初めての方OK!アレクサンダー・テクニーク体験10月追加開催

9月の回にお越しくださった方々、ありがとうございました

一人一人よくみて考える時間があったので、よかったです

身体のつかい方を考えるために避けられないのが言語化…

コミュニケーションをすでにしている、もうそこに在る身体と

他者にみえて、聞こえて、一緒に感じて、考えて、歌ったり、踊ったり、演じたりするには避けて通れない…

防ぎたいポイント、各自の傾向と対策、観察するためのコツ、がわかったところで

続き!

ということで、

10月11日(日)午後に少人数限定で入門体験のお時間をつくりました


考え方の整理からスタートする濃〜い内容で


進み具合と当日の様子次第で、何名かの方と新しい身体のつかい方とそれぞれの方の歌唱や発声、ダンスや演奏に組み合わせる実験まで試せたらと思ってます

少人数限定なので、ご予約必須です

一人で考えていても行き詰まるのは当たり前です

他人の取り組みから学べること、他者だからこそ、先入観や思い込みなく飛び込んでくるタイミングってありますよ

よく知らない方でも、やはりご自身で気づいて変わっていく、成長の場面に居合わせるのは嬉しいものです

■10月11日(日)14:00−17:00 途中休憩あります
 
■参加費 お一人6000円 当日で構いませんがお釣りのなきようお願いいたします
 
■会場 Studio725 港区芝5-12-15 KNビル地下1階
JR田町駅または都営線三田駅より徒歩8分程度
 
 
■持ち物 ご自身が使うためのタオル、何らかの記録やメモのできる筆記用具、飲料水などリハーサルや稽古時と同じイメージでお願いします
*締め付けのない、動きやすい日頃の稽古着やカジュアル着で問題ありません。特別な靴は必要ありませんが、裸足はお控えください
 
■万が一、事故や急病などでご参加できなくなった場合は前日正午までにご連絡あれば、次回にお振替いたします
ご連絡がない場合、申し訳ありませんが通常のレッスンと同じくクラス代をご負担願います
大地震などの災害によりクラスがキャンセルになった場合は参加費の払い戻しをいたします
 
■お申し込み
公式Facebookのメッセージ機能
公式LINEのトーク
メール kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
のいずれかをお使いください
感染症対策のため、手洗いや掃除の徹底の他、通常以上に少人数な最大で6名までで行うため、前日10日正午までにご予約をお願いします
 
知識を補いたい方
マイケル・ゲルブ「ボディ・ラーニング」
ペドロ・デ・アルカンターラ「音楽家のためのアレクサンダーテクニーク入門」
鍬田かおる翻訳「自分のつかい方」
および私のブログ記事カテゴリー「アレクサンダーテクニークの実際」をご覧ください

 

少人数で始める9月アレクサンダー・テクニーク入門1日限定

こういうときこそ、条件反射でやり過ごさずに、基本に立ち戻る。

身体のつかい方にフォーカスしたアレクサンダー・テクニークの入門クラスを9月23日(水)午後に最新の注意を払いながら開催します。

俳優、歌手、音楽家の方々を対象にした、うごきながら体験する、実践的で、具体的な内容のお試しグループクラスです。観察しながら、動きつつ、原理を理解しながら、習慣的ではないつかい方を試し、感覚を開けていくお時間です。

6名前後の少人数で広めのスタジオで安全第一で行います。

入門のグループクラスは1年ぶり⁉️

大変申し訳ありませんが、ご体調に問題がない方、なかった方のみお申し込みをお願いします。

いろいろなご事情のある方のために10月にも1回だけ入門グループクラスは開催するつもりです。

動いて感覚を磨くラバンの入門クラスはしばしお待ちください。

9月に1回、10月に1回にわけ1「アレクサンダー・テクニークによる身体のつかい方とパフォーマンス入門」のご紹介グループクラスを行います。
 
■日時 9月23日(水)13:00−15:00
 
■会場 Chams Studio 渋谷 渋谷区神宮前6-19-15高野第1ビル4階 渋谷駅徒歩5分
 
■万が一、事故や急病などでご参加できなくなった場合は必ずご連絡ください、可能な限り次回にお振替いたします。前日18時までにご連絡がない場合、申し訳ありませんがクラス代をご負担願います。大地震などの災害によりクラスがキャンセルになった場合は参加費の払い戻しをいたします。
 
