やじ馬はダメよー演じるための戯曲読解へ

演じるための「戯曲読解・分析」に力を入れて、はやウン年…

私も学生時代はさっぱり ? でした💦そしてその後も何年もピンと来なかった…😢

そんな苦労(恥)もあって、老若男女、日本の俳優および見習い達のつまづくところが嫌というほど(苦笑)よ~~く分かります。(文化習慣日本語のせいではなくて、考える方向の問題です)

・なぜ国語の意味だけで止まってしまうのか、

・なぜ状況にいる「状態」をやって満足してしまうのか、

・なぜ説明っぽい、白々しい、「あるある」な型をみせてしまうのか…

今ならよーく分かります。

そう、今日は久しぶりに素敵な先輩🌸と話をしていて私も練ったのですが、

・生き生きと当事者として演じられない、

・戯曲全体の中で必要とされているはずの役割がうまく果たせない、

・どうも説明っぽい、なんだか感情が動きにくい、なんとなく動きもぎこちない、

そんな「うまくいっていない」時😢

いつの間にやら俳優が考えているのは、

どうやって」(HOW?) になっちゃっている、という事。

・「どうやったら」急いでいるように(困っているように/悩んでいるように/差し迫っているように)みえるかな?

・「どうやったら」このセリフが言いやすくなるかな?「どうしたら」もっと気持ち/感情が出るかな?

・「どうやって」このト書きの動き(立つ/歩く/コートを脱ぐ/お茶を飲む)をやったらいいかな?「どうしたら」それっぽく見えるかな?「どうやって」OKをもらえるかな?

😢

こんなような内容が頭をよぎっているなら(そしてその時間が長いなら)

恐らく、

演じ手は……

いわば「同情」はしているけど、当事者に「感情移入(一種の投影です)」はしておらず、

「あ~、あるよね、そういう状況」みたいな「共感」は一応しているけど(苦笑)、

当事者には寄り添っておらず、当事者の向かっている方向へ「並走」はしていない。

シンパシー(同情)とエンパシー(共感・自己投影)の違い。

前者を「やじ馬」、後者を「親密」と呼びたい✨ 🏇

考えてみてください。

① 銀行強盗のニュースが入ったとする。「○○銀行に強盗が押し入り、行員を拳銃のようなもので脅し…」と聞いて、

「え!どうやって強盗したのさ?!」「行員どうやって脅されたの?!」とツッコみますか?どうちらかというと「なぜ強盗なんかするんだろう?」と考えませんか?

② 友人・知人が病気になってしまったため手術をすると聞いて、

「どうやって病気になったの?!どうやって手術するの?」と聞きますか?

そんな~😢 ひどいよねぇ。。💦「なぜ手術が必要なの?」ならともかく…

③ 劇でもよくある結婚や離婚、出会いや別れ、死別…

「どうやって結婚したの?」「どんな風に離婚した?」と「やじ馬」しないですねぇ…「どうやって出会ったの?」も間違ってはいないけれど、「どう死んだの?」って💦問題の解決にも相手への傾聴にも共感にもならない…

どうにも冷たい「やじ馬」感が漂います……。

④ ドラマにありがちな「暗殺」や「暴力沙汰」、「裁判沙汰」「失恋」云々だって…

「え?!😲 どうやって?」「どんな風に?」とツッコんでも、当事者の気持ちには寄り添えないですよね…

⑤ いい知らせだって、「え!どうやって大学合格したの?」とか「どんな風にオーディション受かったの?」とツッコまれても、まったく「親密さ」ありません。

😿😿😿

「やじ馬」、やめましょう。

当事者として、その瞬間瞬間、感じて、考えて、行動して、

生き生きとその状況を「生きたい」なら、

「やじ馬」(HOW?)、を条件反射的に追及するのをやめましょう。

🐈🐈🐈🐈🐈

代わりに考えて、当事者として、具体的に感覚を伴って「想像」して欲しいこと☟

・「なぜ」(WHY?) こういう事(セリフ)を言って、こういう行動(ト書きetc)をするのか?

「なぜ」という切り口!

個人的な理由・動機・原因を考えて、想像して欲しい!

何が、彼/彼女をそういう決断に至らせたのか、

いつ、どこで、何が、彼/彼女にそういう行動を起こさせたのか、

何が、彼/彼女にそう言わせるのか….

役の人物(キャラクターと呼ばれるもの)と「親密」に、「共感(感情移入)」(あるある的な一般論の同情ではない)、寄り添い型の「並走」をしてください。そうすると「目的」も見えて来やすいですね♪

昔からよく言いマスよね、相手の「」を履いてみる、って💛😊

みなさんの参考になることを願いマス!

*1月27日、28日午前のアレクサンダー・テクニーク入門クラスのお申込みは開始しております。8名以下の少人数クラスになる予定ですので、ご希望の方はお早目にご連絡ください。ご協力お願いいたします。

コメントを残す