オンライン開催 ー演じるのための読解と分析

「感じるために、考える」が名優たちからのプレゼント🎁
 
延期していた『ズバリ!な演技のための戯曲読解』をオンラインで開催します
 
今、みなさんが自宅で安全に出来ること=読解・言語化・分析の方法と洗練にフォーカスします
 
着実に「一人称」で感じて演じる時間へつなげるためのクラスです
 
*演技の実践は感染症リスクが収束したのち、スタジオで行います
 
■ 日程
4月11日 (土)20:00~22:00
4月18日 (土)20:00~22:00
4月25日 (土)20:00~22:00
 
■参加費
3回分 9000円
 
■対象
これまでにラバンやエクササイズなどのいずれかの入門クラスに参加済みの方です
俳優、歌手、演出家、劇作家もご活躍のジャンルは問わず歓迎です
 
■テキスト
戯曲は光文社古典新訳文庫「リア王」をつかいます
現時点で Kindle Unlimitedに含まれています
 
台本を読むための決まった型はないものの、演じるための読解 & 準備の秘訣はあります❢
 
実際に感じて、影響力をもって、核心に迫るためにできることはたくさんあります
 
もう身につけて、ホンモノの自信をつけましょう!
 
・読み解きのポイント⚠
・独りでもできる作業とコツ★
・分析の種類や方法と注意点◎
・俳優がセリフを入れる前にやりたいこと…
 
移動しなくていいオンラインで、一緒にブラッシュアップしましょう
 
台本や戯曲、小説や一般書を読むだけでなく、映画をみること、絵画や彫刻をみるとき、ダンスやオペラにも役立つ内容ばかりです
 
■ZOOMをつかいます
初めての方はアプリをPCやスマホに事前にダウンロードしておくと便利です
初めての方には説明デモも無料であります
 
■詳細のお問合せ/お申込み  KAORU KUWATA
メール kaoru(あっとまーく)kaorukuwata.com
メッセージ https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
ブログ https://kaorukuwata.com/
 
■今後の展開
これまでのズバリ!な演技のための戯曲読解
2018年~
1-① エウリピデス「トロイアの女」 前半
1-② エウリピデス「トロイアの女」 後半
 
2019年~
2-① シェイクスピア「リア王」 前半
2-②シェイクスピア「リア王」 後半=今回 ココ❢
 
2020年
3-① ❓❕
3-②?
 
ご希望がある方はお知らせください
演劇史におおまかに沿って行くというアイデアもあります
 
お申込み時に、みなさんの活躍の様子や近況も教えてください☆現場の良いお知らせ、びっくり事件、お祝い事なども併せてお知らせください♬
 

傑作ゴッド・ファーザーとグッドフェローズは元祖

傑作ゴッド・ファーザーとグッドフェローズ★久しぶりに思い出した、名作たち。

というのも、ちょうど「アイリッシュマン」が劇場公開されていますね~

名優たちの競演はもちろん、これまでの作品での彼らの様子も比べてみたい。

まずは衝撃の第一弾!せっかくなので映像の美しいものでお願いします。
当時の服装の麗しさ、スタイル!まさにClassy!です

ちなみに洗礼を受ける👦(赤ちゃん)はなんと!今は映画監督のソフィア・コッポラなのです~

スポンサードリンク

そしてさらに名優揃いの演技が光る!本物以上に本物らしいパート2★ 敵側のユダヤ人のボス(もちろんこちらっも実在のマフィアがモデル)を演じるのはメソッド演技なる一世を風靡したリー・ストラスバーグ自身です。

ちなみに私はメソッドのとレーニングは特に正式に受けたことはなく、ただ大学院(演劇学校)のクラスではアプローチを理解しなければ演技の歴史も演技論や教育学の歴史にもおいつかないので、紹介程度には含まれていました。賛否両論は昔からですが、ありがたい英知も含まれているので彼の著書は原著(可能なら)を一読の価値ありと思ってます。

スポンサードリンク

男女問わず味わってもらいたい大作もいよいよ最終回★★

ヴァチカンの闇が恐ろしすぎてツッコめない集大成💦 名優たちも16年の3作品を一貫して演じ続けています、凄すぎる!俳優冥利につきるのでしょうね。

スポンサードリンク

アイリッシュマン★

私はまだ行けてないので、みなさんの感想、ご批判も嬉しい活躍情報と共にお待ちしています。

12月はラバン入門(おさらい可、久しぶり可)クラスが11日、12日、13日の三夜間であります。天井高くて気持ちイイレインボーコート参宮橋です、お誘いあわせの上、ぜひお越しください。

フォーム付記事はこちらです

https://kaorukuwata.com/labaneffort2019Dec

 

寒くなってきました、感激や読書の合間にちょっとした運動をお忘れなく!

 

 

アレクサンダー・テクニーク応用クラス始動!です

基本は個人レッスンで一歩一歩、先生と一対一で納得いくまで、時間をかけて、いろいな角度から、じっくり&しっかり学びたいアレクサンダー・テクニーク。

しかし、そうは言っても…

何のために「自分のつかい方」を改善したいのか?

