演技の参考になる名作映画②名優ロビン・ウイリアムスが光る…

外せないのは…

いつみても素晴らしい『グッドウィル・ハンティング』(Goodwill=善意(や好意)を求めてというような意味)です☆

日本版の不思議なトレイラーはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=r7r8Kt1NykI

さて、気を取り直して……..

この映画の突出して素晴らしいところは

・脚本/台本(当時まだ駆け出しだったベン・アフレックと全くの新人だったマット・デイモン!凄すぎる!しかも大学時代から….💦)

ほんと!

久しぶりに改めて文章で読みましたが、書かれているセリフも素晴らしい既知に富んだ、かつ知的で賢い格言になるような人間についてのポジティブで人間らしい寛容な名言が溢れている。(直接的な状況の説明や国語の意味のようなセリフ、媚びた表現やくさい誇張、ダサい作家の主義主張を全員がただ言うようなこじつけはナシ!)

特に良いポイントは

「なんでも状況次第」

ではない!という点。

被害にずっとあっている、ずっと悪者のままいる、いつでもどこでもただ傍観している….

な~んて平べったいヒトは出てこない(そんな安く描かれていない)

人間のいろいろな目的や感情や行動はとにかく『状況次第だよね』という陰気な信条が染み出ている劇を読んだり観たりすると、

いや~~~~~~~~な気持ちに沈みますね。

「あなた!そんな陰気で殺伐とした世界観だったの?!😢」と…。(それに状況を作り出しているのは人々ですよ、もともと。最初からただ状況があるわけではないでしょ)

じゃあ、なぜ演劇や音楽やっているのよ?と密かにツッコミたくなりますわ、私。

さて、

・俳優たち(ロビン・ウイリアムス、マット・デイモン、ベン・アフレック、ミニ―・ドライバー、そしてステラン・スカルスガルド~!)

その後の活躍はもちろんですが、メインの3人が

どこもかしこもが、「繊細、丁寧、人間的、現実的、まるごとやっている」

感情も思考もずっとうごいていて、変化していって、かつ目的に向かっていっていて、その上で交流している。

そしてこれはこの作品の特徴なのですが、登場人物たちが

全員!

全員、より人間らしく、より善い方向へ、(人間らしい超目的に向かって)

み~~~~~~んな成長するんですよ!

主人公独りだけじゃなくて、みんな!

・劇の構成要素(何かを知らない方は各種読解やエクササイズのクラス来てね)をすべて含んでいるシーンしかない!

設定(状況)だけみると、似てるもの同士が出てきているように国語の意味では聞こえるし、かつそうみえるのですが、実際はとっても異なる!

みなさん、あらすじをただ信じていてはいけません。(笑)

ブルーレイが発売になったときのトレイラーをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=QSMvyuEeIyw

ほらね!

(まだトレイラーなのに)ちゃ~んと一つ一つの言動が一貫していて、「子どもやマンガのように分かり易い=(簡略)」になっているのではなく、シンプル(単純)に「人間とは」、「生きるとは」を素直に善意に満ち満ちて描いている点。俳優たちの「他人観・世界観・価値基準」がバレやすい演劇・映画ならではのリスク!

もちろん全員に葛藤もあり、良い意味でハラハラするけれど、全員を好意的にみられる数少ない名作!(バーで嫌がらせしてくる学生ですら苦悩や立場や弱さが寛容に暖かく描かれているよね)

スポンサードリンク

ブルーレイでこんなに高額?!驚きました。

しかしレンタルもアマゾンでできるようです。お手軽さはレンタルかな。

スポンサードリンク

殺伐とした人間観、冷たいサブテキスト、幼稚でつめの甘い不思議な演技やその場しのぎの演出や陰気な俳優(自身)のひどい公演などで悲しくなったら、この映画をみてください。

ホント。

連休のクラスはプロのシーンのクラスが今夜〆切で、ラバンの入門クラスは2名だけご予約が可能です。アレクサンダー・テクニーク入門クラスはキャンセル待ちのみ受付中です。

次回クラスの企画をしています。私が得意な戯曲読解や演技の仕組み、モノローグ道場などを考えています。参加したい方々で久しぶりの方や新人の方々は今回のラバンに出ておさらいなり、研鑽なりをしておいてくださいね♪期待してます🐈

 

 

 

○○するだけで…?

ネットをみる時間が増えがちな現代人、Kaoruです。Kindleを買ってからさらにサンプルの読書な~んてすぐ出来てしまうので、予想外の読書も増え、元々読もうと思っていたわけではないので、知らない世界の本も多いので、そこからの調べものも増え……..嗚呼、インターネット、感謝!Gracias!

さて、ネットをウロウロしていると広告でみかける

「○○するだけで儲かる!」

といういかにもヤバい臭いの広告の数々。未知の世界です。。💦

しかし頻繁に広告が打てるということは、とりあえず回っているのでしょう。(情弱相手でしょうが)

「○○するだけで簡単」もみかける、

言語でも、楽器でも、ダイエットでも(笑)、オシャレでも恋愛や投資?!でも….

これまた切実な人々の疲れと弱み(と期待)につけこんだ巧みなくすぐり技(苦笑)

冷静に考えれば、もちろん中学高校時代のウルサイ先生たちが正しかった(笑)ことと同時に、「そんなはずはない」「うまい話には裏がある」「マジックは有り得ない」とピンとくるのですが….

信じたいことをつい信じてしまうのも本能。

聞きたいことだけ聞き、みたいものだけをみてしまう……..

