ラバンの秘密は○○できること

先日のラバン入門クラスにご参加のみなさま、お疲れ様でした~

さっそく次のラバンクラス(おさらいのため?)の日程を相談されたKaoruです☆

こちらも10月あたりに企画できるよう工夫してみますので、その調子でたくましく、現実的な練習を続けてもらいたいものです。

練習あるのみ!(ホントに💦)

せっかくなので、今回果敢にチャレンジした新人(東京都 女性20代)のフィードバックを載せます

これから始める方、久しぶりに基礎を見直したい方、リフレッシュ兼ねての参加の経験者たち、参考にしてください♪

「~本当にありがとうございます。今回始めて参加させていただきましたが、今の自分の演技の傾向や普段何をやっているのかの癖を間接的に知れたり、他人を演じるという視点が曖昧になっていたなと振り返る等、ものすごく自分自身に返ってくるものの多い時間でした。振り返り始めると止まらないです。また8種類のエフォートにはもうちょっと慣れていく必要があるなと思うので、自宅で早速練習してみようと思います。~身体はきつい時もありましたが、すごく愉しく濃い時間でした。
ありがとうございました。」

はあい、やはり感覚が備わるまでは、多少は動きまわりますので、自宅を破壊せずに(笑)おさらいに勤しんでもらいたいですね😊

そう、ラバンの秘密は、

「感覚を育むこと」
「うごきのボキャブラリーを増やすこと」

だけではなくて、

「演技の解剖ができる」ことです

そう、動きだから、ね。
現象を扱いますので、音楽・演劇・ダンスの父でございます

本日のクイズ

○○=解剖

が正解でした😊

習慣を変えるにも、
できていることを磨くにも、

現実(事実)を知るところからスタート!

ダンスのクラスでも鏡で自分の姿を毎週みますよね?
音楽のクラスでもやはり鏡をみたり録音してみたりしますよね?

演劇も同じです

次回は10月か11月にラバン入門(おさらいも可)を企画中です。ご希望ある方はお知らせください。できる限り工夫いたします

今日のお勧めシリーズは夏の終わりのお供に、素晴らしい名作集
エウリピデスはドラマティックで盛り上がりが秀逸と思います

スポンサード リンク

私のイチオシは懐かしの(笑)「トロイアの女」と「アンドロマケ」です。
みなさんのこれまでの読書のご感想もクラスにて待ってマス!
役立つこと間違いナシ!楽しみましょう

 

エクササイズクラスで掴む①演劇の構造、感情の伝染、同調

8月のエクササイズクラスにご参加のみなさん、おつかれさまでした

経験者も現役活躍中の方も、新人の若者!も、みなよく考えながら、たくさん動いて、ちゃ~んと分析した良い時間でした~

「動きに起こす」

というのが、演劇や演技、会話や交流の構造を理解するのに、そしてなにより実際に「体感」として掴むのにバッチリ★

一人一人で動くところから、ペアで動くところへ

あらら、アッと言う間に、交流へ~

3日間で、自分の見えなかったクセや傾向、

なんとなくモヤモヤしていた課題やこれまでのダメ出しのほんとの意味(笑)、

あちこちで観劇していても、なんとな~く感じていた違和感や疑問。。。

「できる・できない」はさておき、

とりあえず「仕組みが分かった」ところまでは全員行けました🌸

「できるようになる」と(より明瞭に正確に)「分かる!」ようになる、のですが💦

これを活かして、日ごろから「行動」から、事実から演技を磨いていってもらいたいところです

そして劇作家・演出家(およびそれを目指す方々)は、古今東西共通の、人間の普遍的で科学で絶賛!研究中の「仕組み」に注目してもらいたいと思います~

「何事も、上達するのは、動いたら」Byかをる

🐈🐈🐈

イメージしづらい方々のために….

こんな嬉しいコメントもらいましたよ❤

『今回初めて身体をつかうクラスに参加して、自分の身体の可動域の狭さや動きの種類の少なさなどを痛感しました。また、鍬田さんのお話には精神論がなくすべて具体的な内容だったので、腑に落ちる点が多く、とても勉強になりました。』

😊

エクササイズのクラスは毎回内容が違うのですが、今回は参加者の方々の課題や希望、問題意識や方向性を鑑みて「①演劇の構造、感情の伝染、同調」がメインになりました

こういう内容になったのは2回目かな~♪

仲間同士、劇団や事務所のレッスンやWSなどで同じ内容のクラスをご希望の方、6名以上いればクラス行いますので、個別でご相談ください。

🐕🐕🐕

本日のお勧めは、小説も面白い水村美苗さんのこれ!

