2019/20年末年始シーンクラス 6日間日程発表!

2019/20年末年始シーンクラス 6日間の日程が決定しました。

・NTライブみたいな演技の秘訣は?!
・名優たちの演技の仕組みを使いたい
・現場には出ているけど…実は上達してない…何かを変えなきゃ…もっと結果を出さねば!
・今までは『我流』でやってきた…レベルアップするにはどうしたらいい?

『さすが』と言われるプロの仕事をしませんか?

みてるフリ、きいてるフリ、感じてるフリ、考えているフリ…「フリを巧みにする」ことは演技ではありません。私たちは人間ですから、自己欺瞞や神経症的な暗示には限界があります。

・セリフを言うのではなく、一人称でしゃべる
・やじうまではなく、共感的態度からの役の人物へのアプローチ
・感情/思考/行動における、同調と感応(感じて・応じる)のスキル
・事実に基づいた人間的な読解力と想像力のスタミナ
に代表されるホントの演劇体験は、深く面白く意味があり、『人間らしい』ものです。

プロおよびプロを目指して猛進中の方に、最新の演技のアレコレをシェアしシーンをつかって切磋琢磨する実践クラスです。毎日実際にうごき、声をだし、現実に即した取り組みにフォーカスします。

■日程
2019年12月27日(金)12:00~18:00
2019年12月30日(月)12:00~18:00
2019年12月31日(火)12:00~20:00*前半フィードバック有
2020年1月2日(木)12:00~18:00
2020年1月3日(金)12:00~18:00
2020年1月4日(土)12:00~20:00*全体フィードバック有

■会場
スタジオ アルバ 文京区関口1-37-5メイク2ビルB1F
地下鉄東西線早稲田駅徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋徒歩11分

■参加費
シーンをつかって 42000円(計6日分)

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、台本、台本のコピー、自分の役の人物の服や靴など必要なものをすべてお持ちください。

■お申し込み
私のモノローグクラス参加済みで、かつ大卒相当の(実際の学歴、所属、年齢は不問)基礎学力に問題ない方対象です。以下をご記入の上、メール又はFacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)
・ご住所とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.comまたはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。
開講日の前日まで申込みは受付しますが、質の維持のため8名前後の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
お申し込み後に急病などで参加できない場合は、お手数ですが「その時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。クラスは6日間セットです。万が一1日しか参加できなかったとしても払い戻しできません。当日キャンセルはできないので、スケジュールや体調の管理にはお気を付けください。*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です、次回クラスへの振替も承ります。(天災以外は理由の如何に関わらず)2日前以降の直前キャンセルの場合は参加費全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

*芸能・演劇・映画・テレビ等のキャリアに関わらず、ラバン入門、モノローグなどに参加したことがない方はご自身の理解のためにも、今後の長期的な目的のためにもまずはそちらからご参加ください。年齢、所属も関係ありません。心配なさらず各種入門クラスからスタートしてください。

私のモノローグクラスでちょっと分かってきた、感覚がつかめてきた!けれど悩んでしまう方、今年こそシーンのクラスへ進みたい方、そろそろ本気で「芝居で勝負したい」方、ご相談ください。

ご自身の劇団や事務所などで別グループでクラスを行いたい場合はその旨、ご相談ください。
取り組みの目的や目標、準備の内容はほぼ同じですが、スケジュールや順序、台本の選定やキャスティングなど個別の課題や目標を相談の上、別プログラムを組むことは可能です。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し正規の指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師

F.M.アレクサンダー自身が繰り返し書いて教えこだわっていたこと①抑制ー防ぐアート

アレクサンダー・テクニークは「防ぐアート」です。

はい、「防ぐ」という手法が特長です。

ということは、セラピーやすでに現れている症状に対しての治療ではなく(予防は治療の逆でしょ?)

「防ぐ」方法を身につける=「教育」の一種なんですよ~

と具体的に、ズバリ!書いた、英国アレクサンダー・テクニーク教師協会会員、アレクサンダー・テク二―クの正規の指導者、鍬田(クワタ)かおるです、改めて。

あ、演技コーチ、ムーヴメント指導者、ムーヴメント演出もやります。

というのも、(なぜか理由は知りませんが)まったく関係ないことをアレクサンダー・テクニークと呼んでいる方がいるらしく、ときどき苦情(?)や不満を耳にし、まあ、それくらいならいいのですが(よくないか?!)