より機能的に有利なつかい方が選べるようになったところで、どう演奏やパフォーマンスや演技に生かしたら良いのか?

を追求してこそ!

良い使い方は「手段」であり、「目的」ではないのですから、アレクサンダー・テクニークの本領発揮はやはりパフォーマンスに応用することなのデス♪

これを忘れちゃうと、「健康と美容」や「リラクセーション・癒し」と変わらない時間になってしまいます。

それって…アレクサンダーじゃないじゃん??苦笑 (

私はケガや痛みからではなく、ダンス&演劇畑からアレクサンダー・テクニークに出会ったのですが、ちょこっとスポーツや音楽の経験もあったので

この「手段」であるはずの「技術(アレクサンダーや演奏法や発声法や演技メソッドなど)」が、「目的」にすり替わってしまっている人をみると、ホントに残念!!(T_T)

そして、創始者F.M.アレクサンダーの言葉をなるべく忠実に、芸術を愛する勇敢な俳優だった彼らしく、音楽やスポーツや競馬(!)好きでも知られたアレクサンダーの意図や文章の特徴そのままに日本語訳にしたのが、こちら、F.M. アレクサンダー著「自分のつかい方」(翻訳はワタクシです)

http://www.bansei.co.jp/

こちらから買ってね💙

はい、読みにくい学術本です。翻訳で現代一般日本人用には読みやすくしてません。(笑) 気楽にちょっとだけ、一部だけどなんとなく表面的に知ったつもりになりたい、実際に自分で学び、考えるつもりのない方には向いてないです。

分かりやすい印象を与える図柄や絵もあ、簡単な置き換え表現もありませんので。

あの時代のイギリス英語の言い回しです。しかもF.Mらしい長文の連続(笑)、決して、一般人が気晴らしに読んで気分がよくなるような生易しい本ではありません。

言葉つかいもさることながら、彼の思考の展開としつこさ(笑)!そして内容の厳しさ、まさしく「現実主義者」のF.Mならではです。好みが分かれるところです。

しかしながら、ここを通らずして、アレクサンダー・テクニークの中枢には入り込めないでしょう。なにせ、創始者ですから。

内容はまさに、「良薬、口に苦し」です。

で、応用クラス☆がスタートしました。

今日は背骨のうごきを中心に、うごきの始まり、緊張の解放の拡大、目的をもった全身のつらなった動き、そしてフルート演奏の例題💙

一緒に学ぶ仲間が増えるのも、他人が勇敢に自分のつかい方を見直し、方法を吟味し、良い方へ変化していく時間を目の当たりにできるのも、とっても嬉しく、勇気づけられる、建設的な時間ですね

自分で自分の姿は直接はみられない。自分で自分の背中をみることはできない。そして自分の声も、演奏の音も、直接聞くのと実際はちょっと違います。これをサポートしてくれるのがグループ応用クラスの良さ💛

引き続き、応用、実験☆

クラスでは、みんなで健やかに、お互いの良いところ、本来の目的を追求する素敵な時間にしたいと思います。

輝け!本来の、最大限の自分!

帰国しての第1弾「観察日記ーあなた、どこへいきたい?何したい?」

久しぶりの日本。

……といっても1ヶ月半しかアルゼンチン行ってないが。

恒例の?所感をまず……。(笑)

あの~、いろんなひとが世界中にいて、いろいろな事情があることは百も承知ですが…印象として、

どこへ行きたいのか、本当にどこかへ行きたいのか、どれくらい行きたいのか、前へ進みたいのか、ホントは行きたくないのか?!  苦笑 💦

何したいのかわからん人、どこ行きたいのかわからん身体の人が多いような気がするぞ???
前に行きたいなら、前に進もうよ?前に進むためになんで腰をひく?前に進むはずなら、なぜ身体で、一番重い頭を後ろと下へやる???(^^ゞ

歩きたいのか、歩きたくないのか。歩きたくないなら、何したいのか?どうしたいのか?

義務感から?不安から?何のために歩くのか?

何をみているかわからない目、進まない胸、何もしてない下垂した胴体といやいやながら、しぶしぶ出る足たち。(-_-;)

推進力のない歩き。やたら短い歩幅。(笑)
地面を触らないようにしているかの動き。地面が嫌なのか?!
空間にあとをつけない動き。影響をなるべく与えまいとしているかのような動き。

なるべくスペース取らないようにの配慮なのか?まるで生きてないみたいだぞ?(笑)
だらんだらんとただブラ下がるだけの腕。なんも感じてないのかな?

捨てられる足。要らないのかのー?立ってない胴体。重力に負けてどーするー???

究極の省エネ、まさかの!「受け身」なのかしら???
さて…「『いつか』やりたい」と言っていることは、たいしてやりたくないこと。
いつかって、、、、、、

聞きますけど、一体いつやねん?!

そんなことを感じ考えた今週でした。🐈