6日間のシーンクラス、無事に終了しました!

「共感と同調ー演技の底力」クラスに引き続き、年越しで(!)入門から上がってきた方々の、少数精鋭による今回のシーンのクラスは年末に3日間、年始に3日間で無事にインフルエンザも風邪もケガなく、全員終了したシーンクラスでした。

ご参加のみなさん、お疲れ様でした!

今後、クラス参加を希望されるさまざまな方々のためにも、ちょっと今回ホットな話題だった事柄をいくつか紹介したいと思います~

・「一人称」が『役の人物』として行動するための必須条件

これ(頭で)知識として知っていてもダメで、できないと使えないんですよね。
まさにシェイクスピア曰く「ヘカベのために泣けるか」です。

・「状況とボク(私)」で劇が展開するわけがない

状況が人間をつくっているとだけ強く思いこんでいると、ロクなことないです。劇の世界で状況をつくっているのは誰なんだ~い?(笑)

・共感と同調ー結びつきは人間/交流の前提

前述の「ハムレット」のヘカベのために泣く…もそうですが、自分のことで感情や気分や感覚があるのは、ある意味、健康に問題さえなければ、(ほぼ)当たり前。

では、その一歩二歩先へいったところに『劇的交流』があるんだな、そしてそれが面白いし、愉快で、かっこよく、味わい深く、さまざまなジャンルの(時代文化に関わらず)作品を豊かにする。

….挙げればキリがないですが、代表的で基本的な原則だけ、ちょろっと紹介しました★

今週末の連休はたくさん動いて(身体も鍛えつつ)感覚を磨く『ラバン入門』クラスがあります。新年、ぜひあたらしい切り口で、具体的な演技や感情の様子を身をもって知るクラスへお越しください。久しぶりのおさらいの方、モノローグクラスへ備えての方々も同時にご参加いただけます。お申込み時にメールの返信が届く設定をお忘れないようお願いします

本日のご紹介はこちら↓

スポンサードリンク

私もかつて3年間、毎年カナダからはるばるイギリスへ滞在してくれたマルコム先生のクラスに参加していました。今も現役コーチであり、アレクサンダーテクニークの素晴らしい先生でもあり、実はチェリストでもある、素晴らしいマルコム先生の著書を関西を中心に長年活躍されている小野ひとみ先生が翻訳してくださった名著です。

ああ、マルコムのクラスは素晴らしかったけど、雨のハムステッド・ヒースで走るのは毎年辛かったわ~苦笑 どうして毎年天気が悪かったのかなぁ。。。💦

さておき、「身体全体のつかい方」が向上すると、今までより軽く、少な目の負担で、より良いコーディネーションで、走ったり、楽器を演奏したり、スピーチをしたり、スポーツやパフォーミングアーツの特殊技能が活かしやすくなります。

アレクサンダー・テクニーク入門クラスの追加開催を検討しつつ、個人レッスンは引き続き受付中です。

ご希望がある前向きでやる気溢れる、真剣な方はご連絡ください。

 

初開催「 共感と同調ー演技の底力」無事終了しました

驚愕の(!)ラバンのエフォートのメソッドをセントラル演劇学校でヴァネッサ師匠に教えられ始めて、はや15年越え….

感情ってなんだろう、感情の働きはどんなものなのか、演技でどう生かしたらいいのか、歌唱、ダンス、演劇で、優れたパフォーマンスと「それなり」レベルは何が違うのか….世界の名優たち、映画、舞台で活躍しつづける方たちは何をしていて、何がちがって、何をしていないのか….etc

(もちろん健康に)そして作品中に「生き生きと行動」するために、感情の研究をせねば!と指導の一方で研究し始めてはや12年….

「共感と同調ー演技の底力」クラス初開催!

ケガもなく、病人も出ず💦 無事に昨夜終了しました😊お疲れさまでした~♪

現役大学生から大活躍中の中堅、そして上昇中の若手まで★

年末ということもあって普段は東京以外の場所で活躍している方も….みんなそれぞれのレベルで課題設定しつつ、『根源的』なテーマへ向かって、根気強く取り組みました。

今回はダーウインからエクマンまで…..とりあえず(笑)

あと2~3歩進むとさらに具体的になるかな(苦笑)私ももっと勉強します~

コミュニケーションを見直し、感情というものの捉え方、感覚の役割、普段あたりまえと思っている私たち人間のさまざまな機能……..

