何のためのアレクサンダー・テクニーク?後編

私の「分からなくてもいいんです、出来れば!」

という発想にさらなるショックを受けたのか、(やっと)黙った助手。

…(T_T) しかし頑なな助手は未だ納得がいかない様子(きっと体験がないのね、フッ。。☺)

助手「出来れば…分かる…???」

Kaoru「そうよ。分かることが目的じゃないでしょう?分かったって、芝居がよくならなきゃ!芝居がうまくなってこそ、だよ。それにプロの何十年も活躍してる、そこそこ売れている人だって、そんな渦中にいて歌ったり、踊ったり、芝居したりしてるとき、内容に夢中になってるんだから、よっぽどでない限り、そんないちいちプライマリーコントロールだの、方向だの意識してられないよ。してられないからこそ、練習するんだけどね。正直、そんな技術のことなんか考えて気が散ってて欲しくないよ。結構イケてる人だって、なかなか自分がやってる事は刻々と変化してるんだから、感じ取る余裕なんか無いって。(^^;」

助手「…(あまり聞いてない様子)」

Kaoru「個人レッスンと違ってグループの良いところは、周りのそこそこ客観的な目がたくさんあって、励みになったり、他人のふり見て我がふりなおせ、とかが働くことよ。自分が直接感じられてない変化も指摘してくれる訳だし、同じように自分も他人の変化を目撃したり、聞き取ったりするんだから。それで自分で気づけるようになったり、練習したくなったり、日常から取り入れてみたくなるんだよ。強制じゃない。」

助手「…(モジモジ)」

Kaoru「だから尚、直接、生徒に今すぐ背骨の頭の関係を感じて欲しいとか、テクニックの基礎原理を分かって欲しいとかね、それこそエンド・ゲイニング(方法を吟味しない突進的態度)だよ。直接的すぎ。理屈が生徒に重いよ。だいたい、生徒はアレクサンダー・テクニークを教えたいんじゃない、『つかって』、演じたり、ダンスしたり、歌がうまくなったりしたいの。」

助手「あんな硬いのに…こんなに教えているのに…どうして変わらないんでしょう?」

Kaoru「教えてないよ、○○さん。同じこと繰り返し訴えるだけで、説明も具体例も変えてないのは『あなた』です。『生徒が変わらない』ってねぇ…あなた自身が教えるための方法を変えてないじゃない?個人レッスンと同じことができる訳ないでしょう?」

助手「…じゃあ、どうしたらいいんでしょう?」

Kaoru「…だから今日は、実際の芝居のシーン中にハンズ・オン(手でいろいろ促し)して体験してもらう時間だったのよ。そうすればお互いの変化も見えるし、聞こえるんだから。。。(-_-;)」

助手「う~ん…でも~」

Kaoru「…そうやって自分のいつもの同じやり方にこだわるの…それ、ダメよ。」

助手「…う~ん」

Kaoru「とにかく…目的はアレクサンダー・テクニークを教えることでない、と。ここは養成所で演劇する場所なんだから、『演劇のために』アレクサンダー・テクニークをどう使ったらいいのかを教える場所なの。アレクサンダー・テクニークを『伝道』することじゃないよ。」

助手「はい…う~ん…わかりました…」

(やっと)終了~。

その後、やりとりを一部始終聞いていた事務を担当してくださっている演劇人のSさんが

「カオルちゃん…前も同じようなこと、指摘してたよねえ~?」

と。Orz…

「助手さん、話聞いてないんだろうか…?」

と。そして、

「…コミュニケーションが…ないよね。コミュニケーション不全?はき違えてるんだろうか?」

と。Orz…

だいぶ割愛しましたが、事務員も思わず聞きながら突っ込み入れちゃう押し問答なのでした、ちゃん、ちゃん。

目的をはき違えると、素晴らしい方法も本来の力が発揮できません。そして方法を目的化しないで、本来の目的を見据えた方法の選択を吟味したいです。ね。とほほ。

何のための「アレクサンダー・テクニーク」?中編

「できるから、分かる」のだ!

