2019/20年末年始シーンクラス 6日間日程発表!

2019/20年末年始シーンクラス 6日間の日程が決定しました。

・NTライブみたいな演技の秘訣は?!
・名優たちの演技の仕組みを使いたい
・現場には出ているけど…実は上達してない…何かを変えなきゃ…もっと結果を出さねば!
・今までは『我流』でやってきた…レベルアップするにはどうしたらいい?

『さすが』と言われるプロの仕事をしませんか?

みてるフリ、きいてるフリ、感じてるフリ、考えているフリ…「フリを巧みにする」ことは演技ではありません。私たちは人間ですから、自己欺瞞や神経症的な暗示には限界があります。

・セリフを言うのではなく、一人称でしゃべる
・やじうまではなく、共感的態度からの役の人物へのアプローチ
・感情/思考/行動における、同調と感応(感じて・応じる)のスキル
・事実に基づいた人間的な読解力と想像力のスタミナ
に代表されるホントの演劇体験は、深く面白く意味があり、『人間らしい』ものです。

プロおよびプロを目指して猛進中の方に、最新の演技のアレコレをシェアしシーンをつかって切磋琢磨する実践クラスです。毎日実際にうごき、声をだし、現実に即した取り組みにフォーカスします。

■日程
2019年12月27日(金)12:00~18:00
2019年12月30日(月)12:00~18:00
2019年12月31日(火)12:00~20:00*前半フィードバック有
2020年1月2日(木)12:00~18:00
2020年1月3日(金)12:00~18:00
2020年1月4日(土)12:00~20:00*全体フィードバック有

■会場
スタジオ アルバ 文京区関口1-37-5メイク2ビルB1F
地下鉄東西線早稲田駅徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋徒歩11分

■参加費
シーンをつかって 42000円(計6日分)

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具、台本、台本のコピー、自分の役の人物の服や靴など必要なものをすべてお持ちください。

■お申し込み
私のモノローグクラス参加済みで、かつ大卒相当の(実際の学歴、所属、年齢は不問)基礎学力に問題ない方対象です。以下をご記入の上、メール又はFacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)
・ご住所とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.comまたはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。
開講日の前日まで申込みは受付しますが、質の維持のため8名前後の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
お申し込み後に急病などで参加できない場合は、お手数ですが「その時点で」ご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)。クラスは6日間セットです。万が一1日しか参加できなかったとしても払い戻しできません。当日キャンセルはできないので、スケジュールや体調の管理にはお気を付けください。*開始日の2日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です、次回クラスへの振替も承ります。(天災以外は理由の如何に関わらず)2日前以降の直前キャンセルの場合は参加費全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

*芸能・演劇・映画・テレビ等のキャリアに関わらず、ラバン入門、モノローグなどに参加したことがない方はご自身の理解のためにも、今後の長期的な目的のためにもまずはそちらからご参加ください。年齢、所属も関係ありません。心配なさらず各種入門クラスからスタートしてください。

私のモノローグクラスでちょっと分かってきた、感覚がつかめてきた!けれど悩んでしまう方、今年こそシーンのクラスへ進みたい方、そろそろ本気で「芝居で勝負したい」方、ご相談ください。

ご自身の劇団や事務所などで別グループでクラスを行いたい場合はその旨、ご相談ください。
取り組みの目的や目標、準備の内容はほぼ同じですが、スケジュールや順序、台本の選定やキャスティングなど個別の課題や目標を相談の上、別プログラムを組むことは可能です。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し正規の指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師

演じるヒトのためのエクササイズ年末年始スペシャル2019/2020

現場がひと段落、大掃除もほぼ終わり….みんなが休んでいるときこそ差がつきやすい時★

演じるヒトなら知っている当たり前のことだからこそ、レベルアップしませんか?