劇作家はもちろん、演出家も、芸術に関わる全ての方に読んでもらいたい良書。日頃つかっている母国語=日本語。無意識だけれど、ちょっと立ち止まって考えよう。歴史も分かって一石二鳥の秀作です。もちろん教育関連の方は必読ですぞ~。

バイリンガルの方は一層、なるほどと深~く頷くこと間違いナシ。

スポンサードリンク

お楽しみください!

まだ間に合う「ラバン入門ー基礎から学ぶ感覚のトレーニング」

大きく差をつけたい夏、芸術の秋に備えてスキルアップを目指しましょう。

初めての方もOKの入門クラス!ありますよ!まだ間に合います!スタートしましょう。

別のクラスと並行して、プロ俳優、パフォーミングアーティストおよびそれらを目指す方のための「ラバン入門」クラスを開催いたします。

より自然な感情表現、明瞭なセリフや動き、生き生きとした魅力的な演技!

そんな愉快で快適なリハーサルやのためには、たっぷり動いて、ちょっぴり分析する、

ルドルフ・ラバンの方法を使ったムーヴメント(動き)のクラスで感覚を磨きましょう。

表現の基礎になる「感覚」をダンス・音楽・演劇の父「ラバン」の体系的なシステムで具体的に養います。

◆ 日程:

7月23日(日)19:00~22:00

7月24日(月)19:00~22:00

7月25日(火)19:00~22:00

三夜間で1セットです。2回目の方がおさらいのために参加することも可能です。

◆会場:笹塚メソッド スタジオA 渋谷区笹塚3−9−3 ケイオービルB1F

◆参加費:ラバン入門:14040円(初日にお持ちください)

◆お申し込み方法:以下をご記入の上、メール又はFacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールでもメッセージでも件名に希望クラス名とご自身のお名前を必ずお書きください。
・氏名:

・年齢:

・性別:

・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:

・所属(大学、事務所、劇団など):

・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

◆クラス 応募先:メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはFacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上、メールとメッセージの併用をお願いします。またこちらからの返信メールが受信できるよう設定のご確認もお願いします。

◆〆切:開講日の3日前までですが、目が行き届くよう20名以下ですので、満員になり次第〆切ります。その後はキャンセル待ちになります。

やっていくうちに感じます、考えます、動いていくうちに、覚えます。事前の知識や経験は必要ありません。

2017年の後半が始まります。真剣な参加者のみなさまをお待ちしております。

欲しいもの、必要なものー未知の世界

ただいま~、おかげさまで無事に帰国いたしました。

生徒さん方、大変お待たせしました。いつもありがとうございます😊 今回もたくさん学んで、たくさん遊んで(笑)、久しぶりに日焼けもちょいとしつつ(^^ゞ、ダンサーだけでなく、俳優の知り合い、音楽家のお友達も増えて、とっても刺激的で為になる有意義な時間でした♪新しいアイデアもたっぷり浮かんで、さらに前向きになったワタクシ・・・

🐈

さて、6週間ぶりの日本(笑)

今日は久しぶりに💦日々の所感を書きたくなりました・・・

みなさんは、週末のスーパーへ行ったことがありますか?

🐣

突然でスミマセン。。

そう、私は久しぶりに近所のスーパーへ行きましたよ、いつも混んでいる有名チェーン店のスーパー@住宅地へ。

確かに、混んでいるけど・・・

週末は、普段はあまり来ないおじさま達やおじいちゃま達が急増中!❢

ノロ、ノロ、ノロノロ・・・・ノロ・・ノロノロ・・・

ま、仕方ない、としましょう。レイアウトにもきっと慣れてないし、記憶や運動の問題もあるだろうからね。

ん?

そのせいか・・・

おばちゃま達、おばあちゃま達、子供たちも・・・

狭い店内を、

ウロウロ・・・ウロ・・・・ノコノコ・・・・ウロ、ウロ、ウロウロ・・・・

?????

なぜなの~~~?!

ええっと、自分が欲しいものを見つけに行って、取るよね?で、比べたり選んだりして、結果OKなら買うよね?

それだけじゃない?

なぜスローモーションで動くのですか?

(-_-;)

え~っと、南米化している自分のせいだと思いたいけど、自分はどちらかというと何事も一筋縄でいかない不便な南米でスロー化しているはずなので(しかも絶賛!時差ボケ中)、逆に周りを早く感じるはずなのよね。

ええ~っと

どこに行きたいんだろう?

何をみているの? 何か比べているの?調べているの???

