「ていねい」って何かな?

エクササイズでもシーンでも、セリフあわせでも、歌も踊りも楽器演奏も、あらゆる練習で….老若男女問わず、

頻出するのが

「ていねいに」✨

という善意に満ちたポジティブなお言葉。

ははは~~、ありがたや!(笑)

…ってのは冗談にしても(-_-;)

「ていねい」に

をやろうとしている人の様子って………..

なんだか………….

恐ろしくないですか?💦

私だけ?!

🐦

「ていねいに……💛」と念じていること、間違いない!

「ていねいに……」と心の中で唱えているけど……….

で、

実際には何をしてるんですかね?

・ただ動きをゆっくりにした人(スピードを落とした)

・ただ息をひそめている人(躊躇してから?慎重?ということ?)

・ひたすら、身体を固めている人(注意深い?ということ?)

・どこかを凝視して窮屈そうにしている人(集中しているつもり?)

・好きなだけ時間をかけている(自分勝手)な人

…..といろんな亜種はありますが、

まあ、どれも……

似てるね(◎_◎;)

🐈🐈

改めて、

「ていねい」の意味を考えたい、です~

おそらく、パフォーミングアーツの世界では、礼儀正しさや恭しさ、または「念」なるものの入れようではなくて、

「細かいところまで、注意を向ける、徹底的に」

というような方の意味ではないでしょうか。

で、ここで質問ね♪

その「細かいところまで、注意を向ける、徹底的に」

は、☝のような

恐ろしい形相でないと、できないものなんですか?

苦笑。。。😭

スピードを遅くしないと細部に目が届かないなら、(未だ)目も悪いという意味で💦

身体を窮屈にしないと集中できないはずはなく(^^ゞ (というか、その方が本当は問題あるはず 笑)

つまり、

(ある程度)素早く、

事実に基づいた決断を、

正確に、

精密にするという……….

「相当な量と質の『練習』が要求される『スキル』ではないですかぁ!」

が~~~ん😲

そう、練習そのものを「ていねい」にやって質を高めたいのだが、

そのためにも「練習」が必要である、

といふ……..なんたる「入れ子構造⚡」

そう、やるしかない!

選びながら、

方法を吟味しながら、

やるしかない!

とはまさにこの事です。。。

練習がうまいと言われている人をお手本にしたり、

効率よく、質の高い練習ができている方を参考にしたり、

憧れの対象が身近にいなくても、反面教師的に「~はやめる」「~は要らない」など削除法で方法を絞るのも可。

「ていねい」も、

たぶん…………

ライフ・スタイル問題デスよ。

時間を有効につかうためにも、

みなさんも「ていねい」の意味を、洗いなおしてみてね😊

素敵な週末をお過ごしください~♥

 

 

 

コメントを残す