まるごとつかえる感覚へ、身体で語り、一緒に感覚体験を創っていく…

・シーンや関係性が展開していないときがある
・相手と一緒にいるはずなのに一人の時があるらしい…
・シーンを(会話の国語の意味だけでなく劇として)効果的に成立させたい
・NTライブや名作映画のようなめくるめく演技がしたい
・さまざまなジャンルの作品に共通する力を底上げしたい

単純だからこそ、真面目にやっていてもつまづきやすい部分です。特別に考案されたエクササイズをつかって感覚をもっと磨きましょう。

自分にも相手にもお客さんへも(カメラを通じてでも)伝わるために何が必要か、何が邪魔か(!)、少人数で根っこから取り組みます。

アレクサンダー・テクニーク入門クラス、ラバン、身体をみなおす、エクササイズ等、各種入門クラスのいずれかに参加したことのある方対象です。

■日程
2019年12月30日(月)19:00~21:00
2020年1月2日(木)19:00~21:00
2020年1月3日(金)19:00~21:00

■会場
スタジオ アルバ 文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F
地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋 徒歩11分

■参加費
演じるヒトのためのエクササイズ15000円(計3日間)
ご予約完了後、参加費の振込のご案内をいたします。

■持ち物
快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など、初日から必要なものをお持ちください。

■お申し込み
各種入門クラスのいずれかに参加済みで大卒相当の(実際の学歴、所属、年齢は不問)基礎学力に問題ない方対象です。以下をご記入の上メール又はFacebookのメッセージでお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。ブログ記事のフォームからも便利です。
件名にクラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)、ご住所、メールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字程度):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

メールやメッセージ以外の方のお申込みフォームはこちらです。こちらもご利用ください。「フォーム最後のスペースにエクササイズクラス希望」とお書きください。

■〆切
開講日の前日まで申込みは受付しますが演技への応用も併せてしてもらうため10名以下のクラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合はその時点で必ずご相談ください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。感染症や事故などの場合、次回クラスへの振替を承りますのでご利用ください。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理にはお気を付けください。*開始日3日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。天災以外は理由の如何に関わらず3日前以降のキャンセルの場合は受講料全額をお支払いいただきますのでご了承ください。
天災や疫病などの特殊な事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方は以後のクラス参加をお断りする場合があります。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し正規の指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師。

12月開催 うごいて磨く ラバン入門クラス

12月!うごいて磨くラバンのエフォート入門 (初めての方OK、おさらい可)

を久しぶりに開催します。

天井の高い解放的なスタジオで、のびのび動いて、動きのこと、感情の特徴、自分の傾向、演じる仕組み….身体の感覚を磨きつつ、実際に体験して、使えるようにしましょう!

近年のラバン入門参加者のご感想の一部↓を紹介します

「東京都(女性20代):あれから舞台稽古の合間を見て、稽古場の隅で練習しています。家だとなかなかスペースがなくて練習が難しいですね…自分の動きのくせが、演技のくせにつながっているという事実、やればやるほど実感としてわかってきました。」

「東京都(男性30代):以前よりも、稽古で演出家に言われることへの捉え方が変わり、俳優たちがどういうエフォートを使っているのかを見るようになりました。」

Kaoruクラスが初めての方、演じることを見直したいプロの方、久しぶりに感覚をチェックしたい方、底力をアップしたい活躍中の方も歓迎です。これから演技を本格的に学ぶ養成所、各種学校や事務所所属の方もOKです。

モダンダンスの父として有名なルドルフ・ラバン。
実は演劇やオペラや音楽にも造詣の深い演出家、振付家としても活躍していました。

そんなラバンの方法論から演じるために役立つ「エフォート」をつかって学ぶ、即戦力のためのクラスです。

みてるフリ、きいてるフリ、感じてるフリ…フリを「巧みにする」ことを演技と勘違いしていませんか?

演技だけでなく、各種ダンス、歌唱にも応用できる実用的な、動きをつかって感覚を磨くきながら、感情の変化演じることの仕組みを理解していきます。

・感情に乏しい、気持ちが浅い、動いていない、足りないとダメ出しされる

・NTライブや名映画のような演技がしたいが、どうしていいか分からない

・うごきやセリフが不自然、芝居臭い、どの作品もキャラクターも似ていると言われる

・映画にも舞台にも共通する力を底上げしたい、もっと活躍したい、新境地を開拓したい

….やりましょう!