子どもがあちこち好奇心いっぱいで、走り回るのはよいとして(笑)、

えええっと、愉しんでいるのかしら?食料品の買い物を?!(まあ、そういう日もあるでしょうし、そういう方も多いでしょう)

そしてKaoruは思った(時差ボケのずれた頭で)

「自分が何を買いたいかが分かっていて、ここにいるのだろうか?」

さらに買い物しつつ、Kaoruは考えた(時差ボケの無駄に空いたお腹を堪えつつ💦)

「今日は何が必要か、意識して買いに来ているのかな?」

そして、かつて読んだ消費者心理の記事を思い出したのです。

それは、人と言うものは実は自分が何が欲しいかはあまり分かっておらず、実際にいくつかのモノを目の当たりにして初めて、

「ああ、こういうものが欲しかったのよ💙」

とか

「そうそう、これが必要だったんだあ!♥」

と気づくものだ、という記事でした。それが故に、消費者に欲しいものを聞いても無駄に近いというちょいと悲しい内容でしたが💦

そう。。

日々の生活レベルから、そういう傾向ありますわ。

🐈🐈🐈

友達の家に行って、フードプロセッサーを爽快につかって(笑)グルメなスープやハンバーグやパスタソースを作っているのをみて

「あ!いいな!欲しい!便利そう!」

とイメージが膨らんで、

プロが作ったカッコいい広告をみて、爽快な音楽を聴いて初めて

「あ~~、この映画みたいわ~、風景が綺麗そう~、素敵な物語っぽい~!ワクワク♪」

と刺激を受けるわけですね。

そこで気づく。

「ああ、自分はこういう料理を作りたかったんだなあ、こういう風にスムーズに安全に愉快に、お料理がしたかったんだな~」

と。

「あ~、こういう風景を、今、私は美しいと感じるんだなあ。こういう物語に興味がある人間なんだな、自分は。今、自分はこういう状況や人間たちに興味があるんだな~」

と、初めて己の基準や欲求を意識できる。

🐤🐤🐤

ということは???

そう、私たちは刺激を目の当たりにしないと、気づかないことが多々あるのですね。

素晴らしい建築物を目の当たりにして、その迫力や質感や触感や色味から

「ああ!美しい!自分はこういうのが好きなんだ!」

と分かる。

刺激があるが故に、感じていることに気づくことができるのです。

音楽が聞こえてきて・・・

「あっ♪なんかイイ感じ♬」

と感じて、自分の身体が動いているのを発見する。

そのあとで、初めて

「ああ、こういうの好きだわ~(笑)」

と自分なりの価値観や記憶や基準が確認できるのですね。

よく、

「自分が何をやりたいか分からないんです」

とか

「何が好きか分からない」

とか、はたまた

「そういうのはしっくりこない」

とか

「なんとなく自分らしくない」

などなど、いろいろ『分からない』発言を職業柄聞くことが多いのですが・・・

(-_-;)💦

それはね、刺激を取りに行ってないからかなと思いマス。

「演劇を続けたいか分からなくなった」

ほざいてないで(苦笑)

世界のいろいろな演劇を、音楽を、ダンスを実際に観てみなさいな。

きっと何かを感じるか考えるきっかけになりますから。

「何をしたらいいか分からない」

投げ出してないで(😠)

あちこちのいろいろな人をじっくり観察してみましょうよ?

さまざまな本を読んだり、映画を観たり、楽器を演奏したり(笑)、コンサートへ行ったり、美術館や博物館へ行ってみたりしましょうよ?

未知のものに出会って、初めて

「✨あああああ!!!!!✨」

これが欲しかった!これがやりたかった!これが好きだ!

と初めて感じて、気づく。

素敵ですね。

ちなみに、半ニートしてて(苦笑)あれはいやだこれはいやだとウダウダ言っている方々が

「自分が何をしたいかが分からない」とか「好きな仕事がみつからない」とか「自分に何が向いているか分からない」とぼやいている場面を職業柄みかけますが・・・

それらは、ほぼ例外なく

無駄です。

もうすぐ新学期!新年度!

フットワークは軽く、注意は鋭敏に、感覚は広くおおらかに、行動は俊敏に・・・

あたらしい春をお迎えください😿

 

最近のトンチンカン事件たち

驚きの事件が立て続けに。現代日本を象徴する事件として記録しておきたい(笑)!

1つ目:ある養成所的環境にて

さあ、あと10分で本番近い芝居の公演の稽古が始まるぞ!👊….

という本来、自主稽古や調べものに余念のない良い意味での緊張が高まる時….に妙なヒト (-_-;)

KY氏「台本、忘れました!」

はあ?!