演技のために、パフォーマンスのために、実際に動いて体験、観察、分析….

集中しつつ、愉快にユーモラスに、参加者のみなさんも協力的で積極的だったので、とてもバランス良い健やかで前向きに進むクラスでした。

この調子でさらに活躍するために!深めて応用していって欲しいです。

1月は各種入門クラス、モノローグクラス(通称:モノローグ道場 🐵)、11月に好評だった「ズバリ!な演技のための戯曲読解パート②」と続きます。

初めての方は入門から着実にかつちょっと前倒し気味で(笑)、久しぶりの方や慣れてきた方はさらに深く実践的に…

みなさんの2019年が嬉しい目標の達成とそれぞれの目的に向かっての大きな1歩になりますように☆

健やかな大晦日をお過ごしください。

クラス参加者のみなさん、個人レッスンの生徒さんからの嬉しいニュースも期待しています♪

平成最後のおススメは20世紀のアメリカを代表する巨匠アーサー・ミラーの自伝(下)感慨深い内容も多く、俳優が読んでも歌手が読んでも演出家が読んでも学べて面白い一冊。気負わず「お読み物」と思って活かしてください

スポンサードリンク

これから年越しを一緒に過ごすお猫様たちの幼少時の写真をアップしました。感慨深い…😿

台本を●●するのをやめよう

例えば………….

俳優のみなさん、演出家のみなさん、真面目な方、責任感のある方、時間をたくさんかけて考えたり準備したり、セリフをいれたりしたい方々…..

本来は良いことのはずですが………..

たまには

台本を「持ち帰る」のをやめましょう!

みなさん台本を見すぎです。バイブルのように、すべてが書いているかのように….。

『台本=結果』

ですよね?

こういう出来事が起きるよ、いつ、誰がどこから来るよ、こういうやりとりがあったよ、など…。

つまり、「なにが自分をそうさせたのか」「なんの因果でそうなったのか」「何が原因でこういう言動をしたのか」「その前後に何がどうだったか」「どういった感情が目的へ向かっていたのか」「誰の目的と誰の目的はどう違うのか」などは自分で俳優(と演出家ら)が台本に基づいて「編み出していく」はずなのに、台本をやたらみている。

あなたがみている(探している)もの….

台本に書かれてないです。

プロンプでもないのに。演助でもないのに。とにかく文字をみている。

俳優は台本を「基に」、台本に書かれている事実に「基づいて」

役の人物としての「行動」をします。

みる、きく、考える、想像する、決断する….

楽譜をみていると、感じて、想像して、共感して、当事者の感情がわかって、歌えるようになるのですか?

振りつけの連続をみていると、感覚体験しながら、影響を与えながら、当事者としてみききし、実際に踊れるようになるのですか?

ひたすら台本をみていて(読んでいて)できるようになるものは、なにもありません。内容を覚えましょうよ、俳優にとっては『自分』のことなんだから!

ですから、本日のクイズは、

「台本を●●するのをやめよう」!

デス。

🐈🐈🐈🐈🐈🐈🐈

スポンサードリンク

ただ戯曲を読んでいても、分からないのが作家の意図や作家自身の作品への思いや入れ込みよう、無意識のものも意図的なものも、後からいろいろ….なものまで。アーサー・ミラー巨匠の自伝も面白いですよ。

準備しすぎて困った人はいません。学びすぎて何かが出来なくなったことはありません。

使えるものは、日々、愉快に蓄えていこう~♪

さて……………………….

発表!

本日のクイズのお答えは 台本を「鑑賞」するのをやめよう

でした。

そう、鑑賞しちゃダメ!

自分が何のためにわざわざページをみていたのか、読んでいるのか、どう読んでいたのか、読んだことで何を変えたのか、検証してみましょう。

きっと今より深く、早く、実演に役立つように読むためのヒントに気づくはずです。

明日もモリモリ朝から夜まで、シーンのクラスと共感と同調の2クラス♥

現役大学生から中堅まで。みんな一生懸命やってます、善きことかな😊

 

観劇日記「オイディプスXXX」@KAAT

珍しく(!)観劇日記を書いてます~

ご縁あってKAATへ「オイディプスXXX」を観に行きました♪

私の大好きな、そして敬愛する素晴らしきギリシャ劇、その世界の名作中の名作、「オイディプス王」が現代の日本の若手(?)演出家の手によって、どうなるのか?!