うごいて感覚を磨く…ここから「行動」が変わります。

■日程
12月11日(水)18:30~2130
12月12日(木)18:30~21:30
12月13日(金)18:30~21:30

■会場   レインボーコート参宮橋スタジオ  渋谷区代々木4-11-3 レインボーコート参宮橋B1F 小田急線 参宮橋駅徒歩2分、 京王新線初台駅徒歩8分

■参加費 ラバン入門:15000円(計3日分)
*予約完了後に振込先のご案内をします、クラス初日2日前、12月9日(月)までにお振込みください

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など、全クラス初日から必要なものをお持ちください。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名にご自身のお名前と「ラバン入門申込み」とお書きください。ブログのフォームをご利用になれます。
年齢やキャリアは問いませんが大卒相当の(実際の学歴は不問)基礎学力に問題ない方対象です。
・お名前
・年齢
・性別
・ご所属(事務所、劇団など)
・ご連絡先(携帯電話番号)とご住所:
・メールアドレス:
・自己紹介(200字前後 舞台などの現場経験の略歴、受講動機、近況など含め)

■応募先:
メールアドレス kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付けますが、監督が行き届き安全かつ効果的に練習してもらうため、10名以下の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に事故など緊急事態で参加できない場合はその時点で必ずお知らせください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。クラスは3日間セットです。例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。
*急病など万が一の際には開始2日前まではキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承りますのでそちらをぜひご利用ください。
天災以外は理由の如何に関わらず2日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をご負担いただきますがご了承ください。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。
8年の正規留学を経て桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務める。現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師も務める。
世界最古のアレクサンダー・テクニーク指導者認定機関、英国アレクサンダーテクニーク教師協会(STAT)会員、日本演出者協会会員

初めての方は、特に便利なフォームをぜひご利用ください。↓

 


11月開催モノローグをつかって-しゃべろう!お申込みフォーム付

みなさ~ん今日も「セリフを言って」ましたか?

私は大学の授業で説明するために、わざと白々しい(!)セリフ調で課題のダメな例をジョークにしてみました。真面目な大学生はなぜか笑いをこらえていました….なぜ堪えるんだろうか….(笑)!笑えばいいのに…(-_-;)

さて、

なぜ、音が外へ漏れやすいところなどで稽古していると「あ!芝居の稽古している人達!」って周囲にバレちゃうんでしょうか?

日本人が日本語で「ねえ、 ジョン?」などを言っているからでしょうか?(笑)

🐥🐥🐥

台本があるから「セリフを言う」のではなく、私たちは「しゃべります」

ですから、シーン中も1人称で「しゃべる」体験をしませんか?

劇(脚本)の与えられた状況で、役の人物として行動するために、どう想像力を活かしたらエキサイティングか、言葉と内面と身体をどう扱ったらより魅力的になるか、モノローグをつかって磨きます。

言葉と内面の関係、身体の解放、想像力の鍛え方と感覚…一人一人取り組みましょう。

セリフ課題の相談は個別に事前に応じます。*セリフを入れてくる必要はありません。(ラバン入門クラスでエフォートを学んだ方が対象のクラスです)

■日程
11月2日(土)13:00~16:00
11月9日(土)13:00~16:00
11月16日(土)13:00~16:00

■会場 スタジオ アルバ
文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F
地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋 徒歩11分

■参加費
モノローグをつかって 計3日間19800円

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、台本とその使用部分のコピー、筆記用具など、初日から必要なものをお持ちください。課題の説明はお申込み完了後にあります。

■お申し込み
ラバンのクラスに参加済みでエフォートに問題のない方対象のクラスです。年齢やキャリアは問いませんが大卒相当の(実際の学歴は不問)基礎学力に問題ない方対象です。
以下をご記入の上メール又はFacebookのメッセージでお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。件名にクラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)
・メールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付しますが、たっぷり演技の実践も併せてしてもらうため10名以下のクラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でも「その時点で」必ずご相談ください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は予約完了後にご案内しますのでクラス開始前日までにお振込みください。
クラスは3日間のセットです。例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。
*開始日3日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。次回クラスへの振替は承りますので、そちらをご利用ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)3日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。
8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師も務める。
世界最古のアレクサンダーテクニーク指導者認定機関英国アレクサンダーテクニーク教師協会(STAT)会員、日本演出者協会会員