■一緒に参加したい等、ご紹介がある場合はその旨をお知らせください、念のためご本人からもお申し込みをお願いします、参加費はお一人1日6000です。
 
最近のヒット!私のブームはこちら
 
スポンサードリンク
 

いろいろな内容を深堀するときに、また広げるときに。実演家にも必須の頭の体操にもなるありがいたい名著。

■アレクサンダー・テクニーク個人レッスン 生徒さんの声

みなさま

猛暑厳しきおり、いかがお過ごしでしょうか

個人レッスンこそ、もっと効果的にご自身の目標と課題に合わせて、進めるのが強みです 

人間なので、いろいろ紆余曲折があっても、個人レッスンならOK!

私自身もダンスも歌唱も語学も、そしてアレクサンダー・テクニークも個人レッスンからスタートしました。
個人レッスンはとにかく自分の緊急な課題や重要なコアの部分、グループではちょっと躊躇しちゃう質問にも向いています。
なにより先生を独り占めして、お時間が自分のためだけ!なのが嬉しいですよね。

先日、素晴らしいオペラ歌手の生徒さんからご感想をいただいたので、共有いたします。演じることに繊細で、さらにのびのび動きつつ、何層にもなった音楽表現がみるみる深まっている彼女の今後の活躍がますます楽しみです!はやくコンサートも行きたいな!

■アレクサンダーテクニーク個人レッスン
演劇大好き オペラ歌手 30代 女性

オペラを歌う時に、全身で踏ん張る事が多く、それが力みではないのか?と疑問を持ち、解決したく通い始めました。

日常の動作でも、全身に使いたい癖みたいなものがあり、まずは、その”癖”を知るところから始まりました。シンプルな動きの中で、必要以上の力が入る瞬間、無意識に使いたくなる場所、自らが可動域を狭くしてしまう瞬間、かおる先生が細かく指摘をしてくれ、動かしながらバランスを教えてくれるため、自分の身体の使い方を知っていくようで、毎回発見の連続でした。

最初の頃は、力み過ぎを除く方法を脱力と勘違いして、力を使わなければいいのかと思っていましたが、そうではなく、自分の使い方を教えてくれているのだとわかり始めました。

歌いながらのレッスンでは、身体の使い方次第で音(声)の変化が如実に現れ、どんどん歌いやすくなり感動してしまいました。かおる先生が魔法を使ってくれているかと聞きたくなるくらい声の変化がありました!
しかし、それは魔法ではなく、歌っている状態の身体のどこを使うのか、呼吸と共に常にそのバランスは変化する事も知りました。

身体内の事は目に見えないですから、抽象的な表現に陥りやすい雰囲気のクラスが多いと思いますが、かおる先生のレッスンは、実際に動かし、わかる方法で教えて下さるため、とても明確です。

歌の師匠にも「以前より力まなくなった」「バランスがわかってきた」と褒めてもらえるようになりました。

自然な呼吸の中で歌う事の重要さ、息のスピードは力みからは生まれないと歌の師匠からも言われていて、かおる先生のレッスンに通い始めて、身体も歌も良い変化がたくさんありました。私は、先生と出会えて良かったです!

これからももっと極めたいと思っています。
=============================

自然で無理の少ない動きへ、健全な発声発音、歌手や楽器演奏家のクセ対策、俳優の緊張問題や硬さ、構えなど….

アレクサンダー・テクニークの個人レッスンをご希望の方は

http://

こちらからどうぞ

演技のお悩み、稽古場の難題、リハーサルでのつまづきなど….

必要なのは他人になにかしてもらう治療ではなく、自分のちからを発揮する学習ではないでしょうか?

ご紹介がある方はお問い合わせ時にお知らせくださいね!

身体のミニクラス@オンラインZOOM継続中

おかげさまで5月にスタートした

毎週月曜12:00−13:00 身体のミニ・レッスンも

ついに4ヶ月目を迎えることができました、ご参加のみなさまありがとうございます!