どうも治療の一種や健康法だとか、さらには姿勢矯正だとか(そういうオマケ効果はあるかもしれませんが)、リフレッシュや気分転換、はたまたリラクセーションだと誤解している方がちらほらいるらしいんですよ~

困るね!

というわけで、新しい角度からのシリーズ。創始者F.M. アレクサンダーが繰り返し(しつこく)こだわっていた、テクニークの特徴・特長です。

第一回が核心のズバリ!

「防ぐ」というスキルが必須のテクニークがアレクサンダー・テクニークの強みであり、特徴であり、さまざまな分野で応用する際に有効である所以です

「防ぐ」という(当時珍しかった観点からの)手順がポイント。

アレクサンダーの強い主張と(しつこいくらい)繰り返されている観察からの分析に、

「最初の反応」を防ぐ

というのがあります。俳優だったF.Mらしい発想だよね😊

演技の仕組みやスポーツ、楽器演奏などで実を持って体感している方はご存知ですが、

そうなんですよね。自分がよかれと思ってやっていることでも(わざとヘタなままいたい人、あえて苦しくしたい人は少ない)

実際に結果を伸ばす段階にくると(他人に認められるレベルで、繰り返してもOKなレベルで)

どうにも①「感じている」ことと=主観的な習慣的な自分の感覚

②実際に他人にみえて、きこえていること=現実に自分が行っていること

がものすご~~~~~くかけ離れている。どうにもズレていて、かみ合わない。

そういう体験、たくさんありますよね?

頭では分かっている「つもり」だけど、楽器の先生に力を入れすぎ!と注意されているにも関わらずいつも通り「感じない」くらい慣れている力をこめすぎるクセを混ぜる。巧みに。必ず。毎回。

😿

落ち着いて考えれば分かることなのに💦

ビデオでみても、なぜそこまでコーチや先生が繰り返し指摘してくるのか分からないくらい慣れて違和感を感じなくなっているのです!自分の長時間やっている習慣的な反応の癖・パターンに。

😲

というわけで、自分には(すでにほとんど)感じられないくらい繰り返してなじんでしまっている習慣的な反応(とF.Mは言っているけど、実際には条件反射のこと)を「防ぐ」という発想が大事なの。

「感じられないのに、どうやって防ぐの?!」

とツッコみたいところですね。

そうです。

私も当時(約20年前?)そう思いました。心の中でツッコみました。

しかし、当時の先生方3名が共通して強調して言っていたのが、

「感じられなくても『防ごう』としてください。」(人によっては言い方が防ぐではなく「やめる」のこともあった、意味は同じ)

感じられてから防ぐだと、やっちゃってからやり直す✖になるので、防げてない。自分にダメな古い使い方を覚えさせちゃってる。

要は練習していることにカウントされるんです。

だから、「気づいたら防ごう・やめよう」という悠長な発想ではなく✖ 笑

感じられてないくらい慣れているのだから、自分には感じ取れなくても、

そこは「論理・判断力(目的に役立つ使い方になってるか)」で💛補うのだ!

F.M.曰く「本能的ではあるが、(目的には役立たず)建設的でもない防衛グセ」を防ぐために知性をつかうこと

なんだね。

「習慣的な『条件反射』は慣れていて、すぐにいつも通りの行動に移せるので早い気がするが、これまで学習してきた条件反射をやめてみる=

未知の失敗のリスクは上がるが未知の成功も可能性もあがる

なのです。

俳優らしい発想だよね。

パフォーミング・アーツならではの着目点と思います。

なぜって…

身体はひとつ。声も身体の一部。

同時にいくつもの相反することはできないでしょ?😉

自分のクセで、肩を持ち上げておきながら、喉周りの余計な緊張がない人の声は出せない

習慣的に(自分では感じないけど)、脚をつっぱっておきながら、「天にも昇る心地」の人を演じられない

本当はリズミカルに、軽やかにコメディーで嬉し💓楽し💔飛び回りたいのに、つい自分の慣れている身体の様子を繰り返して、どうにも重い、暗い、鈍い動きをしてしまう….

ほら!