「昼休み1時間もあるのに、何やってたんだ~?!君、お昼食べてダラダラタバコ吸って休憩してたじゃん😠その間に取りに行けば良かったのに…..とその前に!午後の稽古の準備し終わってから飯食えよ!なんで今気づくんだよ!」とすかさずツッコミ入れたのは、Kaoruがいつもお世話になっている事務の知的な芸の道ウン十年のオジサマ。

(-_-;)

で当然、台本忘れたヤツを相手にするプロの演出家はいないので、取りに行ってこい!と送り返されましたとさ。(降板させられなかっただけ有り難い)

さらに!取りに行ったは仕方ないけど、どうも自分がどこに忘れてきたかの記憶も定かではなく、さすらうこと数時間、「家に戻ってみたらありました」というお粗末な結果…その間、約半日サボりでっせ、おにいさん。

…そこで、Kaoru含むプロ集団は計算したのだった。

…ということは、こいつは土曜の稽古が終わってから、月曜の午後まで、1回も台本出して読まなかったのか?!😠

昨夜、持ち物チェックしなかったの?今朝、ダブルチェックしなかったのか?

ダメだ、こりゃ!さよ~なら~👋

2つ目:さあ、発表会2日前!

という、本来なら楽しみが膨らむワクワク日💓

…のはずが…登場しちゃうのが「珍人類」。

緊迫シーンが繰り広げられるサスペンスある場面のリハーサル。。

….だよね??あ、あれ~~~~???

謎の沈黙。。

ヒヨコ俳優A「……..」

ヒヨコ俳優B「…………..???(と硬い表情)」

ヒヨコ俳優A「…………………………………………………………」

???

沈黙が我らを襲う

即席プロンプター「……あっ💦ああぁ..えっと….(^^ゞ(と台本を探る)」

ヒヨコ俳優A「…..あっ、あぁ…..(と目を泳がせ、身体固める)」

そして、ただ、そこにいるだけの、使えないヒヨコ俳優B……..

お~いっ!👊

2か月以上やってる上に、こんな短いシーン(10分)のセリフくらい入ってるはず!

ヽ(`Д´)

(今更だけど)セリフ苦手なら、もっとセリフ少ないシーン選ぶとか(笑)、自分だけセリフ少ない役を選ぶとか、なんか防げなかったのか~い?!

自分で作品もシーンも役も選んでおいて、はや2か月以上。

いまさらセリフ入ってないなんて💦

そりゃないよ(-_-;)

こりゃ俳優も歌手もダンサーも無理ですね、2か月もあったのに、歌詞忘れたり、振付け忘れるようなヒトに仕事はありません。

🐣

3つ目:演技実習のミニ・発表会☆

….という名前だったはずが….

何だろう?この、モサッとした、陰気な、重い、だらしない人達は…..???

あと15分で先輩方も後輩たちも含め、皆が来るというのに…汚い。

何かが、とても美しくない、すっきりしてない、前向きでない、なんだかとても陰鬱な活気のない雰囲気なのです…..

この陰気な雰囲気、どこから来るのかな?

と職業病で(笑)状況と事実の分析をするKaoru ^^;

う~ん。。

あああ!分かったっ!

そう、あの先週から気になっていた、「糊付けもアイロンもかかっていない衣装!」😠

こりゃ、ダメでっす。(自分たちで気づいて欲しかったっス)

そして…観る人達を考えない、互い違いにもなっていない、段差もない、不可思議に両サイドをキツキツに配置された、座るのがどう考えても苦痛な椅子たちよ💺おお、おおおぅ。これは….深刻ですね 利他のこころが全く感じられない!

OMOTENASHI ジャパァーン! (笑)はどこへ行ったのやら?(T_T)

おもてなし以前に「空間の構成」は演劇の基礎でっせ~😡

さて、本編……..どうにか始まったはずが…….まだ暗い…….

変だなぁ、と某先輩と顔を見合わせていると、

ああ、なるほど、ね。

ほとんど明かりの当たってないところに、わざわざ簡易セット寄せて、暗い中で芝居してるわ。。。

う~ん、相手役の表情も見えづらいだろうに、自分がやり難いよねぇ、なぜ、あえてそこを選んだのか?!💦

もう呆れるし、面倒くさいので(笑)

Kaoru「そこ、あまりに見えづらいから、セット前に出して、もっと演技は前、中央寄りで!」

と得意のデカい声で指示する軍曹化前のKaoru

こんな指示とんだ発表会、初めてですわ、やーね 👧

何チームかの発表が過ぎ、観客たちの退屈と苦痛もピークに近づいていた、

その時!