桐朋の大先輩である南 果歩 様も復帰作!とあって、たくさん注目されていました。紆余曲折あっても(苦笑)やはり精力的で輝かしい先輩たちの「まるごと」で真剣なチャレンジの連続には、いつも頭が下がります。
人間として、女性として、なかなか誰にでも簡単にできることではないので、底知れぬ『活力』を感じます!尊敬✨

近景はこちら、かな?
https://www.nicovideo.jp/watch/1544679722

私は「社会派」を気取っているだけのなんちゃって作品も、ナルシストな主宰・主演・演出兼、みたいなサークルっぽいのもイミフ😢と思ってしまいとても苦手なので、優れた古典をスタンダードに、かつ現代のテイストで消化しつつ、無駄に主張しない「普通」の演劇が得意です。「スタンダート」ということ。大切ですよね、どんな分野でも。不特定多数が相手でないと、やはりもったいないですし….

そう、演出家がいろいろコ洒落て主張しているものは「オジサンクサい」と思ってしまふ世代なのワタシ💦

ラップも意外に(?!)違和感なく、ファッションもそこそこ納得できる、かといって「博物館」的な古臭さはなく、でも現代のお客さんの生理に合わせたリズムと疾走感で、100分一本勝負。

私は(無駄に)長々と繰り返し説明されたり、長~いファッション的な「飾り」や「ごまかし」ばかりの不思議な舞台だと非常に萎えて苦痛なのので(笑)、こういう感覚だと楽なのです。かといって、ふざけているわけではないし、不真面目なわけでも、テーマがぶれている訳でもない。(あ、でも一部❔は残っていたかも…)

それでも(良い意味で)バランスよく、かつ賢く、お客さんのこと、ちゃんと考えているし、練っているよね。古典の上演スタイルも踏襲しつつ、いろんな背景のキャストも活躍しつつ、それぞれが得意を活かしつつ….なにより痛い古典の上演にありがちな「お説教調」でないのがラク!

戯曲のもともとの構造を壊さず尊重している仕組みが「ほっ」とした時間でした。

当日券もまだあるみたいです。明日24日(月祝)は昼と夜の2回!😲みんな元気だな~

http://www.kaat.jp/d/oedipusrexxx

なにはともあれ、ご自身の目でご確認ください~

前に読んだバージョンはこちら、読みやすい河合先生
スポンサードリンク

このバージョンもよかったです、ドラマティック!
スポンサードリンク

年末の「共感と同調」クラスと年始の「アレクサンダーテクニーク入門」クラスともに満員で現在、キャンセル待ちのみ募集中しております。追加開催も希望が増えれば検討いたします。

年末年始の「シーンをつかってー(演技の総合力)」クラスは(モノローグクラス経験済み)男性のみ募集中です。

1月連休の「ラバン入門」と「モノローグをつかって」のクラスはお申込み受付中です。おはやめにスケジュールなどをご確認の上、お申込みください。

素敵なクリスマスの連休をお過ごしください🎄🎂

 

演技の参考になる名作映画①「女は二度決断する」

はい、あまりにも不可思議な邦題。日本では2018年、春先に公開されていたようです。

邦題は…….映画、あるある、ですね。

さておき、先日(またもや)飛行機内で感激して夢中でみたのがこの映画。
大画面でみたかった。。。

ダイアン・クルーガーがこんなに素晴らしい俳優であることを忘れていたわ。
ごめんなさい。

女である前に人間、女優である前に人間、スターである前に人間。

とにかく「まるごと」の人間なのです。

かっこいい公式サイトもあった(見落としてました~ありがとうございます)

http://www.bitters.co.jp/ketsudan/

みてください、この秀逸な緊張感、きれいごとでない展開。現実よりも厳しい現実。なにより一筋縄でいかない人々と深すぎる事情。

ホントに….おままごと、じゃないんですよ、ドラマって。

字幕の方が俳優の生の音が聞こえて良いと思います。

ドイツ語、英語、フランス語…..ダイアン女史、秀才すぎ!羨ましい~💛

スポンサードリンク

似通った複数の登場人物たちが、似たような言葉をしゃべり、似ているのになぜか些細なことで揉めている風で、結局どうってことなかった…みたいな劇が私はよく分からないので(創作や上演の意味や対象も)苦笑