登録してしまえばば、そのままズームのリンクが毎週使えますので、変更があってもその週ごとに出られる方が出る仕組みです

男女比年齢層いろいろですが、ほど良い様子です

現場が再開してなかなかクラスに来られなくなっても挫けずに隙間でお越しくださって結構です

またこれまで参加してくださったダンサーや演奏家の方も夏休みや隙間を使ってどうぞ

4ヶ月目を迎え8月と言うことで広告を変えてみました

世界の音楽も混ぜつつ、毎週新しいプログラムで4つか5つのエクササイズを1時間で行うミニクラスです

まだお試しでない方も、 新規ご登録いただけます

睡眠、栄養、そして運動が健康の秘訣です

実演家の皆さんの実情に合った、筋肉しっかり、運動不足解消、体ノビノビ、頭スッキリのプログラムを毎週展開しています

ご紹介のある方は登録のお申し込み時にその旨お伝え下さい

なにごとも体力だなあと痛感する日々です

一緒に身体を見直しつつ、体力つけて、筋肉減らさず、頭もクリアな思考ができるよう

整えていきましょう!

私のお気に入りはこちら

スポンサードリンク

こちらもおすすめ 硬さがちょうど良い!特に股関節や臀部、そして足裏にも

スポンサードリンク

 

F.M.アレクサンダー自身が繰り返し書いて教え、こだわっていたこと③まるごと★

理由は知りませんが💦(実際は)あまり関係ないこと?をアレクサンダー・テクニークと呼んでいる方やなんやらを混ぜている方がいるらしく、ときどき苦情(?)やご不満を耳にします。

私自身はまあ……..いろんな方々がいるのは、世界中どの業界でもそうなので、それくらいなら、学ぶ側次第なところも多少なりとはあるので、放っておいていいのですが(よくないか?!)

どうも民間療法の一種やある種の健康法だとか、さらにはただの姿勢矯正だとか(そういうオマケ効果はあるかもしれませんが)、リラクセーションだと誤解している方がいるらしいんですよ~これはジャンルがそもそも違うから、問題かと思った。

せっかく「学ぶ」ヒトがいても…治療のように思っていたら…..そりゃ、混乱するわ

と思って、はや10年以上が経過しました💦

というわけで、新しい角度からのシリーズ。

創始者F.M. アレクサンダーが繰り返し(しつこく)こだわっていた

テクニークの特徴・特長シリーズ③です。

①は防ぐこと(抑制と呼ぶ方もいます)=引き算

https://kaorukuwata.com/oninhibition

②が指示/指揮すること=足し算

https://kaorukuwata.com/ondirectionsandhowtoAct

でした。

①も②も俳優でもあり、ヴァイオリン演奏や乗馬を楽しむアレクサンダーらしい発想ですよね。

では、③は?

ヒントA:俳優が考えそうなことです

思いつきましたか~?

ヒントB:俳優ならではの発想ですが、他の分野、例えばスポーツやダンス、音楽の世界でも言われることです♪

どうでしょうか?

みなさんのイメージ、お答えありますか~?

ヒントC:意外に?現代でも実践するための環境が整っていなかったり、抵抗を感じる方が多いのも事実です

では….

お答えは……………..

●●●●

4文字です。

クラスにお越しの方々はもう分かりましたね?!

こちらです!

「ま る ご と」

です。

おめでとうございます。

そうです。

①防ぐこと=抑制=引き算

②指揮すること=方向づけ=足し算

の次は

③まるごと

でございます。

どういう意味かと言うと、

例えば、せっかくヨガのエクササイズをしていても、

ヨガの唱えている思想からの食事をまったく無視して、暴飲暴食したり、激しく喫煙していたら、もったいないですよね?おそらく、せっかくのエクササイズを真面目にやっても、ライフスタイルとして成立していない。

逆もしかりで、せっかくマインドフルに(今風)瞑想して、ヘルシーな栄養に注意した食生活をしていても、運動しないなら、アカンでしょ?

😊イメージが湧きましたでしょうか?

本当に演技を磨きたいのに、そしてわざわざ発声や歌唱、発音まで注意して練習しているのに、ポリープができるような力の入れ方を変えない、負担がかかるような緊張クセをやめない、普段の身体の様子を(悪い意味で)放っておく……

ああ、もったいない。

趣味や娯楽のイメージのままいると、なんとなく、前向きで寛容な気持ちで、または善意から

「いいとこ取り」

するのが賢いとか、「カスタマイズ」のように都合よく考えてはいないでしょうか?