11月はこの演技の基礎と言える大切な土台をしっかりかためましょう♪

土曜の午後だけ、3週間のじっくりプログラムなので、久しぶりの方、仕事のブランクがあった方、初めてモノローグへ進み方も大丈夫です!チャレンジの秋🌰積み重ねましょう

スマホ用フォーム

ペラペラしゃべることが演技なの?

珍しく平日午後の開催になったエクササイズクラス。先週第1回目があり、今日が第2回目です。

今回の大きな柱の一つにセリフを言わない。

というのがあります。

大事そうに、また思わせぶりに💦

思い出しながら、得意になりながら、

そして時には不安そうに、または自身ありげに….(笑)

様子はさておき、とにかく「セリフ」をがんばってしまう。

ダサいです。

自意識過剰にみえるし、白々しい。

とにかく芝居臭い。

この「1人称で『しゃべる』」という文章でみるとあまりにも当然な(笑)、

しかし、実際に

「演じる」となると、好きだからなのか、うっかり気合が入ってしまうのか、マジメの定義、ちゃんとやるのイメージがおかしいのか…….

どうにも不特定多数の「聞こえて欲しい」という最低限レベルをクリアするだけでなく、

技巧を優先した、結果を先に作るような考え方なのか、発声・発音を続けてしまうんだな~。

これ、そろそろ自意識過剰ともとられかねないので、解決したいところ。

「会話」ができての劇、です。

スピーチつながりということで、今日はコリンおじさんがキュートな

スポンサードリンク

スピーチというものの重要性がコミカルながらも描かれる、秀作です。傑作というほどではないのかもしれませんが、自分の声で、自分の文章を自分で「しゃべる」ということへのこだわりとイギリスらしいプライドが感じられるストーリー。

そう、ぼそぼそ、棒読みとか。

じ~~~~~~~~~~~っと紙をみたまま、読経調とか。

ほんとうに、ダメ。

状況によっては「不遜」「無粋」「傲慢」「冷徹」といった印象です。

スピーチというものが、インターネットでもライブ配信される時代です。

同調していない姿、共感的でない声が即時にバレます。

「1人称」ではっきりと、深い感情が原動力となった言葉は、演劇だけでなく、あちこちで、さらに重要性を増していくでしょう…。

🐈🐈🐈🐈🐈

まったく番外編ですが、8月と言えば「敗戦」です。

今年はいろいろあってヨーロッパ行きが延期になったので、日本の歴史、特に戦争を研究しています。
スポンサードリンク

いろいろな視点も立場もありますが、とにかく知ろうとしなければ始まらない。

実際、ある一定の量を越えたところから、読書も観劇も語学も、面白く、なんだか構造がみえてきたり、自分の意見や感覚的基準がうっすらと、しかし着実にできてくるものです。

 

 

9月連休開催 ズバリ!な演技のための戯曲読解と実践2-①

密かに好評なワタシの深堀りシリーズ★
第一弾は劇の源からということで、ギリシャ悲劇を題材に粘ったクラス!

今回は9月の連休に開催のリクエストがありまして、急遽、決めてみました。
これまたなんらかの名作古典を題材に具体的なこと、実際にリハーサル前にやっておきたいこと、リハーサルで使いたい切り口にフォーカスし、すぐ役立つ即戦力のための練習を身につける時間にしたいと思っています。

★★★★★

ドラマを引っぱっていくはっきりした人物像、
お客さんの想像力が広がる『ハラハラドキドキなシーン』
『どうしてこんなに他人の気持ちが分かるんだろう?』とお客さんも惹かれる、めくるめいた演技をしたい!

