発表!みんながやっている(らしい)事ランキング

どうしたら、気になる演出家と仕事ができて、やりたい役が出来る時間が増えて、ちょっとでも活躍を楽しむことが出来るか?何を変えたら、もっと面白い作品を作れて、快適に生産的に仕事ができて、不特定多数の他人に観劇してもらえるかな?

ワタクシ🐈はこれ実は「勝ち負け」というより、最終的には自分の目的に向かうこと、そのために「最善を尽くす」ことに帰結すると思ってます😊

さて、本日のミステリー👓

俳優の(俳優を目指す)みんながやっていること勝手にランキング、発表!

私のこれまでの見聞きによる個人的な印象ではありますが….いかがでしょうか?

じゃ~ん✨

第7位 スポーツ関連 テニス、マラソン、水泳など、やはり心肺機能が高まるものはお役立ちですね

第6位 日本舞踊、地唄舞、三味線

そうです、確かに時代劇にも役立つ、芸の道から学ぶ素晴らしい伝統芸能と巨匠たち…..教養素養というだけでなく、学ぶべき生き方や参考になるアプローチがたくさんあります….けれど、あなたは何になりたかったの?職業(や生き方は)何だっけ?

第5位 歌♪

歌の練習、カラオケ店で自習、声楽のレッスン、ポップスのレッスン、養成所での合唱…….そう、呼吸と声のためにも、そして確かに歌をつかうミュージカルも音楽劇もあるので、歌は歌えた方が良い、そして楽しいけれど、え~っとあなたは「歌手」でしたっけ?「歌をつかって」意味ある感情表現が他人へ向かって出来るか、内容を物語れるか、まで行きましょうかね?

第4位 ダンス 💃

バレエで基礎から、ジャズやヒップホップ、タップも楽しく、流行りのコンテンポラリーや社交ダンスまで….はい、確かに美容と健康のためにも、リズムや音感のためにも、空間把握や気づきのためにも、お役立ちの素敵なアート。。それは違いないのですが💦これも「ダンサー」になりたいんでしたっけ?とツッコんでおきましょうか。

第3位 (スポーツ)ジム通い 🏀

確かに身体が資本。健康と美容が両立するかはさておき、運動不足になりがちな現代人には運動する習慣が大切….ですが、健康そのものが「目的」でしたっけ?健全な心身のためなので、もちろん重要ですが….それって、演劇も音楽以前のことではなかったっけ?(-_-;)

第2位 (映画・演劇・DVD)鑑賞

はい、確かに娯楽としても勉強としても人生に潤いや余地やさまざまな素晴らしい刺激を与えてくれる映画、演劇公演、それらのDVDなど….200本、300本と鑑賞を重ねていくたびに、ますます出演したい!一緒につくりたい!例え自分の嗜好と異なっていても、なるほど!やびっくり!や面白い~などがいっぱいの嬉しい♥時間ですね。

…..と言っておきながら、一応ツッコむけど、ただ「観る人」になりたい訳ではないよね?(笑)そして「観る」=受け身の時間と考えてね、と申しますよ。

すでに活躍している方もちょいと時間配分を計算してみてください?

第1位!

栄光の第1位は!😲

じゃ~ん!

「人間観察」(およびそれに準じる「観る」関係のもの)

苦笑

ここで笑った方、気が抜けた方、え~!そんなことないでしょ!

と言いたいですね?

はい、私も言いたいです。

しかし、堂々と(?)履歴書や経歴に書いてありますよ?

「趣味/特技:映画鑑賞、人間観察、料理」「特殊技能/趣味:ダンス、人間観察」

とか(笑)

なんなの、これ?

も、もしかして。。。。。。。。。。。。。

「なにもやってない」

に似ていませんか?

(-_-;)💦

教養素養、職業年齢、キャリア特殊技能によっては、相当玄人な(笑)「観察」をそれぞれのお立場から、それぞれの得意な切り口から、普段もうすでにしていると思うのは…気のせい?!

🐥🐥🐥

「観察するには知識がいる」と巨匠ベルトルト・ブレヒトが書いていたような気がしますが(原著がドイツ語で読めませぬ!)

そして観察を活かすためには、「比較の対象になる体験」や「比較の基準をつくる体験」の集合が必要かと思うのですが….

どうでしょうか?

テレビやネットの前で数時間×数か月×10年過ごすことができるのと同じように、

町をウロウロ、観光客気分でうらうら、ただ日常をボンヤリと×20年、

も可能でっす!😲

自分の周囲の大勢の人がやっていないっぽいこと、

自分の生まれ育った環境で出会った人たちと「同じ」こと以外、

え~~~いっ

と飛び込んでみるのはちょっと怖い?方もいるのでしょうが

それを「スリリング☆」と意味づけるか、「ストレス」と意味づけて反応するかは

自分自身✨

ちょいと考えてみてくださいませ~(^_^)/~

 

 

 

 

 

 

演じる面白さを味わおう!3月モノローグクラス

いつの時代も会話は面白い。
はやくシーンをたくさんやりたい。たくさんセリフが欲しい!