それ….「カスタマイズ」じゃなくて💦

(今までの自分に)都合のいいとこ取り。

パッチワークになっちゃうよ❓❢

🦅🦅🦅

まるごとの演技、それは生き生きとした「人間らしさ」

本日のお勧めはこちら☟

私の(比較的新しい)師匠でもありハリウッドでもご活躍のハワード先生の師匠でもあるウタ・ハーゲンの著書

スポンサード・リンク

とにかくも、演劇、映画、ダンス、歌唱など、他人の役(キャラクター)を演じる場面の多い方々はぜひ読んでみてください。

私はウタ・ハーゲンの切り口もアレクサンダーテクニークも第3世代の指導者になってしまいますが、この素晴らしい本に赤裸々に書かれている内容を解説し、実践するクラスを企画中です。当然、一部はこれまでも私がシーンスタディーやマスタークラスでやってきたことですが、より段階的に分けて、それぞれの理解やスピードに応じて、じっくりやるクラスを💓 ご希望や緊急の課題がある方はメールやメッセージください。可能な限り鑑みて組みます。他のクラスで心身ともに(笑)下地ができてからだと、なお良いので、ご相談ください。

ちなみに、ハワード先生もアレクサンダー・テクニークの熱心なプロモーター。

なぜって、世界中で老若男女問わず問題になるのは、自分の閉じこもりクセや呼吸からくる演技の邪魔問題や発声の行き詰まり、そして交流や感覚体験のなさや「フリ」をこなす「まやかし」にお怒り(笑)。

ウタ・ハーゲンもRADAを蹴ったくらいだから(笑)…

系譜をたどっていくと、面白いなぁ。。。

あれ❓

なんか….ワタシのブウブウにも似てる…🐷

「劇とは?」のそもそも論

「人間らしいって、なんだろう」の根っこへGO!

2020年はもっと味わい深くて、鋭く、ユーモラス、鮮やかな作品でみなさんが活躍しますように…✨

 

 

 

 

 

 

 

演じるヒトのためのエクササイズ年末年始スペシャル2019/2020

現場がひと段落、大掃除もほぼ終わり….みんなが休んでいるときこそ差がつきやすい時★

演じるヒトなら知っている当たり前のことだからこそ、レベルアップしませんか?

まるごとつかえる感覚へ、身体で語り、一緒に感覚体験を創っていく…

・シーンや関係性が展開していないときがある
・相手と一緒にいるはずなのに一人の時があるらしい…
・シーンを(会話の国語の意味だけでなく劇として)効果的に成立させたい
・NTライブや名作映画のようなめくるめく演技がしたい
・さまざまなジャンルの作品に共通する力を底上げしたい

単純だからこそ、真面目にやっていてもつまづきやすい部分です。特別に考案されたエクササイズをつかって感覚をもっと磨きましょう。

自分にも相手にもお客さんへも(カメラを通じてでも)伝わるために何が必要か、何が邪魔か(!)、少人数で根っこから取り組みます。

アレクサンダー・テクニーク入門クラス、ラバン、身体をみなおす、エクササイズ等、各種入門クラスのいずれかに参加したことのある方対象です。

■日程
2019年12月30日(月)19:00~21:00
2020年1月2日(木)19:00~21:00
2020年1月3日(金)19:00~21:00

■会場
スタジオ アルバ 文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F
地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋 徒歩11分

■参加費
演じるヒトのためのエクササイズ15000円(計3日間)
ご予約完了後、参加費の振込のご案内をいたします。

■持ち物
快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など、初日から必要なものをお持ちください。

■お申し込み
各種入門クラスのいずれかに参加済みで大卒相当の(実際の学歴、所属、年齢は不問)基礎学力に問題ない方対象です。以下をご記入の上メール又はFacebookのメッセージでお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。ブログ記事のフォームからも便利です。
件名にクラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)、ご住所、メールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字程度):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

メールやメッセージ以外の方のお申込みフォームはこちらです。こちらもご利用ください。「フォーム最後のスペースにエクササイズクラス希望」とお書きください。

■〆切
開講日の前日まで申込みは受付しますが演技への応用も併せてしてもらうため10名以下のクラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合はその時点で必ずご相談ください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。感染症や事故などの場合、次回クラスへの振替を承りますのでご利用ください。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理にはお気を付けください。*開始日3日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。天災以外は理由の如何に関わらず3日前以降のキャンセルの場合は受講料全額をお支払いいただきますのでご了承ください。
天災や疫病などの特殊な事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方は以後のクラス参加をお断りする場合があります。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し正規の指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師。

歌、ダンス、演技、語学、楽器, スポーツ….なぜレッスンに行くの?