具体的で積み重なっていく、劇ならではの特徴を鑑みた「行動」するための読解を、実際に感じて、構えずに演じてみませんか?

『ズバリ!な演技のための戯曲読解 と実践2-①』

すでに活躍中の方、リフレッシュも兼ねて実力を底上げしたい方々、若手でお悩みの方、もっと現場で即戦力として活躍していきたい方のために…

実践に役立つことだけにフォーカスを絞り、「演じるための」戯曲読解を深めます。

私たちは日常でも「国語の意味が通じればよい」会話や交流だけをしているわけではありません。
人間同士が深いレベルでどんな心理的な交流をしているのか、感情のレベルではどうお互いのことを理解しようとしているのか….
名作戯曲のシーンを例に使って、現実的な「演じるための戯曲読解」の方法を体験し実践に活かします。

・シーンでの役割や劇中での自分のポジションが分からないときがある
・自分の演技は退屈、フラットだなどと言われる
・ダメ出しの内容がピンとこない、役の目的や感情、関係や出来事があいまい
・生き生きとしたNTライブや名作映画のような演技がしたい
・映画にも舞台にも共通する力を底上げしたい
・劇の構造から学びたい、創作に活かしたい
・上演を面白く、感覚体験に富んだ演出をしたい

さあ、解決しましょう!

■日程
9月15日(日)12:00~16:00
9月16日(月祝)12:00~16:00

9月22日(日)12:00~16:00
9月23日(月祝)12:00~16:00

■会場 スタジオ アルバ
文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F
地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋 徒歩11分

■参加費
「ズバリ!な演技のための戯曲読解③」19800円(計4日間)、前半2日間のみ11800円(後半のみの設定はありません)クラスのご予約完了後、参加費のお振込のご案内をいたします。

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など、初日から必要なものをお持ちください。課題の説明はお申込み完了後にあります。

■お申し込み
アレクサンダー・テクニーク入門、ラバンのエフォート入門、エクササイズクラスのいずれかの入門クラスに参加済みの方対象のクラスです。(ズバリ!な演技のための戯曲読解1-①~②に参加済みである必要はありません)
年齢や所属、キャリアは問いませんが大卒相当の(実際の学歴は不問)基礎学力に問題ない方が対象です。以下をご記入の上メール又はFacebookのメッセージでお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。
件名にクラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切
開講日の前日まで申込みは受付しますが、たっぷり演技の実践も併せてしてもらうため10名前後のクラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でもその時点で必ずご相談ください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は初日にお持ちください。クラスは2日間のみまたは4日間のいずれかの日程です。例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。*開始日3日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。次回クラスへの振替は承りますので、そちらをご利用ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)3日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。少人数で取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします。事故や疫病などの特殊な事情を除き、キャンセルや欠席を繰り返す方はクラス参加をお断りする場合があります。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師。

8月は金曜がクラス日です-2019年8月のクラス2種

8月は金曜日がクラス日になりました。

8月16,23,30の3日間だけですが、午後13時~17時は経験者のための「演じるためのエクササイズ」クラス、夜は初めての方も歓迎の「ラバン入門」(おさらい可)を開催します。

涼しいスタジオで(笑)、少人数で、安全に、自分のために、今後の現場のために、快適にやりましょう

エクササイズでは感情の準備と交流の他に、ことばのメタファーからの感覚のいろいろもやる予定です。平日昼間のクラスは年間を通じても少ないので、この機会にどうぞ。

エクササイズクラスFBページhttps://www.facebook.com/events/2648774715358088/
エクササイズクラスブログページhttps://kaorukuwata.com/exerciseclass2019summer

ラバン入門FBページhttps://www.facebook.com/events/486855212062835/
ラバン入門ブログページ https://kaorukuwata.com/labaneffortaugust2019

アレクサンダー・テクニークの個人レッスンのご予約受付を再開しました。これまでにグループのアレクサンダー・テクニークの入門クラスに参加済みで個人レッスンをご希望の方はご相談ください。順をおってご案内いたします。

オーディション情報、公演のお知らせ、テレビ映画のみなさんの活躍情報、嬉しいお知らせもお待ちしています!