ちょっと待って、その前に!😲

「セリフを言う」のではなく、生きた言葉として「しゃべる」ために、どうやって想像力を活かしたらエキサイティングなのか、言葉と内面の様子をどう扱ったらより魅力的になるのか…

モノローグをつかって演技の方法を増やします。

ベテランも中堅も若手も、すでに出来ていることは磨く、苦手は減らす、それぞれのレベルを尊重した実践クラスです。

言葉と内面の関係、身体の解放、想像力の鍛え方と感覚…一人一人取り組みます。

セリフ課題の相談は個別に事前にいたします。
*セリフを入れてくる必要はありません。

(ラバン入門クラスでエフォートを学んだ方が対象のクラスです)

■日程:
3月30日(金)10:00~13:00
3月31日(土)10:00~13:00
4月1日(日)10:00~13:00

3日間で1セットです。
ブラッシュアップのために繰り返し参加することも可能です。

■会場:レインボーコート参宮橋スタジオ
東京都渋谷区代々木4丁目11−3 地下1階

■参加費:「モノローグをつかって」:19800円
(計3日分です。初日にお持ちください)

■お申し込み方法:以下をご記入の上、メール又はfacebookのメッセージにてお申し込みください。添付ファイルの送信はお控えください。メールでもメッセージでも件名に希望クラス名とご自身のお名前を必ずお書きください。
・氏名:
・年齢:
・性別:
・連絡先(携帯電話番号)とメールアドレス:
・所属(事務所、劇団など):
・自己紹介(200字前後):(舞台などの現場経験の略歴、受講動機など含め)

■クラス 応募先:メールアドレス:kaorualexander(アットマーク)hotmail.co.jp
またはfacebookページのメッセージ:https://www.facebook.com/kuwatakaoru/

*返信が3日以上ない場合はエラ―が考えられます。設定をご確認の上、メールとメッセージの併用をお願いします。またこちらからの返信メールが受信できるよう設定のご確認もお願いします

■ 〆切:開講日の2日前まで。10名以下で行います。満員になり次第〆切り、その後はキャンセル待ちになります。開始日の2日前まではキャンセルが可能です。次回または別クラスへの振替も承ります。1日前以降の直前キャンセルの場合は、受講料の全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

演じる面白さを腹の底から味わいましょう!

健康な俳優・歌手のみなさまをお待ちしております。

つい、やっちゃってない?ー役立たない感想の代表

週末限定:アレクサンダー・テクニーク入門クラスが無事に終了いたしました。

ご参加のみなさまお疲れさまでした、有意義な時間ありがとうございました。

おさらいの方も、個人レッスン2年目の方も、まったくの初めて🍃さんも、自分のパターンに気づいて、習慣を見直して、無意識かもしれないけれど、長い時間をどう消費してしまっているか….

目的にも合わず、ただ慣れているだけの悪癖…

勘違いやうっかりの延長で、つい意味もないのに、加えすぎている緊張や足りない筋肉のトーン….

要らんパターンをやめる方法と、より機能的に有利で音楽やダンスや演劇に役立つ「つかい方」を学ぶきっかけになれば幸いです。(個人レッスンのお申込みはグループクラスでお渡しししてあるパンフからどうぞ♪)

さて、本日はおさらい、っぽく聞こえるかもしれませんが、これ☟

「難しい」

というつぶやき。

笑!

つい、やっちゃってない?

例えば、あたらしいメソッドやクラスや環境にて。

慣れない場所やメンバーで。

・台本を渡されて「う~ん、面白い。でも難しいですね」

・オーディションで自分の取り組みをどうだったかを聞かれて「思った通りにできなかったです。うん、難しいなと思いました」

・ダンスの振付や身体の使い方を説明されたとき「あ~、なるほど~。難しいなぁ」

・あたらしい(直せるポイントや切り口)を指摘や提案されたとき「う~ん理屈は分かります。でも難しいですね。」

・慣れない現場や初めての相手役と初見のあと、「難しかったです」

・リハーサルなどでダメ出し(フィードバック)されて、「あ~難しいですね~」

って….

心情的には分からなくてもないですが💦

まあ、緊張(あがり)していたり、環境に慣れないから「構え」てしまっていたり…

特に悪意もサボりもなく、ほとんどの場合は真面目に「感想」を述べちゃっているだけなのですが…

やめましょう、そのクセ 😢

いいことないですよ?