こういう骨太ドラマが感激します。テロを扱っているから「現代」らしいのでもなく、「人種差別」に触れているから イマドキなのでもなく、「薬物問題」が語られるから「真剣なヒューマンドラマ」なのではありません。

人間の「核心」に触れているからこそ、きれいごとや白黒つける断罪でもない、世界各地で不特定多数の人間の琴線に触れる名作になるのだと思います。

ブルーレイはこちらです ↑スポンサードリンク

 

 

習慣は1週間で変えられる!?

ただいま~♪ 上海帰りのKaoruです

敬愛する姐の主宰するイベントへの参加やらお勉強やら、毎日汗だくになりつつ、全くできない中国語に戸惑いつつも、皆様の親切あって嬉しいもろもろの旅、上海人の友達、北京の仲間たち、ついでに(?)日本と韓国からの応援もあって、愉快な1週間でした、ありがたい日々に、感謝!

さて、今日は噂の(?)習慣のお話です

習慣というと、あちこちで話題になっている、ホットな課題。

読書、運動、トレーニング、レッスン、果てはダイエット(!)でも、なにはともあれ「習慣化」が肝なのは、みなさまご存知の通り。

「継続はちからなり」

で….それが一番……おそらく多くの方が腰を重たく感じるところ、でもある。。(-_-;)💦

幼少時から毎日やっている朝晩(昼も)の「歯磨き」を面倒くさいと思わないのと同じように、

「磨かないと気持ち悪い!」と思えるようになったらしめたもの、

なのですが…

なかなか慣れないことは素早くできないし、

慣れないからこそ、忘れ、しかも「反射的に」出来ないから

つい、後回し、先延ばし、しがちなのも事実。。。

😿

そうです、感覚が変わるためには、体験の積み重ねが必要なのです。

🐶

今回の上海滞在で私はさらに実感しましたよ

習慣なんて…….

たった1週間ですぐ変わるものだ!

と。

なぜなら…….

Googleに(VPNしないと)つながらないのも、

姐のめちゃヘルシーな朝ごはん(野菜ジュース付き)にも、マズ漢方茶にも(笑)

お手伝いさんがいても気にせずテキトーに生活することにも、

慣れない土地で分からん中国語に苦労しつつ移動することにも、

どこへ行くにも(基本的に)一緒のかわゆい犬🐶との愛すべき生活にも、

私は………実は、すぐ慣れてしまふのでした…..

笑!

🐕🐕🐕

そう

ポイントは

1 自分のやる気や意志や気分に関わらず

2 とにかく実行すること

3 周囲の環境云々を気にせずに

4とにかく毎日やること

なんです♪

歯磨きと同じね。

理由、考えない。

したがって、言い訳も、しない。

ただ、やる。

そして繰り返す。

それだけです。

体験→感覚が記憶になる→体験を重ねる→さらに感覚を覚える→体験をさらに積み重ねる→感覚自体が変わっていく→当たり前化していく→素早くできるようになる→やりたくなる→

という順序

笑笑 😊

自ら「やりたくなる」というのが歯磨きと同じで大事ね。

🐶🐶🐶

本日のおススメはありがたい図書

発声発音の都市伝説にはさようなら!科学に感謝しつつ、よりクリアで明瞭なスピーチへ。さらに使いやすい発声発音の工夫へ。

スポンサードリンク

餅は餅屋に。上海では上海人に(笑)お世話になったKaoruでした。

専門家の名著をぜひご利用ください。

本日の写真は私の新たなる習慣となっていた点点くんとのツーショット😢ああ、習慣て恐ろしい!点点がいないと、こんなに静かなんだな~(苦笑)ううう😢

11月、来週末のズバリ!な演技のための戯曲読解のクラスは男性のみ1名だけ募集中です。女性は1名キャンセルでたので、キャンセルの待ちの方がNGの場合は1名のみ募集します。

12月年末のシーンをつかってのクラス、共感と同調の演技の仕組みのクラスもお申込み開始しています。休みが取りやすい時期と思うので、ぜひご参加ください。有意義で気持ちの良い、2018年の締めくくりにしましょう!

