なかなか上達しない真面目な方の盲点②後半「ていねい」と「しっかり」

巷で噂のシリーズ 🍛 今後の行動のためにも、参考にするためにも、検証しましょう!

③「丁寧に(遅く)(着実に)しっかりとやりたい」

ですよ、問題の住処は。

そう、正しくて、善に満ちているはず。。。

なのにダメ💦

な~ぜ~な~の~?

という善良で真面目で素敵な方々のつっこみが聞こえますが…(-_-;)

「結果」を限られた時間内に出したいとき、

自分の思う「丁寧」は

「自己満足」

ですよ。

😿

雑にやるとか、方法を吟味しないのはもちろん困りますが、

あなたの思う「丁寧」は「自己満足」ではないか考えてみましょう。

以前、駅ビルで明らかに急いで「手土産」をかったおじさんの包装を

「ものすご~く丁寧に」(笑)

真心こめて?リボンの形まで整えながら、やっちゃってる店員さんいましたけど、

「駅ビル」にはどういうヒトが、どういう目的で集っている可能性が高いかを考えないと、

叱られます 😠

同じく「しっかりやりたい」

も標語として?は良いのでしょうが、これも「しっかり」の意味がみなさんそれぞれ過ぎるので💦

「単なる筋肉のさらなる緊張」にいってしまう方、

「繰り返し」を意味している方、

「自分の納得いくまで時間をかける」という傾向の方、

と拡大していく….

自分が「丁寧」にしているぜ!と感じるよりも(自己満足)、

自分だけが「しっかり」やったぜ!と確信するだけでなく(自分解釈)、

他人にみえるように、聞こえるように「成果」を出しましょう♪

*12月の年末のラバン、モノローグ、シーンの各クラスはお申込み開始しております。お早目にスケジュール確保の上、ご連絡ください。

コメントを残す