いまの自分が感じた、現在の状態での個人的な「感想」と、問題解決のための方法を具体的に編み出すことは違います。

この記事、読んでみて?!☟

http://https://https://kaorukuwata.com/2015/11/03/%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E3%80%8C%E9%9B%A3%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%83%BC%E6%98%94%E3%80%85%E3%80%81%E6%95%99%E5%B8%AB%E9%A4%8A%E6%88%90%E3%82%B3%E3%83%BC/

感想はちょこっと、問題解決に向かうのは、はやければはやい方が、ほとんどの場合は自分も相手も周囲も快適で建設的です。特に、クリエイティブな仕事のとき、集団の目的があるとき。

そしてね、

ツッコみますけど、

辛口で🍛 つっこみますと

…「難しいと感じた」からって….

「だから何なの?」

デス。

分かりますかね?

あえて掘り下げるなら、例えば、残念な環境で「あ~、難しいですね」「それは難しそうです」と言われた場合、なんとなく日本で育った方は知っていますね?(-_-;) 💦

残念ですが、それが「何も変えないです」「前例がないのでやりません」「変化は起きないです、働きかけないです」という意味であることを。。。Orz

(受け取り側の問題といってしまえば、その通りですが)

問題解決へ、ご自身の「目的」へと、さっそく向かわない状態は避けるのが賢いでしょう。

今の自分に、今日、たまたま、新しい視点や切り口、これまでの「コンフォートゾーン(慣れている範囲)」から離れて取り組むとき、音楽、ダンス、演劇など、パフォーミングアーツでは特に、

この、ただ「難しく」感じたという事実を把握して終わるのはやめましょう。

まだ、何もしてませんよ? (笑)

「難しい、つぶやく前に、一呼吸」

by かをる

あ、一句できた!

2月に季節柄、緊急とされている問題解決のための特別クラスを開催するかもしれません…思案中。応援したい方、参加したい方、ジョイント企画したい方、募集中です(^^♪

身体とあたまと心と

「ラバン入門クラス」、「モノローグをつかって」の2クラスが無事に終了しました。

ケガもなく、寒い中、筋肉痛(笑)になりつつも、若き大学生からベテランまで、ご参加の皆さん、よくやりました、ありがとうございました。

生い立ちやキャリアはさておき、それぞれが自分の能力を最大限に発揮しようと果敢に取り組むものほど、尊いものはありません。それこそが、自信のもと ♪

そこに結果がついてくるようになれば、しめたもの😊

自分には、たくさん想像し、いろいろ試して、健康にも気をつけて、他人と協力できて、動けて、工夫して、よくみて、よくきいて、ちゃ~んとやり遂げる力がある!

そうです。

「できない」のではなく、「やり方」を知らなかった。

「向いてない」のではなく、「入口」が分からなかった。

「できない!」のではなく、「どちらの方向へ向かったらいいか」を知らなかった。

という感じだった方がほとんどだと思います。

今回初めてだった方も、筋肉痛(笑)にめげずに、次回のクラスへ進んでもらいたいと思います。

次回は1月のアレクサンダー・テクニーク入門クラスで心身の解放か?!

現在、もんもんと私が考え中の2月(?)の特別クラスで「がっつり」★もいいですね。

参加者、レギュラーのみなさん、お気軽に活躍情報や近況もふくめ、ご連絡ください。

良いお年をお迎えください。

こちらは明日までシーンクラス!がんばりま~す(*^^)v

なかなか上達しない真面目な方の盲点①

ずばり!でお悩み解決 (笑)コーナーです🍛

予防注射と一緒。痛いのは一瞬。(いや、翌日もちょっと痛い💦)

しかし効果はしっかり、統計とるとちゃ~んと数か月効いている。(笑)

集団で接種しないと、酷いインフルが流行るから、みんなで予防しましょう(苦笑、フフフ)

さて、本日の盲点は①「バランスよくやりたい」

という、極めて真面目で真剣で、一般的には良いこととされている

「まっとうな態度・スタイル」。

でもこれ、ダメよ。

😲

そう、そうなの。

倫理的には素晴らしかったり、善意に満ちていたり…

しかーし、

そこに時間やエネルギーを使ってしまうと、特殊技能(音楽・ダンス・演劇など)に秀でた逸材にはなりづらいの。(不可能ではないでしょうが)

極端な例(でも実話💦)で説明しましょう。

昔、Kaoruはロンドン大学の舞台芸術学科生だった。

現代美術で世界的に有名なDH先輩やロックバンドBやデザイナーMQを輩出したという風土?もあり、リベラルで、教授たちも粒ぞろいのパンクな変人(?)が多く、美術だけでなく演劇や音楽でも突飛で尖がった(笑)個性豊かな作品をつくる学生が(教授も)どの学科も多かった。

そんな芋洗いのある日…

私と仲間たちは、期末のラシーヌの戯曲「アンドロマック」の公演発表ため、成績優秀なAの家で衣装を縫ったり、小道具を作ったりしていた。

なんだかんだ雑談が盛り上がりがちな学部生。

衣装を仕上げながら、Aが言った。

「ねえ、聞いた~?Cは今の家追い出されたんだって~」

😲え?!

