アレクサンダー・テクニーク入門クラス三夜間、無事終了

おかげさまで、連休前半(笑)に開催した珍しい三夜間のアレクサンダー・テクニーク入門クラス、無事に終了いたしました、ありがとうございました、ご参加の皆様おつかれさまでした!

やはり一人ではなく、みんなで考えながら、他人の言葉も聞きつつ、一緒に練習すると理解しやすいですね♪

「こんな癖は自分だけ😢」

と悲観していた癖も、実は誰にでも注意したことがなければよくあるものだったり、

「変えたいな~こういうところ…」

と密かに感じていたお悩みを隣の方が言葉にしていて納得したり、

「(現場で)あれ?!そんな風にみえているの?!え、そんなつもりないのに、どうも変だな?」

と奇妙に感じていたのは自分だけじゃなくて、改めて観察して、注意内容を変えて、吟味してみると

スッキリ!

ジャンルはさておき共通の「底力アップ☆」のためのアレクサンダー・テクニークの基本的な考え方と練習方法のご紹介ができて良かったです。これから始めたい!という方は次回のクラス開催希望のお問合せをお願いします。みなさんのスケジュールを鑑みた日程を組めるよう検討いたします。

ところで……

1年に数回はあちこちで疑問なのですが(その後、しばらくして忘れる御目出度いワタシ💦)

グループのクラスなどで、よくみかける「頭頂あたりの髪の毛の一束」をちょろっとつまんで、頭の上へ引っ張るような動きは何なんですか?

(?_?)

どこから出てきたの?

意味不明です。

稀に、

「アレクサンダー・テクニークでも頭を上に引っ張り上げますよね」

というようなことを(なぜか自信ありげに)いろんな場面で言われて💦

昭和時代の理学療法の牽引なる治療の一部(ヘッドセットをはめて頭を機械で上に持ち上げる牽引を20分程度繰り返す)を思い出しますが………

気のせいですか?

そんなこと、どこにもF.M.アレクサンダーの著書のどれにも書いてありませんし、その直弟子の第一世代の先生方も言ってもないし、やってもいないし、当然教えていません。

はたまた、演技やダンスの不思議なクラスなんかでも、日本だけでなくあちこちで

「操り人形(マリオネット?)のように、糸でつるされてるイメージで」

って言われる度に、

「誰がその糸操ってんねん?!」😠

と、こころの中でいつもツッコんでいたのは、今も昔もイギリスでも日本でも、私です。

ないよ~、どこにもF.M.の著書のどれにも書いてないです~

第一世代のF.M.の愛弟子たちの誰もそんな例えもイメージも使ってないです~(私の知る限り)

そういう言葉って、教える側はラクなのかもしれないけれど、

「雑」

ですよね。

アレクサンダー・テクニークと関係のないセラピーなのかボディーワークなのか、どこかから借りてきているイメージと言葉。

なので、関係のない内容になり易いです。

だいたい、まっすぐに頭頂が上になんて向かえないし。しゃべって歌って、演じての方々には、そっちへ向かってもいいことないので。

残念!

さておき、グループクラスをご希望の方が増えたら、またグループでの入門クラスは開催を検討いたします。ご希望の時期やお友達先輩後輩がいらっしゃる方はご連絡ください。

本日のお勧めはこちら、久しぶりにイギリスで

スポンサードリンク

美男美女が出てくるわけではないけれど、「人間らしい」面白おかしい、ちょっとホロ苦で愉快な映画です。主演のロバート・カーライルがチャーミング❤

下品ではないストリップがかわいいよね。みんなほんとうに笑っている。子どもも可愛い。出てくる人達に対して温かい視線なんだ、これが。

決して「あ~、貧乏人」とか、ただただ「こういうひといるよね~」で片付けない微笑ましさ。

 

 

 

2019年 新年から始める 身体と注意力のつかい方(アレクサンダー・テクニーク入門)

ちょっとはやいですが、計画を立てて、損はナシ!新年1月クラス(初めての方ウェルカム)のお知らせです。

2019年 新年から始める !