さらなる事件が陰気な劇場を襲う 彡

男C「…………………………………………………………」

男D「…………………………」

男C「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

男D「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

何やねん?!この要らん間!?

ただでさえ暗いのに、もっと暗くなったわい!

😭

こらぁ、相手役!自分のパートナーがセリフ忘れてるなら、自分のセリフ適当につじつま合わせて出せい!ただボーっとしてるヒト!多少違ってても仕方ないから、自分の言葉になってでも、同じ内容のことを言うのだ!進め!とにかく、何があっても!何か言うんだ!え~いっ、もうこの際、次の段落からでも!(苦笑)

🐾

・・・沈黙が続きすぎ、ご来賓からため息が漏れ、後輩たちが混乱していたたため、ワタクシがOMOTENASHI 精神を発揮して、斬り(切り)ました。

😨

トンチンカン事件簿 4つ目:その後の展開や、いかに?!

後半戦、ヒヨコ俳優たちのさまざまな問題点が明らかになっていく恐怖の時間(笑)

新興貴族の姉妹が王宮で愛人と妻の座を争うドロドロした愛憎歴史劇….ですが…

B子「….宮廷中の男が私の虜になるわっ!」

A子「(無反応)」

観客の皆様(先輩後輩・演出家ら)「………???………」

(“゚д゚)ポカーン

見学に来ていたKaoruの弟子C「….ふ………ふふふっ….ふふふっ…(失笑)」

そ、そんなあっ!😭

夏休みの小学生そっくりなボッサボサの髪で、男の子みたいに突っ立って、すっぴんで眉毛半分ないヒトにそんなん言われても………

酷ですぜ。お客さんには。

みなさん、練習や準備は万全に。 万全を期したつもりでも、多少は何かあるのが舞台です。万全どころか、普段から、基礎技術のレベルから、生活態度からサボっていると、「酷いこと」が連続で起きます。そう、起きるというより、「起こしている」よね。

+++

ここは地震大国「日本」。(唐突でスミマセン💦)

みなさんは「防災」という言葉を誰よりも知っているはず。

そう、「防災」しましょうよ!日ごろから備えるのだ!

もっとじっくり台本を読みこんで、解釈もほぐして、分析もできたはず。

作家のスタイルの研究、同じ作家の別作品も、読んだらもっと世界広がるよね~

セリフなんか早く入れておけば、手も空くし、動きの研究がしやすくなるよね~

戯曲に書かれているシーンの前後も想像して演じてみれば、もっと全体像がつかめて楽しいよね~

役の人物の生活をもっと具体的に、身体化するエクササイズや、特徴をつかむエクササイズや、人間関係の掘り下げをしておけば、自分も相手も魅力的にみえて、いいチャンスだったのにね~

…..と「残念リスト」は続く、永遠に…..

「あとの祭り」

という悲しい日本語を思い出しました。。。

本日のミニ英語講座:’Oh…bloody hell…..’です。(笑)

***

2016年もあと2か月!

「基礎から学ぶラバン入門」クラスが10月25日(火)、26日(水)、27日(木)の三夜間、19時~22時でありますよ。未体験の方、ぜひお越しください。涼しくなって過ごしやすくなったところで、いっぱい動いて、たくさん感覚磨きましょう♪お申込みをお待ちしております(^^♪

 

 

 

 

 

 

傑作「Our Ladies of Perpetual Succour」@NT-思春期ガールズの合唱コンクール?!

今回のリサーチ(笑)で一番の傑作だった面白い意欲作はスコットランドからナショナルシアターへ来ていた「Our Lady of Perpetual Succour」!💙

観劇の予定はなかったのですが💦

金曜は17:30と21:00~の2回あるよ、まだいい席取れるよとナショナルのお兄さんにおススメされて(笑)行きました。…17時半と21時って…半分ミュージカルみたいなショーですよ?!俳優たち…体力有り過ぎ!!

さて、内容はというと、これがとっても面白い。スコットランドの片田舎のティーンの女子6名がクリスチャン系(ミッション系というの?)の生徒なのですが、エディンバラでの合唱コンクールに出ることになり、その日が来るのですが….