同時にできないから、古くて役に立たない、建設的でない、「アカン」方を防ぐ必要あるよね😉

…..師匠ズはいつも正しかった、そして最適最速の方法をズバリ!教えてくれていたのだった。(疑ってゴメンなさい)

…で、

紆余曲折を経て私が行きついたのが、アレクサンダー自身が書いて4冊のうちの3番目の(やっと内容も一貫し、言葉遣いもF.M.にしては 笑)洗練されてきた3冊目のThe Use of the Selfの日本語訳です。

一番短い本だから、というのはさておき(笑)一番、実用的で一般の方が自分を重ねて理解しやすい本であることは間違いないです。

スポンサードリンク

なぜだか値段があがっている…。ご購入を希望の方は私に連絡くれてもいいですよ。今、数冊だけストックあります😊
本日のおススメスポンサードリンクは

移動中など手や脚がつかえなくても読書のように楽しめる、ありがたいオーディブル!

話題の洋書はもちろん、人気俳優による朗読も嬉しい。何時間も活字を追うには目も手も疲れる大作まで…流行りの新書や小説もあって、充実すること間違いなしです♪

私は洋書が多く、英語がメインですが、日ごろは偏りがちなボキャブラリーの確認も含めて、さらにいろいろな第一言語の方の発音も参考にしつつ、自分の強制的なチェックもできて一石あたり、三、四鳥です!スペイン語は….中級….うっ。。

会員登録、ぜひ30日間無料なので使ってみてください!

スポンサードリンク

私は電車や飛行機など長時間の移動のとき、ちょっと目を休ませたいけど、いろいろ読みたいとき、学習したいときに流してます。耳から聞いて覚えるのも良いなと思います。

お楽しみください!

11月のモノローグクラスのお申込み開始しました。10名以下の(たぶん8名くらい?)本当にじっくり取り組める深めるにぴったりの時間なので、お早めにカレンダーに入れておいてくださいね!

 

劇の状況で役を「生きる」ための必須条件④共感

タイトル通り、

本日は「フリ」をして、あるあるな状況や反射を説明するタイプの古い演技ではなくて💦

NG!

私の言うのは、映画でも舞台でも通用する、

実際に、俳優自身が自らの身体(声含む)、思考、感情も「まるごとつかって」、

劇で(脚本で)与えられた状況(設定、いつ、どこ、など)で、

役の人物の立場から、みて、きいて、感じて、考えて、決断して、行動する

という一連の、ホントの演技とそのための在り方、のこと。

これに必須なアップできるスキル、学べる必須条件についてです。

前回③「同調」についてはこちら https://kaorukuwata.com/conditionforlearningacting3

②の必須!一人称はこちら https://kaorukuwata.com/conditionforlearningacting2

そして最重要の前提がこちらの①https://kaorukuwata.com/conditionforlearningacting1

①~③が実生活でも小説や映画の世界でも理解できれば、しめたもの。

先へ進みましょう♪

さて、

「共感」て何よ?

前回「同調=同情」ではないことを、そしてその態度や立場は傷つかないという意味では安全だけれども、実際には①の時にお話した「やじうま」や「傍観者」の立場であるから、実際に「当事者」として行動してみせる俳優には使えないよ、というお話でした。

ということは、共感=同感(意見や価値観や基準が同じ)ではない、というのは、まずクリアですね💛

そして

共感するためには③で登場した「同調」のスキルをつかいます。これが日常の実際の生活と劇世界で生きるための違いです。

同調という「他人の靴を履いて」実際に歩き、見聞きすることによって、自分はどう感じ、なにをみききし、想像し、考えるか…

しかも東スポや女性自身!(笑)をせずに、

安全でなく、リスクの高い、当事者の立場から。

いかがでしょうか?

芸術の秋はこれ↑を前提としたクラスや鍛えるための★クラスを増やしていく予定です。初めての方もOK、2回目の方も飛躍できるプロに嬉しい時間をデザインします、ご期待ください。

本日のおススメお役立ちコーナーはこちらです。

シェイクスピア!

そうです、世界の巨匠を代表する劇作家。多くの映画やオペラにもなっていますね。

こちらは原著(英語)、お値段もお手頃でありがたい。Kindleもあって持ち運びに優しい♥

スポンサードリンク

こちらは河合祥一朗先生が翻訳してくださった日本語版。
シェイクスピア劇、特に後期のものを演じる、演出する方に欠かせない良書。
河合先生のつけてくださった脚注がこの原著に対するさまざまな方面からの批判や誤解にも回答しているので、とっても有り難い。このノートだけでも価値ある完成度。さすが学者です、先生!ありがとうございます!