STAT会員アレクサンダー・テクニーク指導者
ムーヴメント/演技コーチ/ムーヴメント演出

Kaoru Kuwata
公式FBページhttps://www.facebook.com/kuwatakaoru/
演劇スタジオ/演技のいろいろ/お役立ちブログ https://kaorukuwata.com/

おまけの…

本日のおススメは個人的に大好きな作品、俳優としても実は素敵な監督の名作です

スポンサードリンク

サウンドトラックも面白いです。

各種クラスのご予約は開始しております。スケジュール調整に問題が無い方は、おはやめにお申込みください。

8月開催!まるごと演じるためのエクササイズ(入門参加済みの方対象)

今日は選挙に行きますよ~♬

さて、

なにごとも完璧はありませんが、それでも、

「なにかを変えてうまくなりたい、でもよく分からない」

と思うのは自然な流れ。

「舞台には出ている…でも納得できない、もっと手ごたえや結果が欲しい」

と思うのも、やはり好き!だからこそ。

しかし、せっかく稽古を重ねても、

「ずっと我流でいろいろ試してきたが、なんか違う気がする…」

のようなモヤモヤを抱えたまま、何年も頑張りつづけるには限界があるように思えます。

いろいろなご縁や幸運に恵まれていても、

「ある程度は『こなせる』がそろそろ演技の幅を広げたい」

と感じるのは、仕事を大事に思うからこそ。

8月はそんなプロおよびプロを目指す方が充実して「まるごと演じる」ためのエクササイズのクラスを久しぶりにやります。(エクササイズ・アレクサンダーラバンの各種入門クラスのいずれか1つは参加済みの方対象)

毎回新しいエクササイズを発明しつつ、改良も加えつつ、発展しつづけるこのクラス。

俳優だけでなく歌手やダンサーの方もご参加いただけます。

想像力や感覚も筋肉と同じ。使わなければ衰え、ケアしなければ固くなる….

スタジオで実際に身体をうごかし声を出し、感情の変化などの基本的な考え方を確認しつつ、実践的なエクササイズをつかって底力アップ!

・演技のいろいろをスキルアップしたい経験者に
・大学や養成所、各種学校などでは足りない実技を補うために
・活躍中の方のケアと見なおし、さらなる飛躍のため

クラスは原則みなさん一緒に行いますが、課題設定などで目標の調節などをする場合もあります。フィードバックなどは個別の目標やレベルに応じて行います。ご安心ください。

■日程 2019年
8月16日(金)13:00~17:00
8月23日(金)13:00~17:00
8月30日(金)13:00~17:00

■会場スタジオアルバ 文京区関口1-37-メイク2ビル B1F 地下鉄東西線早稲田駅徒歩8分

■参加費
演じるためのエクササイズ:19800円(計3日分)
*ご予約完了時に振込先のご案内があります、初日2日前8月14日(水)までにお振込みください。

■持ち物
ご自身が快適に動ける身体の様子がみやすい稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など必要なものをすべてお持ちください。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名に希望クラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切
開講日の前日まで申込みは受付しますが、質の維持のため10名前後の少人数クラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項
申し込み後に、万が一病気などで参加できない場合は必ずその時点でご相談ください(遅刻早退の種類に関わらず)クラスはコースごとの3日間のセットです。万が一1日しか参加できなかったとしても残念ですが払い戻しできません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理にはお気を付けください。*開始日の2日前までは事故など万が一の際にはキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承りますのでご利用ください。1日前以降の直前キャンセルの場合は受講料の全額をご負担いいただきますのでご了承ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)

🐼🐼🐼

今週の連休はアマゾンのプライムデーがありますね~♬

Kindle Unlimitedが光文社古典新訳文庫をたくさん出してくれているので、有り難いデス!
クラスでお会いしたときに、赤裸々な読書やいろいろな観劇の話もしましょうね~♬

スポンサードリンク

開催!8月は差をつけるうごいて磨くラバン入門 (初めての方OK、おさらい可)

みてるフリ、きいてるフリ、感じてるフリ…フリを「巧みにする」ことを演技と勘違いしていませんか?

