皆さまからのコメント♥前回のラバンのクラス:感想など

こんな猛暑の日本に来日してしまった友人知人たちから(苦笑)悲しみの😢ニュースを受け取る日々のKaoruです…💦

そんな先日、嬉しいメールをいくつか頂いたのでご紹介いたします(承諾済み♪)

8月10日(金)、11日(土)、12日(日)のラバン入門クラスはじめ、これからのクラス参加を迷っている方の勇気づけ、後押しになれば幸いです。

ラバンのクラスの感想
東京都:女性20代 👧
>あれから舞台稽古の合間を見て、稽古場の隅で練習しています。
>家だとなかなかスペースがなくて練習が難しいですね…
>自分の動きのくせが、演技のくせにつながっているという事実、やればやるほど実>>感としてわかってきました。

東京都:男性30代 👦
>先日はラバンありがとうございました。
>以前よりも、稽古で演出家に言われることへの捉え方が変わり、俳優たちがどうい>うエフォートを使っているのかを見るようになりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさん、前向きで嬉しいです♥

ちょっとでも練習すれば、身体には記憶がありますからね、すぐに感覚を育てる続きが始まります。「できる範囲が広がると、より見えて、聞こえるようになる」。

演出家や監督が変わるのを期待して待っていないで、自分から理解するよう努めましょう。(自分のためですよ、結局は)

身体全体で感じて、想像して、納得している感覚はすぐ使えます。

さあ、8月はホントの自信をつけるための強化月間(笑)

やりましょう!

エクササイズのクラスはあと数名OK程度、ラバン入門クラスはまだ余裕ありますので、暑さに負けず、冷房効いた涼しいスタジオで一緒にやりましょう。

シーンクラスは(特に)男性を募集中です、各クラスお申込みをお待ちしております。

🐬🐬🐬

本日は演劇学校の大先輩、ローレンス・オリビエ先輩の著書の日本語訳をご紹介します。オリビエ先輩は今やNTライブでお馴染みの、イギリスが世界に誇るナショナル・シアター(国立劇場)の初代芸術監督でもあります。3つある劇場のうち、一番大きいオリビエ・シアターに先輩の名前がついてるね♪ついでに言うとオリビエの座席の布地が麗しいラベンダー色なのはオリビエ先輩のお好みだったそうです。意外?!

あ、あれ~???同じようなラベンダー色、日本語でいう薄紫色が大好きだった大女優を思い出したなぁ….❔

そうです、日本の演劇界で日本の創作劇に力を入れて旗揚げした劇団青年座の創立メンバーでもある『紫の君』、日本のヴィヴィアン・リーと呼ばれた絶世の美女優「東 恵美子」先生です!(私は学生時代に東先生の旦那様に心理学を学んでおりました)

いや~、つながるものですね😊

オリビエ先輩の波乱万丈の人生と(ヴィヴィアン・リーと結婚!)賛否両論の演技論は参考にはなる感じかなぁ。ま、細かいところはさておき、一時代を築いた大御所のもろもろをお楽しみください。

スポンサードリンク

 

コメントを残す