スポンサードリンク

ズバリ!な演技のための戯曲読解クラスは「リア王」なので、さらに冴えておりますよ。あと2日でPart Iが修了ですが、リクエストが増えればPart IIへ続く予定です。ご期待ください💓

 

じっくりカレー、○○がミソ!

カレー部Kaoruです🍛

昨日、日本の和式🍛カレーライスを久しぶりにつくってみたんですが(もともと料理は得意)

別に…….まあ、たいして………美味しくはなかった(苦笑)

きわめてフツ―、でした。

残念!

って、実はそうなるだろうと分かっていたと思います。

というのも、

最近、プロの方にお料理をいただく機会が多く、また何かと外食も続いているので、久しぶりにやはり専門の方々の手間暇かけた「ていねいな」お料理が嬉しかったのですが、本当に違いマスよね。

和食、洋食、中華、エスニック……ジャンルはさておき食欲の秋の予感がある中…プロのお料理の数々は栄養もよく、季節感もあり、目にも麗しく彩りもよく、とにかく全体で「食事」になっているのが嬉しい限り。

そして、いつも目を見張るのが、どうしてプロのお料理はどれもこれも(個人的な好き嫌いはさておき)、

「あるレベル以上の質で」

「コンスタントに」

「不特定多数の他人に」

ただの栄養、お腹が空かないためのもの、ではなくて、

「予測していた以上」の(思いがけない嬉しさや喜び含め)「五感に訴える」

嬉しいお料理(作品)が提供できるんでしょうか~?

….さて、

今日の本題はこれ。

そうです。

このお題。

プロのお仕事の決め手、

つまり

①素人だけとそこそこ、身内なら通じる、継続的ではないけど、かなりいい線、なものと、

②プロで、不特定多数の他人からお金が継続的に取れる、納得させるレベル、の違い。

飲食の専門店を知っている方なら、ご家族やお知り合いにシェフや板前さんが多い方はご存知と思います。

クイズ「じっくりカレー、○○がミソ!」

の○○に入る言葉は何でしょう?

カレーに限らず、ですが、一例として。○○を考えてみてください。何が当てはまるかな?

ご期待のズバリ!な答えあわせは週末にあります、お楽しみに。

本日のおススメはこちら

スポンサードリンク

その昔、なぜか教材になっていて度肝の抜かれた作品。このあでやかな表紙のシリーズは世界観に近くて好き🌼

サイモン・マクバーニーも注目して作品化までした「春琴抄」も、奥深い「卍」も。

そしてさらに若かりし頃になぜか国語で出てきて驚いたのが

スポンサードリンク

映画にもなっていますよね。特に映画で私が好きだったのは、姉妹の着物姿がなんとも雅な「細雪」

スポンサードリンク

今週末、来週末の日曜&月祝の午後12時~16時でズバリ!な演技のための戯曲読解(とその実践)のクラスを開催します。キャンセルが出て男性はあと1名、女性はあと2名までOKです。キープがなくなった!アルバイトを代わってもらえた!リハーサル予定が変更になった…という方、クラス時間にしちゃいましょう!ご予約はメールかフォーム、またはファイスブックのメッセージ機能をご利用ください。

 

現実と劇世界(作品の世界)の違いは①

レッスンやクラス、授業などでご存知の方々には「いまさら!」感があるかもしれませんが、

芸術の秋🌰

ということで、

改めて、「劇と現実の違い」を実演家の立場から考えてみましょう~

劇と現実の最大の違い!

出来事ですか?

日常で自分が体験する飲み食いや恋愛や仕事のいろいろや家族や学校や地域の出来事も映画や舞台の台本にあるよね?

じゃあ、状況ですか?

確かに、日常でも劇でも似たような状況や度合は少なくても、戦乱や災害、犯罪や事件でも、家庭内のいろいろでも、時代はともかく男女のどうのこうのでも、まあ、状況は同じ……..ですよね。

となると……….

状況やその状況における出来事はSFでもファンタジーでも起きうることが可能だったり、可能なものに似ているわけで………

じゃ、実際は何なんでしょうか?

🐣🐤🐥

 

 

じゃ~ん!

 

 

……………

 

それは!

 

劇と日常の最大の違いは…………..

