オーディション/試験の対策④ 解決できることは気にしなくてもOK

養成所や大学、事務所のオーディション、キャスト募集のオーディション、ああ試験、ああ!寒さと同時にたくさんやってくる入試の数々(笑)、そして来年度公演のためのオーディションの数々…

そんな季節 🎄 クリスマス…あまり関係ないねっ。。とほほ (T_T)

このブログ読者のみなさまは、すでに付け焼き刃的な特技や特殊技能などが失笑やお恥ずかしい体験へつながってしまふことは百も承知。

はい、ダンスや歌、朗読や武術、楽器演奏など…しっかり準備して、気を付けましょ!💦

さて、「化けの皮が剥がれる」のは特技や演技などの実技だけではなく、時間の問題でもありマス。。。養成所やワークショップ的なクラスでも大学や事務所でも…

「オーディション」を特別☆と大事に思うがあまり「がんばって」しまふと、思わぬ勢いがついて事故になったり、今でいう経歴詐称になったりしまいますので、お気を付けください。

さて、オーディションで一番大切な(とワタクシが思う)こと…

それは…特殊技能、特技、課題以前 のこと!!✨

というと、え~、もしかして常識ィ?フツ―でつまんな~い!会社員じゃないのに~などというお叱りが聞こえてきそうですが(笑)、

そう、一番ひっかかるのは、最終的に、

一緒に毎日毎週リハーサル(稽古)できる人かどうか、

お仕事(舞台でも映像でも)を任せて大丈夫な人かどうか、

1年(2年?3年?)一緒に学んで行けるヒトかどうか、

というような所ではないでしょうか?😊

なぜなら…

残念ながら、多くの方々にとって、半年や1年、風邪をひかずに(笑)ケガもせずに、声もつぶさずに、太りも痩せすぎもせず(笑)肌もあれずに健康で過ごすことそのものが「かなりの努力を要するもの」であり、

緊張しちゃって💦 課題曲の音をちょい外しちゃっても、セリフをド忘れしたとしても、まあ、嬉しくはありませんが、人間誰しもよくあることですし、それらはこの世の終わりではないのです。

が!そういうのではなく(笑)

明らかに「ヒトの話を聞いてない」様子などは、残念ながら「練習してもすぐには治らない」ものですので、…✖ ✖ × ✘

となります。

そう、「練習しても治らないであろう(苦笑)根源的な問題」

が一番みられているポイント☆

例えば、挨拶。

さわやかに(笑)、多少体調が優れなくても、少々緊張していても、相手がちょいゴキゲン斜めでも(苦笑)、そこそこ微笑ましい様子で、まあまあ朗らかに、相手に届くように挨拶ができるか。

例えば、服装。

いくら自分ではオシャレとか流行ってる恰好してると思っていても、清潔感やキチント感がなければ「毎日会いたくないヒト」なんだな(マニアを除く 笑)

万が一、うっかりセリフをとちってしまっても、練習すれば直せる範囲なら問題ないのだ。そう、どうせ歌もセリフも演技もダンスもみんなで練習するし、そのためのリハーサル時間も専門家の指導もあるのね。😊 逆に、そこは気張らなくていい。

しか~し!

他人が順番で取り組んでいる時それを見ている時の様子がおかしい(挑発的や無関心)、あまりにも姿勢や目つきが悪い(身体の使い方、呼吸の問題)、チームワークが発揮できない(役割意識がない、無責任な言動)、他人に不親切または媚びウリ(目的を見失ってる 笑)、明らかに聞いてない(注意散漫 笑)、能力を出し惜しみする(ケチ)、正確に言葉を聴きとり覚えることができない(雑または鈍感)、会話が成立しない(自己中またはコミュ障的傾向)…

など…

こうやって文字にすると苦笑してしまいますし、誰しも状況によっては多少はあることなので、つい笑ってしまいますが、

どれも治すのに時間がかかる、変えるのに時間がかかる、直すのに本人の強い意思や行動力が必要…などといった「根源的な」ところ。^^;

変えるのに時間のかかる、ましてや本人の「ライフスタイル」が問われる行動の癖や自分の正確やクセとして諦めているような部分…(-_-;)

みえてますよ!(@_@)

そう。

練習すれば良くなること、演出家やスタッフと稽古すれば解決すること、一緒にリハーサルをすれば解決できることを、わざわざ意地悪心で減点するほど、人々は荒んでないですよ💙

逆に…

時間やルールを守らない、平気で嘘をつく、すぐ誤魔化す、たくさん言い訳する、すぐふてくされる、ぶっきらぼう、への字口、返事が暗い、相手の目をみることができない、(当日課題などの)準備がとても遅い、字がやけに汚い、グループでの活動のときに非積極的、非協力的、言動が陰気、歩き方から所作などがだらしない、鉛筆やペンが正しくモテない、お箸の持ち方など食事のマナーがなってない…などはすぐには治せないとみなされるので(好んでそうしてると解釈されることも💦)、アブナイですよ~

そう、オーディション/試験対策で、

一番大切なのは「日常」

なのでした。

冗談のようですが、本当です。(・_・;)

普段できないこと、日常やりつけていないことが、突然、人前でできるようにはなりません。

そして、その無理さは、バレます。

本当はできないのに、できるように見せようとする「がんばり」がみえてしまうからです。

ライフスタイルを垣間見られる、それがオーディション、試験の数々。

ダンスや歌も同じですよね。

突然、筋肉は育ちません。(笑)突然、柔軟性も音楽性も耳も育ちません。

急いで、神経支配をよくすることはできません (苦笑)、日ごろの蓄積なしにミラクルないです。

日常やっているから、こそ!

普段、カンタンにできることは、気合を入れたり、がんばったりしなくても、「自然」にできますネ(^^♪ 気楽さのもと💛 無駄な力を入れないで「できちゃう」よ♪

🐣🐤

かく言うワタクシも、ウン十年前とある劇団の試験で、ギリギリに到着してしまって💨走っていって、超!焦った記憶があります(反省!)。こちらとしてみれば、稀にみる急な大雪でかなり早く家を出たのですが….事実「ギリギリ着」には違いない。その証拠にスタッフやオーディションする側の方々は無事にあちこちから来られて、しっかり準備されていた訳で。。。今おもえば、2月は雪が降りやすい、交通機関は麻痺しやすいのは東京の常識(笑)。備えが甘かった若き自分が完全に悪いのでありマス。

というわけで、Happy クリスマス&オーディション✨

皆さまの良いお知らせを楽しみに待ってま~す❤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す