他人の気持ちーサブテキスト入門@オンライン6月土曜夜


他人の気持ちーサブテキスト入門@オンラインを開催します!

この内容は私も初めてなので、いつも以上に楽しみです

トム・ハンクスはなぜ炎上しないのか、ウィル・スミスはなぜいまも人気なのか、メリル・ストリープのどこが凄いのか….
秘訣はみんな共感と同調の対象である「サブテキスト」

現場が少ない今だからこそ!
世界的な危機の後、どこかしこもが「元通り」になることはありません。いち早く動けるよう、決断して、活躍して目立つよう、自信が持てる力を育てましょう

言葉はコミュニケーションの何パーセント?!

6月後半は初めての「サブテキスト」に特化したオンラインクラスです。
梅雨の夜は安全におうちでちゃっかり勉強して有意義に…

言葉への感覚、キャラクターへの想像、個人化のプロセス…
現場が一息ついている間にすくすく成長しませんか?

ベテランも中堅も一緒にブラッシュアップする2日間です

■ 日程
6月20日 (土)18:30~22:30
6月27日 (土)18:30~22:30

■参加費
2回分 6000円 ご予約完了後にお振込のご案内をします

■対象
すでに現場のあるプロおよびプロを目指す方対象です
ラバンなどのいずれかの入門クラスに参加済みである必要はありません。
*俳優、歌手、演出家、劇作家もジャンルは問わず歓迎です

■ZOOMをつかいます
ブラウザからも使えます。アプリをPCやスマホに事前にダウンロードしておいても便利です。 初めての方には事前に説明デモも無料であります

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名にご自身のお名前と「サブテキスト入門オンライン」とお書きください。ブログのフォームもご利用になれます。
年齢やキャリアは問いませんが大卒相当の(実際の学歴は不問)基礎学力に問題ない方対象です。
・お名前
・年齢
・性別
・ご所属(事務所、劇団など)
・ご連絡先(携帯電話番号)とご住所:
・メールアドレス:
・自己紹介(200字前後 舞台などの現場経験の略歴、受講動機、近況など含め)
お申込み時にみなさんの活躍の様子や近況もお知らせください☆
**初めての方でご紹介者のある方はその旨もご記載ください

■応募先:
メールアドレス kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。

■〆切:
開講日前日まで申込みは受付けますが、オンラインとは言え丁寧に行いたいので10名以下の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に事故など緊急事態で参加できない場合はオンラインでもその時点で必ずお知らせください。クラスは2日間セットです。例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても、残念ですが参加費の払戻し等には応じられません。
*急病など万が一の際には開始前日までキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承りますのでそちらをぜひご利用ください。
天災以外は理由の如何に関わらず2日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をご負担いただきますが、ご了承ください、配信システムやインターネット環境に問題があった場合、状況に応じて補講や振替など最大限の工夫をいたします
*お振込みのない場合、ご予約はキャンセルします

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ
名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。
8年の正規留学を経て桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務める。現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師も務める。
世界最古のアレクサンダー・テクニーク指導者認定機関、英国アレクサンダーテクニーク教師協会(STAT)会員、日本演出者協会会員

■今後の展開
2020年
4月 ズバリ!戯曲読解シェイクスピア「リア王」後半★終了!
5月 「トロイアの女」をつかって‐読解分析入門

7月? 近代の名作?!
8月? 近代の傑作?!

ご希望がある方はお知らせください、演劇史におおまかに沿って行くというアイデアもあります

感染症次第で、スタジオでのエクササイズクラスや演技の実践に切り替えていく場合もあります

お申込み時にみなさんの活躍の様子や近況もお知らせください☆
**初めての方でご紹介者のある方はその旨もご記載ください

今日のおススメはこちら

スポンサードリンク

珍しく、こういう本。若者にも中年にも(笑) 私がひそかにスカッとしているシリーズ★

男性もぜひ、自分の凝り固まった頭、ほぐしましょう~女性もしっかり、思い込みよ、さようなら~

🐈🐈🐈

そして、今、気になるのがこちら

スポンサードリンク

タイトルでドン引きせずに、じっくり読みたい良書

きれいごとではなく、観念的に誤魔化さない、正面から堂々と向き合う展開が知的な態度と私は信じているので、こちらもぜひ

 

 

軍曹ドリル ウォームアップの例⑥ スイングで汗を!