 

それは

「結末(展開)が決まっていないこと」

劇は2時間後どうなるか、が決まっている。

2年後どうなるか、が示されている。

このあと誰がどうなるか、「何をするか、しないか」、おおよそ言動が決まっている。

現実はすべてが一期一会だし、とりかえしがつかない。

決定的瞬間がくるまで、実際になにをどうするか、いつ、誰が何をするか、しないか、本当にギリギリまで分からないのです。

これが違いです。

本日のおススメは大御所のこちら。

私の元上司でもある、「世界の」ってなぜかつく蜷川幸雄先生

スポンサードリンク

ついでにというのも失礼ですが、これまた最高の仕事。朝倉摂先生。
スポンサードリンク

劇とは?

劇的とは?

劇と現実の日常の違い、意味、魅せる/見せること、そして「空間」=場とは….

巨匠たちの英知をありがたく。

この「現実と劇世界(作品の世界)の違いは」は演技を深めて面白くするためにも、劇作の内容を効果的、意味意義あるものにするためにも、演出を効果的で上演に値する内容にするためにも大切なので、②へ続きます。

 

 

8月開催!まるごと演じるためのエクササイズ(入門参加済みの方対象)

今日は選挙に行きますよ~♬

さて、

なにごとも完璧はありませんが、それでも、

「なにかを変えてうまくなりたい、でもよく分からない」

と思うのは自然な流れ。

「舞台には出ている…でも納得できない、もっと手ごたえや結果が欲しい」

と思うのも、やはり好き!だからこそ。

しかし、せっかく稽古を重ねても、

「ずっと我流でいろいろ試してきたが、なんか違う気がする…」

のようなモヤモヤを抱えたまま、何年も頑張りつづけるには限界があるように思えます。

いろいろなご縁や幸運に恵まれていても、

「ある程度は『こなせる』がそろそろ演技の幅を広げたい」

と感じるのは、仕事を大事に思うからこそ。

8月はそんなプロおよびプロを目指す方が充実して「まるごと演じる」ためのエクササイズのクラスを久しぶりにやります。(エクササイズ・アレクサンダーラバンの各種入門クラスのいずれか1つは参加済みの方対象)

毎回新しいエクササイズを発明しつつ、改良も加えつつ、発展しつづけるこのクラス。

俳優だけでなく歌手やダンサーの方もご参加いただけます。

想像力や感覚も筋肉と同じ。使わなければ衰え、ケアしなければ固くなる….

スタジオで実際に身体をうごかし声を出し、感情の変化などの基本的な考え方を確認しつつ、実践的なエクササイズをつかって底力アップ!

・演技のいろいろをスキルアップしたい経験者に
・大学や養成所、各種学校などでは足りない実技を補うために
・活躍中の方のケアと見なおし、さらなる飛躍のため

クラスは原則みなさん一緒に行いますが、課題設定などで目標の調節などをする場合もあります。フィードバックなどは個別の目標やレベルに応じて行います。ご安心ください。

■日程 2019年
8月16日(金)13:00~17:00
8月23日(金)13:00~17:00
8月30日(金)13:00~17:00

■会場スタジオアルバ 文京区関口1-37-メイク2ビル B1F 地下鉄東西線早稲田駅徒歩8分

■参加費
演じるためのエクササイズ:19800円(計3日分)
*ご予約完了時に振込先のご案内があります、初日2日前8月14日(水)までにお振込みください。

■持ち物
ご自身が快適に動ける身体の様子がみやすい稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など必要なものをすべてお持ちください。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切
開講日の前日まで申込みは受付しますが、質の維持のため10名前後の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
申し込み後に、万が一病気などで参加できない場合は必ずその時点でご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)クラスはコースごとの3日間のセットです。万が一1日しか参加できなかったとしても残念ですが払い戻しできません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理にはお気を付けください。*開始日の2日前までは事故など万が一の際にはキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承りますのでご利用ください。1日前以降の直前キャンセルの場合は受講料の全額をご負担いいただきますのでご了承ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)

🐼🐼🐼

今週の連休はアマゾンのプライムデーがありますね~♬

Kindle Unlimitedが光文社古典新訳文庫をたくさん出してくれているので、有り難いデス!
クラスでお会いしたときに、赤裸々な読書やいろいろな観劇の話もしましょうね~♬