人間って、生来はそんなもの。

しかも、

人間の本能はさらに無意識に「変化を拒み」、「防衛」し、さらに「知っている(慣れている)ものに親しみを感じてしまう」傾向があるらしい………

おかげで、何十回も失敗して、怒られつつ学んだ「歯磨き」を忘れたり、せっかく痛い目にあってようやく学習した「自転車や車の運転」が頭真っ白⚡になったりしないので、効率的、リスク回避の習慣化された行動が意識的でなくても可能なのです…………

が、しかし!

「○○するだけで楽々~」

○○だけでやせた人、病気が治ったヒトがそんなにいるなら世界中の病院がやっているでしょう。▽▽だけでモテモテになるのが当たり前で簡単なら(単純という意味とは違う)、みな恋愛の達人(笑)幸せの塊で溢れている…はず。□□を一日にちょっとやるだけで、そんなにすべてが手に入っちゃうなら、大学も学問も要らないね?!

…世界のほとんどの問題、解決してるでしょ!?もう21世紀よ!

天才と呼ばれるヒトたちですら、何万時間もかけて学び、努力し、工夫しているのに….

恵まれた方々でも、世界のあちこちで問題解決にむけて、いろいろな形で日々、実験や検証が繰り返されているのに….

怪しいです。

きっぱり。

ありえません、現代の科学を持ってしても。

人類の英知に逆らうのはやめよう!

本日のお勧めは学生さんや世界史・地理に自信のない方におススメしたい「簡略な」ガイドブック★映画でも舞台でもお役に立つこと間違いなし!

これをきっかけに専門書や小説に進んでいけること請け合いです。

スポンサードリンク

改めて学ぶとなると尻込みしてしまう方も多いでしょうが、概要がイメージできると台本/脚本を読んでいても、映画や舞台をみていても、ニュースをみていても「ヤジ馬」モードになりにくいと思います。私は中学生時代、「ヒンズー教神々」の研究を夏休みの発表課題にしてノート1冊びっちり使って浮いていました。。先生たち、よく温かい目で見守ってくれたな~。。💦チェックしなければならない先生は疲労困憊だったに違いない。

速報:連休のクラスは『アレクサンダー・テクニーク入門』のグループクラスが満員でキャンセル待ちのみ受付中です。続く5月連休の『ラバン入門』はあと数名だけOKですので、初めての方、おさらいの方、久しぶりの方もどうぞ♪プロのための『シーンをつかってー演技の総合クラス』は現時点で男性1名、女性2名のみ募集しています。(モノローグクラス参加済みの方対象です)

 

 

 

マインドフルネスは(実は)古いかも?!

日本に帰国以来、スパイス料理が気楽に身近でお得に食べられるようになったので、一気に元気になったKaoruです🍛

春、食欲の春….(笑)

さて、今日はウワサの(?)『マインドフルネス』なるお話。

ネット上でも話題にはあちこちでなっているので(グーグルが取り入れていたから?)いまさらな情報はぞれぞれ読んでもらうことにして….

例えば、

「いま、ここでの、身体の状態に気づくこと」

って、

いや、あの…….

そんなに感じていないものなんですか?!💦みなさんっ?!ダイジョウブ?!

病気やケガのような事情があるなら、分かるんですが…..

みんな、心配事や理不尽な状況や、意味不明な出来事などで忙しいかったり、感じたくないことがたくさん起きているってことなんだな~ 苦笑

と想像してみました😿

「呼吸に注意を払い…」も「坐骨を立てて座り……」も

もちろん健康や美容にとって、すごく良いことなのですが、そして、もしやってないなら、やった方が良いに決まっているのですが……..

そんな大それたものなの?!💦

私は驚きました、正直。。そんな本を買ったり?!会社で半強制的(笑)にやるようなものなのか?!

というのが、正直な感想・印象です😢

というのも、

戦前から……

アレクサンダー・テクニーク………………….あったよ。

副次的ではありましたが、いわゆるストレス性の不都合の緩和や注意力の改善、緊張パターンの調節などもあったわけで….

う~む

なんだかなぁ。

アレクサンダー・テクニークとの違いは、アレクサンダー・テクニークは「自分の目的にあった『つかい方』を選ぶ」というところ。

リラクセーションする時間やリフレッシュ感覚を得ることが目的ではない、という点。(もちろん副次的にリラックス感を味わったり、リフレッシュした感覚を通じて、なにか考えたり感じたりが発展することは多々ありますが)

歴史は繰り返すといいますが…

なるほど、と。

4月27日(土)、28日(日)、29日(月祝)の三夜間、そんな自分の反射的にやっているパターンを見直して、より目的に近く健全で理にかなった「つかい方」を選べるようになるための「アレクサンダー・テクニークの入門クラスを半年ぶり(!?)に開催します。まったくの初めての方もOK、おさらいの方、個人レッスンと並行しての方も歓迎です。あと2名で〆切なので、スケジュールに問題のない方はお早目にご予約ください。

こちらのイベントページ https://www.facebook.com/events/582979648848676/

またはメールもしくはブログ(お問合せページも使えます)からどうぞ

https://kaorukuwata.com/groupalexanderclassmay2019

今回は日程が合わないよ😢という理由などで、別途、ご自身の劇団やグループなどで少人数でグループクラスを出張でやってもらいたい場合には個別メッセージかメールでご相談をお願いします。その際、ご自身(たち)のご紹介や活動の様子をお忘れなく教えてくださいね~

今日のアマゾンは過日、話題にのぼりがちだった、こちら↓

スポンサードリンク

是非や嗜好はさておき、何事も鵜呑みにしない余裕と態度が欲しい、そんなこの頃。ともあれ各自の基礎学力と健康で多様性を鑑みた態度がハッピーのモトと思ってます。

今週は東京でNTライブ「リア王」のイアン・マッケラン主演バージョンを上演開始!ですね。すっかり忘れていましたが、2年前に同期(前回のブログ記事に登場のLです)が動きの監修・演出・指導で入っていた公演でした。

L「あああああ~!!!『リア王』読まなきゃ~!読み直さなきゃぁ~~ううううう~」と唸るLとロンドンSohoで飲み食いした2年前の夏の終わりが懐かしい….(笑)

前向き、演劇♥舞台芸術❤な皆さんの活躍も待ってマス~🐈

 

6月まで上演中!傑作「Emilia」@ロンドンヴォードビル劇場

2月、3月はちらっと紹介しましたが怒涛のアルゼンチン修行の旅でした……..