音楽やダンス、もちろん演劇でもそうですが、

レッスンやクラスは「出来ない」ヒト、「ヘタ」なヒトが行くと思いこんいませんか?

私はそうは思ってません。

もちろん、初めから他人が感心するほど踊れたり歌えたり、大勢に披露できるほど楽器が演奏できたり、仕事にして報酬を得るほど外国語や車の運転ができる人がいないように、

ある程度、時間がかかりいろいろな経験をして、専門の知識や知恵も得て、それらの活動中に「自分をつかう」モードに慣れないと、なかなかスムースには、思い通りにはできないのですが……..

それでも「出来ないからレッスン(クラス)」へ行く、「ヘタだから行く」という考え方を私は歓迎していません。

なぜって…

😲

「それ、ほんと?」と思うから。

確かに、いろいろな事情でケガや病気などで「一時的に」なんらかの機能が『欠けている』時間や状況はあると思います。本当に機能的に生活とその質に支障があるので「治療」や「介助」が必要です。そして災害や犯罪の被害者や病気やケガには誰でもなる可能性があります。つまり「本来の能力を発揮する」以前のエリア。そういう疾病や不調にはレッスンやクラスが必要なのではありません、医学による(緊急)治療、臨床で問題のない、実際的な専門の助けが必要です。

いま、私は治療ではなく「教育」の話をしています。

レッスンやクラスは「出来ない」ヒト、「ヘタ」なヒトが行くとするなら、歌にダンスに演技にと、何十年も足しげくレッスンやクラスに通うハリウッドスターたちはおかしいのでしょうか?

じゃ、じゃあ!オリンピック選手やコンサートピアニストは?……..ヘタなの?

初心者でもないのに、レッスンやクラスで学ぶ人達、研鑽を積んでいる方々は「出来ない」ヒト、「ヘタ」なヒトなのでしょうか。

もしかして、アカデミー賞俳優や名優たち、素敵なダンサーやカッコいい歌手が、「できない」ことの克服のために行っていると?!

😲

明らかに、違うよね

😉

本日のおすすめは古典はもちろん、近代の名作の解読にありがたい辞典!

気になるモチーフ、なぜだか繰り返し登場する象徴…

例えば「馬」とか(笑)

はたまた「椅子」など、ありふれている風なものにもいろいろな歴史や意味がありますね

ぜひ調べてみてください、面白いよ♪

スポンサードリンク

12月中旬あたりに初めての方も歓迎のラバンのたくさん動いて学ぶ、感覚づくりのクラスを久ぶりに開催しようか検討中です。ご希望の日程や現場のいろいろがある方、なるべく合わせますので、ご相談ください。休みが取りやすい年末年始のクラス開催も思案中です。

アレクサンダー・テクニーク入門クラス三夜間、無事終了

おかげさまで、連休前半(笑)に開催した珍しい三夜間のアレクサンダー・テクニーク入門クラス、無事に終了いたしました、ありがとうございました、ご参加の皆様おつかれさまでした!

やはり一人ではなく、みんなで考えながら、他人の言葉も聞きつつ、一緒に練習すると理解しやすいですね♪

「こんな癖は自分だけ😢」

と悲観していた癖も、実は誰にでも注意したことがなければよくあるものだったり、

「変えたいな~こういうところ…」

と密かに感じていたお悩みを隣の方が言葉にしていて納得したり、

「(現場で)あれ?!そんな風にみえているの?!え、そんなつもりないのに、どうも変だな?」

と奇妙に感じていたのは自分だけじゃなくて、改めて観察して、注意内容を変えて、吟味してみると

スッキリ!

ジャンルはさておき共通の「底力アップ☆」のためのアレクサンダー・テクニークの基本的な考え方と練習方法のご紹介ができて良かったです。これから始めたい!という方は次回のクラス開催希望のお問合せをお願いします。みなさんのスケジュールを鑑みた日程を組めるよう検討いたします。

ところで……

1年に数回はあちこちで疑問なのですが(その後、しばらくして忘れる御目出度いワタシ💦)

グループのクラスなどで、よくみかける「頭頂あたりの髪の毛の一束」をちょろっとつまんで、頭の上へ引っ張るような動きは何なんですか?

(?_?)

どこから出てきたの?