もっと活躍したい、身体からみなおしたい俳優・歌手・ダンサーのためのアレクサンダー・テクニーク入門クラスです。

身体のつかい方が効果的であれば、のびのび動け、ラクラク自然にしゃべれます。

自分の習慣と役のクセを混ぜる心配も減り、より自覚的な演技ができるので、いわゆる「打率」があがります。

俳優や歌手自身が、自分の注意のつかい方に自己洞察が伴えば、はっきりした、目的が明瞭な、他人に伝わりやすい、自覚的な演技へ向かえます。

そう、せりふや歌詞を「言う」のではありません。

ただ身体を運動させるのではありません。

余計な緊張を減らす一方、足りない注意や気づきの範囲は広げ、自己洞察を深め、コーディネーション力を高めると、稽古やリハーサルの効果も上がります。

基礎になるアレクサンダー・テクニークの原理から始まり、まるごと動きながら「みる、きく」のトレーニング、そして『ホントに話す』へ向かう練習をします。

・身体や声が思い通りにつかいこなせない、
・相手をみてない、セリフが聞けてないなどの指摘をされる
・集中力、想像力がないと思う
・注意が足りないことが多い、観察が甘いらしい、
・身体全体をより効果的につかいこなしたい、
・呼吸が不自由、浅いと指摘される、感情表現が稚拙…

少人数で練習方法を学びつつ、一人一人のクセや傾向の対策も探します。

実践を通じて、アレクサンダーの原理とその演技への応用の理論も紹介いたします。

より細かな個人レッスンの前に、日ごろの個人レッスンと並行して…初めての方もリフレッシュの方もおさらいの方もご参加いただけます。アレクサンダー・テクニーク教授歴15年以上、英国アレクサンダーテクニーク教師協会会員の鍬田かおるが直接ご指導いたします。

身体と注意力のつかい方(アレクサンダー・テクニーク入門)

■日程
2019年
1月4日(金) 10:30~12:30
1月5日(土) 10:30~12:30
1月6日(日) 10:30~12:30

■参加費
アレクサンダー・テクニーク入門ー:15000円(計3日分)

■会場:全クラス全日程「スタジオ アルバ」
文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F  地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、初日は参加費もお願いします。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。こちらからの返信が受信できる設定のご確認もお願いします。iMessageは受け付けておりません、ご確認ください。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付しますが、たっぷり練習してもらため10名以下の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でも「その時点で」必ずご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。事前のお振込みを希望の方はその旨をお伝えください。振込先をお知らせいたします。クラスは3日間セットです。例:参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。いわゆるドタキャン、当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。クラス開始日1週間前までは事故や急病など万が一の際はキャンセル可能です。1週間を過ぎてキャンセルの場合は残念ですが参加費の半額をご負担ください。クラス開始2日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をご負担願いますのでご了承ください。次回クラスへの振替には応じられますのでそちらをご利用ください。(公演チケットなどと同じイメージでお願いいたします。)

少人数で深く取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします。参加者の質と快適な学習環境のためにも、天災・事故・疫病などの特殊事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方、稽古場利用のマナーに問題がある方は今後のクラス参加をお断りする場合があります、ご理解ください。


アレクサンダー入門グループクラスの様子

2018年も1週間が過ぎますね😊

かつてアレクサンダー・テクニークが何かも知らないまま、同級生(俳優志望)がレッスンを受けているという話から、個人レッスンを受けに行ったKaoruです💦当時は、まさか自分がその指導者になるとは夢にも思いませんでした~(笑)

そんな「ハヤブサ型」🐦の私はつい初心者🍃 の心持?を忘れてしまいがち。

レッスンが良いことは聞いたことがある、でも何をするのか分からない、
だから躊躇しちゃう、イメージわかなくて心配、

と言う方々のために、ちょいと過去のクラスの様子を書いてみました。
ご友人を誘ったり紹介したりする際の参考にしてください。

クラス人数はおよそ5~8名くらいです。

初日クラス:
自分の歩き、立ち、座り、腕を動かすなど、簡単な「日常の動作の観察」から始まります。声を出すときの様子も大事ね。ポイントはガイドしますよ~。

グループにありがちな自己紹介(笑)のようなことはほとんどしません。
そのうち分かるので「親睦」が先になくていいでしょう。みなさんもせっかく確保した時間が大切。『まず重要なことから』という私の方針です。

アレクサンダーの原理を説明しつつ、一人ずつ、ハンズ・オンで、動きをガイドしながら、自分の習慣とは違う「つかい方」を体験してもらいます。

アレクサンダーの先生が触るのは、

①動きをガイドするため、
②要らないクセを防ぐため、
③新しいつかい方を促すため、

が主な理由です。(治療じゃないよ。)

質疑応答も交えつつ、違いを感じつつ、お互い観察しつつ、1日目は終わります。

2日目も似たような展開ですが、個々の課題に触れつつ、より具体的に、よりいろいろな動きをつかって学びます。

お互い変化がみられるので、夫婦で、友達同士で、先輩後輩で来るのもおススメです。音大仲間、ダンス仲間、養成所の有志で、というのもありました☆

自分のことはよくも悪くも「見慣れて」いるので、違いがあっても「ぼんやり」していたり、声が変わっていても、「違和感」だけに注意がいってしまったり…

もちろん、1人で参加もOK!