「ああ、あれね~」

みんなが口々に嫌そうに、いかにも問題ありげに言う。

😨「なんだろう?」

当時(まだ)おとなしい留学生のフリをしていた私は黙って聞いていた(^^;)

優等生A「極端すぎるよね~」

J君「どういう育ちしてるんだろ、驚くよ~」

優等生A「ホントに。信じられない!私だって、そんな人とは一緒に住めないわ。」

おネエ系D君「まあ、面倒くさいのは分かるけどぉ~、ありないよね」

優しいS「あはは 笑、まあ、いい家が見つかるといいけど…大変ね…」

クラスでは(美人だが)自分勝手と評判の歌手志望のCが、仲間とシェアして住んでいた家を追い出されたらしい (-_-;)

みんな知っている話だった。当時キャンパスの隣にあった寮に入っていた私は通学時間が徒歩5分だったこともあり(寮でシェアしていた7名はみな別学部だった)そういう噂に疎かったのだ。(^^ゞ

珍しく「ツッコんでみよう」と思った(ゴシップかい?!おいおい)

若きKaoru「それどういうこと~?」

みんなはこぞって(笑)説明してくれた。

優等生A「Cったら、ぜんぜん家事しないんだって!自分が使ったお皿も洗わないのよ!信じられる?!」

若きKarou「….(う~ん、信じられるけど)…ああ、そう?」

優等生A「自分でつかったお皿もず~っと置きっぱなしなんだって、嫌でしょう?不潔よ。だいたい大家さんに怒られるよ、ずっと放ってなんておけない。 」

若きKaoru「…(よかった、寮にそういうヒトいなくて)…ははは💦 大変そうだねぇ」

J君「ついに怒ったフラットメイトがCに自分の食器洗わないなら、食器使うなってCに言ったんだよ」

優等生A「そしたら、Cがなんて言ったと思う??」

若きKaoru「さあ?何か面白いこと?」(って天然ボケ?!)

おネエ系D君「そしたらCは『じゃ、私お皿使わないから』って」!!!

お、おう。😲

それは、それは….

大胆な美人やね⚡

優等生A「で、本当に使わなかったんだって。それで、使わないなんて出来ないでしょと詰め寄ったら…」

優等生A「Cは『私、時間もったないから、紙皿とプラフォーク&ナイフで足りるから』って」

大爆笑する仲間たち。

う~む

🐼

….確かに、極論。アンチ・エコだし。

でも….

う~ん。。。

分かるのよね~ 笑 💦

その極論に至った考え方。。

Cのライフスタイル👧

大学はうまくやりつつ、大好きな音楽活動をしたい(最優先)

=歌のレッスン・ライブ活動・勉強・ネットワークづくりが一番大切

→食事や家事は最低限でヨシ→食器を洗う時間があったら練習したい(またはライブやレッスンに行きたい)→家事をしてもお金はもらえないがバイトやライブはお金(レッスン代など含め)がもらえる=優先

いまの自分に生活にお皿は大事じゃない(という極論)=紙皿&プラで捨てればヨシ

→私は私の道をいく!

=今、一番大事なことに最大に時間をかける!

となった(-_-;)💦

のかなぁ。。と。

好き嫌いはさておき、

一理ある。

家事しても歌は上手くならないし(不潔は行き過ぎですが)

大学生が借りている家を快適にしたところで、キャリアには役に立たず

食器のことでフラットメイトと揉めている時間があったら

もっと役立つ練習やパフォーマンスの研究や営業をしたい訳で

大学生だからと「正しい学生像」「理想の同級生像」をしていても、業界人の目には留まらず(不衛生はダメだけど)

おそらく

私は歌手✨=一番大切なのは「歌う」時間と「歌のために」役立つ時間

となったのだろう。

笑い話にするのは簡単です。

そして「それくらい生活ちゃんとできないと仕事できないよ」

ときれいごと言うのも簡単。

(たしかに、不潔で病気になるようじゃ困りますし、荒れ果てた生活で忘れ物ばかりしたり周囲に迷惑ばかりかけている様子が作品に反映されるようでは残念ですが…)

でもね、Cの理屈、一理あるんですよ。

真面目に家を整理整頓していても芝居は上手くならない。例え家族の喜ぶ手料理が家族にウケても練習の代わりにはならないです。

近所の人(しいては親も)に気に入られることばかり優先していたら練習時間も減る。(協力が必要でしょうからわざわざ嫌われる必要はありませんが)

特殊技能(歌・楽器・ダンス・演技など)は練習時間の確保がまず最優先ですから。

=(倫理的に)平均的にそこそこ良い子、親にとっていろんな意味で「都合の良い」子、集団にとって「扱いやすい」子が能力を育てやすいわけでも、条件が恵まれているわけでも、特殊技能の上達がうまい訳ではないのです。