意味不明です。

稀に、

「アレクサンダー・テクニークでも頭を上に引っ張り上げますよね」

というようなことを(なぜか自信ありげに)いろんな場面で言われて💦

昭和時代の理学療法の牽引なる治療の一部(ヘッドセットをはめて頭を機械で上に持ち上げる牽引を20分程度繰り返す)を思い出しますが………

気のせいですか?

そんなこと、どこにもF.M.アレクサンダーの著書のどれにも書いてありませんし、その直弟子の第一世代の先生方も言ってもないし、やってもいないし、当然教えていません。

はたまた、演技やダンスの不思議なクラスなんかでも、日本だけでなくあちこちで

「操り人形(マリオネット?)のように、糸でつるされてるイメージで」

って言われる度に、

「誰がその糸操ってんねん?!」😠

と、こころの中でいつもツッコんでいたのは、今も昔もイギリスでも日本でも、私です。

ないよ~、どこにもF.M.の著書のどれにも書いてないです~

第一世代のF.M.の愛弟子たちの誰もそんな例えもイメージも使ってないです~(私の知る限り)

そういう言葉って、教える側はラクなのかもしれないけれど、

「雑」

ですよね。

アレクサンダー・テクニークと関係のないセラピーなのかボディーワークなのか、どこかから借りてきているイメージと言葉。

なので、関係のない内容になり易いです。

だいたい、まっすぐに頭頂が上になんて向かえないし。しゃべって歌って、演じての方々には、そっちへ向かってもいいことないので。

残念!

さておき、グループクラスをご希望の方が増えたら、またグループでの入門クラスは開催を検討いたします。ご希望の時期やお友達先輩後輩がいらっしゃる方はご連絡ください。

本日のお勧めはこちら、久しぶりにイギリスで

スポンサードリンク

美男美女が出てくるわけではないけれど、「人間らしい」面白おかしい、ちょっとホロ苦で愉快な映画です。主演のロバート・カーライルがチャーミング❤

下品ではないストリップがかわいいよね。みんなほんとうに笑っている。子どもも可愛い。出てくる人達に対して温かい視線なんだ、これが。

決して「あ~、貧乏人」とか、ただただ「こういうひといるよね~」で片付けない微笑ましさ。

 

 

 

2019年 新年から始める 身体と注意力のつかい方(アレクサンダー・テクニーク入門)

ちょっとはやいですが、計画を立てて、損はナシ!新年1月クラス(初めての方ウェルカム)のお知らせです。

2019年 新年から始める !

もっと活躍したい、身体からみなおしたい俳優・歌手・ダンサーのためのアレクサンダー・テクニーク入門クラスです。

身体のつかい方が効果的であれば、のびのび動け、ラクラク自然にしゃべれます。

自分の習慣と役のクセを混ぜる心配も減り、より自覚的な演技ができるので、いわゆる「打率」があがります。

俳優や歌手自身が、自分の注意のつかい方に自己洞察が伴えば、はっきりした、目的が明瞭な、他人に伝わりやすい、自覚的な演技へ向かえます。

そう、せりふや歌詞を「言う」のではありません。

ただ身体を運動させるのではありません。

余計な緊張を減らす一方、足りない注意や気づきの範囲は広げ、自己洞察を深め、コーディネーション力を高めると、稽古やリハーサルの効果も上がります。

基礎になるアレクサンダー・テクニークの原理から始まり、まるごと動きながら「みる、きく」のトレーニング、そして『ホントに話す』へ向かう練習をします。

・身体や声が思い通りにつかいこなせない、
・相手をみてない、セリフが聞けてないなどの指摘をされる
・集中力、想像力がないと思う
・注意が足りないことが多い、観察が甘いらしい、
・身体全体をより効果的につかいこなしたい、
・呼吸が不自由、浅いと指摘される、感情表現が稚拙…

少人数で練習方法を学びつつ、一人一人のクセや傾向の対策も探します。

実践を通じて、アレクサンダーの原理とその演技への応用の理論も紹介いたします。

より細かな個人レッスンの前に、日ごろの個人レッスンと並行して…初めての方もリフレッシュの方もおさらいの方もご参加いただけます。アレクサンダー・テクニーク教授歴15年以上、英国アレクサンダーテクニーク教師協会会員の鍬田かおるが直接ご指導いたします。

身体と注意力のつかい方(アレクサンダー・テクニーク入門)