スポンサードリンク

究極の映画メリル・ストリープ「ソフィーの選択」

本日、世界を代表する(笑)名優と言えば、すっかり年増風な印象が最近はつよいメリル・ストリープ。

しかし実は、彼女はさらなる絶世の美女だったわ、大昔から(いまも麗しいです)。

現役もながく、ハリウッドきっての知性でもあり良心でもあるメリルの代表作でもある「ソフィーの選択」

必見です

この作品の素晴らしさは

①原作からのテーマの普遍性、深さ、多様さ

②作品の構成、構造全体

③何重にも重なる伏線

④人間観察・洞察の深さ(心理学系を専攻の方にもみてもらいたい)

⑤一貫したテーマ、世界観

⑥メタファーの深さ、効果的なつかいかた

⑦詩のもつ象徴的な意味と上映された時代への返信

…と上げればキリがないほど。

絶品ストリープ「ソフィーの選択」

スポンサードリンク

紆余曲折を経たキャスティングから、フランス語なまりに、ポーランド語に、ああ語学まで!

しかもお相手のケヴィン・クラインったら、この映画が初映画出演…..どういう本格派の底力ですか?!(すでに舞台では売れてましたが)

かたやもう一人もテレビシリーズで近年もお馴染みの実力派。

じっくり考えながら共感しながら、カンタンな同情や倫理観で守らず、ご覧ください。

特に詩の世界に私は詳しくないので、いろいろ調べるまで、味わえないところがあったのですが、「エミリ・ディキンスン」の詩、大切ですね。

そして、時代性も。

「アウシュビッツ以降の詩作というもの」

私も不勉強で、最初はピンとこなかった。ダメです。もっと最初から知っていたら、初めから感激の嵐だったはずなのに…………..もっと学びたい!

戯曲の構造で悩む作家も、さまざまな意味づけで困る演出家も、当事者の固有の感覚を掘り下げたい俳優も…………

み~んなに繰り返しみてもらいたい傑作です。(確かに重く暗いテーマではありますが)

今ほどネットでツイッターやフェイスブックやYoutubeを通じて、世界のあちこちにいる当事者たちの様子をみたり、生の声を聞いたり、リアルタイムで知る手立てが選べる時代はなかったのに、それらが自分たちの共感やその後の行動を変えるためではなくて、やじ馬と保身や攻撃のためだったら………..悲しいです

気持ちイイ、愉快な作品ではありませんが、真の芸術たる由縁がつまった傑作です。

今週からのモノローグクラスはキャンセル出て1名だけご予約の追加可能です。「あ!現場のスケジュール変わっちゃったから行ける!」という方、「キープが外れた」という方、チャンスです。セリフを入れてくる必要のないクラスですので、ぜひ、おいでください。

 

ものぐさの呪い-演技のプロセス①

本日、いつにも増して、ハッキリ書きます。

「マメである」と自信を持っていえない方(笑)、

自分は「ずぼらだな~」💦と心当たりがあって、でも気にしていない方」(苦笑)、

これまでに身内や親しい方々にダメ出し!された記憶が新しい方、耳が痛い!という方は読まない方がいいかも?!

いま健康状態に問題がなく、睡眠をそこそことって、ゆっくりお風呂に入って(笑)他人の幸せ🎶が喜べる余裕がある方は、よく寝てから、ちょっと何か食べてから、読んでください😊

演技は役の人物自身が、
①「目的」に向かう(本来は暴れ馬のような理性の思い通りには必ずしもならない)感情と、
②それと折り合いをつけようと(本人なりに劇世界での生い立ちや状況や社会をふまえて)働く「思考」と、
③その①②が葛藤なり拮抗する力なりの化学反応から、さらに目的にあった方法(と本人がそのとき何らかの事情で選んだもの)をつかって、
④(俳優/歌手)自身をつかって、実際に行動する、

という、実に現実と変わらない、「(反射)⇔反応⇔応答⇔行動」のプロセスを経ます。

ただ、

このプロセスは劇の場合、いわゆる条件反射(例えば、電車がきたからただ乗る、覚えているので歯をいつも通り磨く)だけではないので、ちょっと工夫が必要。

そして

「他人バージョン!」

なんだな~💦

この2点がポイント。

「❶無意識や習慣を含む反応~行動へのプロセス+❷その他人バージョン」、

で….