英語が分からない方も、トレイラーをみてね、パワフルで個性的なダンス&歌が楽しめますよ♪

https://www.nationaltheatre.org.uk/shows/our-ladies-of-perpetual-succour

女学生の家庭問題、将来のこと、友情、荒れ果てた(!)生活、どこの国にもある格差と思春期ならではの悩み、そしてその日その日を生きることの活力と素敵さ。💙

なんだかんだで、暴れるティーンのすさんだ生活と背景の感動の物語、ってだけではないのよ。😊

ナショナルを始めとして、イギリスの一線を走り続ける素晴らしい舞台作品たちが秀逸なのは、その完成度の高さ。

・いつ、どこで、誰が、どんな人達なのかがすぐ分かる衣装、セット、音楽。

・誰が、何のために、どんな風な決断をしたのか、してないのかがすぐに伝わる戯曲の構造、人物の描かれ方。それも人間愛に溢れた、しかし批判も含めた。ユーモアのある。

・社会的背景や上演の意義をしっかり持ったテーマと個人的な意味づけのなされている演出と俳優たちの演技。

・何を、どう、考え、想像し、共感して欲しいのかの方向性がハッキリとした演出、俳優たちの演技、そして照明や音響を含むすべての技術的な卓越性。

・無駄をそぎ落として、伝えたいことだけを絞った潔いよい演出と主張しない手法。

・みえること、きこえることのすべてに意味を持たせた、個人的な体験を伴っているセリフと歌と動きと所作。

もうね、「動く絵画」の演劇版。(ダンス版はバレエね)しかもそれに音がついてるんだから、こりゃ~、もう無敵!です(笑)

みんな、ホンモノの感覚をつかいながらも、思考も、感情も急展開させながら、ライブで交流しながら、本気で、全力で、「共感」しながら、駆け抜ける!!!

いいですね~、素晴らしいですね~♪

この作品は前から数列のど真ん中の席でみたので、さらに迫力満点でした。

さらに、みなさん、歌手デビューできるくらい歌がうますぎたこと。驚きました!!

かつて私は留学中にミュージカル界の名門と言われるロンドン郊外のGuildford School of Actingという演劇学校に教育実習で行っていたのですが(笑)その時の踊りも歌もバカウマな金の卵たちの将来をみたような気分でした。(…思い出しましたよ、アイドル顔負けのピアノを演奏しながら、昼休みだというのにめちゃウマな歌を練習していた学生たちを…そしていつも前向きで真面目で、前のめりで輝いていた彼ら…)

この作品を日本語に翻訳するのは難しそうですが、こういう元気でかつ社会派で現代のミュージカルが中サイズの劇場でお熱く上演されるのって素敵ですね❤

日本ももっと面白い、見応えのある、濃密な戯曲と意味のある演出と、輝かしい演技をともなった音楽劇やミュージカルが増えるといいな♡

とっても良い作品でした。出演していた俳優たち、ミュージシャンたちも魅力的だったので、また別作品でもお会いしたいと思います。

わくわく。。。

(^^♪

 

 

 

マシュー・ボーン振付演出カルメンならぬ「ザ・カーマン」!

噂のマシュー・ボーン振付演出の「ザ・カーマン」観てきましたよ💙

昨年、ロンドンで観られなかったので、待望の世界での映画公開!

しかし、舞台ほどの迫力と臨場感はなくても、仕方がない、そう同じ空間、同じ時間にいないのだから、汗は飛んでこないし、吐息も聞こえない。。。。残念!泣

でもね!映画ならではの、細部をみることができて、ハッピ~!

劇場ではどうしても席の如何によって、だいぶ見え方や感じ方が変わってしまうのも事実。しかしこの映画版なら、生でみるときほどの自由さ(今、あの人がみたい!あ、いまあっちみたい!あ、この人を見続けたい!笑)はないけど、クローズアップで、表情や細部を味わうことができる♥

トレイラーはこちら

最初、慣れないカメラワークに(というかダンスが速すぎ!)少々疲れましたが、言葉なしに、感情が伝わる、目的が分かる!素晴らしいダンサーズの身体に驚嘆!

映画館はまだあるので、スケジュールチェックや詳細はFBページもご覧ください。https://www.facebook.com/matthewbournecinema/?fref=nf

ああ、こんなに全身の表情が豊かで、言葉なくても、これほど内容を伝えれられるなら、こういうダンサーを俳優にした方が早いな…….と夢想し始めたのもつかの間(笑)、気づきました!

そう!

彼らはいわゆるセリフ劇をやっていない、一般的なストレートプレイの演技をしてないというだけで….

すでに極上の「俳優!」なのです!!!

☆彡

そう、とてつもな~~~く、踊りとアクションが抜群にうまい「俳優」というだけです。。。

そう、多少芝居ができるる「ダンサー」、ではないのです。。。

違い、分かりますよね?