何を、どんな風にして、

いつ、どこで、どのように、

何にどれくらいの時間をかけるか

正念場。

運命の分かれ道。

精神論ではなく、数字にして書いてみるとよろしいかと思います。

ちなみに、学校の「お勉強」が出来るに越したことはないですが、それも特殊技能の修得の「助け」にはなりますが、「代わり」にはなりません。(仕事も同じね。)例えば語学が出来なさすぎるとダンスでも留学することが出来ません。しかし、語学ができても、肝心のダンスが規定レベル以下ではその語学も活かせない。

🐈🐈🐈

もうすぐ年末が近づいてきます。

この機会に、具体的に「取捨選択」してみてはいかがでしょうか。

 

 

①「細かいこと」なのか?!

最近、改めて実感したこと・・・

経験や年齢に関わらず、養成所生やクラス参加者の言動でワタクシには奇妙に思えるポイントから、俳優のトレーニングやライフスタイルについて、熟考してみたいと思います。

本日はこれ

①「細かいこと」

例えば、こんな感じ。

個人レッスンにて:(今、考えていることや今週の様子を聞かれて)

生徒A「首の緊張と…頭の、姿勢?ポジション?とか、まあ、細かいことなんですけど….」

え?!😲

グループクラスにて:(今日のクラスの目標を聞かれて)

生徒B「う~ん、自分のクセなのか、硬いと言われますね。今日は背中や背骨のこととか、昨日やった細かいことも、注意してやりたいです」

ええっ?!😲😲

某、養成機関の授業にて:(自分たちの取り組みの振り返りをしながら)

生徒C「セリフの意味もですけどぉ、(稽古で)言われてるからだの事も、細かいことをちゃんとやっていきたいです」

えええっ?!😲😲😲

!!!

😠

それ・・・・

「細かいこと」

じゃないだろう?!💦

あの~(-_-;)

そういう内容が「細かいこと」

と思っているようじゃ、ダメなんじゃないの?!💦

🐤🐤🐤

まぢか~~~~。。。

「捉え方」はひとそれぞれと言う方もいますが、

いや、実際、そこからでしょう、学びは。

自分が「細かいこと」と思いこんでいる内容について、

師匠やコーチや演出家、仲間や先輩や憧れのスターたち、世界の巨匠たちと

「ズレていないか」

たまには確認してみてください~🐦

 

 

役の人物(キャラクター)を考える①…と「その前に!」

台風の猛威の予感…夏期クラス後半に備えて時間がいくらあっても足りないKaoruです💦

さてこんな時、なんでも自然災害のせいにしたくなるものですが…どうだろうか?

確かに雲の動きは代えられないので、交通機関がダウンしたり、さまざまな予定の変更をしたり、なかなか思い通りにはいかないでしょう、そして、自然災害は誰のせいでもないでしょう…

こういった「フツ―の事実」から、演じるときの、キャラクターについて、考えてみましょう!

台風、交通機関のダウン、それによる予定変更の数々や調整…

ねえねえ、お人柄、でませんか?

🐼

そう、その昔、うちのオカンの女友達が婚約者と一緒に箱根旅行に行っていて💦

不運なことに、やはり台風の進路が変わってばっちり当たってしまい、東京へ戻る足が危うくなったとさ。

うちのオカンが聞いた話によると(笑)、

帰京するために乗りたかった電車が数時間の遅延の上、やっと出る!となった夜半、その婚約者くんは混み合ったプラットホームで「え~、座れないからやだ~ 電車が混んでいるから嫌だ~ 立って乗るのやめようよ~ う 次のにしよう~ 」と、混み合う電車に乗り込むのを拒否し、「乗らなくていいよ~、次のにしようよ~と」ウジウジのたもうたそうな。

それを聞いた彼女(オカンの友達)は

「ああ、この人と結婚するのやめよう!」

と決断したんだそうです 😲(そして数週間後、本当にそうした=婚約破棄)

驚いたうちのオカンが「どうして?!仲良かったのに?!そんなことで?!」😲

と最初は反射的に聞いたんだそうです

すると彼女は、

「この人は災害時にベストを尽くそうとしない=一緒にいたら電車だけじゃなくて、いろんなチャンス逃す=万が一何かあったときに二人で乗り越えて行けなさそう=新生活、一緒には無理=….」

など、いろいろな想いが頭を駆け巡ったとのことでした。

ほう。

そんな恐ろしい話を聞いた当時のワタシは

「災害に強い人」ダイジ!(笑)

…と思ったかどうかはさておき👨

なるほど~と腑に落ちたのです。

つまり、

その人がその人のルーティーンを守って、そこそこいろんな意味で余裕があって「マイペース」していられる間は、

「その人の本性」=奥底に隠していた(普段つかっていない)部分は出ない、ということ。

え、意外?!😲

つまり、その人物(キャラクター)がそのひとのルーティーンを守っていて、

いつも通り過ごせている限り

「劇(変化)」

にならないよ。

「劇!(イベント)」

起きない。

ということ。

OK?