という私の指摘!

☆彡

・・は明らかに助手にショックを与えたようで(-_-;)

助手「えっ、でも、ちゃんと自然なうごきをして、背骨が伸びて、きちんとしたつかい方しないと・・ほら、自然体でね・・あの子たちあんなに硬くて・・」

といまさら同業者(しかも私は先輩だ!)にアレクサンダー・テクニークの正当性を力説をし始める助手。

・・おい、おい。苦笑

Kaoru「あのね、アレクサンダー・テクニークを学びたくて演劇の養成所に来ないでしょ。演劇学びたいから、演劇の養成所来てるのよ、彼ら。だいたい芝居中にニュートラルでなんか居ないよ、誰も。出来事の渦中にいる当事者がいろいろ感じてるのに『ニュートラル』なんかしてる訳ないじゃん。芝居中にニュートラルさせないで、って言ったでしょう?

助手「・・じゃあ、私は背骨を長くするとか、筋肉にこだわり過ぎなんですね(ボソボソ」

Kaoru「ん~、ちょっと違うけど、ま、そうです。教える目的がずれてるよ。それにやってることがどうも『治療』っぽい。Teaching(教授)してないよ、あなた。」

助手「じゃあ、私はどうしたら・・何をしたら・・どうやって教えたら・・?」

お~い、助手~、あなたまで生徒化してどうする~???(T_T)

Kaoru「だから今朝、言葉で朗々と説明するんじゃなくて、シーンをやっている彼らに直接、まぁ、そこそこ『内容の変化にあったからだの動き、特に背骨の様子の変化をつけてね』と言ったの。シーン中にただ機能的に有利なからだの使い方してどうするの?!意味ないじゃん。ただ良い状態にさせてどーすんの?そりゃ、固まるでしょ、動かしてないんだから。」

助手「じゃ、動かすってことですか?」

Kaoru「当たり前でしょ。どう動かしたらいいのか、分からないんだから。全体に変化が及ぶように促すのよ、動きつけながら。背骨のうごき、とかね、全体を。」

助手「だって、あの子たち、すごく硬いんですよ?」

Kaoru「そうよ。だから学びに来てるじゃないの、養成所に。それに、あれでもだいぶ良くなったのよ、去年よりは。」

助手「ええっ(と驚きつつ)!・・じゃあ、ダイレクション(方向づけ)を・・自分できちんとできるようになってから、でも、それが分かってないから、できないし。どうしてできないんだろ、あの子たち・・」

Kaoru「彼らが、今できるできないは関係ない。はっきりいって。でも、出来たらどんな感覚なのか、どんなに良いことがたくさんあるのかをちょっとでも感じさせるの。それが仕事。そうしたら『ああ、自分は肩に力入れすぎてたな、それで声が出しづらかったんだな』とか『脚つっぱってたな、やっぱり演出家に言われた通りだ。じゃあ、それやめよう』とか、いろいろ自分で気づき始めるでしょう?それが教えるって事だよ。」

助手「・・分かってないのに???」

Kaoru「分からなくてもいいんです。出来れば!」

助手「えっ?!・・・分からないのに???」

Kaoru「じゃあ、分かったらできるの?楽器の演奏が?歌がうまくなるの?ダンスが上達するの?体験しないで?自分で気づく体験がないのに?じゃ、自分で出来るようにならないじゃない?生徒は自分で練習したくならないじゃない?!」

そして・・・やっと(頑なな)助手は黙ったのであった。

ほっ。。。

思いの他、助手が頑固だったため、後編へ続く・・・(T_T)

軽井沢

何のための「アレクサンダー・テクニーク」?前編

本日、私の某助手さんが「もう。どうして分からないんだろう?!なんでかしら?」とため息をつきました。

あのね・・・ここ職場です。

と、はい、その不可思議な態度はさておき・・・(^^;