後半はブログを書く時間もなくレッスンやクラス(本当に)、即興大会そして寝不足のまま….

みなさんの好意のおかげでごはんも食べさせてもらい(笑)…...あっという間にロンドンへ。

約1年ぶり?1年半ぶり?の寒く暗いロンドンで💦短期間でしたが観劇三昧してきました!

今日お知らせしたいのは、セントラル演劇学校の同窓生アナちゃんのムーヴメント演出が光る!傑作「Emilia」(エミリア)です。

世界が誇る文豪、言葉の魔術師・天才劇作家のシェイクスピアをインスパイやしたのが実はエミリアさん👩

彼女の幼少期から詩作へ、それでも負けずに創作する、勉強する、無理解な社会の仕組み、既存の枠組み、それでもめげない女たち!そして酷い仕打ち、最低な事件………

現代にも根強く残る男尊女卑と、現在世界中で(南米でもですよ!)大きなフェミニスト運動の流れ・・・

そして実はイギリス人、イギリスってなんだろう?というBrexitで揺れる今のイギリスに問いかける作品なのです。(他の国も問うべき課題です)

あの時代に教育を受けられたのは確かに代々の親のおかげで特権かもしれませんが、母となり、詩人となり、テムズ川の南側の女性たち(昔はスラムでした)に詩作を教え「私塾」を主宰する傍ら、堂々とシェイクスピアに「私は詩人です」と名乗るエミリア!!が出版に挑む!

この働く女性、活躍する女性、フェミニスト運動先駆け中の先駆けがエミリアです。(ってどれだけ時代変わってないの?!)

https://www.shakespearesglobe.com/whats-on-2018/emilia

もともとはシェイクスピアつながりで(笑)グローブ座で好評上演していたのですが、この度、私の同期によるムーヴメント演出・振付も斬新にリニューアルし、ヴォードビル劇場で再演になりました!

そう、いま、再演する意味がある、いまの観客たちにみせたい、これから生きていく上で、誰にでも重要な意義が見いだせる作品です。

つまり、普遍的なテーマをセリフで直接言ったり、安全なところから傍観者や記録のように状況で説明するだけではなくて、

世代から世代へ、世界中で自分たちの祖先がたどった挑戦と苦難と選択の連続を一人称で……

そう、私たちはただ生まれて、なんとなく、ここにいて、一人だったり、1家族、1つ2つの学校や職場に属しているだけではなくて…いろいろな共通の部屋があって、共通点があって、あちこちに属していていいのです!本当に何百何千という人達のおかげでここにいて、今、自分はここにいる、ということですね、文字にすると変かもしれませんが…

さて、

嬉しいのは高校生もたくさん駆けつけていたこと、そして人種も関係なく、年齢も幅広くいろいろな人がたくさん一番上の3階までいっぱい来ていました。

優れた演劇ほど「まるごと」テーマを感じさせて、ライブならではの迫力で、人間がぶつかってくる挑戦的かつ鮮やかな時間はないよね!学校の教室でキレイごとや型にはまった道徳を退屈に説くより、生の名作です!

この視点、日本にいると本当に欠けているな~と思います。

例えば、どれも似たようなパターンの恋愛のなんちゃらかんちゃら(中学生のマンガみたい)、半径5~6メートルの(内輪でしか通じない)あるある物語、内輪でのもめ事?がダラダラ続くホームビデオのような劇、映画の焼き直しとしか思えないどっかでみたようなシーンの連続とイマドキ有り得ない暗転の連続、今まで何十作もがあつかっている視点、同じ切り口、どっかで聞いたような説明の繰り返し(ポエムかい?!)…….

たまには極上のものをまるごと受け入れて、(好き嫌いはさておき)技術も感性も解釈も深くてビビットな刺激…..受けたらもっと健やかに、もっと愉快に、一層仕事を愉しめるのでは?と思いマス(作家も、演出家も、俳優も)。

多くの「感じているフリ」「考えているフリ」、「あまりにもない声や動きの技術が故に伝わらないまたは伝えるのに時間がかかりすぎる不明瞭で硬い演技」、「10年前と同じ説明調な演技(風)時間の引き延ばし」、「20年前を彷彿とするような声色づくり、所作だけがわざとらしい自意識過剰な演技(風)なふるまい」、「感情的交流のない『独り言』を言い合っているヒトが複数いる舞台」……..挙げればキリがないですが、本当に目に余るものが多いです。(これらの問題変える方法を私はたくさん知っていてその指導も各人にできますので、今日は具体的に辛口🍛に書きました)

それに…….何名かの俳優に良い瞬間、いくつかの言葉(セリフ)や行動に意味や意図や深い感情や理由がせっかくみえていても………もったいない!

私たちの現代の生活、いま、社会で起きていることに関係がなさすぎ……惜しい!

