「自然に」の真意。-自然、その実体は…?前編

プロ、アマ、学生、年齢性別経験問わず、あちこちで聞く(私にとっては意味をなさない)フレーズ「自然に」。。。

かつて私もその周りも頻繁に根拠や定義を確認しないまま使っておりました。(恥)( ;∀;)「自然な感じで~」「自然にやりたいので~」「自然体で…」「自然でいることを~」「自然にできないの?」「もっと自然にさ~」

あ~!もうっ!自然、自然って、うるさい、なんやね~んっ!(笑)

あのね、わざと「不自然にやろ~うっと♪」なんて人(特殊な場面を除いて)おらんのです。

一般的な意味で、多くの人々が、そこそこ「自然」にやりたいとは願っている。しかしできんのです。できないから、こういうフレーズが頻出するのよ。(T_T)

で、まずは、

①一体、なにを目的とした「自然」なのか?そもそも「不自然」の反対という曖昧な印象でいいのか?

②おおよそ合意できそうな「自然」や「自然さ(らしさ)」の定義と根拠はなにか?

③「自然さ」なり、「自然らしさ」そのものは、方法としてどう扱えるか?その正体は何なのか?

あたりが気になる訳です。

私の長年の(?)研究による解答 A~C はこちら↓

演劇やダンス音楽等の芸術の実践における:

A「自然」の意味:他者からみて、また不特定多数の人々の基準を用いても、「不自然」であると解釈されるような「自然の法則に則らない」現象を用いていないこと。例えば「自然の法則である重力に逆らって」、無駄な緊張を入れて肩を持ち上げ続けたまま、日常の動作をし続けていて、その筋肉が、目的に合わない緊張状態がパフォーマンス中に長時間、または頻繁に、意図に反して繰り返される状態。

はい、たしかに「自然」ではありません。

B「自然」の役割:他者および不特定多数の人々から判断して、「目的に合わない非合理的および非生産的な方法」の査定とその評価基準を定めるため。また整合性や一貫性を証明するための一種のものさし。例えば、通常、何時間も人前で特定の声のトーンや強さや速度やリズムで発声していたにも関わらず、何らかの「意図」により、声色をつくるための「通常とは違った」発声方法で、「通常とは違った」声を出すこと。

はい、これは「不自然」と言われますね。その場合、イミは「いつもと違うじゃん」です。(笑)

C「自然」の目的は:他者にみられること、聞かれることを前提とした芸術において不可欠である稽古や訓練といったものによる技術のあとを減らすこと。意図しているのに意図を感じさせ過ぎない、一種「自然現象」に類似した感覚を引き起こせるかどうか、また意図的に選ばれている方法の連続にも関わらず、その選択がまるで必然的であるかのように感じさせる、または想像させること。

…かな~?と。

例えば、念入りに訓練および稽古を長時間長期間に渡って修得した技術を基に、ダンスや歌や芝居の作品に、実際は精密に方法を吟味し、綿密な計画に沿って「演出」しているにもかかわらず、あたかも「当たり前」で「偶然」かのように感じさせるような、技術の巧みさと表現が融合しているさま。

…かな~?と。

みなさん、いかがお考えですか?

本日はこれまで~。中編(?)へつづく。

 

*プロアマ及び用途は問わず、一部でもブログ内容を引用したい方は必ずご連絡くださいネ💙

 

 

 

 

からだの「表情」ってなに?シーン発表 後編 「先輩、現る!」

先日、私の敬愛する素敵な先輩センセイをお迎えしました。私と同様にイギリスに留学され知り合ったご縁もあり、バレエや演劇が好きなこともあり、ときどき一緒にお仕事させてもらっては学ばせて頂いたり、愉快にお付き合いさせてもらってます…と先輩自慢はさておき…肝心の!!

シーンスタディーの続きを掘り掘り、掘り掘り…1作品、1シーンの冒頭1分程度を磨くのに、2時間かけてみましたっ!