公式ホームページはこちらです。http://matthewbournecinema.com/

暑い日々も、涼しい劇場で楽しみましょう!感激、感動のご感想を待ってマス💙

ソウルの旅 Kaoruと師匠ズと姫君たち in 韓国

ただいま~、韓国ソウルから戻りましたぁ。今年も大切なイベント💛師匠ズがゲスト出演するフェスティバルへ行ってまいりました。師匠ズの踊りは毎晩、キレッキレ☆でした。ほっ。(笑) アルゼンチン滞在から約2か月後の再会♪嬉しかったです~!(^^)!

さて、師匠ズには双子のそれはそれはカワユイ天使のような娘ちゃんがいるのですが、久しぶりの再会に5歳の彼らが…(日本語訳)

L「あ~、Kaoruおばちゃ~~~ん💙」

O「Kaoru~~~~~~💛」

Kaoru「(と、溶ける。。。💙)わ~い、O&L!!!」

L「会いたかったよぉ~~~~チュッ(ほっぺに(^ε^)-☆Chu!!)」

O「チュウしてえええ~~~~~(ほっぺに(*´ε`*)チュッチュ)」

Kaoru「…(さらに溶ける。。。)元気にしてた~~~ん?」(*^▽^*)

O「これみてえええええ~~~~」と塗り絵を大量に取り出す。(笑)

中国語と英語の表記。(笑)ほぼ読めないKaoru。。

L「……パパに言ってくる~~~~!Kaoru来たって言ってくる~~!!😊」

走り去るL嬢。こらこら~お仕事中のパパのスタジオに入っちゃいけません。(笑)(^-^;

O「ママに言ってくるぅ~~~、おばちゃん来たってエ~♪」

走り去るO嬢。💦 お仕事中のママのスタジオ入っちゃダメよ~

おばちゃん呼ばわりは少々悲しいが、確かに叔母&伯母の位置づけらしいのは正しい。日本語でいう「オバサン」ではありません!あくまでも!!

スタジオから飛び戻ってくるLとO嬢。(笑) 塗り絵~、ゲーム~💦ああ、忙しいっ!

Oを膝にのせて、塗り絵の解説を聞きながら、向こうに転がりLの様子が気が気でないおばちゃん、それはワタシです。ああっ、忙しいっ!

ちゃんと英語も片言でしゃべれるようになり、一方、私のスペイン語も通じて(笑)ホっ。。。

その後、お仕事おわった師匠ズの元へ私を引っ張っていく双子の姫君たち。(笑)

こどもの学習能力、好奇心、意欲、柔軟性、吸収力って、素晴らしいですね~、見習いたい!

今後もよいおばちゃんします♥ よいおばちゃんになるため、さらにスペイン語がんばります!(笑)

久しぶりに会うシンガポール、上海、北京、台湾、インドネシア、アルゼンチン、そして韓国のお友達たちとも楽しく過ごせてハッピ~~~!!!♪ 師匠ズもノリノリでお仕事&パフォーマンス♪

こうして、ひたすら踊る、食べる、寝る、踊る、寝る、食べる、踊る、寝る、踊る……だけの愉快な汗だくの日々が(筋肉痛と共に)過ぎていったのでした。

で肝心の韓国語は…昨年となにも変わらず、一切ダメ!(笑)お許しください。今回唯一学んだ新しい韓国語の単語は「チュンチュン」(笑)。

鬼軍曹もかわいい天使の姫君たちには弱かった。。苦笑

お写真は踊り明かした後、朝6時半のはや~い朝食?おそ~い夕食???

いずれにせよ、毎日美味しい旅でした。♡

 

 

 

観劇日記「夢の劇@KAAT」….のはずが騒音の襲来!

今日は暴風雨の中、ストリンドベリの「夢の劇」@KAATへ行きました~。面白い美術、工夫された個性的な衣装、素敵な音楽が味わい深く、興味を惹く作品でした。鍛えられたダンサーたちの身体能力は目を見張る超絶技の連続!後半は目が慣れてしまって(笑)、麻痺していきました~。(笑)

公式ページはこちら http://www.yumenogeki.jp/

劇場のごあんないはこちら http://www.kaat.jp/

…で、昔から気になっているのですが、なぜ、日本にいる方々の多くは、「鼻をならす」&「鼻をすする」のですか?

マジ、疑問です!!💦

コンサートホールで、劇場で、公共施設で…ゲップやおならを聞かせているのと変わらないとは思わないのでしょうか?花粉症や鼻炎だから仕方がないのかな?いや、病気でゲップやおならがでてしまう体調で本当に困っている方もいらっしゃると思いますので、なぜ、それは許さないのに、わざわざ静かな劇場や映画館の上演中に、不特定多数の方々の迷惑も顧みず、鼻をぶうぶう鳴らすのか?😠

…というか、鼻は理由があって出ているのだから、すすってはいけません!ちゃんと流しましょう、汚れを!ばい菌を!チリを!ごみを!鼻をやさしくかむなり、ティッシュやハンカチなどで抑えてとりましょう、鼻水を!身体を清潔に安全にするために鼻や痰は出ているのです~!