日ごろ、まぁまぁ生活ができていて、基礎学力に問題がなければ、

他人バージョンをやるだけ!なのですが(今、便宜上、他人にみせるため、きかせるための上演のための技術は別)、

ただ結果であるところの「行動」をやるだけじゃなくて、

「行動の裏付け」もやりたいよね、と。

つまり、

ただ形(所作)を状況の説明的にやるんじゃなくて、ただその人の言葉を覚えて言うんじゃなくて、

その背後にある理由にも想像力を働かせたいね ということ。

そう考えると↑☝の①~④を感じつつ、考えつつ、気づきつつ、やることになりますね

あれ?!

何かに似ていませんか?!

そうです。

交友関係~♥ (笑) 友達でも家族でも、先輩後輩、恋人でも~❤

「他人の気持ちを考える、意図を想像する、動機に共感する、(自分とは違って当たり前の)固有の感覚を尊重する」

という路線💓

で、この❶&❷を通じて、

俳優自身が透けて見える仕組み⚡

例えば….

私はいまだかつて、どこでもトム・ハンクスを嫌い!という方にあったことも聞いたこともないのですが、

なぜでしょうか?

🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈

さて♫

素晴らしい歌手のうたを聴いているときも、実は私たちは同じようなことをしていますよね。

ただ言葉を聞いていない、なんとなく音を聴いていない。

意味も考える、なぜなのかも想像する、個人の事情と可能性も連想する…….

クサい芝居、白々しいセリフ、無いから故の「誇張された」説明っぽい演技が減りますよーに

はい、七夕~ね~★

🐕🐕🐕🐕

今日はイタリアへ留学中の友人を思い出し、イタリア(シチリア)シリーズ!

スポンサードリンク

絶世の美女過ぎるモニカ・ベルッチ様!ももちろんですが、映画のポイントは人々の偏見や村社会も明らかに。戦争がちょっと美化されているマチズモ臭がちょいと漂うが、それはイタリアだからなのか…..。それにしても少年の目線は温かいよね。これを忘れないで大人になればいいのになー。

そして、名作はこちら。

スポンサードリンク

みないと損。とてつもなく素晴らしいだけの傑作映画。たまのマンガや娯楽もいいけど、こういう深みのある、いろいろな人達の人生に影響のある、何年にも渡って(知らない間も)間接的に影響を与え続けるような作品は上演の価値がいつもあるなと思います。嗚呼、ためいき!

7月のモノローグ4夜間クラスは不思議なキャンセル出てあと2名だけ滑り込み参加OKです、自分はもっとできるはずだ!という方、ぜひお申込みください。セリフをいれてくる必要はありませんので、久しぶりの方も現場で行き詰っている方もどうぞ~

 

 

 

 

国語の読解と台本/セリフは何が違う?

低空飛行、それでも演劇、舞台芸術、はては俳優養成とプロのブラッシュアップは休まない!(笑)

先日の4夜間のズバリ!クラスもありがたく無事に終了いたしました。ご参加のみなさまお疲れ様でした。そしてちょいと今、不自由な私のために運転してくださったJちゃんもありがとうございました。

それにしても…….

最終日、久しぶりに残業したわ!

演技を考えるにあたって、究極的には

「私たちが日常(無意識でも)やっていることは、『役の人物もやっている』」

……と思えば、いろんなことがクリアになりますよ~

国語は基礎ですし、前提でもあり、もちろん便利で必須なのですが、

国語=一般的、観念、利便性のため、共通認識、

であるが故に

「あるある」になりがちです。

そう、ちょっと「ヤジ馬っぽい」

安全な距離をとったままセリフをいれて、稽古場へ

…ですと、意見のない、感情の動かない、

「どうみえるか」「どうきこえるか」

を意識しすぎたスタートを切ってしまいます💦

そしてちょいと単純化しすぎたり、客観的すぎたり、説明が混じったりしてしまいがち。

ということは、

社会通念や「信じたいこと」、(善くも悪くも)特定の倫理観から「断罪」してしまう可能性も高いんですよね。

個人的というより、平均的。

一人称ではなく、「あるある」

これだと、やはりセリフもト書きもただの言い換えや国語的な解釈の域で終わっちゃう

🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈

一方、本題の台本/戯曲読解は、

セリフやト書きを「国語の意味」からの「言い換え」ではなく

自分が(ほぼ無意識のうちに)普段やっていることの連続。

例えば、

①何をみたから、何をきいたから(刺激→感覚器官/感情)

②どう感じて、(感覚器官⇔記憶や連想)

③どう思った(感覚器官⇔感情/思考)

がゆえに、

④どの行動を選択したのか(応答)、

⑤そして実行したのか(身体化、運動化)

ですね。

その過程で、

私たちはどうみえているか、どう聞こえているか、を先に用意してなぞろうとしていないです

これ、重要。

ということは、

『意味づけ』=個人的、主観の世界、目的、方法、そして状況に対する応答次第….