「練習」の方法を一緒に吟味して学びますので、「やりっぱなし」にはなりません。(おそらくほとんどの方は)

動いて構わない締め付けのない服装で、快適においでください。

大事なのは違いを「感じ」方法を「学ぶ」こと。

決めつけないで、とりあえず(笑)よくみて、よくきく、こと。😊

次回のアレクサンダー・テクニーク入門クラスは2018年、

1月27日(土)10:30~12:30
1月28日(日)10:30~12:30

会場は笹塚の笹塚メソッドスタジオC、参加費は2日間セットで10800円 です。完全予約制ですので、詳細はイベント記事またはFBをご参照ください。

週末の朝だけなので、時間も有効につかえるプログラム🌸

あたらしいアプローチかもしれませんが、ちょっと時間をかけて深めて欲しい。

これをきっかけに「スッキリ」することを願いマス!

 

はじめよう!アレクサンダー・テクニーク入門ー輝く歌、演奏、演技のために

2018年、最初のグループクラスはこちらから😊

🐈🐈🐈

より健やかで、快適な身体と感覚のために…始めましょう!

・機能的に有利な身体の「つかい方」を学び、
・要らないクセを捨てて、
・生き生きとした感覚を取り戻して、
・のびのびパフォーマンス…

ロンドンで正規トレーニングを修了し、英国アレクサンダー・テクニーク教師協会)認定教師である鍬田(クワタ)かおるが指導します。

数々の養成所や大学で最年少の講師となり、俳優・パフォーマー養成の専門家として15年以上に渡って活動している鍬田かおるが、日本語で、一人一人のスキルアップに合わせて教えます。通訳を挟みませんので、時間が効率的に使えるだけでなく、スムースにコミュニケーションが取れます。

・いきなり個人レッスンはハードルが高い。
・あがりや痛みや発声に良いとは聞いているけど、まず試したい。
・身体のことでいろんな方法を試してきたが、いき詰っている。
・練習方法を改善したい。
・(うごきや声が)硬い、緊張している、不自然と指摘される。
・呼吸・発声・発音に問題がある
・姿勢が悪いと指摘される

そんな俳優、ナレーター、声優、オペラ歌手、声楽科、楽器演奏家……皆さんにおススメの初めての方OKのクラスです。
(音楽家や演劇の実演家を目指す学生も歓迎しております。)

個人レッスンを始めて間もない方もご参加いただけます。

知っている「つもり」のことも実際に「分かる」ようになりましょう。

「やってみない」ことには始まらない。
「目から鱗」体験が増えることを楽しみにしています!

■ 日程 2018年
1月27日(土)10:30~12:30
1月28日(日)10:30~12:30

■ 会場
笹塚メソッドCスタジオ
渋谷区笹塚3−9−3 ケイオービルB1F

■ 参加費
10800円(2日間分)
*2日間で一クラスです。バラで参加することは出来ません。

■ お申し込み:
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■ 応募先:
メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。こちらからの返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付ますが、じっくり練習してもらうため、8名以下の少人数のクラスですので、満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■ 注意事項:
申し込み後に万が一、急病などで参加できない場合は、お手数ですが「必ずその時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。お持ちでない場合は参加できません。クラスは2日間セットです。万が一1日しか参加できなかったとしても残念ですが払い戻しはありません。当日のキャンセルはできないので、スケジュールと体調の管理には十分お気を付けください。
*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)

本気で行動を変えよう!

前向きなみなさまをお待ちしております 😊

アティテュードってなんじゃらほい?①似て非なるもの

マニアの間で(?)話題になっている英単語「Attitude」。(アティテュードって感じの発音)

Attitudeは日本語なら、

「考え方や解釈の仕方およびそれらの基準から由来する、姿勢や反応の様子」ではないかと思います。

これ、英語&日本語辞書+私の経験からの定義。

で、日本語ではどちらも「態度」と単一に訳されがちなので、勘違い&誤解しやすいのが「Behaviour」(ビヘイビァ~みたいな発音  笑)という単語。

Behaviourは、思考や感情からの態度や様子というよりも、対象へ向けて「実際にやっている行動」の方が近い感覚ではないでしょうか?