多少微笑ましくても、毎日生きていくのに、なにかプラスになるのかな?刺激を受けたの?感情や思考が動きましたか?影響力、あったかな?というわけで….消化不良。

あ。。。そうそう、日ごろの疑問はさておき💦

久しぶりのロンドンの観劇で一番すべての面で力強かったのが、この傑作「Emilia」です。

再演にあたりプレスナイトがあって(取材や撮影など)劇場は上演前からごったがえしていた………

これから行かれる方のために、ヴォードビル劇場はこちらhttps://www.vaudevilletheatre.org.uk/location.html

この日は昼間に別の(イマイチな作品をみて)チケットをこれまた同期のRSCで振付・演出するLから受け取ることになっていた私……

「どこにいるの~さ~?Lさ~ん?!」

とプレスナイトで混雑する劇場入口でLに電話でもしてみようかと思っていたら

「あ!!!アナ!(前述の同期アナちゃん)とその夫 E(優れた俳優です)!!!」

爆笑

そうです、なんともタイミングよく、お互いを発見!(笑)

「キャ~~~わ~い!いえ~い♥♥♥」

プロなのにアホのように盛り上がる私たち。。

そして、プレスナイトということもあり、ウエストエンドで最近あるのが荷物チェック(コンサートもありますね)

あっ。。。。

「そうだ。。。私….さっき、お土産にかった🍯ハチミツと….明日の朝ごはんにと買ったクランペット(マフィンみたいなもの)が直接バックに入っているんだった!!」

OMG!

😿

恥!

苦笑!

クロ―ク行きになった私のハチミツとクランペットはまるで「お子様の朝食セット🐤」

「(爆笑!)買い物してきたんだね~預かっておきます~(笑)」とウケる担当係員…..

す、すまん、変な日本人で!

😢

演劇人なのに~、まるで不思議な御登り観光客~💦

アナちゃん、恥をかかせてスミマセン。。

ということもなく…

なぜなら先陣を切って招待券を盾に人ごみに切りこんでいった(笑)アナちゃんが1階のバーでLを発見したから 笑

再び、

「キャー!いえ~い!わ~い♪♬♪」

私たち4人、プレスナイトで盛り上がる…….まるでアメリカ人観光客かっていうくらい(笑)嬉しすぎて暴れたのでした

はい、肝心の作品。まずは初演時のグルーブ座での様子、観客の熱狂ぶり、こちらをご覧ください

https://www.youtube.com/watch?v=kbh6Ogdx87w

確かに素晴らしいのですが(本も傑作なので)しかしまだまだ真面目な時代劇風くささが否めません

今回の再演のトレイラーはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=h3yWbOq-ssA

休憩中は待ち合わせた2階のバーにて、あーでもない、こーでもない、と相変わらずの演劇論、作品のいろいろを熱く語る全員 笑

みな、好きなことだから、志もたかく、嫌いなこと、奇妙なこと、不条理とは戦いつづけますが、やはりフォーカスは「好きなもの❤」

さらに盛り上がった興奮の渦となった客席に終演後は戻り、舞台で記念撮影やら、各界人のインタビューや取材があり………

アナちゃん

❓❓❓

その紙袋は….もしや!

「私たち、ああいうマズイ酷いワイン飲めないよね~🎶」

こっそり(?)自前の赤ワインを出して、私たちの所についでる~!

爆笑

その後、近所の美味しいイタリアンから🍕ピザの出前が届いて(わりとそういうところは自由ですね)

モリモリ👊

無事、ハチミツとクランペットのお子様セットも持ち帰り、ほっくほくの夜となりました、ちゃん、ちゃん。

🐈🐈🐈

さて、

スポンサードリンク

イギリスへ行ってみたくなった方へオサレ雑誌をご紹介しておきます~

最新情報があるので、観劇以外の時間に便利と思います。郊外、そして自然が嬉しいちょっと地方への旅もお時間をつくってぜひどうぞ。

 

連休の3クラスはすべてお申込み開始しております。お申込みメール(やメッセージ)には箇条書きになっても構いませんので、自己紹介(略歴含む)をお忘れなくお書き下さい。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

映画「ア・プライベート・ウォー」を観ました

主演の名女優ロザムンド・パイクといえば、近年活躍が目覚ましいオックスフォード大学出身の才媛の美女。どの角度からみても麗しく、聡明な印象が神々しい彼女….

華々しいボンドガールから最近では素晴らしい傑作スリラー映画「ゴーン・ガール」が強烈な印象ですが、今回は実在のジャーナリスト!

遅ればせながら、観ました。

すごかった!迫力もあり、こまやかでもあり、「決断」が感じられる瞬間ばかりでした。

本当に「変容」していた。声も動きも表情も……まるごと

「似ている」のではなくて、「ものまね」でもなくて、

本人の要素をさらに濃くしたような……..

『本人以上に本人らしい』って、矛盾しているように聞こえますが、

うん、そうだった。ご遺族もさぞかし….と思います。

さて、公開当時の記事はこちら

https://www.excite.co.jp/news/article/Frontrow_17201805/

もちろん周囲も実在の人物ばかり、いわくつきの方々も….苦笑

ロザムンドさん、かつて私が映画の撮影所でアルバイト(笑)していたとき、何回かおみかけしました~💛監督の指示にテキパキと聡明な受け答えをハッキリしていた記憶があります…かっこよかったなぁ~♥

はい、気になる予告編はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=TTf0Lc5YAcc

人物創造が台本から出来ているってこういうことなのだろう

登場人物全員が生きていて、(映画の構造の中で)活きている、とはこういうこと

そして複雑な状況、難しい問題の渦中で、実際にはこうなってしまったのでした(閲覧、注意です!)

https://www.afpbb.com/articles/-/2860959?pid=8523501

 