うっ!(^^ゞ

な、長い…

でもね、こうやって、実際に、なにが、どうおかしいのか、どういう原因で、どんな関係性で、いろいろ素敵でないことや意図しない変なことが演技中に起こっているのかを具体的に分析して、「その場ですぐに『解決する方法』を身につける」こと、これが授業やクラスやWSやレッスンの醍醐味でもあります。あとはその原理を応用すればOKだから~♪

演技を磨きたかったら、さまざまなエクササイズやトレーニングを通じて、演技中の(自分の&他人の)問題点がみえるように、聞こえるようにならにゃ~、なりません。自分で気づけないものは基本的に変えられないよ、ま、だから教える側も学ぶ側も時々、苦しかったり、忍耐がいるのですが…(T_T) ははは。

という訳で、③フィリッパ・グレゴリー作「ブーリン家の姉妹」から。

スカーレット・ヨハンソンとナタリーポート・マンの姉妹役映画化されて話題にもなっていた、史実を基にした歴史大作。権謀術数渦巻くイギリス新興貴族たちの宮廷を舞台にした家族も親戚も巻き込んだ愛憎まみれる、生き方も性格も違う姉妹の紆余曲折の人生模様を通じて、人間の普遍的な姿や生きることのテーマや歴史のさまざまな側面を描き出す。

そんな作品なんだけど…

どういう訳か、メアリーとアンが友達同士!な身体だったダメな稽古期間を経て、今は…召使いとアンという謎な様子になってしまっている。。このシーンでそりゃ、ないよ、処刑前ならともかく…苦笑

本日はメアリーがアンに自分が結婚したこと、子どもを身ごもっていることを伝える場面。アンは夫の浮気疑惑でそれどころではない、流産もしているし…など差し迫った状況と長年の確執を抱えた面白いサスペンス&ドロドロ場面♪

なのに…まず…ん?!

あれ~?2人とも、歩き方からが変だぞ~?!(^^ゞ

どこからきて、どこに行き「たい」人なの???

アンがメアリーを宮廷から追放すると言い放ち、部屋から追い出すまでのシーンを一通りみたあと、ゲストで御呼びしていた素敵なティンカーベル先輩が、

先輩「…???…」

と私の方をみて、

Kaoru「こんなです。技術はさておき、なにがしたいのか、目的不明のうごき、内容不在のセリフがこんなに…さっぱりわからんのですよ(苦笑)、なにしたい人なのか、まず。そこから×。」

先輩「えっ?!…こ、これをどうしろと?かおるチャンっ?!」

Kaoru「はっきりさせたいのです(#^.^#)」

その後、しばしご歓談。(笑)

ヒヨコ俳優たちはただ話に聞きいる、少々緊張の面持ちで。(笑)

そして、

先輩「う~ん…あら~…(苦笑) まず、どこに行きたいの???…からだに『表情』がないよね。(^^;」

その後、私がシーン分析を質疑応答しつつ内容を解明しつつ、シーンの冒頭を1時間ほど掘る、掘る、掘る。

やっと俳優も役の人物が「やりたいこと」、「感じたいこと」、「避けたいこと」、「恐れていること」、「どうしても今すぐやり遂げなければならないこと」などが明らかになりました。ほっ。

素晴らしきティンカーベル先輩は、ちょいちょい俳優に質疑応答しつつ、私と会話しつつ、実際にからだのうごきをガイドしつつ~♪俳優が今のシーンを演じるのに役立たない変な無意識のうごきやクセやシーンの邪魔になっているワンパターンな反応を防ぎつつ、演技を始めるのに適切な身体のつかいかたの状態と意識の内容へ向かいます。そこから役の人物へ…2時間が経過。

まずは俳優自身が自分の実際の身体の様子をまあまあ現実的に、客観的に感じ取れるように。!(^^)! 硬めまくっていた(泣)胴体も解放して、不可思議な体重の移動や不自然すぎて誤解を招いていた反応のマンネリもやめて、このシーンの冒頭に相応しいうごきが2人ともできるようになりました。(*^^)v

ほっ。。。ここからスタートじゃっ!