 


学びを勘違い①文明の利器の活かし方 タイプA

その昔、わざわざ電話をかけ(番号が分かっていれば)、いちいち赴き(その乗り換え案内もなく)、2次3次の知り合いがいなければほとんどの事が調べられなかった図書館と紹介と本屋さんとの戦いと協力の時代を思い起こせば、どこへ行くのも、何を調べるのも、ありがたく便利で効率的な世になりました。(年寄り発言)感謝!

私は苦手ではありますが(笑)基本的にテクノロジー、文明万歳!です☆

…が、教えているときに

「?!それ、意味不明じゃん💦」

と思うときもあり、時には、ズレっぷりに

「えっ!😲本末転倒だよぉ~」

と驚く場面もあるので赤裸々に参ります。

🐈🐈🐈🐈🐈

タイプA:クラスやレッスンを録音したがる人たち

レッスン内容を正確に覚えておきたい、聞き取り漏れがないようにしたい、(あとで?)ノートに書き起こしたい、自分がちゃんと覚えているか自信がない、自習の材料にしたい….ダンスやフィットネスのクラスなどでもお手本を録画したり、説明部分も含め、録音録画したがるひとたちって世界中どこにでもいますよね

基本、ポジティブで真面目で一生懸命な動機の方がほとんどと思います。

ああ、真剣なひとたちよ!😢

しかーし!(激励はさておき)

ほんとうにそれ、全部見返しているの?半分くらい?自分がみたいところだけ何度もみているの?

記録したものを全部、聞き返しているの?それとも途中だけ?

じゃあ、レッスンが2時間だったら、それをまたみるから(おさらい?)またみるのに2時間使うんですかい?レッスンが45分だったら、45分をまた聴くの?

す、すごいね!

苦笑

では、ツッコんでみませんか?

自分はなぜ録音録画がそんなに必要なんでしょうか?何を確認したい?何をみたい?聞きたい?何回使う予定?何をみてきいたら満足しますか?そして自分の目や耳でみわけ、聞き分けられるハズなんですね?

ポイントは、

「何のためにつかっているのか?(目的)」

です。

万が一にでも、「もし集中して聞いていなくても(注意深くみていなくても)大丈夫なように」という傾向が(密かに)あるのでしたら、

ツライでしょうが……

勇気がいるかもしれませんが……

「やめる!」

ことを私はお勧めします。

限られた時間内にその時に「集中して聞く」練習をしましょう。

自分の思い通りになるわけではない特定の環境でも、その場で「注意深くみる」練習をしましょう。

そう、自分に一種の負荷をかけるのです。

The トレーニング!

みなさん、ここぞ!というどうしても❣な状況に絞って録音録画を目的設定をしてつかいましょう。

次回はタイプBへのツッコミをお送りいたします。

本日のおススメ図書は私が密かに(?)中学高校時代に愛読していた素晴らしい雑誌!こんな特別号があります♪

科学ラブ♥研究尊敬♬

スポンサードリンク

現実に役立つ取り組みには、事実に基づいた知識から。

恒例のインフルエンザの予防接種も終わって、元気はつらつなKaoruでした、ちゃん、ちゃん!

 

ポーズの善し悪し?ー退屈で薄っぺらい演技につながります

ムーヴメント(主にうごきをつかってのエクササイズやトレーニングや演出法・うごきが出発点となるアプローチ)

を教えている演技コーチ、演劇指導!のKaoruです🐈

ムーブメント=うごき

なのですが、

それ自体がなかなか伝わらない、ってこと、あります💦

演劇だけでなく、ダンスや音楽の方もクラスに参加されることが多いので、嬉しい💓限りなのですが、

ジャンルを問わず、一定の確率でいるらしいのが、この

「うごき」ではなく

「ポーズ(形)」を

ただ追ってしまう、なぞってしまう、

という感覚や働きかけの土台にならない残念な方々….