まだ日本語字幕版は出ていないようですが、

スポンサードリンク

英語版はすでにあるようです。英語に問題のない方、ぜひどうぞ。

毎年あちこちで折に触れて『先生の思う、イイ俳優って誰ですか?どんなヒトですか?」と聞かれるので、

前回のダイアン・クルーガーに引き続き、映画ではありますが(みんなが繰り返し観ることが可能なので)、今回はちょうど観たロザムンドパイク女史を取り上げました。

近年はNTライブもあるので、よいものをお手本にしていきたいですね。

反面教師はほどほどに、ネ🐈

 

 

2019年 4・5月 G.W.特別クラス スケジュール全体像

2019年 4・5月 G.W.特別クラス スケジュール 全体像★

「現場には出ている…けど、そろそろ何かを変えたい、もっと手ごたえや結果が欲しい」
「ある程度こなせてきた』、『我流』でやってきた…でも、もっと楽しむにはどうしたらいい?」
「身体のこと、呼吸のこと、声のこと…一から学び直したい。応用できるスキルが欲しい」
「どうしたらNTライブみたいな演技ができるの?!」「名優たちの演技のヒミツを知りたい」

好き💙から始めた演劇、ダンス、音楽…もっとパワーアップして仕事を充実させませんか?

きいてるフリ、感じてるフリ、考えているフリ…「フリを巧みにする」ことは演技ではありません。演劇体験はホントは面白く楽しいもの。

さあ、行動しましょう。

アレクサンダー・テクニーク入門(初めて参加の方もOK)ではテクニークの原理を理解し、練習方法を身につけます。豊かな感情と生き生きした存在感のためには、まず身体から。演技や歌唱やダンスでは余計な緊張は減らす一方、注意力・想像力・観察の範囲は広げる必要があります。理由も分からず、ぎこちない動きや不自然なセリフで悩むのはもう終わりにしましょう!

ラバン入門クラス(初めて参加の方もOK)はラバンの体系に則ったうごきを使って身体と感覚と感情の準備をします。感情と思考を伴った中身あるコミュニケーションが演技の肝。感情の扱いや交流が「できない」のではなくて「やり方を知らない」方がほとんどです。「役を生きる」演技ための動きの実践ですので、俳優はもちろん歌手・ダンサーの方にもおススメです。

シーンをつかってのクラスでは総合力をレベルアップ。クラス自体も毎回新しいエクササイズも取り入れつつ発展しています。プロおよびプロを目指して猛進中の方に、最新の演技のアレコレをシェアします。自分の能力をまるごとつかって現場でさらに輝き、愉しみましょう(モノローグクラスでOK出ている方対象のクラスです)

いずれも実際にうごき、声をだし、現実に即した取り組みにフォーカスした実践のクラスです。

初めての方、お急ぎの方におススメなのは、アレクサンダー・テクニーク入門でご自身の癖や習慣を見直し身体全体を整える練習をしてから、その学びを活かしつつ、次のラバン入門で実際にたくさんの動きをつかって運動しながら、5月、6月、7月と続く現場、及びクラスではモノローグや戯曲読解と実践などへ備える連休をフル活用した2コース参加です☆

 

■日程:2019年4・5月
4月27日(土) 18:30~21:30 アレクサンダー・テクニーク入門(初めての方OK)
4月28日(日) 13:00~17:30 シーンクラス 18:30~21:30 アレクサンダー・テクニーク入門
4月29日(月祝) 13:00~17:30 シーンクラス 18:30~21:30 アレクサンダー・テクニーク入門

5月1日(水) 13:00~17:30 シーンクラス  18:30~21:30 ラバン入門(初めての方OK)
5月3日(金祝) 13:00~17:30 シーンクラス 18:30~21:30ラバン入門
5月5日(土祝) 13:00~17:30 シーンクラス 18:30~21:30ラバン入門
5月6日(日祝) 13:00~17:30 シーンクラス

■会場
「スタジオ アルバ」 文京区関口1-37-5メイク2ビルB1F 車でお越しの方はコインパーキングをご利用ください。地下鉄東西線早稲田駅(3aまたは2、エレベーター口)徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋(1a出口)徒歩11分

■参加費
アレクサンダー・テクニーク入門(初めての方OK)15000円(計3日分)
ラバン入門(初めての方OK)15000円(計3日分)
シーンをつかって 42000円(計6日分)

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、初日は参加費、クラス初日から必要なものをすべてお持ちください。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はFacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名: ・年齢: ・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス: ・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。
開講日の前日まで申込みは受付しますが、質の維持のため10名前後の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
お申し込み後に急病などで参加できない場合は、お手数ですが「その時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。お持ちでない場合は参加できません。クラスはコースごとのセットです。万が一1日しか参加できなかったとしても払い戻しできません。当日キャンセルはできないので、スケジュールや体調の管理にはお気を付けください。*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。次回クラスへの振替も承ります。(天災以外は理由の如何に関わらず)1日前以降の直前キャンセルの場合は参加費全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

いずれのクラスも実践が大切ですので、最大でも10名程度の少人数で深く取り組みます。お申込みはお早目にお願いします。

参加者の質と快適な学習環境のためにも、天災・事故・疫病などの特殊事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方、稽古場利用のマナー等に問題がある方は今後のクラス参加をお断りする場合があります、ご理解ください。

🐈🐈🐈

この数か月の友といえば………

スポンサードリンク

私がついに!思い切って買ったのはこの大容量モデル。アルゼンチンの親友には「ひどい!私はまだ8GBなのに!」と羨ましがられたこの満を持しての登場!