他のヒヨコ達も、これに続けっ!

先日、シンガポールのクラーク・キーで絶品蟹ディナーを前に飛び立つKaoruの写真をつかってみました。!(^^)!

別記:ちなみに、映画版「ブーリン家の姉妹」の姉妹のお父さん役のマーク・ライアンスはイギリスを代表する舞台も映画も賞を総なめの歴史ある名優でもあります。かの有名なシェイクスピア・グローブ座の芸術監督でもありました。彼の「リチャード2世」は面白すぎて、3時間立ち見にも関わらず、感動!だったよ♪

 

 

「落ち着いて」って何のため?

「苦言」を呈する予感がしているKaoruです。意外に(?)マジメにアレクサンダー・テクニークの個人レッスンのご案内やらムーヴメントのグループクラスのお知らせなどを季節ごとに出している私ですが、そんなとき、直接でもメールでも、電話でもよく言われるのが(私には謎な)フレーズ。

「落ち着きましたら、ご連絡します。」「ちゃんとやりたいので落ち着いて通いたいです」「落ち着いたらレッスンお願いします。」

まぁ…(^^ゞ

みなさん日本語圏の方が多いので、やんわりとした断り方の見本として本に書いてあるんでしょうか?私、ずっと違和感を感じてます。みなさんが結果、参加をすべて断っている訳でもないので、私は「先延ばし作戦💙」の1つとして分類しています。(もちろん天災や事故及び手術や介護や引っ越しなどは除く)

あの~、率直に申し上げて…僭越ながら…

「レッスンに通い始めたり、レッスンへ行くために、落ち着く必要ありません!」

同じく、

「1年に数回、1回1週間程度のクラスに通うために、「『落ち着き』は要りません。」

むしろ…落ち着かないとできないって…どれだけ大変なことやろうとしてるの?笑

そして…

「今の状況や現時点での自分の能力に『落ち着き』感じてなくていいから!笑!」(T_T)

多少、興奮していても、浮かれていてもいいです。(笑)(^^♪

少々、迷っていても、悩んでいても、ごちゃごちゃしてても、不安でも、心配事あっても、他人に迷惑がかからなければOKです!

それらも含めて、レッスンに通うことやクラスに定期的にでることで、ライフスタイルも、生活習慣や思考の癖も変えていくことができます。それも学習です。

一般的な意味での「落ち着き」がない社会性の欠如は困りますが、自分のワンパターンな行動やお馴染みのやり方だけやりたいというような「落ち着き」は感じなくて良いんじゃないかな、と思います。

ちなみに、私のアレクサンダー・テクニークの最初の師匠のロビン・シモンズ氏は多才で素晴らしい情熱溢れる快活な先生でしたが(私と同い年の息子が前妻との間にいたにも関わらず?)まったく「落ち着き」がなかったデス。(笑)

テニスっ♪太極拳だ!アーチェリーもやる!引っ越しっ!ベアトリス(奥様)に花束だっ!観劇チケット!レストラン行く!卒業パーティーだぁ!合宿するっ!ギリシャでワークショップする!と毎週毎月騒いでいたあげく…スイスに移住していきましたとさ。ちゃん、ちゃん。

…その後も…ロビン師匠はアイルランドやギリシャやロンドンに、結局は飛び回っているという…で先日久しぶりにメールが来まして「やあ、かおる!元気?今、ボクは学会に来てるよ!スイスは、こーであーで…(中略)今ボク、こういう本出してさ~(中略)日本にも行っていい?」と。(笑)

『好奇心はすべてに勝る』のかもしれません。!(^^)!

 

 

「初めてだから💙」の裏に…

先日、最近お知り合いになった若手の素敵な俳優さんと語らう機会があり、ほっくほくだったKaoruです。活躍中の魅力的な俳優さんとのひと時に時間も忘れて。

💙

…にもかかわらず(?)やはり演劇、ダンス、ミュージカルなどなどの話の延長で出てきたテーマで久しぶりに思い出したのが、

「初めてだから💙」とのたもう方々の存在。(苦笑)

はい、確かに、一見、害はありません。

一般的には問題ない場面が多いのかもしれません。

義務教育でも「初めてだから失敗してもいい」とか「初めてだから心配しないで、やってごらん」とか、なにかあっても「まあ、仕方ないね、初めてだったから」とか、「初めてなんだから、許してやって」などと免罪符としても使われることが多いフレーズでございます。まぁ、無害、風だよね…?でもマジで無害?

