「初めてだから💙」の裏に…

先日、最近お知り合いになった若手の素敵な俳優さんと語らう機会があり、ほっくほくだったKaoruです。活躍中の魅力的な俳優さんとのひと時に時間も忘れて。

💙

…にもかかわらず(?)やはり演劇、ダンス、ミュージカルなどなどの話の延長で出てきたテーマで久しぶりに思い出したのが、

「初めてだから💙」とのたもう方々の存在。(苦笑)

はい、確かに、一見、害はありません。

一般的には問題ない場面が多いのかもしれません。

義務教育でも「初めてだから失敗してもいい」とか「初めてだから心配しないで、やってごらん」とか、なにかあっても「まあ、仕方ないね、初めてだったから」とか、「初めてなんだから、許してやって」などと免罪符としても使われることが多いフレーズでございます。まぁ、無害、風だよね…?でもマジで無害?

思い出したのは、

「初めてだから」を理由に一生懸命ベストを尽くさなかったり、要求に応えるような努力をしたり、時間をかけたりしない、勇気や誠意に欠けるもったいない人々の存在。

「初めてだから…」と言って、専門家の立場から個人レッスン方式だと言っているのに、グループレッスンを要求する方々。

「初めてだから…」と言って、なぜか参加費の割引を要求したり、はたまた参加者以外は募集していないのにクラスやレッスンの「見学を要求する」謎な言動の方々。

「初めてだから…」と言って、とにかく疑ってかかり理論武装し屁理屈で論破することが目的の学ぶ気のない方々。

「初めてだから…」と言って、指導者が見本や周囲が先にやってみせるまで、動こうとしない方々、周りについていくだけの「待ちモード」の方々。

「初めてだから…」と言って、なぜかできない理由や今までやらなかった言い訳を並べ、周囲に語る方々。ワタクシ、そんなこと質問してないのに。。(T_T)

並べるとまだまだありそうなので、やめます。(笑)

…で考えてみました。

世界各地で、演劇やダンスの師匠たちに、これまで「『初めてだから』失敗してもいいよ」とか、「今、上手くできなくてもいいよ、最初だからね」などと励まされたことはあったけど…

「今、自分の持てる能力を発揮しなくていい」とか、「手抜きしていいよ」とか、「今、挑戦をしなくても構わないよ」とか「どうせ能力ないから、別に気にせず適当にやっていいよ」みたいなこと言われたことなかったなぁ…と。

だから、そういう発想が全くなかったよ、私!

(無理解な先生でスミマセン!)

(そして私の素晴らしい数々の師匠ズ、ありがとうございます。かたじけないっ!)

誰もがほとんどのことが必ず1回は「初めて」ですよね。

初めて立つ、初めて歩く、初めてお箸をもってご飯を食べる、初めて幼稚園にいく。初めてのお習字、初めてのお遊戯会、初めてのお泊り保育、初めての花火、初めてのプール、初めての試験、初めての部活、初めての海外旅行、初めての留学、初めての独り暮らし、初めてのシュノーケル、初めてのフライングフォックス…面白いこと、素敵なこと、大好きなこと、愉快なことばかりじゃん!!!(^^)/いえ~い!

と単純にワタクシは思った訳です。

しかし!!初めて親以外の大人と長い時間学校で過ごす、初めて他人と集団生活する、初めて習い事で叱られる、初めてすぐにはできない難しいことにぶち当たる。しかもそれが何年も上達しない(泣)、初めて親の手を離れて自分のちからで勉強する、初めて徹夜で働く(苦笑)、初めて社会へ出て行って、初めて責任を負う、初めて…

自律と自立に近づくほど、さっきほどバラ色じゃない。。。

アレレ?!

でも、それでいいと思います。

誰でも、なんでも、いつでも、どこでも、初めてのことってあります。甘えるわけでもなく、言い訳するわけでもなく、「初めてだ」という事実だけがあって、それ以上でも、それ以下でもないと思います。

楽器でもスポーツでもダンスでも音楽でも芝居でも、いろんな初めてがあってよいと思います。初めてを愉しむために、精一杯やって、初めてでも率直に、能力発揮してみてよい体験が次へつながるようにできれば、いいのではないかな?

それに初めてのことがたくさん未だあるって…素敵だよね、ワクワクするよね、楽しみよね、ああ、やってみたい、行ってみたい!これからも楽しみだなあ、ルンルン!

…と、やはり根本は変わってないワタクシなのでした。ちゃん、ちゃん♪

 

コメントを残す