ほぼ毎日何冊かの本はさくさく速読しつつ、じっくり読みたい本は持ち歩き、ついでにAudibleも使えて、大満足。4Gもついているので、移動中も快適!紙の書籍は相変わらず減りませんが💦とりあえずやたら本を買いためるスピードは減速中。毎月Unlimitedで読めるものの中にもありがたい資料や今気になるタイトルが多くて助かってます。すぐに読む!すぐに調べる!という習慣の後押しになりますね。ダブレットではないので、メールやネットによそ見できないのもありがたい 笑

やはり目に優しいこのタイプは数時間つかったあとでも、まだ眼が無事な様子😊PCやスマホで目があまりにもしょぼしょぼする方にはスマホで読書をやめてKindleに交代することをお勧めします~
連休のクラスはいずれもお申込みは開始しております。ヤフーやキャリアのメールアドレスでエラーが出やすいので、設定などはお確かめください。ご協力よろしくお願いします。

新!2019年度に寄せて-ワタシの場合

日本では4月が新年度ですね~🌸

春の明るい陽気のもと、新しい環境や新しい意識でスタートを切れるのは暗く寒いイギリスの9月、10月にスタートしていた時代を思い出すワタシには平和です~🐦

さて、稽古に励むプロ、リハ―サルの続く中堅さんにはもちろんなのですが、あえて新年度らしい内容を書いてみます

何かを始めるとき、例えば、学校で(選ばされて)習うリコーダーや習い事の楽器、体操、ダンス、語学など……….

なにかを10年、20年単位で続けてきたヒトだけが知っている秘密。。。。

それは……..

「楽しい😊」、「素晴らしい!」、「カッコいい」、「面白い」、「素敵★」

だけではなく、

実際、最初の頃って、

それほど 爆笑して「楽しい」って叫ぶほど、楽しくもないんですよ~。

真剣に仕事にしよう、一生のスキルにしよう!

本当にプロになろう、基礎からしっかり身につけようと思えば思うほど、

実は、手放しでお気楽に笑ってられる時間は、最初の頃は本当に少ないです……..

なぜって、(ほぼ何も)

「できない」

から。

なにも、ほぼ。できない。

できないから、やる…わけです。(できているつもりでも、他者からみればできてないことばかりです)

スタートを切るとはそういうこと。

できない(ことばかり)、知らない(ことも知らない)、分からない(ことも分からない)⇒できないことが分かる(体験)、知らないことを知る(知識)、分からないことが(少しずつ)分かってくる

という道筋。

思い出してみてください。

テニス部、ギター部、吹奏楽、体操部、ダンスクラスの最初の2~3か月。。。。

笛を吹こうにも、今の自分に出せるのは「子どもかいっ?!」とツッコまれるような😢 かなしいいくつかの音、単純なピーポーパー♬ だけなんです。なにも伝えられない、感じていても、考えてみても、できないんです。

伝えるための技術(スキル)もなければ、方法もない(数も種類もない)

😿

先生や先輩をみて「カッコいい」と憧れ半分で♥素敵!とは思うけれど、鏡に映るのは(聴こえるのは)、自分のそれとは似ても似つかない姿(や酷い音)、あまりにも恥ずかしい動き、様子。

そんなもんです。

そこで傷つかなくていい。

みな、そこからスタートですから。

語学も同じですよね。自分はもう18歳、20歳、はたまた24歳、25歳なのに….

文法は間違える、ボキャブラリーは少ない、発音はおかしい

まるで幼児のよう!がんばってみても、幼児みたいな文章しかつくれない、はなせない、聞けない、伝わらないんですよぅ。

あああああ~💦 苦笑

仕方ないです。みな、誰しもそこは通過するしかない。(恥をしのんで)できなくてもやればいい!という意識でとにかくスタートです。

毎日、行動しましょう!

演劇のいろいろが参考になる本、ブログ記事にも毎回貼ってあるので、全部読んでみてね(笑)いや、本気です。

スポンサードリンク

最初はやはりこれ。「夕鶴」でかの有名な木下先生です。面白い写真もあってちょっとほっこり笑

その次はこれ。面白いよね。誕生!秘話…….

日本だけを考えない。アジアだけをみない。演劇、舞台芸術のルーツへいきましょう。

映画やテレビもみなここから始まりましたよ。

大型連休中クラスのお申込みは開始しております。メールアドレスが変わっているので旧アドレスを登録したままの方はお手数ですがご変更をお願いします。

ヤフーメール、携帯キャリアのメールは届かないことがあるようです。この機会に(就職活動でも言われるらしいですが)ご確認とご変更をお願いします。

G.W.開催3夜間「ラバン入門ー演じて歌う、しゃべる、動くための感覚トレーニング」(初めての方OK)

2019年 4・5月 G.W.特別クラス スケジュール

第二弾は「筋肉痛がすごい!こんなところもなるんだ😲」(笑)「気づかないうちに3日間で2キロ痩せてた!(笑)」とウワサのラバンのエフォートのクラス、4か月ぶりの登場です。

初めての方も大歓迎です、慣れないからと恐れずお越しください。ダンスや体操のクラスではありませんので、ご心配なく!

演劇や現場の経験は問いません。課題はみな同じー先月、昨年のより理解し、先月、先週、昨年の自分よりも成長することです。大御所も中堅も、各種学生さんもどうぞ。

「現場には出ている…けど、そろそろ何かを変えたい、もっと手ごたえや結果が欲しい」
「ある程度こなせてきた』、『我流』でやってきた…でも、もっと楽しむにはどうしたらいい?」
「感覚が大事なことは知っている….でもどうしたら良いの?」
「どうしたらNTライブみたいな演技ができるの?!」「名優たちの演技のヒミツを知りたい」

好き💓から始めた演劇、ダンス、音楽…もっとパワーアップして仕事を充実させませんか?

