっとずつ読んだり声に出したり、練習の参考にしてみてください
現代劇、会話劇以前に大切なこともたっくさんつまってます♪

 

コメントを残す