今学期は、S養成所の2年生達にアレクサンダー・テクニークの授業内で、本人たちが選んできたいろいろな名作から面白い1シーンを使って、アレクサンダーの原理を演技に応用していくという、とても面白くて、即効性もあり、戯曲分析も兼ねて、かつ演技が深まる、他人のシーンを見ていても、自分のシーンをやっていても、そして教える私(達)にとっても、マルチタスクなやりがいもある、(本来は)とても愉快な仕事なんですが・・・とほほ。(^^;

助手(有資格者)が「どうして分からないんだろう?不思議・・・だって、大事なことじゃない?基本でしょう?首と頭と背中と、ほら、プライマリーコントロールが・・・どうして分からないの?!」と珍しくイライラ口調で喋りだしたので、

Kaoru「あのね、そんなこと、彼らは分からなくたって、いいの。」

助手「えっ?!・・・」

Kaoru「基本と言えば基本だけど、何が(私達にとって)基本かなんて言う理論より、彼らはより良く自分のからだ全体をつかって、『演じる事』を感じたいの。プライマリーコントロールがどうのこうのなんて話、大事じゃないんだよぉ~。ははは(笑)」

助手「えっ?!・・・でも、大切ことでしょう?基礎でしょう?首と頭と背中がキチンとつながってないのに・・・どうして分からないのかしら・・・(モジモジ)」

Kaoru「確かに大切なことだけど、彼らはそんな理屈より、実際にアレクサンダー・テクニークを少しでも『体験』しながら演技してみて、それで、相手役や見てる周りの人が感じることが変わったりすればいいの。人がやるのをみてて、声の違いやセリフの変化に気づいたり、うごきの楽さや自然さや、見栄えのよさ、役の人物としての「全体の反応の様子」が良くなっていっていることが見えたり、聞こえたり、感じられば良いんだよ!(怒)」

助手「だって、全然変わってないじゃない!プライマリーコントロールが分からないから!どうして?ぜんぜんそれが分からないから、できないんでしょう?」

Kaoru「だから!そんなこと分からなくっていいの。いま、『分かる』必要ありません。」

助手「えっ?!でも・・・プライマリーコントロールが分かればできるでしょう?」

Kaoru「できません。できないから、分からないのです。」

助手「えっ?!・・・」

Kaoru「どうしてアレクサンダー・テクニークが有効なのかとか、プライマリーコントロールがいかに大事かなんて分からなくたって、いい芝居はできるんだよっ。プロでもね。でもアレクサンダー・テクニークをつかえばさらによくなる、いろんなことが楽に、しかも方法も選べて、はっきり感覚を感じられて『全体で芝居できる』ってことを『体験させる』のが私達の仕事でしょう?違いが見えるし、聞こえるし、相手にもお客さんにも伝わるんだってこと。生徒に何が大切だとか基本だとか押し付けて説得することじゃない!(怒)『できるから分かる』のです。」

助手「えっ・・・でも・・・分からないで、どうやってできるの・・・?」

Kaoru「あのね、子どもの体操と同じだよ。理屈分からなくたって、方法をこっちが持ってれば安全にできるの。だから!(怒)それがプロの仕事でしょう?私たちの知識と経験と技術をつかって『体験させる』の!私たちはその方法を学んできたはずだし、それが仕事をするってことなんだから。アレクサンダー・テクニークを習ったままじゃ、教えられないよっ!教えるための方法を工夫しなくっちゃ。」

助手「だって、ぜんぜん感じてないみたいなのよ、あの子たち・・・(ウジウジ)」

Kaoru「それを、演技しながらでも、彼らに感じさせるのが『仕事』でしょうに。」

助手「えっ・・・アレクサンダー・テクニークを教えることじゃないんですか?」

Kaoru「はぁ~?!」

後編につづく。。。