きいてるフリ、感じてるフリ、考えているフリ…「フリを巧みにする」ことは演技ではありません。演劇体験はホントは面白く楽しいもの。さあ、行動しましょう。

実際に動くから感じ、『うごき』から感覚がもらえるからこそ、行動が変わり、生き生きとした感情を伴った真実味のあるパフォーマンスが生まれます。

ラバン入門クラス(初めて参加の方もOK)はラバンの体系に則ったうごきを使って身体と感覚と感情の準備をします。

感情と思考を伴った中身あるコミュニケーションが演技の肝。

感情の扱いや交流が「できない」のではなくて「やり方を知らない」方がほとんどです。「役を生きる」演技ための動きの実践ですので、俳優はもちろん歌手・ダンサーの方にもおススメです。

演劇歴30年以上、演劇の都ロンドンで大学・大学院・演劇学校卒、のべ8年留学し、アレクサンダー・テクニークの指導者であり、ムーヴメント講師でもあり養成所や各種学校含め延べ1500人以上をみてきた演技コーチ鍬田(くわた)かおるが直接指導いたします。

これまでのラバン入門参加者のご感想の一部↓

「東京都(女性20代):あれから舞台稽古の合間を見て、稽古場の隅で練習しています。家だとなかなかスペースがなくて練習が難しいですね…自分の動きのくせが、演技のくせにつながっているという事実、やればやるほど実感としてわかってきました。」

「東京都(男性30代):以前よりも、稽古で演出家に言われることへの捉え方が変わり、俳優たちがどういうエフォートを使っているのかを見るようになりました。」

■日程 2019年G.W

*1日隔なので、十分おさらい+休息をとり、消化する時間があるゆったりスケジュールです。
5月1日(土)18:30~21:30
5月3日(日)18:30~21:30
5月5日(月祝)18:30~21:30

3日間で1セットです。(ブラッシュアップのために繰り返し参加の方もOKです)

■会場:「スタジオ アルバ」 文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F駐車場はありません。車でお越しの方はコインパーキングをご利用ください。地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋 徒歩11分

■参加費:ラバン入門:15000円(計3日分)

■持ち物
ご自身が快適に動けて、締め付けが少なく、かつ身体の様子が見やすい稽古着、飲料水やスポーツドリンクなど、タオル、筆記用具、初日は参加費をお持ちください。初日から必要なものをすべてご自身でお持ちください。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先
メールアドレス kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。iMessageは受け付けておりません、ご確認ください。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付しますが、安全と内容の充実のためにも10名程度の少人数クラスです。満員になり次第〆切りその後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でも「その時点で」必ずご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください、事前のお振込みを希望の方はその旨をお伝えください、振込先をお知らせいたします。
クラスは3日間セットです。例:参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。いわゆるドタキャン、当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調管理にはお気を付けください。
クラス開始日1週間前までは事故など万が一の際はキャンセル可能です。1週間を過ぎてキャンセルの場合には、残念ですが参加費の半額をご負担ください。クラス開始2日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をご負担願いますのでご了承ください。次回クラスへの振替は可能ですのでそちらをご利用ください。少人数で深く取り組みたいので、お申込みはなるべくお早目にお願いします。
参加者の質と快適な学習環境のためにも、天災・疫病などの特殊事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方、稽古場利用のマナーに問題がある方へは今後のクラス参加をお断りする場合があります、ご理解ください。

 

G.W.開催 シーンをつかってー演技の総合力6日間

2019年 4・5月 G.W.特別クラス スケジュールです

「どうしたらNTライブみたいな演技ができるの?!」

「名優たちの演技のヒミツを知りたい」

中日を設けて(笑)ご自身の習い事や現場とも折り合いをつけつつ、「演じるための準備」を学びつつ、休息含め、課題へ向かうあたらしい習慣づくりの第一歩が叶うスケジュールです

「現場には出ている…けど、そろそろ何かを変えたい、もっと手ごたえや結果が欲しい」

「ある程度こなせてきた』、『我流』でやってきた…でも、もっと楽しむにはどうしたらいい?]

好きから始めた演劇、ダンス、音楽…もっとパワーアップして仕事を充実させませんか?

きいてるフリ、感じてるフリ、考えているフリ…「フリを巧みにする」ことは演技ではありません。演劇体験はホントは面白く楽しいもの。

さあ、行動しましょう。

「シーンをつかって」のクラスでは総合力をレベルアップ。

クラス自体も毎回新しいエクササイズも取り入れつつ発展しています。プロおよびプロを目指して猛進中の方に、最新の演技のアレコレをシェアします。自分の能力をまるごとつかって現場でさらに輝き、愉しみましょう!

毎日実際にうごき、声をだし、現実に即した取り組みにフォーカスした実践クラスです

■日程:2019年4・5月

4月28日(日) 13:00~17:30 シーンクラス

4月29日(月祝) 13:00~17:30 シーンクラス

5月1日(水) 13:00~17:30 シーンクラス

5月3日(金祝) 13:00~17:30 シーンクラス

5月5日(土祝) 13:00~17:30 シーンクラス

5月6日(日祝) 13:00~17:30 シーンクラス(*その後片付け掃除、フィードバックなど20時くらいまで)

■会場「スタジオ アルバ」 文京区関口1-37-5メイク2ビルB1F 車でお越しの方はコインパーキングをご利用ください。地下鉄東西線早稲田駅(3aまたは2、エレベーター口)徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋(1a出口)徒歩11分

■参加費

シーンをつかって 42000円(計6日分)

■持ち物

ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、初日は参加費、クラス初日から必要なものをすべてお持ちください。

■お申し込み

以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。

・氏名: ・年齢: ・性別:

・連絡先(携帯電話番号)

メールアドレス: ・所属(事務所、劇団など):

・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:

メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.comまたはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。開講日の前日まで申込みは受付しますが、質の維持のため8名前後の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項

お申し込み後に急病などで参加できない場合は、お手数ですが「その時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。お持ちでない場合は参加できません。