役の人物(自分がキャスティングされたキャラクター)の生活の様子や「いつもの」ルーティーンを知ること、即興やエクササイズで生活様式や特徴をつかむことはもちろん必要ですが、

「その部分を、ただホームビデオのように、やらない」

ってこと。

その人が、「普段の」(当たり前の本人がコントロールが簡単にできる範囲の状況)行動ではない「行動」をとらざるをおえなくなる状況で

「何をするか」

ここが本性、その人の正体が露わになるところではないですか?

人間のさまざまの原点:本日のお勧めは大興奮のギリシャ劇

スポンサードリンク


私の超!💛お気に入りは

・アンティゴネ 呉茂一訳
・エレクトラ 松平千秋訳
・オイディプス王 高津春繁訳

の3つですが、他の名作たちも面白いですよ~

いつの時代も人間たち

どこの世界でも人間たち

「劇の原型」を楽しむ夏にしてみていかがでしょう?

私は9月中旬に俳優と歌手のためのモノローグ・クラスを開催予定です。FBもチェックしてください♪

 

 

The Majority@NT ロンドンーライブ世論調査です!面白かった参加型の演劇公演

8月❤麗しのウイーン滞在を経て、次に向かったのは第二の故郷ロンドン♪😊

今回は同級生の結婚祝い、V師匠の2本目の著作のお話や近況、素晴らしい同級生ピアニストとのランチなど、盛りだくさんの嬉しい日々♥

同級生だったKのムーブメント演出している「カイト・ランナー」は売り切れで招待も使えず😿

さらに「エンジェルス・イン・アメリカ第1部・第2部」も終演近かったせいもあり、6時間以上の超大作にも関わらず、ず~っとリターンもなく、当日券も毎週売り切れ!😢

おお~ぅ😿

毎朝、ナショナル、アルメイダ、ヤングヴィック、の話題作を輩出しつづける劇場へ電話とネット攻め💦

そんなある日、なんだかんだでサウスバンクに毎日通っていた私。苦笑

ナショナル・シアターのボックスオフィスで、最近の話題作とナショナルの今シーズンの公演について聞いてみることにした。

すると…

ナショナル君「ああ、新作の『The Majority』がいいよ?まだ開いたばかりだから席取れるよ?明日なら前の席2つ取れる♪だいたい上演時間や90分くらいかな~、投票制で決まるんだ、いろいろと。だから休憩あるかどうかも分からないんだ、ははは 笑 」

Kaoru「?投票?」(・・?

ナショナル君「投票ボタンがついたポケットサイズの機械を観客はみんな渡されて、それ使って、いろんな質問に答えるんだよ~♪ 面白いよ?」

Kaoru「え~!どういうこと~?!」

ナショナル君「いいでしょ、いいでしょ。参加するんだよ~♪」

Kaoru「そ、そんなに言うなら….試してみようかなぁ、同行者氏は政治好きだし、トランプ政権がどうとかスコットランドの独立がどうとか倫理的な観点含め、そういうテーマで切り込む作品がちょうどいいのかも……」

ナショナル君「遅れてこないでね、入れられないかもしれないから!投票次第では。30分前に玄関きてくれると助かる~」

な、なぜ彼が興奮してしまふのか 笑

しかし世界最高峰の演劇作品を輩出しつづけるナショナル!こんな素晴らしい劇場勤務のナショナルのスタッフのお見立てがダメだったことは一度もない。舞監でも本屋さんでもモギリの子でもカフェのスタッフでも、みなイイセンスしているし、いつも気の利いた情報を教えてくれるし、機転の利いた切り返しが楽しいんだよね….ああ、会話上手、インテリ、知識教養人、演劇人♥

📚📚📚📚📚

この作品のトレイラーはこちら

基本はコメディアンでもあり、劇作家、俳優でもある主人公が観客たちに向けて、自分がネットで出会った左派のおじいちゃんと実際に会って、スコットランドでの展開を語る独り芝居の構造。

そして数々の質問が投げかけられる

例えば「暴走列車を止めるレバーがある。レバーを押せば一人は犠牲になるが、4人が助かる。レバーを押すのは正しいか。」

「その犠牲になる一人が自分の子どもであっても、レバーを押すべきかどうか」

など。

レビューはこちら☟

https://www.londontheatre.co.uk/reviews/review-the-majority-at-the-national-theatre-0