一生懸命、なんですどね💦

がんばりの矛先が、

「形をやってみせること」「外からみて特定の姿勢になっていること」「きれいであること」(笑)

などなのかもしれません。

ポーズしちゃう、形だけになっちゃう、という残念な場合、

お試しして欲しいのが、

「周囲への働きかけという意味での『動き』で考える」

「AからBへの移行、CからDへの変容を『動き』ととらえる」

の2点☆

ポーズをやっちゃうとなぜ困るかというと、

うごきから感覚のトレーニングをしたいのに、「形を覚える」程度になってしまふこと。

うごいているから(劇も役も)ドラマになるのに(=現象ということ)止まってしまふこと

そして

何より!

感情が目的にむかっていくはずなのに、

人物が状況をつくっていくはずなのに、

「止める」「終わる」「おさめる」

をやってしまふことです。

OMG!

ちっともコミュニケーションにならないじゃないですかあ!

まったく「物語」が展開しないではないですかあ!

🐈🐈🐈

本日の図書は日本の近代劇と言えば!てっぱんですが…

かつてのワタシも先輩とさんざんやった「紙風船」(笑)を含む岸田國士センセイの!「ハヤカワ演劇文庫」はとても読みやすいので慣れない方にもおススメです

スポンサードリンク

私は実は「驟雨」も好きですよ、いつの時代も変わらない(変えてない?!)男女のいろいろが読み取れます 笑!

11月のズバリ!クラスはあと2名で締め切ります。参加を迷っている方、年末年始んにシーンのクラスに(久しぶりに)チャレンジする方、初めて進む方にもお勧めです。

年末年始のクラスなど、ご希望がある方、自分たち(すでに劇団やチームあり)でみてもらいたい、クラス開催、現場のトラブルシューティングなど、ご希望ある方はメッセージかメールでご連絡ください❤

 

 

 

「自然にやろう」を目指すと…

よくない演技、ダメなパターンとしてよく挙げられるのが

「自然でない」「不自然」「なんか違う」(苦笑)

のような、

「自然」に起きているようにみえない、本物のように聞こえないという『苦情』

そう、かくいううちのオカンも常々

「も~、日本のドラマは白々しいのよっ😡」
「あ~、ウソっぽ~い😠」

と不満をもらして、早ウン十年。(みなきゃ、いいのに…)

爆笑!

さておき、

そんな素人のオカンの訴えにも一理あり

何が、

白々しいの素で、
ウソっさの原因で、

不自然なんでしょうか?

🐣🐣🐣

ちょっと考えてみましょう

確かに、「現実は小説より奇なり」でもありますので、

日常生活でいろいろなことが(それなりに)、ひとそれぞれに(いろんなレベルや質で)起きているとは思います

が!!!

例えば、😲びっくり事件が起きたとき!

「よし!自然にやろう」

って思ってないですよね?

自分が当事者で渦中にいるとき、

誰が出て行ったとか、お亡くなりになったとか、転勤になったとか、誰かと誰かがどうこうなったとか(笑)、急に誰かが訪ねてくるとか、天災だの、嬉しいニュースだの、急な告白やら….

事件=問題解決

に向かっているとき、

「自分は白々しくなっているだろうか?」
「これは自然かな?」
「ウソっぽく見えてないかな?」

な~んて、誰も未だかつて、考えてなんかいない!

ですよね!笑 (嘘ついている場合は別です💦)

したがって、

俳優(歌手/ダンサー/演じて側)が

「自然にやろう」
「クサくないようにやろう」
「日常通りにやらねば!」
「いつもの風情でやりたい」

と願っても、

実際はそんなこと誰も意識してないから、

事実と違っているので、

逆に「不自然!」「白々しい」「ウソっぽい」「なんか強調してる」

というような残念な結果になるのです。

OK?

😊😊😊

あと2つ!

弊害があって💦

①「自然」を目指すと俳優(演じて)の既知の範囲を使いやすい=クセ出し易い

②「自然」止まり、すなわち「はっきりとした」不特定多数の他人に通じる、正体の明らかな(+テーマや意見や主張やコンセプトに沿った)、提示にはならない

ってこと。

分かってきましたかね?