…って、小学校で習わなかったっけ???

私はふつーの小学校でしたが、手洗いうがいと一緒に習いました。 💦

忘れちゃったのかい、オトナたちよ?!

3~4分に1回すする(OR鳴らす)として、2時間の劇ですと、120分÷4=30回になります。さあ、30回!赤の他人の鼻水すする音の録音CDを、家で映画をみているときや読書時に流してみましょう。(笑) 好きな音楽や大好きな人のスピーチに耳を澄ませているときに、あえて(笑)鼻をならす音を収録したCDをかけてみましょう。😡

ほらっ!ウザいですね!

(T_T)

以前、ロンドンの国立劇場の名作の上演中に、鼻をブービーすすり過ぎて、前の席のお客さんに注意されてた日本人いたけど……超!恥ずかしかった!!!確かに温度差とか埃やアレルギーってあると思いますが…それにしても…体質ならなおさら、ティッシュくらい用意しておいてほしいですよね~

他人のフリしたかったけど…..それも面倒で、Kaoruは怒りながらも、仕方ないのでティッシュ、あげました。(笑)

シェイクスピア劇なんて、特に「聴く」文化ですからね。名優による劇の朗読CDも出ているくらいで(^-^; ラジオドラマも大人気ですし。

…という訳で、演劇以前のことが気になった1日でした、ちゃん、ちゃん。

KAATで観劇のあとは~、中華街でグルメ~がテッパンです~♪

花粉や暴風雨に負けずに、素敵な春をみなで快適にお過ごしください。

ティッシュやハンカチをお忘れなく~(^_^)/~

 

 

世界の果て?アルゼンチン・ウシュアイア州への旅②「四駆の本領発揮」

振り返りながらのブログ更新…。(笑)

予定通りにいかない国で、まったく違った順序で最初にヘリコプターでアンデス山脈と湖周遊をしてしまった私たち。。。(-_-;)

いや、素晴らしかったんだけどね、なんだか調子が狂いましたよ。

映画みたいな絶景!☆を目の当たりに朝から大興奮してしまいましたから、その後はなにをみても「ああ、すごいね」とか「へ~、いいね」とか、生意気にもちょいと景色が褪せてみえてしまうのですよ、比較の問題で。。。(T_T)

というわけで、昔、懲役で強制労働へ送られた囚人たちが血を流して作った線路による感動(するはず)の「世界の果ての蒸気機関車ツアー」に関しては山々は素晴らしかったけど、割愛。(笑) その後のバスでの地域&湖巡りも割愛。。だって、巨大な湖って、近くでみると(残念ながら)河や海と変わらないではないですか?!それにカナダから入植してしまったビーバーが古来からの自然を破壊しているのをみてもねえ。。。(-_-;)しかもビーバーは昼間行動しないし。。。はははっ

はい。。💦

で、今回はじめて参加したのが四駆で森林(?)や湖を駆け巡るランド・ローバーのツアー♪

…ってよく理解してなかったのですが、森を四駆でガタン!ガッタン!ゴトゴト!がった~ん!!!って走るのを愉しむ会なんだね。。私にはおしりがいたくて、首が疲れるツアーでした。。南極へいくための拠点だけあって、南極ツアーの準備するアウトドアグッズのお店や犬ぞりのためのハスキー犬たちのキャンプサイト(?)もあり、世界の果て感だけはたっぷり。

そして、鬼のように乾燥した空気…毎日、ちょいと鼻血ブ―です。

四駆ツアーで私が💛ラブだったのは、山小屋でのアサド~♪

アルゼンチン式バーベキュー💙ガイドでもあり運転手でもあるお兄さんたちがワイルドに屋外で料理してくれて、チョリソーにビーフにチョリパンにサラダそして赤ワインもジュースも飲み放題~!とは言え、いや~、昼食に2時間かかったとき、スペインの長すぎた昼休みを思い出しました。。。

IMG_1070 IMG_1069IMG_1068 IMG_1067

良い眺めと一緒に

IMG_1072

子ども用のちび小屋

IMG_1071

かわいい。。♡そして、

IMG_1059

四駆と湖☆

四駆の本領発揮を湖をガシガシ!バシャバシャ!と森林をごりごり!ボッコボコ❣で体験した私たちは、この後、歴史に残る大荒れのビーグル水道で海!の本領発揮に直面するのでしたあ!