クラスはコースごとのセットです。万が一1日しか参加できなかったとしても払い戻しできません。当日キャンセルはできないので、スケジュールや体調の管理にはお気を付けください。現場の撮影や急なスケジュールが出てしまった場合もその時点でお知らせください。相手役のことも鑑みたなるべくダブルキャストで準備する予定です。

*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。次回クラスへの振替も承ります。(天災以外は理由の如何に関わらず)1日前以降の直前キャンセルの場合は参加費全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

モノローグでちょっと分かってきた、感覚がつかめてきた!けれど悩んでしまう方、この夏こそこのシーンのクラスへ進みたい方、そろそろ本気で「芝居で勝負したい」方、ご相談ください。

参加者の率直な(!)コメントはこちらです★
■シーンをつかってー演技総合クラス参加者からのコメント紹介

みんな、面白いなぁ…。とにかくみなさん健やかにあちこちで活躍していっているのが嬉しい限りです♪

*演技・演劇・映画・テレビのキャリアに関わらず、ラバン、モノローグなどに参加したことがない方は、ご自身の理解のためにも、今後の長期的な目的のためにも、まずはそちらからご参加ください年齢、所属も関係ありません。心配なさらず各種入門クラスからスタートしてください。

ご自身の劇団や事務所などで別グループでクラスを行いたい場合はその旨、ご相談ください。内容はほぼ同じですがスケジュールや順序など相談の上、さまざまな別プログラムを組むことは可能です。

G.W.開催!3夜間「表現するひとのためのアレクサンダー・テクニーク入門」

意外にまだ寒かった日本の4月…….寒さを避けて真夏の南米に行っていたんですが…💦

さて、気を取り直して、

新年度!

あたらしい心持で始めませんか?

2019年 4・5月 G.W.特別クラス スケジュールのお知らせです。

「現場には出ている…けど、そろそろ何かを変えたい、もっと手ごたえや結果が欲しい」

「ある程度こなせてきた』、『我流』でやってきた…でも、もっと楽しむにはどうしたらいい?」

「身体のこと、呼吸のこと、声のこと…一から学び直したい。応用できるスキルが欲しい」

「どうしたらNTライブみたいな演技ができるの?!」「名優たちの演技のヒミツを知りたい」

好き❤から始めた演劇、ダンス、音楽…もっとパワーアップして仕事を充実させませんか?

きいてるフリ、感じてるフリ、考えているフリ…「フリを巧みにする」ことは演技ではありません。演劇体験はホントは面白く楽しいもの。さあ、行動しましょう。

「アレクサンダー・テクニーク入門」はではテクニークの原理を理解し、練習方法を身につけます。豊かな感情と生き生きした存在感のためには、まず身体から。

理由も分からず、ぎこちない動きや不自然なセリフで悩むのはもう終わりにしましょう!

もっと活躍したい、身体からみなおしたい俳優・歌手・ダンサーなど、表現する方々のためのアレクサンダー・テクニーク入門クラスです。

身体のつかい方が効果的であれば、のびのび動け、ラクラク自然にしゃべれます。

俳優や歌手自身が、自分の注意のつかい方に自己洞察が伴えば、はっきりした、目的が明瞭な、他人に伝わりやすい、自覚的な演技や歌唱へ向かえます。

余計な緊張を減らす一方、足りない注意や気づきの範囲は広げ、自己洞察を深め、コーディネーション力を高めると、稽古やリハーサルの効果も上がります!

・身体や声が思い通りにつかいこなせない、あがってしまう
・相手をみてない、セリフが聞けてないなどの指摘をされる
・集中力、想像力がないと思う
・身体全体をより効果的につかいこなしたい、
・呼吸が不自由、浅いと指摘される、感情表現が稚拙…

少人数で練習方法を学びつつ、一人一人のクセや傾向の対策も探します。実践を通じて、アレクサンダーの原理とその演技への応用の理論も紹介いたします。

より細かな個人レッスンの前に、日ごろの個人レッスンと並行して…初めての方もリフレッシュの方もおさらいの方もご参加いただけます。アレクサンダー・テクニーク教授歴16年以上、英国アレクサンダーテクニーク教師協会会員の鍬田かおるが直接ご指導いたします。

表現するひとのための「アレクサンダー・テクニーク入門」(初めての方OK)

■日程 2019年 G.W.
4月27日(土) 18:30~21:30
4月28日(日) 18:30~21:30
4月29日(月祝) 18:30~21:30

■参加費 アレクサンダー・テクニーク入門ー:15000円(計3日分)

■会場 「スタジオ アルバ」 文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F 地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分

■持ち物  :ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、初日は参加費もお願いします。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先

メールアドレス kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。こちらからの返信が受信できる設定のご確認もお願いします。iMessageは受け付けておりません、ご確認ください。

■〆切
開講日の前日まで申込みは受付しますが、たっぷり練習してもらため10名程度のクラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でも「その時点で」必ずご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。事前のお振込みを希望の方はその旨をお伝えください。振込先をお知らせいたします。クラスは3日間セットです。例:参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。いわゆるドタキャン、当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。クラス開始日1週間前までは事故や急病など万が一の際はキャンセル可能です。1週間を過ぎてキャンセルの場合は残念ですが参加費の半額をご負担ください。クラス開始2日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をご負担願いますのでご了承ください。次回クラスへの振替には応じられますのでそちらをご利用ください。(公演チケットなどと同じイメージでお願いいたします。)

少人数で深く取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします。参加者の質と快適な学習環境のためにも、天災・事故・疫病などの特殊事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方、稽古場利用のマナーに問題がある方は今後のクラス参加をお断りする場合があります、ご理解ください。