意外な%が出たときの緊張感。

自分が意外に(?)マイノリティーだったときの驚き。

また、今日の客席に(計算すると)いま、4名は「××してもいい」という自分とは違う意見のヒトがいること。

など……

とてもスリリングです。

主演の劇作家が(演出は別の方)、登場人物をすべて演じて語るのですが、これが

「うまいっ!!!」

特徴をよくつかみつつ、揶揄しすぎず、しかし皮肉の効いた、絶妙な人物描写✨

さすがです!!😊

いろんなスタイルの現代劇があるのも音楽シーン、ダンスのコミュニティーと同じくロンドンの豊かなところ❤

日本の演劇も劇作から、俳優から、そして演出もすべて質も上がって、本当の意味で盛り上がるといいな~🐦

 

 

 

 

質問!お怒りマエストロ @ ウイーン/オーストリア編

熱意と意図に関わらず(これまた悲しいが)、どうやら学習そのもの=練習そのものにも「上手い、下手」があるようです、非常に残念ながら。

こういった話題はプロの世界でも、オトナの事情も影響してか(偽善?)、なかなか分析されない上、赤裸々に語られることは少ない印象です。

よっぽどの差し迫った状況、もしくは相当の覚悟の上、そして巨匠やスターの発言でも叩かれること必至です。(私も地雷を踏んでいたな(いるな~) ~苦笑 ははは💦)

さて、

麗しの都 ✨ ウイーン(^^♪

今回の大切な目的は、某有名マエストロのワークショップを受ける事👊

ワタクシはこのマエストロの直接の弟子でもなく、今までにお会いしたことがないので、すべてはイベント主催のPくんとMちゃん夫妻のアレンジに頼りまして、図々しくも一人で初参加(相手役の確保もPMに依頼 (^^ゞ)

初日✨

(南米人なのに)ちっともフレンドリーでないマエストロを発見 (笑) (ロシア暮らしが長いせい?!)

気を取り直して….

主催PM夫妻のお計らいで、素晴らしい(プロ)ロシア人と組むことになったKaoru🐈

って、この方、マエストロのアシスタントじゃ~ん💦ひえ~

こ、これは!

時差ボケもなんのその(着いた翌日だョ!😠)ひたすら

「やるっきゃ、ない、ない!」⚡

このロシア人パートナー君、その名も「アントン」。

演劇人なら、思わず笑ってしまふ「アントン・チェーホフ」の「アントン」ですね(笑)

って、本人に確認したら

「チェーホフ?」(?_?)

と不思議な顔されました….変ねぇ、ロシアを代表する巨匠の一人なのに(^^;)💦

さて、クラス開始~♪

マエストロ、語学も堪能で、流暢な英語での一つ一つの指示も注意も厳しい。。するどい。。。細かい。。。長い。。。毎回うるさい。。。しつこい。。。

そして、と~っても「くどい!」(す、スミマセン)

眼光鋭いマエストロ、ありがたく一人一人をチェックしてくださり、何度でも繰り返し教えてくださる。感謝!ありがたや~

決して休まないマエストロ、頻繁に冗談を交えながらも解説し指示を出し、視点を変え、たとえ話もまぜながら、愉快に進んでいる風な様子…しかし一度も…….

「目が笑ってない」

まるで職場でのKaoruです(苦笑)🐼

1時間をすぎて、もちろん休憩なし⚡

1時間半をすぎて、まだ休憩なし⚡⚡

「水を🍵~😢 」という心の叫びに従い、アントンに許しを乞い(笑)小走りにスタジオを横切って、急いで水を飲み舞い戻ると、一人でもずっと練習しているアントンの姿!ひえ~💦私、甘ちゃんでした、ごめんなさい!

これは、ツライ週末になりそうです!(笑)

さて、クラスも終盤戦。

疲れもたまってきて、ちょいちょいイスに座ってしまう方(中高年?)が現れる。水を取りにいったり(ドキッ!)、隣のひとのをチラチラみたり(-_-;) 気が散ってしまうのも人情、ついサボりがちになるのも疲労のなせる技。。

しか~し❕

マエストロは許さなかった⚡⚡(そりゃ当たり前)😠

ウジウジ(失礼!)した質問の体で、自分にとって「難しいこと」と今「できてないこと」とその理由が分からない旨を訴えた組がいた。。。

あ~あ~あ~あ~

いやな、予感。。。

😿😿

まったく(目もどこも)笑っていない某マエストロは言った。

「質問するなら、最初から最後まで通して、最低でも8回は練習をし終わってからにして欲しい」

ごもっとも!

全員が喉の渇き(笑)と戦いつつも、マエストロのフィードバックを受けながら、汗をふきふき….

そうです。

その通りです。

何を、どう、質問したらいいのかを知るためにも、

まあ、8回くらいの練習(通し)を完了させることは誰しも必要ではないでしょうか?