■日程
2019年
1月4日(金) 10:30~12:30
1月5日(土) 10:30~12:30
1月6日(日) 10:30~12:30

■参加費
アレクサンダー・テクニーク入門ー:15000円(計3日分)

■会場:全クラス全日程「スタジオ アルバ」
文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F  地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、初日は参加費もお願いします。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。こちらからの返信が受信できる設定のご確認もお願いします。iMessageは受け付けておりません、ご確認ください。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付しますが、たっぷり練習してもらため10名以下の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でも「その時点で」必ずご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。事前のお振込みを希望の方はその旨をお伝えください。振込先をお知らせいたします。クラスは3日間セットです。例:参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。いわゆるドタキャン、当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。クラス開始日1週間前までは事故や急病など万が一の際はキャンセル可能です。1週間を過ぎてキャンセルの場合は残念ですが参加費の半額をご負担ください。クラス開始2日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をご負担願いますのでご了承ください。次回クラスへの振替には応じられますのでそちらをご利用ください。(公演チケットなどと同じイメージでお願いいたします。)

少人数で深く取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします。参加者の質と快適な学習環境のためにも、天災・事故・疫病などの特殊事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方、稽古場利用のマナーに問題がある方は今後のクラス参加をお断りする場合があります、ご理解ください。


アレクサンダー入門グループクラスの様子

2018年も1週間が過ぎますね😊

かつてアレクサンダー・テクニークが何かも知らないまま、同級生(俳優志望)がレッスンを受けているという話から、個人レッスンを受けに行ったKaoruです💦当時は、まさか自分がその指導者になるとは夢にも思いませんでした~(笑)

そんな「ハヤブサ型」🐦の私はつい初心者🍃 の心持?を忘れてしまいがち。

レッスンが良いことは聞いたことがある、でも何をするのか分からない、
だから躊躇しちゃう、イメージわかなくて心配、

と言う方々のために、ちょいと過去のクラスの様子を書いてみました。
ご友人を誘ったり紹介したりする際の参考にしてください。

クラス人数はおよそ5~8名くらいです。

初日クラス:
自分の歩き、立ち、座り、腕を動かすなど、簡単な「日常の動作の観察」から始まります。声を出すときの様子も大事ね。ポイントはガイドしますよ~。

グループにありがちな自己紹介(笑)のようなことはほとんどしません。
そのうち分かるので「親睦」が先になくていいでしょう。みなさんもせっかく確保した時間が大切。『まず重要なことから』という私の方針です。

アレクサンダーの原理を説明しつつ、一人ずつ、ハンズ・オンで、動きをガイドしながら、自分の習慣とは違う「つかい方」を体験してもらいます。

アレクサンダーの先生が触るのは、

①動きをガイドするため、
②要らないクセを防ぐため、
③新しいつかい方を促すため、

が主な理由です。(治療じゃないよ。)

質疑応答も交えつつ、違いを感じつつ、お互い観察しつつ、1日目は終わります。

2日目も似たような展開ですが、個々の課題に触れつつ、より具体的に、よりいろいろな動きをつかって学びます。

お互い変化がみられるので、夫婦で、友達同士で、先輩後輩で来るのもおススメです。音大仲間、ダンス仲間、養成所の有志で、というのもありました☆

自分のことはよくも悪くも「見慣れて」いるので、違いがあっても「ぼんやり」していたり、声が変わっていても、「違和感」だけに注意がいってしまったり…

もちろん、1人で参加もOK!

「練習」の方法を一緒に吟味して学びますので、「やりっぱなし」にはなりません。(おそらくほとんどの方は)

動いて構わない締め付けのない服装で、快適においでください。

大事なのは違いを「感じ」方法を「学ぶ」こと。

決めつけないで、とりあえず(笑)よくみて、よくきく、こと。😊

次回のアレクサンダー・テクニーク入門クラスは2018年、

1月27日(土)10:30~12:30
1月28日(日)10:30~12:30

会場は笹塚の笹塚メソッドスタジオC、参加費は2日間セットで10800円 です。完全予約制ですので、詳細はイベント記事またはFBをご参照ください。

週末の朝だけなので、時間も有効につかえるプログラム🌸

あたらしいアプローチかもしれませんが、ちょっと時間をかけて深めて欲しい。

これをきっかけに「スッキリ」することを願いマス!