思い出したのは、

「初めてだから」を理由に一生懸命ベストを尽くさなかったり、要求に応えるような努力をしたり、時間をかけたりしない、勇気や誠意に欠けるもったいない人々の存在。

「初めてだから…」と言って、専門家の立場から個人レッスン方式だと言っているのに、グループレッスンを要求する方々。

「初めてだから…」と言って、なぜか参加費の割引を要求したり、はたまた参加者以外は募集していないのにクラスやレッスンの「見学を要求する」謎な言動の方々。

「初めてだから…」と言って、とにかく疑ってかかり理論武装し屁理屈で論破することが目的の学ぶ気のない方々。

「初めてだから…」と言って、指導者が見本や周囲が先にやってみせるまで、動こうとしない方々、周りについていくだけの「待ちモード」の方々。

「初めてだから…」と言って、なぜかできない理由や今までやらなかった言い訳を並べ、周囲に語る方々。ワタクシ、そんなこと質問してないのに。。(T_T)

並べるとまだまだありそうなので、やめます。(笑)

…で考えてみました。

世界各地で、演劇やダンスの師匠たちに、これまで「『初めてだから』失敗してもいいよ」とか、「今、上手くできなくてもいいよ、最初だからね」などと励まされたことはあったけど…

「今、自分の持てる能力を発揮しなくていい」とか、「手抜きしていいよ」とか、「今、挑戦をしなくても構わないよ」とか「どうせ能力ないから、別に気にせず適当にやっていいよ」みたいなこと言われたことなかったなぁ…と。

だから、そういう発想が全くなかったよ、私!

(無理解な先生でスミマセン!)

(そして私の素晴らしい数々の師匠ズ、ありがとうございます。かたじけないっ!)

誰もがほとんどのことが必ず1回は「初めて」ですよね。

初めて立つ、初めて歩く、初めてお箸をもってご飯を食べる、初めて幼稚園にいく。初めてのお習字、初めてのお遊戯会、初めてのお泊り保育、初めての花火、初めてのプール、初めての試験、初めての部活、初めての海外旅行、初めての留学、初めての独り暮らし、初めてのシュノーケル、初めてのフライングフォックス…面白いこと、素敵なこと、大好きなこと、愉快なことばかりじゃん!!!(^^)/いえ~い!

と単純にワタクシは思った訳です。

しかし!!初めて親以外の大人と長い時間学校で過ごす、初めて他人と集団生活する、初めて習い事で叱られる、初めてすぐにはできない難しいことにぶち当たる。しかもそれが何年も上達しない(泣)、初めて親の手を離れて自分のちからで勉強する、初めて徹夜で働く(苦笑)、初めて社会へ出て行って、初めて責任を負う、初めて…

自律と自立に近づくほど、さっきほどバラ色じゃない。。。

アレレ?!

でも、それでいいと思います。

誰でも、なんでも、いつでも、どこでも、初めてのことってあります。甘えるわけでもなく、言い訳するわけでもなく、「初めてだ」という事実だけがあって、それ以上でも、それ以下でもないと思います。

楽器でもスポーツでもダンスでも音楽でも芝居でも、いろんな初めてがあってよいと思います。初めてを愉しむために、精一杯やって、初めてでも率直に、能力発揮してみてよい体験が次へつながるようにできれば、いいのではないかな?

それに初めてのことがたくさん未だあるって…素敵だよね、ワクワクするよね、楽しみよね、ああ、やってみたい、行ってみたい!これからも楽しみだなあ、ルンルン!

…と、やはり根本は変わってないワタクシなのでした。ちゃん、ちゃん♪