つぎ足し式で増えていく舞台人、演劇人、俳優、演出家、音楽家、歌手、ダンサーの元気が出る

Kaoruが選ぶ世界の名言・格言ページ

好きなもの、大切なものを載せていきます

どういう状況で誰に向かって言われたものなのか、どの本のどこに載っているかなどは私のレッスンやクラスにて、または手っ取り早くグーグル先生にお聞きください

翻訳がある場合は記載がないものは私個人の翻訳です。(どちらかで引用の際は固定ページ「引用および転載について」をご参照ください)

① ‘the theater as a serious business, one that makes or should make man more human, which is to say, less alone’. -Arthur Miller

「劇というものは人間をより人間らしくする、またはそうすべきである。つまり孤独にさせない、そうあるべきなのだ。」アーサー・ミラー

ありがたいことに毎年優れた作品をみればみるほど、世界中で秀逸な劇作を読めば読むほど、面白い俳優たちに会えば会うほど、本当にそうだなあとため息がでるくらい実感があります。

ただの箱じゃない、娯楽ってだけでもない。

しかし崇拝の対象では(もう)なくて、かつ憧れや希望が生まれる場所でもある。

②’We can throw away the habits of a lifetime in a few minutes if we use our brains.’    – F.M. Alexander

「長年のクセも頭をちゃんと使えばすぐに変えられる」F.M.アレクサンダー

そうなんですよね(笑)はや教え始めて16年目が近づいて参りましたが、学習のポイントは本人が「自分で考える」かどうかなんですよね。遺伝よりも、素質(才能?なるもの)よりも、なにより自分で「頭をつかう」ことを繰り返ししているかどうか。

「感じるために」、考えるのです。

「感じない(で済む)ように」、考えるのではありません。

日々、自戒も込めて思い出す名言です。

 

おまけの出典は X to Z Journals から

③’ Sorry for the mean, awful, accurate things, I said’

意地悪で、酷い、正確なことを口にして申し訳ありませんでした!

                                  

 

 

演技コーチ/STAT認定アレクサンダー・テクニーク指導者/ムーヴメント指導・演出・振付/大学講師/スピーチ&プレゼンテーションコーチングSTAT certified Alexander Technique teacher, mSTAT, Movement Teaching/Acting Coach/Movement Direction/Speech and Presentation Coaching/Personal Coaching

劇の状況で役を「生きる」ための必須条件①「○○自身」「●スポ」禁止 ●2019年1月 動いて学ぶーラバンのエフォート入門 (初めての方OK、おさらいも可)