8月は差をつける!

うごいて磨く「ラバンのエフォート入門」 (初めての方OK、おさらい可)

開催いたします。

モダンダンスの父として有名なルドルフ・ラバン。

実は演劇やオペラや音楽にも造詣の深い演出家、振付家としても活躍していました。そんなラバンの方法論から演じるために役立つ「エフォート」をつかって学ぶ、即戦力のためのクラスです。演技だけでなく、各種ダンス、歌唱にも応用できる実用的な内容です。

・感情に乏しい、気持ちが浅い、動いていない、足りないとダメ出しされる
・NTライブや名映画のような演技がしたいが、どうしていいか分からない
・うごきやセリフが不自然、芝居臭い、どの作品もキャラクターも似ていると言われる
・映画にも舞台にも共通する力を底上げしたい、もっと活躍したい、新境地を開拓したい

….やりましょう!『うごき』を感じ、うごいて感覚を磨く…ここから「行動」が変わります。

■日程
8月16日(金)18:30~21:30
8月23日(金)18:30~21:30
8月30日(金)18:30~21:30

■会場 スタジオアルバ 文京区関口1-37-5メイクビルB1F 地下鉄東西線早稲田駅徒歩8分

■参加費 ラバン入門:15000円(計3日分)*ご予約完了後に振込先のご案内をします、クラス初日2日前、8月14日(水)までにお振込みください

■持ち物
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など、全クラス初日から必要なものをお持ちください。

■お申し込み
以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールもメッセージも件名にご自身のお名前と「ラバン入門申込み」とお書きください。年齢やキャリアは問いませんが大卒相当の(実際の学歴は不問)基礎学力に問題ない方対象です。
・お名前 年齢 性別
・ご所属(事務所、劇団など)
・ご連絡先(携帯電話番号)とご住所:
・メールアドレス:
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機、近況など含め)

■応募先:
メールアドレス kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付けますが、たっぷり練習してもらうため10名以下の少人数クラスですので満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に事故など緊急事態で参加できない場合はその時点で必ずお知らせください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。クラスは3日間セットです。例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。*急病など万が一の際には開始2日前まではキャンセルが可能です。次回クラスへの振替も承りますのでそちらをぜひご利用ください。天災以外は理由の如何に関わらず2日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をご負担いだきますがご了承ください。

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。
8年の正規留学を経て桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務める。現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師も務める。世界最古のアレクサンダー・テクニーク指導者認定機関、英国アレクサンダーテクニーク教師協会(STAT)会員、日本演出者協会会員

ラバンの自伝も日本語になってます!

スポンサードリンク

予習復習(笑)を本格的にしたい方にはこちらもおススメ、ダンサー、振付家の方にもお役立ちです

ここ5~6週間は続いているので、もう梅雨明けが待ち遠しいです~🐈

まだ『セリフ』を言ってるの?!7月開催モノローグクラス

その昔、私は母校のそばに住んでいました。

近くを通ると校舎から明らかにセリフの練習をしている声が聞こえます。

ああ、先輩まだやってるな~、あ、後輩も練習してるな~

そんなほのぼのとした日々…..

「あれ?!」

「ん・・・・・・❓!」

なにか変ではないでしょうか?

確かに、つかっている語彙で「ああ、お芝居だ」と状況から分かるのもありますが💦

その後、指導する立場になり、演技コーチを極めていく中で、さらに気づいたのが、

私のお気に入りBBCラジオ4であっても、実際の人々のインタビューやスピーチといわゆる「ラジオドラマ」がまったく違うのが、途中から聞いてもすぐ!分かる!のです。

どうして?!

!!

そんなの、おかしいじゃん!

爆笑

みなさんは友達や家族や周囲の人々に「セリフを言って」いますか?
(特殊な状況以外で)そんな方は(ほぼ)いないと思います。

 

私たちは一人称で個人的な意味を伴って、動機や目的があって「ことば」を使って行動しています。本当に感じて、考えて、行動する演技へ「セリフを言う」のではなく、ー1人称で「しゃべる」体験をしませんか?