なので、「運動や移動」が主眼になりますね、演劇の場合には。

ですので、Attitude(思考の癖や反応の傾向)が原因で、よろしくないBehaviour(行動)をするという応答の一連につながる場合は多々あります。

一般的には、例えば、「犬猫の命なんかどうでもいいと信じているため(思考の癖、解釈の偏り)、虐待遺棄(実際の殴る蹴るなどの行動を)するという悲しい事件など…。

(T_T)

さて、これが演劇・ダンス・音楽などの舞台芸術(+周辺の分野含め)でなぜ話題になるかというと、AttitudeとBehaviourのどちらも、不特定の多数の他人に見えたり、聞こえたり、感じられたり、想像ができたり、共感できたり、疑似体験できたり….

どうも、なんらかの感覚器官からの情報を総合すると、伝わるようです。

…そして、同じ空間や時間を実際に共有していると、さらに伝わるらしいからです。

で、極端な例。。😊

Attitude(考え方や解釈の基準から来る姿勢や心身の様子)が定まっていない(または無い)のに、特定のBehaviour(行動)するって、ちょいと表面的ですし、おかしいんですよ、実際。(笑)

台本の内容や構造に対して、別に意見もない。役の人物たちに関しても、特になんら感じない、共感するでもなく、反対するでもなく、疑問をもつわけでもなく、好きな訳でもなく、まあ、無関心というか、無頓着というか….??演劇用語なら「サブテキスト(中身・核心)」がないって感じ?!

それらしくセリフを言っている+状況にあったそれっぽい動作をしている=

=Attitude(特定の態度や様子や生き様!)がある、にはならないんです。。。💦

???

だから、生き生きとした、説得力のある、または雄弁な、時に感覚的に鮮やかな、魅力ある演技にはならないのデス。。パフッ。。。(´;ω;`)

?????

はて?

では、いわゆる日常世界では「マニュアルだけの接客」なるものがあると思うんですが、あの例でマンガ化して考えてみましょう。

行動(Behaviour) は別におかしくない、お辞儀もしてるし、頭も下げている、声も出していて、実際に言葉も「ありがとうございました」と発音発声している、まあ一応笑顔と呼べなくもない筋肉の動きをしている。

しかし!

様子が!思考の癖を反映した眼球の動き、身体の部位の角度や方法、呼吸からくる背骨や肋骨を含めた身体の反応が!どうにも….???自然でない??どうも不一致、なんとなくズレている、快適そうでない…なんとも一貫していない…息遣いが??ため息??

「ありがとうござましたという言葉の意味」+「お辞儀と声掛け」という行動と一致していない様子なんですわ、、とほほ。。(^-^;

状況、思い浮かびますか?(笑)

こう考えて、いろいろな場面を想像していくと、まあ、「思考の中身、生き様・価値観・反応の特徴」がAttitudeとも言えるでしょう。

で、導き出したのが、この(鬼の)一言!

Attitudeとは「基本的構え」である。

なので、役の人物がどんな「基本的構え」のヒトなのか、で、それ以前に、俳優自身がどういう「基本的構え」なのか、って大事になってくると思います。だからこそ、キャラクターたちの「基本的構え」が試されるような出来事を含む物語が演じられるし、キャラクターたちの「基本的構え」を問われるような、覆されるような出来事が起きるんですね。

作品そのものが、観客に「基本的構え」の確認や変更を要求する場合もあるかも…?

「スタンス」って言う人もいるかな?でも、ちょっとそれって「お立場」とか「距離感」とか、往々にして「前提や心構え」に近い気がしますね。

そして常に前提や心構え通りに行動できるわけではないので、それから、お立場と関係性に縛られているとも限らないので、やはり「基本的構え」の方が近いかな、と思います。

思考の中身や解釈の習慣や価値観、及びそれらを形作ってきたライフスタイル、そしてそれらを基準とした反応の様子や特徴…

=「基本的構え」

に凝縮されている、のではないでしょうか?

ま、基本、日常生活では、オトナの場合、Behaviour(行動)がおかしいヒトってあまりいないよね、我慢したり、隠したりくらいはしている。苦笑

Attitude(反応や様子や構え)が変だったり、不在だったりしても、なんだか隠せるような気がするよね、はははっ!(-_-;)💦

…が、演劇やダンスや音楽だと、そうはいかない…みたいなんでっす。。

今日は珍しく(?)ちょいと学術的?専門的?な態で書きました、えっへん。!(^^)!

続編はアレクサンダー・テクニーク的見地から、または演技の実際からの分析?はたまた心理学的な整理整頓の手法から、になるかなあ~、ワクワク!

お楽しみに~

Facebookページあります☺

https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

が公式フェイスブックページです。

最新情報のチェック、イベントのチェックなどにご利用ください。