面白い♬

もっと演技を極めたい方、世界スタンダードの健全で長年つかえる本物のスキルアップをしたい方、ぜひ各種レッスンやクラスへどうぞ♪

さて、本日のおススメコーナーは、

小学生の私に衝撃的だった名作品

スポンサードリンク

オペラにもなっていますよね。そのオペラ版の上演台本がうちにあって、びっくりして面白くて(生意気な子どもです)、父の部屋で読みながら

「これは、どういう舞台?」(@_@)

「これがオペラ?歌?どんな人達がやるの?!」😲

とあまりにも不思議だった第一印象。

そしてのちに、まさか自分も演劇するとは~💦

普遍的なテーマ、ユーモア、それをオペラにしちゃうところが痛快でした。

 

 

 

まだ『セリフ』を言ってるの?!7月開催モノローグクラス

その昔、私は母校のそばに住んでいました。

近くを通ると校舎から明らかにセリフの練習をしている声が聞こえます。

ああ、先輩まだやってるな~、あ、後輩も練習してるな~

そんなほのぼのとした日々…..

「あれ?!」

「ん・・・・・・❓!」

なにか変ではないでしょうか?

確かに、つかっている語彙で「ああ、お芝居だ」と状況から分かるのもありますが💦

その後、指導する立場になり、演技コーチを極めていく中で、さらに気づいたのが、

私のお気に入りBBCラジオ4であっても、実際の人々のインタビューやスピーチといわゆる「ラジオドラマ」がまったく違うのが、途中から聞いてもすぐ!分かる!のです。

どうして?!

!!

そんなの、おかしいじゃん!

爆笑

みなさんは友達や家族や周囲の人々に「セリフを言って」いますか?
(特殊な状況以外で)そんな方は(ほぼ)いないと思います。

 

私たちは一人称で個人的な意味を伴って、動機や目的があって「ことば」を使って行動しています。本当に感じて、考えて、行動する演技へ「セリフを言う」のではなく、ー1人称で「しゃべる」体験をしませんか?

劇(脚本)の与えられた状況で、役の人物として行動するために、どう想像力を活かしたらエキサイティングか、言葉と内面と身体をどう扱ったらより魅力的になるか、モノローグをつかって磨きます。

せっかく作品に参加するなら「形ばかりの」フリや「段取り芝居」ではもったいないです。

言葉と内面の関係、身体の解放、想像力の鍛え方と感覚…一人一人取り組みましょう。

セリフ課題の相談は個別に事前に応じます。*セリフを入れてくる必要はありません。(ラバン入門クラスでエフォートを学んだ方が対象のクラスです)

■日程
前半
7月11日(木)18:30~21:30
7月13日(土)18:30~21:30
後半
7月18日(木)18:30~21:30
7月20日(土)18:30~21:30

■会場:「スタジオ アルバ」 文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F
地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋 徒歩11分

■参加費:
モノローグクラス計4日間 19800円

前半のみ2日間の参加10800円*後半のみの設定はありません

■持ち物:
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など、初日から必要なものをお持ちください。課題の説明はお申込み完了後にあります。

■お申し込み:
ラバンのクラスに参加済みでエフォートに問題のない方対象のクラスです。年齢やキャリアは問いませんが大卒相当の(実際の学歴は不問)基礎学力に問題ない方対象です。
以下をご記入の上メール又はFacebookのメッセージでお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。件名にクラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付しますが、たっぷり演技の実践も併せてしてもらうため10名以下のクラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でも「その時点で」必ずご相談ください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は予約完了後にご案内しますのでクラス開始前日までにお振込みください。クラスは4日間または2日間のセットです。
例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。
*開始日3日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。次回クラスへの振替は承りますので、そちらをご利用ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)3日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。少人数で取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師も務める。世界最古のアレクサンダーテクニーク指導者認定機関英国アレクサンダーテクニーク教師協会(STAT)会員、日本演出者協会会員