8回って、少ないし…意外と優しいマエストロ(笑)(^^ゞ

その後も、一切休まないアントンに尊敬の眼差し✨を密かに向けつつ、

腹の虫が鳴くまで、練習しつづけたKaoruでした。

腹減った!!!!😢

質問の内容や様子によって、

理解度や、基礎学力や、練習の内容や、学習の態度がバレますね。

🐈🐈🐈

特に、どういうわけか、傾向として、日本人は「感想」を述べがちですけど、

それ、「質問」じゃないからね!

と通訳していても、教えていても、頻繁に思うことがあります。

Kaoruの夏 Part I: ウイーン編でした、ちゃん、ちゃん。

*おまけの写真は夜の素敵な広場の教会。池が鏡のようになってロマンティック♥Kaoruは明るいイタリア人たちと行ったので、朗らか路線でしたが(苦笑)みな、盛り上がっておりますね~

麗しのウイーン滞在①珍事件ー戯曲読解の深さを改めて

自戒を込めて、珍事件を報告します💦

結果、巨匠たち直伝の戯曲読解の真実さ、リアルなパワフルさを改めて思い知った事件、

それは….麗しの都、オーストリアのウイーンで思いがけず、起きた。。(T_T)

アルゼンチンで知り合った美しい夫妻PくんとMちゃんが某有名マエストロを招聘して特別ワークショップを行うとの知らせを受け、初めてお訪ねした憧れの町

✨ウイーン✨

ジャーナリストの友達と日々の美術館、博物館巡り、そして何といっても美しい街!!毎日歩きまわるだけで、幸せ~💛

さて、愉快な日々が続くこと約1週間….

あれ??

……なんだろう?

うちのキッチンの高~い冷蔵庫の上にある、

白い筒状の、何だかよくわからない、真ん中に目があるような?

何かが内臓されている?不思議な置物は….???

う~む。。。

そして…インターネット検索と(笑)、半日の熟考とP&Mちゃんへの相談の末、結論に達した。

これは、これは、もしかして?!

今、噂になっている(苦笑 ここが曲者)!

(恐怖の)防犯カメラ?!😲

😿 うちの美人大家さん、そんなこというてなかったよ~😢

最近、ダメ テナントが迷惑かけたり器物破損する事件があるというし、確かに、自分が大家だったら嬉しくはないだろう。

ま、ワタシは別に困ることも怪しいこともないのですが、まあ、嬉しくはない。。

う~ん、でも、まあ、快適には過ごせているし、何でもいいや。あと1日だし。。。(意外と非積極的)

🐣🐣🐣

翌々日借りていた家を出るとき、美人大家さんにメールしてみました。

「間違ってたら申し訳ないんだけど、あれは、何ですか?ちょっと気になったんだけど….もし、そういうセキュリティー(カメラ)類のものなら、言ってくれればよかったのに」

と控えめに。

すると数時間後、ロンドンに着いたら美人大家さんから返事が来ていて…….

「え?!ああ、言わなかったっけ?あれは、部屋の芳香剤よ~、電池切れてたかも…ごめんね~」

ですと(*_*)⚡

なぬ~❓!

ちっともいい匂いなんかしなかったよ?!(笑)

というより、こんなにセキュリティーカメラに似すぎているデザイン。。。しかも置いた位置が誤解を招く、リビングが見渡せる(苦笑)冷蔵庫の上!

😢

…バカな心配であった。。。

しかし!

こうなったのには、理由がある。

それは、

防犯カメラが変な動きをした、留守中のペットの様子をみたくて買った防犯カメラがハックされているっぽい、子どものためにつけた防犯カメラがどうも怪しい動きをする…..

などの(全ケースの真偽はさておき)とても悲しい記事を読んだ数日後だったからだ。

しかも、それらの防犯カメラのみためが、今回の「芳香剤」そっくり~💦

(-_-;)💦

美人大家さん、疑ってゴメンね~😢

!!!

つか、ちゃんと説明してよ(って1週間も気づかなかったヒト、とほほ)

慣れない土地+疲れていて判断力鈍る+防犯カメラの赤裸々記事読む+大家さんよく知らない人+置かれた場所がドンピシャ+いい匂いしない(芳香剤ではない)

=「防犯カメラ」説

強力に!なっていったわけです。

これって………..

「戯曲読解」と同じ仕組みですわ。

はははっ(苦笑)💦

事実ではないが、事実から「推測」できる事を重ねていった結果、

ありゃ~、ずれちゃった。。。

~~~~~~~~~~~~~

・何の前で

・何の後で

が、当事者(役の人物)の言動や判断基準や気分に大~いに影響します。

はい❢(実感をこめて)かなり影響します!

シーンを演じる際は、ぜひ

・何の前で(例:何が起きる前、何を説明される前、誰から何を聞く前)

・何の後なのか(例:何をどんな風に読んだあと、誰になにを言われた後、なにをどうみた後)

をよ~~~~く吟味して、判断および想像してください!

「ウイーン:取り越し苦労編」でした、ちゃん、ちゃん。