自然であることを目的に設定できないのです。

ついでに今、ラバンのエフォートの入門クラス絶賛開催中!なので、参考までに書いておくと、

「トレーニングは自然ではない」

です。

負荷かけるし、

慣れないことやるし、

意図して、動くし、声つかうので、

そして新しい考え方、新しい感覚へ向かうので、

「習慣の延長でできるようなものは、トレーニングではないです」

スポーツやダンス、楽器演奏や語学の習得で考えてみてください。

そうです。

「自然な(日常の安心な)習慣に近い感覚を味わっているうちは、能力を『ストレッチ』(伸ばす)することはできないのです」

逆に言えば、

(ケガや病気にならない範囲で安全に)順序立てて、

慣れない感覚でも、あまり気に病まず、

楽しむつもりで、意識的に、繰り返せる形で、

注意力もつかいながら、自分にとっての印象や慣れているかにこだわらず

取り組めばいいのだ♪

本日は何を隠そう!私が最初に取り組んだ記念すべき?名作!

じゃじゃ~ん!サルトルの「トロイアの女たち」でございます。こんな新しい翻訳が出たようです、いいな~💛 これを高校生への課題に選んだ師匠はすごいですね💦

スポンサ―ドリンク

全集をご覧になりたい方はこちら

スポンサードリンク

名作には「自然」とは思えないほど、私たちの日常や既知の範囲を越えた、豊かな世界、力強い人間たちの生き様、人間のさまざまな様子が描かれています。「自然」の摂理にはしたがっていて、「自然」の法則にのとって「人間らしく」いる者たちのドラマ。

お楽しみください~

 

11月のズバリ!クラスのお申込み始まっています。チャレンジしてみましょう!

「自然」から来たとは思えない、メルボルン動物園の営業部長の写真を添付しました😊

 

 

 

 

日々の暮らしに思ふ「反射」の虚しさを演劇に活かそう!

反射・・・
反応よりなんとなく聞こえがいいような、仕方がないような、

そんなことば。

まずは「反射」で過ごした日をお送りいたします

メールで目が覚めて返信

郵便が来て受け取り

腹減ったので、ごはん、とりあえず

メッセージきたので返信

暑くなったので、冷房いれる

洗濯もの溜まったので(笑)洗濯する

SMSきたので(なぜ?!)仕方なく返信

洗濯機止まったので、洗濯もの干す

腹減ってきたので、次のごはん

眠くなったので、昼寝

寒くなったんで、冷房止める

勧誘きたので、断る

つかれたから横になる

ちょっと二階いったら、汗でた……..

。。。って何もしてないね。
条件反射してただけで…

自分の目的には…….向かっていた?向かうようなことしたかしら?

あれれ?

そう、反射はしているけど、自分の目的のための「行動」はしていない。反応を選んだかというと….あまり選んでない、ねえ。。。💦

で、これを演技に当てはめるとこうなる☟

出番だから、出て行く

覚えているセリフをとりあえず言う

相手がきたので、みる

相手がうごいたので、そちらをみる

何か言われたので、とりあえず耳聞こえてる

段取り覚えてはいるので、そこへ動く

硬いと言われたことを思い出したので、うろうろする

止まってるなと感じたので、頷いてみる、相手をみておく

相手にセリフ言われたので、記憶にあるセリフをいう

やることなくなったので、歩く、座る

出番終わるので、出て行く(または暗転など転換)

………….

書いていて虚しくなったので、やめますけど💦

😢

イメージ、分かりましたかね?(^^ゞ

「状況に、ただ居るだけの、ヒトだあれ?」

by かをる

一句できました。。

状況にあってはいるふるまいをしているだけじゃ、

「誰なのか」分からないし、

「どこへ向かっているのか」も不明なまま。

ちょいと考えて、観察+実験してみてください

🐈🐈🐈

本日はリクエストにお応えして古典らしくない古典が読みやすくなっている上演版のギリシャ劇。大先輩が公演なさったときのものですね。出てくるひとたち、全員が強烈なキャラクターです。エレクトラは「エレクトラ・コンプレックス」という言葉の元にもなっていますね。面白いので、ぜひお試しください。私のシーンのクラスでも使ったことありま~す♬サブテキストを動画でイメージして言葉足す練習にも最適です😊

スポンサードリンク

目の保養に全然関係ない、友人の🐈猫写真、足しました!撫でているのは私です。。