劇(脚本)の与えられた状況で、役の人物として行動するために、どう想像力を活かしたらエキサイティングか、言葉と内面と身体をどう扱ったらより魅力的になるか、モノローグをつかって磨きます。

せっかく作品に参加するなら「形ばかりの」フリや「段取り芝居」ではもったいないです。

言葉と内面の関係、身体の解放、想像力の鍛え方と感覚…一人一人取り組みましょう。

セリフ課題の相談は個別に事前に応じます。*セリフを入れてくる必要はありません。(ラバン入門クラスでエフォートを学んだ方が対象のクラスです)

■日程
前半
7月11日(木)18:30~21:30
7月13日(土)18:30~21:30
後半
7月18日(木)18:30~21:30
7月20日(土)18:30~21:30

■会場:「スタジオ アルバ」 文京区関口1-37-5 メイク2ビル B1F
地下鉄東西線早稲田駅 徒歩8分、地下鉄有楽町線江戸川橋 徒歩11分

■参加費:
モノローグクラス計4日間 19800円

前半のみ2日間の参加10800円*後半のみの設定はありません

■持ち物:
ご自身が快適に動ける締め付けの少ない稽古着、飲料水、タオル、筆記用具など、初日から必要なものをお持ちください。課題の説明はお申込み完了後にあります。

■お申し込み:
ラバンのクラスに参加済みでエフォートに問題のない方対象のクラスです。年齢やキャリアは問いませんが大卒相当の(実際の学歴は不問)基礎学力に問題ない方対象です。
以下をご記入の上メール又はFacebookのメッセージでお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。件名にクラス名とご自身のお名前をお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■応募先:
メールアドレス:kaoru(アットマーク)kaorukuwata.com
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/
*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上メールとメッセージの併用をお願いします。返信が受信できる設定のご確認もお願いします。

■〆切:
開講日の前日まで申込みは受付しますが、たっぷり演技の実践も併せてしてもらうため10名以下のクラスです。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。

■注意事項:
お申し込み後に急病などの緊急事態で参加できない場合は、お手数でも「その時点で」必ずご相談ください(欠席遅刻早退の種類に関わらず)。参加費は予約完了後にご案内しますのでクラス開始前日までにお振込みください。クラスは4日間または2日間のセットです。
例えば参加者側の都合で1日しか参加できなかったとしても(残念ですが他の方を入れることもスタジオをキャンセルすることもできませんので)参加費の払戻し等には応じられません。当日キャンセルはできないのでスケジュールや体調の管理には十分お気を付けください。
*開始日3日前までは急病など万が一の際にはキャンセル可能です。次回クラスへの振替は承りますので、そちらをご利用ください。(天災以外は理由の如何に関わらず)3日前以降のキャンセルの場合は受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。少人数で取り組みたいので、お申込みはお早目にお願いします

■講師プロフィール 鍬田(くわた) かおる
演劇歴30年以上、養成所や各種学校含め延べ1600人以上をみてきた演技コーチ。幼少よりダンス・演劇のトレーニングを受け桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業後、渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校舞台芸術科を卒業後、ロンドンのSTAT認定アレクサンダー・テクニークコースを卒業し指導資格を得る。ミュージカル劇団で指導の後、再びロンドンへ。名門演劇学校Royal Central School of Speech and Dramaの修士課程初のムーヴメント科第1期生唯一のアジア人で、ムーヴメントの指導、演出、教育学、演技指導を修め古典劇やヴォイスコースや他の演劇学校でも指導経験を重ね卒業。8年の正規留学を経て、桐朋学園芸術短期大学演劇科で最年少の講師となる他、新国立劇場演劇/オペラ研修所等でも20代から講師を務め、現在、劇団青年座研究所、尚美学園大学舞台表現学科講師も務める。世界最古のアレクサンダーテクニーク指導者認定機関英国アレクサンダーテクニーク教師協会(STAT)会員、日本演出者協会会員