台風一過の今週、ちょっと肌寒い風が感じられるようになりました。

こんなときこそ、しっかりウォームアップをしてからリハーサル、稽古へ向かいましょう。

突然ストレッチ!をなぜかこれから練習、リハーサルというときに行う方がいまだに見受けられますが、科学的にはマズイです。軽く額に一筋汗がたれるくらい、息切れの手前くらいまで、数分間はいきましょう。

そうです。文字通り「ウォーム・アップ」なのです。

ストレッチして温まらないです。リラックスしすぎて、逆に眠たくなってしまう人も多いようです。

健康や美容のためのことは、ご自身で、自宅で、就寝前やお休みの日に好きなだけどうぞ。

本日、私がお話しているのはウォーム・アップです。

ストレッチではございません(改めて、強調!)

スイングの動きをつかった、ちょっと激しめのエクササイズです。

初めてこれを指示されたとき(セントラル演劇学校、修士課程)のクラス内で、

「は?!」

と目が点になりました。

….は、激しい!😲

当時長かった金髪の髪を振り乱して(笑い)渾身の見本をみせてくれたV師匠の様子が……

怖すぎた!(笑)

その目力の強さたるや………もう……….呪いレベル!

さて

手順はこちらです ☟

1 足は肩幅よりちょっと(7~8cm)広めに開くスタンスからスタート、このとき、内股、がに股にならないようクセに要注意

2 両腕を耳の横にあげて(万歳みたいに🙌)わきをのばしている姿勢をとります、このとき、肩甲骨をあげすぎて、首をうめないよう注意

3 頭と手の指先が遠くを通るように、(背中が軽く丸まるところへ)背骨を全部動かしつつ、頭を足と足の間あたりを狙って、おろします。ひざをつっぱらないように気を付けてください。ひざ裏に1、2筋、しわがよるイメージで、つまり股関節からのスイングになります。

*特に腰が悪い方、ケガ歴がある方はアブナイのでひざを最初は軽く曲げておいてやってみてください

**ポイントはジェットコースターのように(!)行き(=自分で腕を耳の横にあげるところ)は自分でコントロールした動きですが、帰り(=頭と腕を一気に降ろすとき)は重力に逆らわず、スピードが速まって構わないので、おもいっきり前屈姿勢になります

4 これをつなげて繰り返して、(半分自力の)スイングマシーンのようになります 笑

大事なのはかかとに載りすぎないこと。体重は常になるべく前気味に。

よく見られる悪い傾向に腕を上げたときに、腰を反りすぎる(胃を出す・でっちり)にするクセがあります。

やめましょう。腰も危ないです。

下に上半身の力を減らして、頭をさげてスイングしたときに、首をつっぱったままの方が多いので、これもチェックしてください。つむじが下へ向かうので、首は固定してないですよ~!

呼吸は必ず、下へいくときに吐いてね。

息を止めて気張る方、危ないです。やめましょう。なにかにつけて、息をひそめてやる人が多いですが、害があります。ご自身で観察するなら、お仲間や家族に指摘してもらってください。

5 10回くらい自分でペースつかんでつなげてできたら、向かい合わせになってパートナーとタイミングを合わせてやってみると良いです。指がぶつからない距離からお願いします💦

*お互い手のひらは相手の方へ向けたところからスタートです😊

**相手をみてやるようにしてください、顔も身体なので、自覚的に目もつかう習慣が欲しいです

足は床(地面)にしっかりつけておきましょう、フラフラすると危ないです

🐈🐈🐈

背骨をたくさん動かすと、かなり汗が出てきます

急にスピードをあげすぎたり、勢いをつけて腰を反ったところからやると危ないです。めまいがしがちな方は、息をとめてないか、体調が(それ以前に)悪くないかも気を付けてからスタートしてください

身体を(特に胴体)過剰に固めたままやる傾向が強い方、やめましょう。運動になってません。「構え」のまま、身体の部位の配置を変えただけ、になります。

ビデオを撮ってみてみるのも役立ちますよ!

🐕🐕🐕

本日のおすすめは辛口ながら、神髄をつく!ズバリ!の先輩(笑)日本を代表する中島義道先生の名著です。ニーチェを読んでいて、??と感じた方にも爽快です。

スポンサード・リンク

劇を深めるためには哲学も大事。

思考も身体もやわらかく、いろんな方向をつかえるようになりたいですね。

11月の土曜午後のモノローグをつかった演技のクラス、エフォートから進んだ初めての方も、ブランクがある方の挑戦も、結局は行動を積み重ねて上達することが大事だから、お申込みしてから悩んでください(笑)。実際、取り組み始めて、進んでくると悩みの内容も変わっていきますよ😉